ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
LSE Houghton Street Entrance
London School of Economics
and Political Science
校訓

Rerum cognoscere causas

"To know the causes of things"
創立 1895年
学校種別 公立
学長 Craig Calhoun
教職員 1,530[1]
職員 1,570[1]
学部生 4,010[2]
大学院生 5,790[2]
所在地

イギリス
Houghton Street, London
WC2A 2AE

北緯51度30分50秒 西経0度07分01秒 / 北緯51.51389度 西経0.11694度 / 51.51389; -0.11694ロンドン
キャンパス 都市
スクールカラー
         
マスコット ビーバー
ウェブサイト

http://www.lse.ac.uk

このページの先月のアクセス数
テンプレートを表示

ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス(London School of Economics and Political Science, LSE) は、ロンドン中心部オールドウィッチにキャンパスを構える、社会科学に特化した、ロンドン大学を構成する研究・教育機関である。 但し、ロンドン大学を構成する他の研究・教育機関同様、個別の大学として扱われている。

歴史的に英国労働党と深い繋がりがあり、第二次世界大戦後の福祉国家建設時や近年のブレアブラウン政権(所謂New Labour)において、その政策の思想的・学問的支柱を提供してきた。経済学が特に有名で、非アメリカでありながら世界トップレベルの研究・教育を誇り異彩を放つ。 また国際関係学社会学社会政策学など多くの学問分野を開拓するなど、経済学のみならず社会科学全般において多大な貢献をしている。近年においては、NGOの運営に関する研究や環境経営学などの分野においてパイオニア的な存在となっている。

現在までLSEは卒業生、教員、創立者から計17人のノーベル賞受賞者、32人の各国首相大統領国家元首を輩出しており、Newsweek誌に「欧州で最も政治エリート、世界的な著名人をこれほど多く輩出している教育機関は珍しい。」と評された[3]

沿革[編集]

2010年に購入した旧英国土地登記所本部ビル

キャンパス[編集]

LSEキャンパス
LSE図書館
LSE, New Academic Building

英国政治の中心英国国会議事堂から経済の中心シティイングランド銀行までの中間地点にLSEのキャンパスはある。双方へ徒歩15分程度の距離である。LSEの隣はイングランドの最高裁判所である王立裁判所で、近隣にはリンカーン法曹院など司法関連の施設や弁護士事務所が多い。BBCワールドサービス本社が入るBush Houseも通りを挟んで向かいにある。キングスウェイを西に渡るとコヴェント・ガーデンで、ロイヤル・オペラ・ハウスなどがあるウエスト・エンドの劇場街になる。キングスウェイを北に10分ほど歩くと、大英博物館がある。

LSEのキャンパス自体は手狭であるが、上記の通り、近隣の文化施設へのアクセスが極めて良い。またLSEの北隣にはリンカーンズ・イン・フィールズという広場もあり、都会型キャンパスを望む者には大変恵まれた立地である。隣接のPeacock Theatreではロンドンを訪れた各国首脳などの著名人の講演や卒業式などのセレモニーが行われる。なお、LSEで行われた講演の多くはポッドキャストとして公開されている[7]

LSEには社会科学専門大学としての先進性を支えている図書館、British Library of Political and Economic Science (BLPES)がある。ノーマン・フォスター設計で、大きな螺旋階段が印象的なこの図書館は世界最大の社会科学専門図書館で、2002年現在、蔵書数は400万冊を超え増え続けている[8]。BLPESは国連寄託図書館に指定されているが、他の国際機関や世界中の政府発行の統計資料も数多く揃えている。LSEの学生・研究者はこの図書館のコンピュータから20,000以上のジャーナルを購読可能。

ロンドンは高い物価で住みにくいとされているが、LSEはほぼすべての留学生に対しリーズナブルな料金で寮を用意している。LSEの寮はコヴェント・ガーデン周辺や、アンティークで有名なエンジェル、観光名所でかつ最近ではトレンドスポットとされるタワーブリッジ近くのバトラーズ・ウォーフなどに位置し、学生はそのメリットを十分に享受することができる。

組織[編集]

LSEは主に以下の学部で構成されている。

  • Accounting
  • Anthropology
  • Development Studies
  • Economic History
  • Economics
  • European Institute
  • Finance
  • Gender Institute
  • Geography and Environment
  • Government
  • International History
  • International Relations
  • Law
  • Management
  • Mathematics
  • Media and Communications
  • Philosophy, Logic and Scientific Method
  • Social Psychology
  • Social Policy
  • Sociology
  • Statistics

