マハーバリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
椅子に座るのがマハーバリ。左が乞食の少年として紫の皮膚の姿でマハーバリ王に尋ねるヴァーマナ(ヴィシュヌ)
ヴァーマナが巨大化し、マハーバリの額に3歩目の足を下ろす場面

マハーバリ(Mahabali, デーヴァナーガリー表記:महाबली)もしくはバリ(Bali)はヒンドゥー教インド神話)に登場するアスラ神族のである。2つの絵をみてもわかる通り、マハーバリは皮膚の色は白くほぼ人間と同じ姿である。マハーとは「偉大な」または「真の」という意味である。直訳すると「偉大なるバリ」か「真の(王)バリ」となる。

概要[編集]

地下界を支配していたバリは父ヴィローチャナを殺したインドラへ敵討ちすべくインドラの都アマラーヴァティーを占領し、三界(天上界、地上界、地下界)を手中に収めた。インドラ王を含めデーヴァ神族達は天上界を追われたが、マハーバリに対抗する力はなかった。ただし、インドラの命は奪わなかった。アスラ王とは「魔王」と同義で言われることが多いが、実際のマハーバリ王の姿は魔王とは全く逆であり「光りが遍く輝き富に恵まれ、飢えも無き三界となった」世界に対して大変喜び、人々はアスラ王マハーバリに感謝し、称えたという。

インドラ王を含むテーヴァ神族は戦争に負けたため今度は逆に天界から追放された。インドラは事態を打開すべく女神アディディに懇願する。女神アディティはインドラの願いを承諾した。アディティはヴィシュヌに祈ると、祈りを聞き届けたヴィシュヌが女神の胎内に入り、彼女の夫カシュヤパとの間の息子として生まれ出た。それがヴィシュヌの第5のアヴァターラヴァーマナ(Vāmana)であり、矮人の姿であった。

ある時ヴァーマナは、バラモンの乞食の少年の姿になり、マハーバリを讃える祭へ出かけた。そこでマハーバリは多くの人々に施しを与えており、自分の前に進んできたヴァーマナにも望む物を尋ねた。ヴァーマナの望みは、自分が3歩あるいた分の土地であったので、その程度ならとマハーバリは快く承諾した。彼の師アスラグル・シュクラ(スクラチャリヤ)が怪しんで警告したが取り合わなかった。

突然ヴァーマナの体が巨大化し、まず1歩目が大地を踏み、2歩目が天を踏んだ。3歩目が下ろされる前に、マハーバリは自分の額を差し出し、そこにヴァーマナの巨大な足が下りていった。自己を犠牲にしてまでもマハーバリ王最期の領域である地下世界を守ろうとしたマハーバリの心に感心したヴァーマナ(ヴィシュヌ)はマハーバリを許した。マハーバリ王は自分も含めてアスラ神族らを引き連れて地下界へと戻った。こうして天上界は再びテーヴァ神族の世界となった。

なお、マハーバリは不死身にされ今も地下界に住むと言われている[1]

マハーバリは毎年、彼の国民の繁栄を保障すべく現世へ戻って来ると信仰されており、インドの南部ケーララ州ではオナムで祝っている。今でもアスラ神族の王マハーバリは人々に愛されている。

アスラ神族の扱いについて[編集]

インドの南部、タミル・ナードゥ州カーンチプラム県にある町「マハーバリプラム」は、マハーバリの名前に由来する。一方で岩彫芸術ではアスラ族の王となったマヒシャースラが水牛の姿に化けたときに女神ドゥルガーが退治するという有名な場面も彫られていることでも有名な場所である。すべてのアスラ神族が愛されているわけではないことにも留意なされたい。なお、オーナムの逆バージョンとしてナヴラトリ祭がある。これはアスラ神族王マヒシャースラを討ち取ったことと、マヒシャースラを討ち取った女神ドゥルガーを祝う祭りである。

脚注[編集]

  1. ^ 山際素男編訳「空っぽの部屋のバリ」『マハーバーラタ 第7巻』第51頁においては、バリは空っぽの部屋で驢馬の姿となり、インドラ(帝釈天)と対話し、己の権勢を自慢しバリの逆境を嘲笑するインドラ神を諌めている。バリ自身は逆境そのものは一時的なものと捉え嘆かない。

参考文献[編集]

関連項目[編集]