チェンナイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Example.of.complex.text.rendering.svg この項目にはインド系文字が含まれています。環境によっては、フォントをインストールしていても、母音記号の位置が乱れたり結合文字が分かれたりします詳細
チェンナイ
சென்னை
Chennai
タミル・ナードゥ州の位置を示したインドの地図
チェンナイの位置
チェンナイ
チェンナイの位置
タミル・ナードゥ州 とインド内)
測地系: 北緯13度05分 東経80度16分 / 北緯13.09度 東経80.27度 / 13.09; 80.27
インドの旗 インド
タミル・ナードゥ州
行政区  • チェンナイ県
 • カーンチプラム県
 • ティルヴァッルール県
市長 スブラマニアム英語版
Corporation Commissioner Rajesh Lakhoni
人口
密度
都市圏
4,681,087 (2011年現在)
26,903 /km2 (69,678 /sq mi)
8,696,010 (2011現在)
標準時 IST (UTC+5:30)
面積
都市圏
海抜
174 km2 (67 sq mi)[1]
1,180 km² (456 sq mi)
6 m (20 ft)
公式サイト www.chennaicorporation.com

座標: 北緯13度05分 東経80度16分 / 北緯13.09度 東経80.27度 / 13.09; 80.27

チェンナイタミル語: சென்னை英語: Chennai)は、南インドの東側コロマンデル海岸沿いの、ベンガル湾に面するタミル・ナードゥ州の州都。インド有数の世界都市であり、人口は468万人。2011年都市圏人口は867万人であり、同国第4位である[2]1996年マドラス (Madras) から正式に改名された。

「南インドの玄関口」「南アジアのデトロイト」「インドの健康首都」「インド銀行業の首都」の異名を持つ。自動車産業情報技術産業、ビジネス・プロセス・アウトソーシング業が盛んである。

歴史[編集]

マイラーップル英語版にあるカパーリーシュヴァラル寺院英語版は、パッラヴァ朝の王により7世紀に建立された。

チェンナイ周辺は、1世紀頃から都市として存在し、パッラヴァ朝チョーラ朝パーンディヤ朝ヴィジャヤナガル王国などの諸王朝に治められていた。特にマイラーップル英語版周辺は、パッラヴァ朝の主要な港として重要な位置にあった。

1522年ポルトガルがこの地の近くに要塞を建設し、この地に到って活動し死去したと伝説されるキリスト教イエス使徒の一人聖トマスに因んで、サン・トメ要塞と名付けた。

この地はもともとチェンナイとは呼ばれておらず、その名は16世紀のある英雄の名前に由来した。1565年以降、ヴィジャヤナガル王国がターリコータの戦いムスリム5王国英語版に大敗したのち、隣接するビジャープル王国ゴールコンダ王国の侵入が頻発していた。チェンナイ近くシュリーカラハスティ英語版の領主ダーマルラ・チェンナッパ・ナーヤカ英語版は、衰退するヴィジャヤナガル王国のために、ビジャープル王国とゴールコンタ王国の侵入軍と日々戦っていた。

そんな中、1580年、ゴールコンダ王イブラーヒーム・クリー・クトゥブ・シャーが大軍をヴィジャヤンガル王国に派遣してきた。ダーマルラ・チェンナッパ・ナーヤカはこの一大侵攻を食い止めるため、ゴールコンダの大軍と奮戦し、自らの命と引き換えに撃退して王国を守ったのだった。

後を継いだ息子のダーマルラ・ヴェンカタ・ナーヤカは、王国の忠臣だった父の死を悼んで、父の名の一部「チェンナッパ」をとって、この地を「チェンナッパッタナム (Chennapattanam)」と名付けたのだった。それがこの都市の名の由来で、のちに「チェンナイ」とよばれるようになるのである。

1639年8月22日イギリス東インド会社がダーマルラ・ヴェンカタ・ナーヤカからその中間の土地を取得し、1640年セント・ジョージ要塞を建設し、チェンナイから「マドラス」と改名した。そして、この要塞を中心に、徐々に市街地が広がっていくことになった。

1746年モーリシャス総督であったフランスの将軍ラ・ブルドネ英語版が侵攻し、セント・ジョージ要塞とマドラス市街および周辺村落を占領したが、1748年オーストリア継承戦争の結果結ばれたアーヘン和約に基づき、1749年イギリスはマドラスの支配を回復した。