日本との関係[編集]

世界各国から留学生が集うLSEには日本人学生も多数在籍している。2012年度には学部生10名、大学院生92名の合計102人がLSEで学んでいる[9](語学留学生・交換留学生は含まない)。官公庁からの留学生も多い。

また、日本の大学の教員や学生が交流協定を通じてLSEに毎年、留学している。
LSEが学術交流協定を結んでいる日本の大学は 東京大学一橋大学東北大学慶應義塾大学国際基督教大学学習院大学である[10]

LSEには1978年トヨタ自動車サントリーが協同出資し設立した研究機関STICERD (The Suntory and Toyota International Centres for Economics and Related Disciplines)があり、 日本経済から貧困や社会的排除まで幅広い分野で研究活動を行っている。

なお、LSEの日本語名称は定まったものがなく、しばしば混乱と誤解の元になっている。日本においてしばしば使用される「ロンドン大学政治経済学部」や「ロンドン大学経済学部」は、LSEはロンドン大学の一学部では無いことから、明らかな誤訳である。

他の教育機関との関係[編集]

  • ロンドン大学
LSEはロンドン大学の所属校である。LSEの学生はロンドン大学所属の他大学の図書館や大学生協を利用することが可能である。卒業式の際のアカデミックドレスはLSE独自のものを使用している。なお、2008年度以降の入学者には卒業時にロンドン大学の学位ではなく、LSE独自の学位が授与されてる[11]
  • ラッセル・グループ
LSEはイギリス国内の研究型大規模校で構成されるラッセル・グループの一員である。
  • アカデミック・パートナー
LSEは英国内外の様々な学術機関と協力関係にあるが、その中で最も重要な位置づけにあるのが「アカデミック・パートナー」である。2010年現在、LSEの「アカデミック・パートナー」となっているのは、アメリカのコロンビア大学、フランスのパリ政治学院、中国の北京大学、シンガポールのシンガポール国立大学、そして南アフリカ共和国のケープタウン大学の5大学である。
  • Global Public Policy Network
LSEは、アメリカのコロンビア大学、フランスのパリ政治学院、シンガポールのシンガポール国立大学の三大学とともに、グローバル・パブリック・ポリシー・ネットワーク (GPPN)を形成している。これらの大学間では、行政修士 (MPA)のデュアル・ディグリー制度がある。
  • 北京大学
LSEは北京大学と国際情勢 (International Affairs)に関する修士課程を共同運営している。またLSEは毎年夏に北京大学においてサマースクールを開講している。
  • TRIUM Global Executive MBA Programme
LSEは社会科学専門の研究機関として設立された経緯から、実学志向の経営学修士コースは設置していない(学問としての経営学の課程は存在する)。だが、LSEはアメリカのニューヨーク大学 Stern School of Business、フランスのHEC経営大学院と共同で経営者対象のTRIUM Global Executive MBAコースを運営して、EMBAの研究面をサポートしている。

評価[編集]

LSEは、社会科学専門の大学なので理系の大学との比較は本来不可能である。しかし、イギリス政府が行っている公的な研究査定や新聞社の評価などで、LSEの現状やイギリス国内や世界における位置づけがある程度、把握できる。

Research Assessment Exercise (RAE)[編集]

LSE Houghton Street

Research Assessment Exercise (RAE)は、数年に一度、イギリス政府が研究機関に対して行う研究成果の公的な調査および査定である。イギリスの研究機関で行われている研究を何十もの分野に分け、その分野の専門家がお互いの研究成果を査定し、 イギリス政府はその結果に基づいて国内の研究機関への資金配分を決める。RAEはこれまで1992年、1996年、2001年、2008年の4回実施されている。

最新のRAE(2008年版)によると、総合ランキングでLSEは第2位[12]であった。評価方法が変更されているので正確な比較はできないが、この結果は前回、2001年の調査の4位[13]から改善している。

またRAE(2008年版)によるとLSEの研究の約35%が世界トップレベルと査定された[14]。これはイギリスのどの大学・研究機関よりも高い比率で、Independent紙はこの結果を重視し、LSEをイギリスで最高の研究機関だと評している[15]

