ラクシュミー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
蓮の花の上のラクシュミー(ラヴィ・ヴァルマ画)

ラクシュミー(लक्ष्मी,Lakshmi,Laxmi)は、ヒンドゥー教女神の一柱で、と豊穣と幸運を司る。乳海攪拌の際に誕生した。ヒンドゥー教の最高神の1人ヴィシュヌの妻とされており、数多くあるヴィシュヌの化身と共に、ラクシュミーも対応する姿・別名を持っている。幸運を司るため、移り気な性格であるともいわれる。蓮華の目と蓮華の色をした肌を持ち、蓮華の衣を纏っている。ラクシュミーが誕生した時、アスラ達が彼女を手に入れようとしたが、失敗に終わった。あるアスラは彼女を捕まえる事に成功し頭の上に乗せたが、その途端に逃げられた。かつてはインドラと共にいたこともあったが、インドラでさえラクシュミーを自分の元に留めておく為には、彼女を4つの部分に分けなければならなかったという。

10月末から11月初めのインド暦の第七番目の月の初めの日「ディーワーリー」(दीवाली, Diwali/またはサンスクリット:दीपावली, Deepawali)はラクシュミーを祝うお祭りである。

なおラクシュミーはアラクシュミー (en:Alakshmi) という不幸を司る女神を姉に持つともされ、ヴィシュヌの妻になる際に「私があなたの妻になる条件として姉にも配偶者を付けるように」とヴィシュヌに請願し、ある聖仙(リシ)とアラクシュミーを結婚させ、晴れてヴィシュヌとラクシュミーは一緒になったという神話も一方で残っている。

仏教にも取り込まれて吉祥天と呼ばれている。福徳安楽を恵み仏法を護持する天女とされる。また弁才天(サラスヴァティー)と混同される場合がある。

別名[編集]

  • シュリー(श्री, Srī) - 吉祥。
  • パドマーヴァティー(पद्मावती, Padmāvatī) - 蓮を持つ女性。
  • チャンチャラー - 移り気。

関連項目[編集]