ケーララ州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Example.of.complex.text.rendering.svg この項目にはインド系文字が含まれています。環境によっては、フォントをインストールしていても、母音記号の位置が乱れたり結合文字が分かれたりします詳細
ケーララ州
കേരള
Kerala
ケーララ州の位置 インド内)
測地系: 北緯8度30分27秒 東経76度58分19秒 / 北緯8.5074度 東経76.972度 / 8.5074; 76.972
インドの旗 インド
地方 南インド
行政区 14
州都 ティルヴァナンタプラム
最大都市 コーチ
州首相 O・チャンディ
人口
密度
31,838,619 (12位) (2001年現在)
819 /km2 (2,121 /sq mi)
識字率 90.92%
公用語 マラヤーラム語
標準時 IST (UTC+5:30)
面積 38,863 km2 (15,005 sq mi)

座標: 北緯8度30分27秒 東経76度58分19秒 / 北緯8.5074度 東経76.972度 / 8.5074; 76.972 ケーララ州(ケーララしゅう、マラヤーラム語: കേരള英語: Kerala)は、インドの州の一つであり、南インドを構成する州の一つに数えられる。東にタミル・ナードゥ州と接し、北にカルナータカ州と接する。州都ティルヴァナンタプラムマラバール海岸英語版によりインド洋に臨んでおり、西にはラクシャディープ諸島が、南にはモルディブの島々が、海の中に浮かんでいる。旧フランス領でポンディシェリ連邦直轄領の一部となっているマヘ英語版が、ケーララ州の一部を切り取るように存在している。

歴史[編集]

メソポタミアシュメール時代からスパイス貿易の中心として記録されている[1][2]エジプトフェニキア中国バビロニアなどの地方からの人々でにぎわいを見せた。

1102年にチョーラ朝が北部に侵攻してチェーラ朝英語版が滅ぼされ、コーチン王国英語版が興った。

大航海時代の1498年ポルトガル人が訪れ上陸し、拠点を築いた。その後続いてオランダイギリスフランスからも相次いで上陸し、象牙チーク材香辛料などを求めてヨーロッパ人の交易が開始され、今日の多文化共生となっている。ケーララ州の沿岸はマラバール海岸と呼ばれコショウの原産地である。14世紀から17世紀まで多くの数学者や天文学者を生んだ。シャンカラが代表的である。ケーララはアーユルヴェーダの発祥の地としても知られる。マルコ・ポーロが上陸したのは、コバラム近くのマラバール海岸英語版である。明朝鄭和カリカットに来航し[3]、15世紀にはヴァスコ・ダガマが上陸した[4]古代イスラエルソロモン王も船を寄せたとの伝説もある[5]1661年オランダ領マラバール英語版1661年1795年)が出来る。

18世紀初頭、南部にトラヴァンコール王国1729年 - 1947年)が建国された。

1967年から1970年にかけてKunnikkal Narayananマラヤーラム語版毛沢東主義ナクサライト英語版Naxalite)をケーララ州で率いていた。

インド初で最大のIT特区でもあるティルヴァナンタプラムテクノパーク英語版がつくられており、Linuxフリーソフトウェアを積極的に推進し、リチャード・ストールマンからアジアで最初に提携する州に選ばれた[2]

アラブ諸国への出稼ぎが多く[6]ドバイに住むインド系の過半数がケーララ出身であるとされる。1991年湾岸戦争サダム・フセイン大統領を応援する人々により、サダム・ビーチ英語版という変わったところがつくられている。

地理[編集]

ケーララ州のハウスボート英語版

インド半島南西沿岸部に南北に長く延びた州。多くの川がそれぞれに支流を伸ばし、複雑な海岸線を形成している。

海岸線付近はモナザイトを算出する岩石帯が250kmの長さで存在しており、この地域一帯はモナザイトを含む黒い砂浜[7]と共に、世界有数の自然放射線量の地域としても知られている。ケーララ州海岸線付近における1人・1年間あたりの被照射線量は平均3.8mSv、高い地域では20mSv以上に達する[8]。家系内遺伝調査の結果によれば、高線量地域では統計的に有意に生殖細胞由来の点突然変異が高い傾向にある[9][10]

マラップラム県のKodinhi村では、双子が多いことでも知られており、Krishnan Sribiju医師によれば、原因は不明だが、60年~70年前からみられる傾向だという[11][12]。この現象はKodinhi村に限ったことではなく、ブラジルCândido GodóiナイジェリアIgbo-Oraなどでも双子の高発生率が観測されており、Sribiju医師はブラジルやナイジェリアの医師とコンタクトをとるなど原因の解明に向けて活動を行っており[13]、遺伝学者などからなる調査団はさらに詳細な調査が行われる必要があるとしている[14]

政治[編集]

政治的には1957年に世界初の普通選挙を通じた共産党州政権(インド初の非インド国民会議政権)が発足して以来、共産党が与党になることも多い。

同州は人間開発指数で最高値を記録しており[15]、識字率はほぼ100%[16]に達し、平均寿命もインドでは最も高く、殺人率は最も低く[17] 、インドで最も公衆衛生が進んでるとされ[18]アマルティア・センマブーブル・ハックから絶賛されている。