最新のRAEの結果を分野別に見ると、経済学、ヨーロッパ研究、法学、社会政策学の各分野でイギリスで第1位、文化人類学で第2位であった[16]。特に経済学や社会政策学は研究の60%、50%が世界トップレベルという非常に高い評価を受けた[17]

新聞社による評価[編集]

イギリスでは新聞各紙が独自の視点に基づいた大学ランキング(総合ランキングは下記の表を参照)を発表している。 Sunday Times紙は1997年から2007年までの10年間の総合ランキングでLSEを第3位にしている[18]。 またGuardian紙は2003年度版の大学案内で「世界中のどの大学よりも今日の国際政治に与えた影響が大きい」とLSEを紹介している。

詳細なデータが公開されているIndependent紙[19]とTimes紙[20]の2009年度版のランキングを見てみると、 以下のようなLSEの特徴が読み取れる。

  • 学生の満足度は平均的 (約75%の満足度)
  • 研究レベルはトップレベルの2~3位
  • 学部課程への入学難易度は4位 (志願倍率は約15倍 (1299人の募集に対し19039人の応募)[21]で最も高い)
  • 教員一人あたりの学生数は約13人と上位10位程度
  • 卒業後の進路が最も良い (卒業生の平均初任給約£28,000、就職率約93%はともにイギリスでトップ [22])
英国の新聞社による大学総合ランキング
Assessor 2013 2012 2011 2010 2009 2008 2007 2006
The Complete University Guide 2nd[23] 4th[23] 5th[24] 4th[25] 3rd[26] 4th[26]
Guardian University Guide 3rd[27] 4th[28] 8th[28] 5th[29] 6th 3rd 3rd[30] 5th[31]
Times Good University Guide 3rd[32] 3rd 5th[33] 7th[34] 4th[35] 4th[36] 4th[37] 4th[38]
Sunday Times University Guide 4th 9th[39] 4th 4th[40] 3rd[41] 3rd[42] 4th

THE-QS World University Rankings[編集]

THE-QS World University RankingsThe Times Higher Education Supplementと教育情報の専門会社Quacquarelli Symondsが2004年から毎年発表している世界大学ランキングである。このランキングは2007年に大幅に査定方法が変更され、自然科学系・工学系専攻のない大学は不利になり、大きく順位を落とした。しかしながら近年では、39位(2012年)[43]、32位(2013年)[44]、34位(2014年)[45]、と再び順位を上げつつある。

THE-QS World University Rankings
2009 2008 2007 2006 2005 2004
総合 67th[46] 66th[47] 59th[48] 17th[49] 11th[50] 11th[51]
社会科学 5th[52] 4th[53] 3rd[54] 3rd[55] 2nd[56] 2nd[57]
人文科学 32th[58] 31th[59] 26th[60] 19th[61] 9th[62] 10th[63]
自然科学 265th[64] 313th[65]
工学 257th[66]
生命科学 264th[67] 260th[68]
  • ランキングには登場しているものの、LSE自体には自然科学・工学・生命科学の研究機関は存在していない。また人文科学に関しても哲学や人類学といった特定の分野の研究科が存在しているに留まっている。

分野別評価[編集]

LSEの中で高い評価を受けている分野として以下の学問分野がある。

  • 経済学

経済学はLSEが特に強い分野の一つであり、ノーベル経済学賞受賞者を卒業生、教員、創立者の中から11人輩出している。イェール大学がまとめた博士課程プログラムのその後の経済学の学問分野へ与えた影響度調査ではLSEは世界1位(1986-1996年の期間で6位)と評価を受けている[69]。また最新の研究水準の評価はRePEcが月毎の集計で纏めており、この中の世界の経済学部の研究水準ランキングでは概ね毎月上位10位内の水準を保っている[70]。例えば2008年1月集計分データでは世界3位[71]、2009年1月集計分では世界8位[72]である。

  • 経営学

経営学の分野においてLSEは主に経営学の修士コースと、米国のニューヨーク大学 Stern School of BusinessフランスのHEC経営大学院と共同で開講している経営者向けのTRIUM Global Executive MBAコースの2種類のプログラムを提供している。フィナンシャルタイムズ紙がそれぞれのコースの評価をしており、MBAを除く経営学修士の世界ランキングでは2008年度版で4位[73]、2007年度版で2位の評価を受けている[74]。一方EMBAコースは、2008年度版で世界3位[75]、2007年度版では2位[76]と評価をされている。

