ヒンドゥトヴァ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ヒンドゥトヴァデーヴァナーガリー文字:हिन्दुत्व, 英語:Hindutva)はヒンドゥー・ナショナリズムの核となる概念ヴィナヤック・ダモダル・サーヴァルカル英語版1923年に刊行したパンフレットHindutva: Who Is a Hindu?』で明らかにした。英語では「Hinduness」(ヒンドゥー性)とも表現される。なお日本語表記には ヒンドゥトゥヴァヒンドゥトゥワヒンドゥットゥヴァ などと揺れがみられるほか、ヒンドゥー・ナショナリズムと共に ヒンドゥー至上主義 とされる場合もある。

概念[編集]

その概念は次のようなものである。

なお左翼の側からはファシズムのインド版として非難されることが多い。

団体・政党など[編集]

ヒンドゥトヴァを掲げる最大の団体は民族義勇団(RSS)であり、最大の政党インド人民党(BJP)である。これらの諸団体をサン・パリヴァール英語版(संघ परिवार, 英訳はFamily of Associations で「諸団体の一家」といった意味)と呼ぶ。またシヴ・セーナーはサン・パリヴァールの一員ではないが、インド人民党との選挙協力を通じて密接な関係を保っている。シク教宗教政党であるアカリ・ダル(SAD)との関係にも似た点がある[9]

備考・出典[編集]

  1. ^ M. G. Chitkara 2004, Rashtriya Swayamsevak Sangh, Published by APH Publishing, ISBN 81-7648-465-2, ISBN 978-81-7648-465-7 (Quoting Late RSS leader Balasaheb Deoras "If untouchability is not a sin, nothing is a sin").
  2. ^ Organize under Dalit leadership: RSS ザ・タイムズ・オブ・インディアの記事
  3. ^ BJP leader, Rajnath Singh demanding Uniform Civil Code
  4. ^ http://www.expressindia.com/news/fullstory.php?newsid=23591
  5. ^ Uniform civil code will divide the country on communal lines: Congress
  6. ^ Shah Bano Case
  7. ^ en:Kashmiri Pandit(カシミールに所在するバラモンのコミュニティ)を参照。
  8. ^ en:Wandhama massacre(1998年にワンダーマで発生した虐殺事件)を参照。
  9. ^ SAD-BJP Alliance helped bridge Hindu Sikh gap Indian Express

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]