マハーバリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
椅子に座るのがマハーバリ。左が乞食の少年として紫の皮膚の姿でマハーバリ王に尋ねるヴァーマナ(ヴィシュヌ)
ヴァーマナが巨大化し、マハーバリの額に3歩目の足を下ろす場面

マハーバリMahabali, デーヴァナーガリー表記:महाबली)もしくはバリ(Bali)とは、主にインド神話に登場するアスラである。2つの絵をみてもわかる通り、マハーバリは皮膚の色は白くほぼ人間と同じ姿をしている。名前に付いているマハーとは「偉大な」を意味する敬称である。ダイティヤ族であり、同じくアスラ王であるヴィローチャナを父に、プラフラーダを祖父に持つ。また、ダイティヤ族の守護女神であるコータヴィーを妻とする。2人は子バーナースラをもうけた。

概要[編集]

マハーバリは天界の王インドラとの戦いで命を落とした父ヴィローチャナにかわり祖父プラフラーダの下で育てられた。プラフラーダは最高神ヴィシュヌに帰依して大悟を得たアスラであり、祖父の薫陶を受けたマハーバリは長じて地底界を治め、公正で献身的な王となった。やがてマハーバリは父の仇を討つべく天界に軍を進め、インドラ率いるデーヴァ神族を掃討して、天界・空界・地上界の三界を掌握した。彼の治世は喜びに満ち、世界はあまねく光り輝いて富にあふれ、三界のどこにも飢える者はなかったという。

インドラを含むデーヴァ神族は戦争に負けたため今度は逆に天界から追放された。インドラを不憫に思った神々の母アディティヴィシュヌに祈りを捧げ、それを聞き届けたヴィシュヌは女神アディティの胎内に入り、彼女の夫カシュヤパとの間の息子として転生した。それがヴィシュヌの第5のアヴァターラヴァーマナ(Vāmana)であった。

ある時ヴァーマナは、バラモンの乞食の少年の姿になり、マハーバリを讃える祭へ出かけた。そこでマハーバリは多くの人々に施しを与えており、自分の前に進んできたヴァーマナにも望む物を尋ねた。ヴァーマナの望みは、自分が歩いた3歩分の土地であったので、その程度ならとマハーバリは快く承諾した。彼の師である聖仙ウシャナー(アスラグル・シュクラチャリヤ)はヴァーマナヴィシュヌの化身である事を見抜き、施しを止めるよう警告したが、ダルマを重んじるマハーバリは「例え敵であったとしても、一度交わした約束を反故にする事ほど罪深い事はない」と言って取り合わなかった。

そしてヴァーマナが脚を踏み出すと同時にその身体は巨大化し、まず1歩目で地上の全てを、2歩目で空界と天界の全てを跨いだ。2歩にて全宇宙の全てを跨ぎ、もはや3歩目を踏み降ろす場所を無くしたヴァーマナの前に、マハーバリは「3歩目の領地」として自身の頭を差し出した。

自身を差し出しても尚約束を守ろうとするマハーバリの徳性にヴァーマナは感服し、彼を許した。またさらに次代のマヌヴァンタラ(マヌの時代)における天帝の地位を約束し、地底の楽園世界スタラローカをそれまでの領地としてマハーバリに与えた。

マハーバリは現在もスタラローカにて親族と共に現世の安寧を祈っていると言われている[1][2]

またマハーバリは毎年、彼の国民の繁栄を保障すべく現世へ戻って来ると信仰されており、インドの南部ケーララ州では彼を讃えるオナムというお祭りが年に一度開かれている。

宝石に関する説話[編集]

マハーバリの体から出た宝石群

ヴァーマナに倒されるとき、マハーバリの体から宝石群がさまざまな大地へと飛び出したと言われる。宝石はマハーバリはまことに真実の輝ける心の清い神であったことの証明であったとされる。以下紹介する。なお、「Mani」と付くのは「加護のある宝石」という意味である。

  • ルビー:マハーバリの血
  • パール:マハーバリの心
  • サンゴ(コーラル):マハーバリの血が海水に落ちて形成されたもの
  • イエローサファイア:マハーバリの肉
  • ブルーサファイア:マハーバリの目
  • ダイヤモンド:マハーバリの脳漿
  • ヘッソナイト:マハーバリの脂肪
  • キャッツアイ:マハーバリのYagyopavit
  • トルコ石:マハーバリの神経
  • ムーンストーン:マハーバリの瞳孔
  • Ghrit Mani:マハーバリの腰の断片
  • Tail Mani:マハーバリの皮膚
  • Bheeshmak:マハーバリの頭
  • Upalak Mani:マハーバリの痰
  • ロッククリスタル:マハーバリの汗
  • Parasmani:マハーバリの心臓
  • Ulook Mani:マハーバリの舌
  • ラピスラズリ:マハーバリの頭髪
  • Masar Mani:マハーバリの顔
  • Ishiv Mani:マハーバリの精液

アスラ神族の扱いについて[編集]

インドの南部、タミル・ナードゥ州カーンチプラム県にある町「マハーバリプラム」は、マハーバリの名前に由来する。一方で岩彫芸術ではアスラ神族の王となったマヒシャースラが水牛の姿に化けたときに女神ドゥルガーが退治するという有名な場面も彫られていることでも有名な場所である。すべてのアスラ神族が愛されているわけではないことにも留意なされたい。なお、オーナムの逆バージョンとしてナヴラトリ祭がある。これはアスラ神族王マヒシャースラを討ち取ったことと、マヒシャースラを討ち取った女神ドゥルガーを祝う祭りである。

脚注[編集]

  1. ^ マハーバリとヴァーマナの神話は様々なパターンが存在し、マハーバリはヴァーマナから地下世界を守る為に3歩目の下に自分の頭を置いたとも言われ、あるいはこの時マハーバリは落命し、その体が純粋な帰依心によって聖別され、さまざまな宝石に化したとも言われている。また、ヴァーマナは偉大な皇帝マハーバリのただ一つの欠点であった「エゴ(国民を幸せにしたいというエゴ)」を取り除き、解脱させる為に現れたとも言われている。
  2. ^ 山際素男編訳「空っぽの部屋のバリ」『マハーバーラタ 第7巻』第51頁にて、バリは空っぽの部屋で驢馬の姿となり、インドラ(帝釈天)と対話し、己の権勢を自慢しバリの逆境を嘲笑するインドラ神を諌めている。また池田運訳「ナムチ魔神と天帝が、対話の中で語った死魔王の威力」『マハバーラト 第3巻』第868頁では、ある山の洞窟の中で瞑想するバリの前にインドラが現れ、権威を失ったバリを嘲笑し、それをバリが諫めている。いずれの訳書においてもバリは権威を誇ることの虚しさを説き、そのまま権威に囚われていればやがて失う時の悲しみに耐えられないだろうとインドラを諭している。(それぞれの訳書で細部が異なっているのは、マハーバーラタ自体に二つのパターンのバリとインドラの対話が収録されているためであり、それぞれの訳者がどちらか一方のみを訳した為である)

参考文献[編集]

関連項目[編集]