サルヴパッリー・ラーダークリシュナン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サルヴパッリー・
ラーダークリシュナン

Sarvepalli Radhakrishnan
डॉक्टर सर्वपल्ली राधाकृष्णन
సర్వేపల్లి రాధాకృష్ణ
Radhakrishnan.jpg
サルヴパッリー・ラーダークリシュナン

任期 1962年5月13日1967年5月13日
副大統領 ザーキル・フセイン

出生 1888年9月5日
British Raj Red Ensign.svgイギリス領インド帝国マドラス管区チェンガルパットゥ県ティルッタニ
死去 1975年4月17日(満86歳没)
インドの旗タミル・ナードゥ州チェンナイ

サルヴパッリー・ラーダークリシュナン英語:Sarvepalli Radhakrishnan、ヒンディー語:डॉक्टर सर्वपल्ली राधाकृष्णन、テルグ語:సర్వేపల్లి రాధాకృష్ణ、1888年9月5日 - 1975年4月17日)は、インド政治家哲学者。第2代大統領。近代インドを代表する思想家でもある。業績としては、インド哲学西洋哲学を比較して共通点を見出したこと、英語圏の社会にインド哲学を広めたことが挙げられる。誕生日の9月5日は「教師の日」としてインドの記念日となっている。

マドラス基督教大学で教育を受け、1906年哲学修士学位を取得。1908年から1912年までマドラスプレジデンシー・カレッジで教鞭を執る。

外部リンク[編集]