行政区分[編集]

ケーララ州の行政区分

ケーララ州は、14の県(ジッラ ജില്ല)に分けられている。

この他、以下の大都市は政令指定都市(マハーナガラム മഹാനഗരം ; 「大都市」)に指定されている。

住民[編集]

県別の人口密度

民族[編集]

主な民族としてはマラヤーリ英語版en:Adivasien:Kerala Iyersen:Shivalli Brahminsカンナダ人英語版、コンカニ人、en:Cochin Sikhsが存在。

言語[編集]

公用語はマラヤーラム語タミル語コンカニ語トゥル語ヒンディー語ベンガル語en:Maldivian language、及び各種Adivasi語が使用されている。

宗教[編集]

ヒンズー教イスラム教キリスト教仏教ユダヤ教ジャイナ教などと宗教的には多様だが、宗教間の衝突は他の州に比べれば少ないとされる[19]

ナスラーニー英語版アッシリア人が合流した東方教会系のカルデア・シリア教会がある。

脚注[編集]

  1. ^ Faces of Goa: a journey through the history and cultural revolution of Goa and other communities influenced by the Portuguese By Karin Larsen (Page 392)
  2. ^ Striving for sustainability, environmental stress and democratic initiatives in Kerala(Page 79) ISBN 81-8069-294-9; Author:Srikumar Chattopadhyay, Richard W. Franke; Year:2006.
  3. ^ Ma Huan: Ying Yai Sheng Lan, The Overall Survey of the Ocean's Shores, translated by J.V.G. Mills, 1970 Hakluyt Society, reprint 1997 White Lotus Press. ISBN 974-8496-78-3
  4. ^ Death of Vasco Da Gama in Kochi. MSN Encarta Encyclopedia. Archived from the original on 2009-11-01. Retrieved 2006-05-23.
  5. ^ Ancient Trade in Thiruvananthapuram". Facts You Never Knew about India. University of Stanford. Retrieved 17 October 2006.
  6. ^ Govind, Biju. "GCC residency cap may force lakhs to return". The Hindu. Retrieved 18 November 2012.
  7. ^ [1]
  8. ^ インドの高自然放射線地域における住民の健康調査 (09-02-07-02) - ATOMICA -
  9. ^ Lucy Forster et al. (2002). “Natural radioactivity and human mitochondrial DNA mutations”. PNAS 99 (21): 13950-13954. doi:10.1073/pnas.202400499. http://www.pnas.org/content/99/21/13950.full. 
  10. ^ 翻訳:伊澤 (2011年5月3日). “自然放射線とヒトミトコンドリア遺伝子の突然変異”. 名古屋生活クラブ. 2011年5月28日閲覧。
  11. ^ “Indian village with 250 sets of twins”. Telegraph. (2009年5月11日). http://www.telegraph.co.uk/news/newstopics/howaboutthat/5306898/Indian-village-with-250-sets-of-twins.html 2011年6月23日閲覧。 
  12. ^ “Twin town: The Indian village where there are 220 sets of twins has doctors baffled”. Daily Mail. (2009年7月15日). http://www.dailymail.co.uk/news/article-1180544/Twin-town-The-Indian-village-220-sets-twins-doctors-baffled.html 2011年6月23日閲覧。 
  13. ^ Jeremy Laurance (2009年5月12日). “Seeing double: the village in deepest Kerala where twins have taken over”. The Independent. http://www.independent.co.uk/news/science/seeing-double-the-village-in-deepest-kerala-where-twins-have-taken-over-1683129.html 2011年6月23日閲覧. "The village of Mohammad Pur Umri, near Allahabad, also has a high rate identified five years ago, as does Candido Godoi, a village in Brazil promoted as the twins capital of the world. The highest rate in the world is believed to be among the Nigerian Yoruba tribe which has a twinning rate of 45 per 1,000 births. "I see understanding the high twinning rate in Kodinhi as a public health challenge," said Dr Sribiju. "We are meeting with doctors from Nigeria and Brazil to try to solve this problem." 
  14. ^ “Malappuram village under national genetic scanner”. The Hindu. (2008年11月10日). http://www.hindu.com/2008/11/10/stories/2008111054830500.htm 2011年6月23日閲覧。 
  15. ^ India Human Development Report 2011: Towards Social Inclusion". Institute of Applied Manpower Research, Planning Commission, Government of India. Retrieved 17 October 2012.
  16. ^ 2001年には91%、インドは65%(川島幸司「高い生活指標と不十分な経済」/ 広瀬崇子・近藤正規・井上恭子・南埜猛編著『現代インドを知るための60章』明石書店 2007年 278ページ)
  17. ^ http://ncrb.nic.in/CD-CII2011/cii-2011/Table%203.1.pdf
  18. ^ Sunil Mani; Anjini Kochar (1 January 2006). Kerala's Economy: Crouching Tiger, Sacred Cows. D.C. Books. pp. 121–. ISBN 978-81-264-1359-1. Retrieved 24 September 2012.
  19. ^ Heller P (4 May 2003). Social capital as a product of class mobilization and state intervention: Industrial workers in Kerala, India. University of California. pp. 49–50. Retrieved 25 February 2007.

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

公式[編集]