この経験によってイギリスは、セント・ジョージ要塞の規模を拡張し、更なるフランスの侵攻およびマイソール王国支配者ハイダル・アリーの侵攻に備えた。

この要塞を拠点として、18世紀末までにイギリスは現在のタミル・ナードゥ州アーンドラ・プラデーシュ州カルナータカ州にあたる地域に勢力を拡大し、マドラス管区を設置してマドラスをその首府とした。

イギリス支配の下でマドラスは、マドラス管区の中枢として、また海軍基地として発展した。19世紀後半の鉄道敷設に伴い、ボンベイ(現在のムンバイ)やカルカッタ(現在のコルカタ)などのインドの他の重要都市や内陸の諸地域と連結した。第一次世界大戦中には、石油貯蔵庫がドイツの軽巡洋艦エムデンによって砲撃され、中央同盟国によって攻撃されたインドにおける唯一の都市となった。

1947年の独立後、マドラスはマドラス州英語版の州都となり、1965年から1967年には、インド全土のヒンディー語公用語化に反対する拠点となる。1968年にマドラス州はタミル・ナードゥ州となり、マドラスはその州都としてとどまる。

スリランカ内戦に伴い、マドラスでは時折政治的な暴力事件が発生する。1984年タミル・イーラム解放のトラによって空港に仕掛けられた爆弾により33人が殺害された事件を始め、1991年にはイーラム革命的解放人民戦線のメンバー13人と民間人2人が殺害されるなどの事件が発生している。これに対し当局は断固とした処置を行い、以降マドラスでは目立ったテロリストの活動は見受けられない。

1996年8月、都市名のマドラスは、植民地支配に由来する名前であるとして、英雄の名に由来するかつての「チェンナイ」の名に改められた。

2004年にはインド洋大津波の被害に見舞われ、多数が死傷、海岸線も変化した。

地理[編集]

チェンナイの衛星画像。平らな海岸平野に位置している。

チェンナイはしばしば「南インドの玄関口」と称されるように[3][4]タミル・ナードゥ州北東部のインド南東海岸沿いの平らな海岸平野に位置している。平均海抜は約6.7 mで[5]、もっとも高い地点でも60 mほどである[6]。2本の主要な河川が蛇行しながら都市を通過しており、そのうちコーム川英語版は都市の中央を、アディヤール川英語版は南を流れる。コーム川は南インドでも有数の汚染が酷い河川であり、周辺住民の健康への影響が懸念されている。3本目の河川、Kosasthalaiyar川英語版は都市の北縁を流れエンノールにてベンガル湾へと注ぎ込む。この河口も、地域の工場から出される廃水により深刻な汚染に晒されている。[7] アディヤール川が形成する三角江は、鳥類や動物の生息地となっている[8]。内陸4 kmに位置するバッキンガム運河英語版は海岸線と平行に作られており、2本の河川を結んでいる。その他、都市の西縁には大小さまざまな湖が存在している。都市のいくつかの領域では、地下水に過剰な鉄分が含まれることが問題となっている。[9]

気候[編集]

チェンナイはケッペンの気候区分サバナ気候に属す。チェンナイは熱赤道上に位置しており[10][11]、また沿岸部に位置することから、季節による極端な気温の変化は抑えられている。気候は年間を通じて暑く、湿度も高い。最も暑いのは5月の終わりから6月の頭にかけてで、この時期の最高気温は約35–40°Cに達する。最も涼しいのは1月で、最低気温は約15–22°Cとなる。過去記録された最低気温は13.8°Cで、最高気温は45°Cである。[12] 年間の平均降水量は約1,400 mm。[13] 都市の降水の大半は10月中旬から12月中旬にかけての北東モンスーンの時期にもたらされる。またベンガル湾サイクロンもたびたび都市を襲う。記録されている中で最も降水量が多かったのは、2005年の2,570 mmである。[14]

