ブラーフマナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ブラーフマナ (ब्राह्मण)とは、ブラフマンの派生形容詞、転じて名詞で「ブラフマンに属する(もの)」の意味。

  1. カースト制の司祭階級。バラモン(ブラフミン)ともいう。
  2. ヴェーダの祭儀書。本項で詳述。

ブラーフマナは、ヴェーダのシュルティ(天啓文書)のうちの一つ。サンスクリットの古語であるヴェーダ語で書かれ、ブラーフマナ時代(およそ紀元前900年 - 紀元前500年の間)にそれぞれ成立したとみられる文書群である。祭儀書梵書とも表現される。

概要[編集]

これらはヴェーダの注釈書であり、ヴェーダの祭儀を解説している。

最も古いブラーフマナは黒ヤジュル・ヴェーダを論評する散文であり最初の数世紀に書かれているが、断片的にしか現存しない。

分類[編集]

4つのヴェーダ聖典はそれぞれ関連するブラーフマナを持つ。

  • リグ・ヴェーダ
  • サーマ・ヴェーダ
    • カウトゥマ: PB, SadvB
    • ジャイミニヤ: ジャイミニヤ・ブラーフマナ (JB)
  • ヤジュル・ヴェーダ
    • 黒(クリシュナ): ブラーフマナが、サンヒター(ヴェーダ本文)と未分化状態
      • マイトラヤニ (MS)
      • Carakakatha (CS)
      • Kapisthalakatha (KS)
      • タイッティリーヤ (TS): タイッティリーヤ学派はタイッティリーヤ・ブラフマーナ (TB) を加えた。
    • 白(シュクラ): ブラーフマナとサンヒター(ヴェーダ本文)が分離されている
      • Vajasaneyi Madhyandina: シャタパタ・ブラーフマナ、Madhyadina recension (ShB)
      • Kanva: Shatapatha-Brahmana, Kanva recension (ShBK)
  • アタルヴァ・ヴェーダ
    • Paippalada: GopB
    • Shaunakiya: (or 'Vulgate'): unknown

脚注・出典[編集]

関連項目[編集]