インド哲学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

インド哲学(インドてつがく、darsana、ダルシャナ)は、哲学の中でもインドを中心に発達した哲学で、特に古代インドを起源にするものをいう。インドでは宗教と哲学の境目がほとんどなく、インド哲学の元になる書物は宗教聖典でもある。インドの宗教にも哲学的でない範囲も広くあるので、インドの宗教が全てインド哲学であるわけではない。しかし、伝統的に宗教的な人々は哲学的な議論をしてその宗教性を磨いている伝統がある。

古来からの伝統と思われる宗教会議が現在も各地で頻繁に行われている様子で、会議では時には宗派を別にする著名な人々が宗教的な議論を行う。これは数万人の観衆を前にして行われることもあり、白熱した議論が数日にかけて、勝敗が明らかになるまで行われることもある。この場合、判定をする人物がいるわけではなく、議論をする当人が議論の成行きをみて、自らの負けを認める形を取るようである。

インドの宗教、哲学はこのような伝統の中で磨かれたものと思われる。

インド哲学の研究、特にインド仏教学(チベット仏教学も内包する)では、第二次世界大戦前にはドイツがリードしていたが、現代では日本の学会が世界の研究をリードしている。

関連項目[編集]

主要な人名

マハーヴィーラ釈迦ガウダパーダシャンカララーマーナンダマドヴァヴァッラバカビールナーナクラーマクリシュナヴィヴェーカーナンダオーロビンド・ゴーシュタゴール

主要な団体

アーリヤ・サマージブラフモ・サマージ

インド哲学を専門的に研究する研究機関

外部リンク[編集]