チェンナイ(1901年–2000年)の気候
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
最高気温記録 °C (°F) 33
(91)
37
(99)
39
(102)
43
(109)
46
(115)
45
(113)
41
(106)
40
(104)
39
(102)
39
(102)
34
(93)
33
(91)
45
(113)
平均最高気温 °C (°F) 28.8
(83.8)
30.5
(86.9)
32.6
(90.7)
34.7
(94.5)
37.4
(99.3)
37.3
(99.1)
35.3
(95.5)
34.5
(94.1)
33.9
(93)
31.8
(89.2)
29.4
(84.9)
28.4
(83.1)
32.88
(91.18)
平均最低気温 °C (°F) 20.4
(68.7)
21.1
(70)
23.0
(73.4)
25.8
(78.4)
27.6
(81.7)
27.4
(81.3)
26.1
(79)
25.5
(77.9)
25.2
(77.4)
24.2
(75.6)
22.6
(72.7)
21.2
(70.2)
24.17
(75.53)
最低気温記録 °C (°F) 14
(57)
15
(59)
17
(63)
20
(68)
21
(70)
21
(70)
22
(72)
21
(70)
21
(70)
17
(63)
15
(59)
14
(57)
14
(57)
降水量 mm (inch) 22.5
(0.886)
2.2
(0.087)
4.0
(0.157)
7.7
(0.303)
43.9
(1.728)
55.9
(2.201)
100.3
(3.949)
140.4
(5.528)
137.3
(5.406)
278.8
(10.976)
407.4
(16.039)
191.1
(7.524)
1,391.5
(54.783)
平均降水日数 1.3 0.4 0.3 0.6 1.4 4.0 6.9 8.5 7.1 10.6 11.7 6.3 59.1
出典 1: 世界気象機関[15]
出典 2: Indian Meteorological Department (rainy days 1971–2000)[16]

行政[編集]

チェンナイ市庁は1913年に竣工した Ripon Building に入っている。

チェンナイはタミル・ナードゥ州の政令指定都市に指定されており、自治体としてチェンナイ市が設置されている。市長を頂点とした行政機構と、小選挙区制の直接選挙で選出された155名の議員が構成する市議会を有している。市議会議員の中から一名、議員の投票により副市長が選出され、市長とともに10の常任委員会を主宰する。チェンナイの市制は1688年に施行された。

チェンナイの都市圏は、チェンナイ県と、隣接するカーンチプラム県およびティルヴァッルール県の一部に広がっている。郊外の比較的大きい市街は町庁が、小さい市街はパンチャーヤトと呼ばれる町会議が設置されている。

タミル・ナードゥ州の州都であるチェンナイには、州政府の行政府と立法府が設置されており、セント・ジョージ要塞の一部である官邸などに入っている。タミル・ナードゥ州パーンディッチェーリ連合区とを管轄するマドラス高等裁判所英語版もチェンナイに設置されている。

警察任務は、チェンナイ県内は大チェンナイ警察英語版、その外は各県の警察が担当している。

チェンナイ県[編集]

チェンナイの中心部は、チェンナイ県下にある。しかしチェンナイ県は他の県と異なり、「都市県」という扱いで、特殊な機構を保持している。

チェンナイ県では、タミル・ナードゥ州警察英語版の下部機関である大チェンナイ警察英語版が警察任務に当たっている。警察本部長が指揮する。36の方面本部を有しており、121の警察署が設置されている。このうち15の警察署がISO 9001:2000の認証を受けている。チェンナイ市内の交通に関しては、チェンナイ市交通警察が担当している。

チェンナイ市[編集]

チェンナイ市は、インドタミル・ナードゥ州の政令指定都市の一つ。

市長を頂点とした行政機構と、小選挙区制で選出された155名の議員が構成する市議会が設置されている。市議会議員の中から一名、議員の投票により副市長が選出され、市長とともに10の常任委員会を主宰する。チェンナイの市制は1688年に施行された。

チェンナイ市は、チェンナイ北部、チェンナイ中部、チェンナイ南部という、インド連邦議会下院の3つの選挙区を有している。現在、チェンナイ北部からはC・クップサーミ、チェンナイ中部からはダヤーニディ・マーラン、チェンナイ南部からはT・R・バールが選出されている。また、チェンナイ市はタミル・ナードゥ州議会の18の選挙区を有している。

人口動態[編集]

2011年時点の人口は4,681,087人、人口密度は26,903人/km2で、都市圏全体での人口は8,696,010人[2]2001年から2011年の人口増加率は7.77%であった[17]。2001年当時でも人口密度が24,682人/km2、都市圏で5,922人/km2あるように、チェンナイは世界でも有数の人口密度が高い都市である[18]2013年現在、チェンナイ都市圏はインドで4番目に大きな都市圏であり、世界全体でも31番目の規模に位置している[19]。男女比は男性1,000人に対して女性が951人で[20]、全国平均の944人より女性の比率が高い[21]識字率は2001年が85.33%、2011年には90.33%まで向上しており[22]、この数字も全国平均の79.5%よりも高い。しかしながら、インドの大都市の中で4番目に多いスラム人口も抱えており、その数は820,000人に上る(都市人口の18.6%)[23]。2011年のセンサスでは、チェンナイ県には110万世帯が居住しており、そのうち51%が賃貸住宅で生活している[24]