  • 政治学

政治学者であるサイモンヒックスが纏めた政治学部の研究力の世界ランキングによると1998-2002の4年間の研究実績においてLSEは世界15位(英国内1位/欧州内2位)と評価をされている[77]。また本調査内にて主要学術誌への掲載量において世界2位、影響度において世界4位との評価を受けている。

  • 哲学

世界の大学における哲学分野の評価はPhilosophical Gourmet Reportが行っており、科学哲学の研究機関を持つLSEも評価対象となっている。2009年度版の世界ランキングではLSEは科学哲学の総合評価で第2グループ(2位-11位)との評価を受けた[78]。特に社会科学の哲学では単独1位の評価を受けている[79]

LSEの関係者[編集]

ロンドン・スクール・オブ・エコノミクスの関係者を参照。

LSEギャラリー[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b http://www.hesa.ac.uk/component/option,com_datatables/Itemid,121/task,show_category/catdex,2/#inst_level_staff
  2. ^ a b 2011/12 students by Institution”. Higher Education Statistics Agency. 2013年9月24日閲覧。
  3. ^ Newsweek 2005 College Guide(2004.10.27)
  4. ^ http://www.lse.ac.uk/resources/LSEHistory/timeline.htm
  5. ^ http://www.lse.ac.uk/newsAndMedia/news/archives/2013/04/32LIFOpening.aspx
  6. ^ http://www.realestate.bnpparibas.co.uk/upload/docs/application/pdf/2013-09/lse_lincolns_inn_fields_september_2013_final.pdf
  7. ^ LSE Podcast http://www.lse.ac.uk/resources/podcasts/publicLecturesAndEvents.htm
  8. ^ LSE Library Surveys and Statistics http://www.lse.ac.uk/library/abthli/surveysandstatistics2006version.htm
  9. ^ Overseas Students by Country of Domicile 2010/11 - 2012/13 http://www.lse.ac.uk/intranet/LSEServices/planningAndStatistics/informationManagementAndStatistics/pdf/Table%20I.pdf
  10. ^ 文部科学省 大学等間交流協定締結状況調査 http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/19/09/07090416/002.htm
  11. ^ http://www.lse.ac.uk/intranet/students/researchStudents/researchDegrees/Degree-awarding%20powers%20FAQs.doc
  12. ^ LSE RAE http://www2.lse.ac.uk/researchAndExpertise/RAE2008/home.aspx
  13. ^ The Guardian RAE 2001 http://education.guardian.co.uk/researchratings/table/0,11229,-4319756,00.html?index=3&start=0
  14. ^ Guardian RAE 2008 http://www.guardian.co.uk/education/table/2008/dec/18/rae-2008-results-uk-universities.
  15. ^ The Independent 'LSE beats Oxford and Cambridge to become best research centre' http://www.independent.co.uk/news/education/education-news/lse-beats-oxford-and-cambridge-to-become-best-research-centre-1202324.html
  16. ^ RAE 2008 http://www.rae.ac.uk/pubs/2008/01/
  17. ^ The Guardian RAE 200-LSE http://www.guardian.co.uk/education/table/2008/dec/18/rae-2008-lse
  18. ^ Sunday Times University Ranking 1997-2007 http://extras.timesonline.co.uk/pdfs/univ07ten.pdf
  19. ^ The Independent 2008/09 http://www.independent.co.uk/news/education/higher/the-main-league-table-2009-813839.html
  20. ^ The Times Good University Guide 2009 http://extras.timesonline.co.uk/tol_gug/gooduniversityguide.php
  21. ^ UApplications (choices) and accepted applicants to each UCAS member university and college 2008”. UCAS (2008年). 2009年10月16日閲覧。
  22. ^ Times University -LSE http://www.timesonline.co.uk/tol/life_and_style/education/sunday_times_university_guide/article4773713.ece?token=null&offset=36&page=4
  23. ^ a b The Complete University Guide 2011”. The Complete University Guide. 2011年5月14日閲覧。
  24. ^ The Complete University Guide 2011”. The Complete University Guide. 2010年5月20日閲覧。
  25. ^ The Complete University Guide 2010”. The Complete University Guide. 2009年4月30日閲覧。
  26. ^ a b “The Independent University League Table”. The Independent (UK). (2008年4月24日). http://www.independent.co.uk/news/education/higher/the-main-league-table-2009-813839.html 2010年4月4日閲覧。 
