コチェリル・ラーマン・ナラヤナン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

コチェリル・ラーマン・ナーラーヤナン: Kocheril Raman Narayanan、 K. R. Narayananとしてよく知られていた、1921年2月4日 - 2005年11月9日)は、インド政治家。第10代インド共和国大統領(在任期間:1997年6月25日 - 2002年6月25日)。

来歴[編集]

ナラヤナン夫妻とロシアのプーチン夫妻(2000年10月3日)

1921年2月4日インド南部のケーララ州に最下層のカーストとして生まれる。苦学の末に大学をトップで卒業し、イギリスロンドン・スクール・オブ・エコノミクスに留学してハロルド・ラスキに師事した。教師新聞記者・雑誌記者などのジャーナリストを経て、外務省に入り、日本イギリスタイトルコなどで外交官として働き、中国大使アメリカ大使などを歴任する。

1984年インド国民会議派から下院議員選挙に立候補し当選する。外務担当国務相などを歴任し、1992年8月副大統領に、1997年には最下層カースト出身者として初めて大統領に就任した。

1999年ジャンムー・カシミール州ラダック地方で、パキスタンカルギル紛争英語版

在任中、インド独立50周年記念祭を祝っており、2000年には中国を訪問し、印中関係の改善に尽力した。2000年8月、日本の森喜朗首相はナラヤナン大統領を表敬訪問している[1]

大統領任期の最終年となった2002年には、グジャラート州イスラーム教徒数千人が虐殺されたグジャラート動乱英語版があった[2][3][4]。ナラヤナンは、宗教的マイノリティーの保護のためにインド軍をうごかすことを望んだが、当時議会で多数派を形成していたインド人民党によって阻まれた。インド人民党はまた、ナラヤナンが大統領職を2期を務めることについても拒否している。

2005年10月29日から急性肺炎をこじらせ、ニューデリーの陸軍病院に入院し、同年11月9日同病院で死去した。85歳没。

家族[編集]

妻は、ビルマ人のMa Trint Trint。2人の間には娘が2人いる。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 森首相、ナラヤナン・インド大統領表敬(日本外務省「過去の記録」)
  2. ^ 外務省 海外安全ホームページ|安全の手引き - 在ムンバイ日本国総領事館
  3. ^ インドにおける安全対策について 東京海上日動リスクコンサルティング株式会社作成資料(PDF)
  4. ^ インドで天下分け目の州選挙 - 日経ビジネスオンライン

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

公職
先代:
シャンカルダヤール・シャルマー英語版
インドの旗 インド共和国大統領
第10代:1997年 - 2002年
次代:
アブドゥル・カラーム