チェンナイの宗教
宗教 パーセント
ヒンドゥー教
  
84.3%
イスラム教
  
7.9%
キリスト教
  
7.6%
ジャイナ教
  
1.1%

チェンナイの主要民族はタミル人であり、最も話されている言語はタミル語である。しかし英語もホワイトカラー労働者を中心に広く用いられており[25]、しばしばタミル語と混ざって用いられる[26]。タミル人以外の民族としてはテルグ人英語版が最も多い[27]。2001年の調査では、人口のうち2,937,000人(人口の33.8%)が外部からの転入者で、そのうち61.5%は州内の別の地域からの、33.8%は国内のそれ以外の地域からの、3.7%は国外からの移住者であった[18]

チェンナイには、ムンバイデリーコルカタといったインドの他の大都市と同様、さまざまな民族・宗教コミュニティが存在している[28]。こうしたマイノリティとしては、マールワーリー人英語版パールシー[29][30]シンド人英語版[31][32]オリヤー人英語版[33]ゴア人英語版[34]カンナダ人英語版[35]アングロインディアン英語版[36]ベンガル人[37]パンジャーブ人[38]、それにマラヤーリ英語版がある。宗教についても、2001年のセンサスによればヒンドゥー教が81.3%を占めつつも、イスラム教が9.4%、キリスト教が7.6%、それにジャイナ教が1.1%が存在している[39]

経済[編集]

アジア有数のITパークであるTIDEL Park英語版

チェンナイの工業化は、その歴史を16世紀織物工場にまで遡ることが出来る。現代のチェンナイはインドでも有数の世界都市である。フォーブス誌においては世界で最も成長が早い都市トップ10 (Forbes-Top 10 Fastest Growing Cities in the World) にインドの都市として唯一選出されており[40]フォーチュン誌が選出するインドの上位500企業もムンバイデリーコルカタに次いで多く所在している。チェンナイを本拠とする24のインド企業の資産は10億USドルを超える。2012年時点で、チェンナイには15のゾーンに34,260の企業が存在しており、そのうち5,196社は500万ルピーを超える払込資本金を持つ。[41] チェンナイには自動車製造やソフトウェアサービス、ハードウェア製造、ヘルスケア、金融サービスといった業種を中心とする様々な産業が根付いている[42]インド工業連盟英語版では2008年、チェンナイの経済は2025年に現在の2.5倍の1,000億ドル規模にまで成長するとの見積りを行っている[43]

他市に劣らずチェンナイ市は外資の誘致に積極的である。市の郊外には産業振興地域をつくり、ヒュンダイフォード日産自動車といった自動車メーカーとその関連企業が進出している。インド最大のタイヤメーカーであるMRFタイヤの本社も同地に所在する。また、IT関連企業の進出もさかんで、最近はノキアが新工場を建設している。

交通[編集]

「南インドの玄関口」として知られるチェンナイは、国内交通のみならず国際交通の重要な集結点である。

チェンナイ都市圏の道路および鉄道路線図。

道路[編集]

5つの幹線高速国道がコルカタバンガルールティルチラーッパッリティルヴァッルールパーンディッチェーリへと放射状に広がっている。チェンナイ・バスターミナル (Chennai Mofussil Bus Terminus: CMBT) は、数多くの都市間を結ぶ中・長距離バスの終着点となっており、南アジア最大のバスターミナルであると言われる。現在、7つの交通公社が都市間バスを運営しており、その他にも多くの私営のバス会社が都市間・州間バスの終着点として利用している。以前はチェンナイの中心街パリース (Parrys) にあったが、近年西部郊外のコーヤンペードゥ英語版 (கோயம்பேடு ; Koyambedu / Coimbedu) に移され、大幅に拡張された。

都市圏内バスは大都市交通公社英語版によって運営されている。公社は2773台のバスで375路線の運送を行っており、一日当たり約420万人を運んでいる。郊外では公社の運営ではない小型乗合自動車が数多く運行している。また、「ミニキャブ」(Mini Cabs) という愛称を持つ小型ミニバンの路線運行も都市圏内外で行われている。