  27. ^ “University guide 2013: University league table | Education”. London: guardian.co.uk. (2012年5月21日). http://www.guardian.co.uk/education/table/2012/may/21/university-league-table-2013 2012年6月20日閲覧。 
  28. ^ a b “University guide 2012: University league table”. The Guardian (London). (2011年5月17日). http://www.guardian.co.uk/education/table/2011/may/17/university-league-table-2012 
  29. ^ “University guide 2011: University league table”. The Guardian (UK). (2010年6月8日). http://www.guardian.co.uk/education/table/2010/jun/04/university-league-table 2011年5月17日閲覧。 
  30. ^ “University ranking by institution”. The Guardian (UK). http://browse.guardian.co.uk/education/2006?SearchBySubject=&FirstRow=20&SortOrderDirection=&SortOrderColumn=GuardianTeachingScore&Subject=Institution-wide&Institution= 2007年10月29日閲覧。 
  31. ^ “University ranking by institution”. The Guardian (UK). http://education.guardian.co.uk/universityguide2005/table/0,,-5163901,00.html?chosen=Durham&tariff=0&start=40&index=3&alpha=0 2010年4月4日閲覧。 
  32. ^ Good University Guide”. The Times. 2012年6月20日閲覧。
  33. ^ Watson, Roland. “The Times Good University Guide”. The Times (UK). http://extras.timesonline.co.uk/tol_gug/gooduniversityguide.php 2009年8月21日閲覧。  [リンク切れ]
  34. ^ John O'Leary, Bernard Kingston, Andrew Hindmarsh (2006). The "Times" Good University Guide 2007. Times Books. ISBN 978-0007231485. 
  35. ^ Watson, Roland. “The Times Good University Guide 2008”. The Times (UK). http://extras.timesonline.co.uk/gug/gooduniversityguide.php 2007年11月3日閲覧。  [リンク切れ]
  36. ^ Watson, Roland. “The Times Good University Guide 2007 – Top Universities 2007 League Table”. The Times (UK). http://www.timesonline.co.uk/displayPopup/0,,102571,00.html 2007年11月3日閲覧。  [リンク切れ]
  37. ^ Kidd, Patrick. “The Times Top Universities”. The Times (UK). http://www.timesonline.co.uk/displayPopup/0,,32607,00.html 2007年11月3日閲覧。  [リンク切れ]
  38. ^ Kidd, Patrick. “The Times Top Universities 2005”. The Times (UK). http://www.timesonline.co.uk/displayPopup/0,,32607,00.html 2010年4月4日閲覧。  [リンク切れ]
  39. ^ Kidd, Patrick. “The Sunday Times University League Table”. The Sunday Times (UK). http://extras.timesonline.co.uk/stug/universityguide.php 2008年9月14日閲覧。  [リンク切れ]
  40. ^ Kidd, Patrick. “The Sunday Times University League Table”. The Sunday Times (UK). http://extras.timesonline.co.uk/stug/universityguide.php 2008年10月8日閲覧。  [リンク切れ]
  41. ^ Kidd, Patrick (2009年6月1日). “London School of Economics”. The Times (London). http://www.timesonline.co.uk/tol/life_and_style/education/good_university_guide/article2132052.ece 2010年4月4日閲覧。 
  42. ^ “The Sunday Times University League Table” (PDF). The Sunday Times (UK). http://extras.timesonline.co.uk/stug2006/stug2006.pdf 2007年11月3日閲覧。 
  43. ^ http://www.timeshighereducation.co.uk/world-university-rankings/2012-13/world-ranking/institution/london-school-of-economics-and-political-science
  44. ^ http://www.timeshighereducation.co.uk/world-university-rankings/2013-14/world-ranking/institution/london-school-of-economics-and-political-science
  45. ^ http://www.timeshighereducation.co.uk/world-university-rankings/2014-15/world-ranking/institution/london-school-of-economics-and-political-science
  46. ^ QS Top Universities http://www.topuniversities.com/university/363/london-school-of-economics-and-political-science-lse
  47. ^ QS Top Universities http://www.topuniversities.com/schools/data/school_profile/default/londonschooleconomicspoliticalscience
