ナーガ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
インドの細密画に描かれたナーガ
ラオスの公園の像。ナーガに守られたブッダ

ナーガ (नाग, Nāga) は、インド神話に起源を持つ、精霊あるいは蛇神のことである。 上半身を人間の姿で表し、下半身を蛇として描く構図と用いる例もあるようだが、一般的なものではなく 経典等の記述においては、コブラそのものの容姿を思わせる記述としてあり、インドや南伝仏教圏においては一般的には純粋に蛇として描かれることのほうが多い。


釈迦悟りを開く時に守護したとされ、仏教竜王として取り入れられて以来、仏法の守護神となっている。特に法華経の会座に列した八大竜王は有名で、その多くがもとはインド神話でも有名なナーガの王(ナーガラージャ Nāga Raja)であった。天気を制御する力を持ち、怒ると旱魃に、なだめられるとを降らす。天候に関して責任感も持っているので、自身の感情を抑えたりもする。チベットでは、樹の枝にも棲むとされている吉兆である。 元来コブラを神格化した蛇神であったはずだが、コブラの存在しない中国においては漢訳経典において竜と翻訳され、中国に元来からあった龍信仰と習合し、我が国にもその形式で伝わっている。


その他[編集]

  • ナーガは英語で蛇を意味する「スネイク」(snake) と、語源上の繋がりがあるとする説もある。

外部リンク[編集]

関連項目[編集]