タクシーは、空港などの大規模施設からは料金固定制タクシー、その他ではメーター制のタクシーも走っているが、最も多いのはオートリキシャーであり、料金はほとんどの場合、交渉制である。

鉄道[編集]

チェンナイ中央駅1873年に建設され、1900年に改築された。ターミナルであったローヤプラム駅英語版からその機能を1907年に受け継いで以来、地域鉄道交通の中心となっている。
MRTS英語版のチンタードリペーッタイ駅。

チェンナイには2つの終着駅がある。一つはインド各地の都市と結ばれている地域最大の終着駅チェンナイ中央駅、もう一つはタミル・ナードゥ州各地を結ぶ鉄道の終着駅であるチェンナイ・エグモア駅英語版である。

チェンナイの近郊列車は4路線ある。

  • チェンナイ中央駅 ----- アラッコーナム駅 路線
  • チェンナイ中央駅 ----- スーッルールペータ駅 路線
  • チェンナイ海岸駅 ----- チェンガルパットゥ駅 路線
  • チェンナイMRTS英語版(高速大量輸送システム: MRTS)

MRTSは高架上の広軌鉄道で、一部は開通しているが建設が進行中であり、完成すれば他の3路線すべてと連絡する予定である。また、地下鉄英語版の建設も州政府によって推進されており、現在計画中である。

空港[編集]

チェンナイの南西部郊外に建設されたチェンナイ国際空港は、国内線の重要拠点であるのみならず、国外から南インド各地へ向かう人々のインドへの入り口となる空港である。30以上の航空会社の航空便により、南アジア、東南アジア中東欧州北アメリカの各地のハブ空港と繋がっている。貨物便の発着便数は、国内第2位の規模である。

港湾[編集]

チェンナイはチェンナイ港英語版を擁しており、また北隣のティルヴァッルール県にあるエンノール港英語版も、チェンナイの港として機能している。チェンナイ港は国内第二の規模であり、自動車や機械類などを総合的に扱っている。一方エンノール港は、石炭や鉱石などの積荷を扱っている、国内第12位の港である。

これとは別に、ローヤプラム英語版には、地域の漁民と漁船が利用する漁港がある。

教育[編集]

チェンナイには、タミル・ナードゥ州立の学校と私立の学校とがある。私立の学校では主に英語で教育が行われており、州立の学校では州の公用語であるタミル語で教育が行われるものもあるが、英語を用いているものが多い。私立学校は普通、国の機関である後期中等教育中央審議会か、あるいは州の機関であるタミル・ナードゥ州後期中等教育審議会に加入している。また、インド高等学校卒業認定審議会に加入しているものや、モンテッソーリ・システムを採用しているもの、国際バカロレア資格を取得させるものもある。共通テストでは合格率がインド全土で最高である。

主な大学には、以下のようなものがある。

この他、タミル・ナードゥ州にある工科、理科、建築に関する大学は、おおかたアンナー大学に所属している。また、独立して運営されている大学が他に多数存在する。

1890年に設置されたコンネマラ公共図書館英語版は、インドの4つの国立保管センター英語版のうちのひとつであり、したがってインドで発行された新聞図書をすべて保管している。ユネスコの指定情報センターともなっている。