  48. ^ QS Top Universities http://www.topuniversities.com/schools/data/school_profile/default/londonschooleconomicspoliticalscience
  49. ^ THES - QS World University Rankings 2006 http://www.topuniversities.com/worlduniversityrankings/results/2006/top_200_universities
  50. ^ THES WORLD UNIVERSITY RANKINGS 2005 http://www.timeshighereducation.co.uk/hybrid.asp?typeCode=175
  51. ^ THES WORLD UNIVERSITY RANKINGS 2004 http://www.timeshighereducation.co.uk/hybrid.asp?typeCode=153
  52. ^ QS Top Universities http://www.topuniversities.com/university/363/london-school-of-economics-and-political-science-lse
  53. ^ QS Top Universities http://www.topuniversities.com/schools/data/school_profile/default/londonschooleconomicspoliticalscience
  54. ^ QS Top Universities http://www.topuniversities.com/schools/data/school_profile/default/londonschooleconomicspoliticalscience
  55. ^ THES WORLD UNIVERSITY RANKINGS 2006 http://www.timeshighereducation.co.uk/hybrid.asp?typeCode=167
  56. ^ THES WORLD UNIVERSITY RANKINGS 2005 http://www.timeshighereducation.co.uk/hybrid.asp?typeCode=181
  57. ^ THES WORLD UNIVERSITY RANKINGS 2004 http://www.timeshighereducation.co.uk/hybrid.asp?typeCode=143
  58. ^ QS Top Universities http://www.topuniversities.com/university/363/london-school-of-economics-and-political-science-lse
  59. ^ QS Top Universities http://www.topuniversities.com/schools/data/school_profile/default/londonschooleconomicspoliticalscience
  60. ^ QS Top Universities http://www.topuniversities.com/schools/data/school_profile/default/londonschooleconomicspoliticalscience
  61. ^ THES WORLD UNIVERSITY RANKINGS 2006 http://www.timeshighereducation.co.uk/hybrid.asp?typeCode=166
  62. ^ THES WORLD UNIVERSITY RANKINGS 2005 http://www.timeshighereducation.co.uk/hybrid.asp?typeCode=180
  63. ^ THES WORLD UNIVERSITY RANKINGS 2004 http://www.timeshighereducation.co.uk/hybrid.asp?typeCode=151
  64. ^ QS Top Universities http://www.topuniversities.com/schools/data/school_profile/default/londonschooleconomicspoliticalscience
  65. ^ QS Top Universities http://www.topuniversities.com/schools/data/school_profile/default/londonschooleconomicspoliticalscience
  66. ^ QS Top Universities http://www.topuniversities.com/schools/data/school_profile/default/londonschooleconomicspoliticalscience
  67. ^ QS Top Universities http://www.topuniversities.com/schools/data/school_profile/default/londonschooleconomicspoliticalscience
  68. ^ QS Top Universities http://www.topuniversities.com/schools/data/school_profile/default/londonschooleconomicspoliticalscience
  69. ^ http://cowles.econ.yale.edu/areas/ecm/gsrank.htm
  70. ^ http://ideas.repec.org/top/top.econdept.html
  71. ^ http://ideas.repec.org/top/old/0801/top.econdept.html
  72. ^ http://ideas.repec.org/top/old/0901/top.econdept.html
  73. ^ http://rankings.ft.com/businessschoolrankings/masters-in-management
  74. ^ http://rankings.ft.com/businessschoolrankings/masters-in-management-2007
  75. ^ http://rankings.ft.com/businessschoolrankings/emba-rankings
  76. ^ http://rankings.ft.com/businessschoolrankings/emba-rankings-2007
  77. ^ http://www.politicalstudies.org/pdf/psr/hix.pdf
  78. ^ http://www.philosophicalgourmet.com/breakdown/breakdown14.asp
  79. ^ http://www.philosophicalgourmet.com/breakdown/breakdown21.asp

参考文献[編集]

  • Jose Harris 著(柏野健三 訳)『ウイリアム ベヴァリッジ その生涯(中)』ふくろう出版(1997)
  • Lord Beveridge著(柏野健三訳)『英国の知力 ロンドン大学ロンドン・スクール・オブ・エコノミックス(LSE)激動と躍進の18年(1919~1937)』英国思想・ベヴァリッジ研究所(2010年6月)非売品

外部リンク[編集]