この他に主要な図書館として、セント・ジョージ要塞にあるインド考古調査局図書館や、ラーマクリシュナ僧院図書館、クリシュナムールティ協会図書館などがある。

姉妹都市[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Development Plan for Chennai Metropolitan Area (PDF)”. Govt. of India. pp. p. 1 (2006年4月). 2007年9月12日閲覧。
  2. ^ a b Urban agglomerations/cities having population 1 million and above (PDF)”. Provisional population totals, census of India 2011. Registrar General & Census Commissioner, India (2011年). 2012年12月28日閲覧。
  3. ^ Chris Devonshire-Ellis (2012). Doing Business in India. Springer. p. 218. ISBN 978-3-642-27617-0. http://books.google.com/?id=aIx9E5I9LB8C&pg=PA218&lpg=PA218&dq=%22detroit+of+India%22#v=onepage&q=%22detroit%20of%20India%22&f=false 2012年12月28日閲覧。. 
  4. ^ S. Muthiah; Rupinder Khullar (1992). The Splendour of South India. UBS Publishers' Distributors, Original from University of Michigan. p. 22. ISBN 978-81-85273-56-3. http://books.google.com/?id=IzBuAAAAMAAJ&q=%22Gateway+to+south+india%22&dq=%22Gateway+to+south+india%22 2012年12月28日閲覧。. 
  5. ^ Geographical and physical features”. チェンナイ県. 2012年12月28日閲覧。
  6. ^ Pulikesi, M; P. Baskaralingam, D. Elango, V.N. Rayudu, V. Ramamurthi, S. Sivanesan (25 August 2006). “Air quality monitoring in Chennai, India, in the summer of 2005”. Journal of Hazardous Materials 136 (3): 589–596. doi:10.1016/j.jhazmat.2005.12.039. PMID 16442714. "Chennai is fairly low–lying, its highest point being only 300メートル (980 ft) above sea level is a rugged barren hill opposite to the Airport called Pallavapuram Hill." 
  7. ^ Welcome to Univesity of Madras - 154 years of Excellence”. Unom.ac.in (2012年2月2日). 2013年6月10日閲覧。
  8. ^ S. Theodore Baskaran (2008). “Chapter 2: Wildlife”. In S. Muthiah. Madras, Chennai: A 400-year Record of the First City of Modern India, Volume 1. Palaniappa Brothers. p. 55. ISBN 978-81-8379-468-8. http://books.google.co.in/books?id=tbR_LLkqdI8C 2012年12月28日閲覧。. 
  9. ^ K, Lakshmi (2004年7月13日). “It's no cola, it's the water supplied in Korattur”. The Hindu. http://www.hindu.com/2004/07/13/stories/2004071312840300.htm 2012年12月28日閲覧。 
  10. ^ latest cmoll.gif”. Space Science and Engineering Centre, University of Wisconsin-Madison. 2012年12月28日閲覧。
  11. ^ About Chennai”. Chennai Metropolitan Development Authority英語版. 2012年12月28日閲覧。
  12. ^ “Highest temperature”. The Hindu. (2003年5月30日). http://www.hinduonnet.com/2003/05/31/stories/2003053104790101.htm 2012年12月28日閲覧。 
  13. ^ Indian Meteorological Department, Chennai Regional Website”. インド気象局. 2012年12月28日閲覧。
  14. ^ Ramakrishnan, T (2006年1月3日). “Entering 2006, city's reservoirs filled to the brim”. The Hindu. http://www.hindu.com/2006/01/03/stories/2006010315310300.htm 2012年12月28日閲覧。 
  15. ^ World Weather Information Service - Chennai”. World Meteorological Organization. 2012年12月28日閲覧。
  16. ^ Climatological Information for Chennai”. インド気象局. 2012年12月28日閲覧。[リンク切れ]
  17. ^ Census: Chennai's population up by 7.8 percent”. The Hindu (2011年7月20日). 2012年12月28日閲覧。
  18. ^ a b Demography (PDF)”. Second Master Plan. Chennai Metropolitan Development Authority. 2012年12月28日閲覧。
  19. ^ Largest Urban Areas in the World (PDF)”. World Urban Areas (World Agglomerations). Demographia. p. 16 (2012年7月). 2012年12月28日閲覧。
  20. ^ Census 2001 Data”. Census of India. Government of Tamil Nadu. 2012年12月28日閲覧。
  21. ^ India”. CIA World Factbook. 2012年12月28日閲覧。
  22. ^ Chennai : Census 2011”. Directorate of Census Operations – Tamil Nadu. 2012年12月28日閲覧。
  23. ^ Slum Population – Census 2001”. The Government of India. 2007年6月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年12月28日閲覧。
  24. ^ Aloysius Xavier Lopez (2012年3月28日). “Half of city lives in rented homes”. The Hindu. http://www.thehindu.com/news/cities/chennai/article3251937.ece 2012年12月28日閲覧。 
  25. ^ Siddique, Zahra (2008). Ethnicity, Race and Gender in the Labor Market. ProQuest. p. 30. ISBN 978-0-549-50781-9. http://books.google.com/?id=kqRLGSCgfLUC&pg=PA30&lpg=PA30&dq=%22English+is+widely+spoken+in+the+white+collar%22#v=onepage&q=%22English%20is%20widely%20spoken%20in%20the%20white%20collar%22&f=false. 
  26. ^ Joseph Getter; B.Balasubrahmaniyan (29 September 2008). “Tamil Film Music: Sound and Significance”. In Slobin, Mark. Global Soundtracks: Worlds of Film Music. Wesleyan University Press. p. 119. ISBN 978-0-8195-6882-3. http://books.google.com/?id=VQw5Ci7sbasC&pg=PA119&lpg=PA119&dq=%22english+is+also+widely+spoken,+often+mixed%22#v=onepage&q=%22english%20is%20also%20widely%20spoken%2C%20often%20mixed%22&f=false. 
  27. ^ “Telugus mark 50 years of Andhra Pradesh”. The Hindu. (2006年11月2日). http://hindu.com/2006/11/02/stories/2006110214280200.htm 2012年12月28日閲覧。 “Kannadigas outnumber Malayalis 2:1 in Tamil Nadu”. The Times of India. (2008年4月15日). http://articles.timesofindia.indiatimes.com/2008-04-15/chennai/27759074_1_telugus-punjabis-bengalis 2012年12月28日閲覧。 
  28. ^ “The magic of melting pot called Chennai”. The Hindu. (2011年12月19日). http://www.thehindu.com/news/cities/chennai/article2728177.ece 2012年12月29日閲覧。 
  29. ^ “The Parsi Arrival”. The Hindu. (2008年3月10日). http://www.hindu.com/mp/2008/03/10/stories/2008031050410500.htm 2012年12月29日閲覧。 
  30. ^ “The Parsis of Madras”. Madras Musings XVIII (12). (15 October 2008). http://madrasmusings.com/Vol%2018%20No%2012/parsis_of_madras.html 2012年12月29日閲覧。. 
  31. ^ “Sindhis to usher in new year with fanfare”. The Times of India. (2012年3月24日). http://articles.timesofindia.indiatimes.com/2012-03-24/chennai/31233524_1_cheti-chand-sindhi-language-community-centres 2012年12月29日閲覧。 
  32. ^ “Catholic in outlook”. The Hindu. (2003年4月3日). http://www.hindu.com/thehindu/mp/2003/04/03/stories/2003040300060100.htm 2012年12月29日閲覧。 
  33. ^ “Why Oriyas find Chennai warm and hospitable”. The Times of India. (2012年5月12日). http://articles.timesofindia.indiatimes.com/2012-05-12/chennai/31679257_1_oriyas-odisha-chennai 2012年12月29日閲覧。 
  34. ^ “Goan spirit in Chennai”. The Hindu. (2000年12月18日). http://www.hindu.com/businessline/2000/12/18/stories/101872mz.htm 2012年12月29日閲覧。 
  35. ^ “Chennai's Kannadigas not complaining”. The Times of India. (2008年4月5日). http://articles.timesofindia.indiatimes.com/2008-04-05/india/27764861_1_tamilians-hogenakkal-water-project-peace-and-harmony 2012年12月29日閲覧。 
  36. ^ “The Anglo-Indians of Chennai”. Madras Musings XX (12). (15 October 2010). http://madrasmusings.com/Vol%2020%20No%2012/the-anglo-indians-of-madras.html 2012年12月29日閲覧。. 
  37. ^ “A slice of Bengal in Chennai”. The Times of India. (2012年10月22日). http://articles.timesofindia.indiatimes.com/2012-10-22/food-reviews/34628564_1_puja-pandals-durga-puja-bengalis 2012年12月29日閲覧。 
  38. ^ B.R., Madhu (16 September 2009). “The Punjabis of Chennai”. Madras Musings XX (12). http://madrasmusings.com/Vol%2019%20No%2011/the-punjabis-of-chennai.html 2012年12月29日閲覧。. 
  39. ^ Area and Population (PDF)”. Government of Tamil Nadu. pp. 1–3. 2012年12月28日閲覧。
  40. ^ “In pictures: the next decade's fastest-growing cities – Chennai, India”. Forbes. http://www.forbes.com/2010/10/07/cities-china-chicago-opinions-columnists-joel-kotkin_slide_11.html 2012年12月28日閲覧。 
  41. ^ “Company tax upped, capped at Rs. 30,000”. The Hindu (Chennai: The Hindu). (2012年10月30日). http://www.thehindu.com/news/cities/chennai/company-tax-upped-capped-at-rs-30000/article4044728.ece 2012年12月28日閲覧。 
  42. ^ Chennai activities”. NASSCOM. 2012年12月28日閲覧。
  43. ^ “Seminar to focus on Chennai's growth potential”. The Hindu. (2008年8月21日). http://www.thehindubusinessline.com/todays-paper/tp-economy/article1634650.ece 2012年12月28日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

公式
その他