ヴェーダーンタ学派

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ヴェーダーンタ学派(-がくは、デーヴァナーガリー:वेदान्त, Vedānta、英:Vedanta)はダルシャナ(インド哲学)の学派。シャド・ダルシャナ(六派哲学)の1つに数えられる。ヴェーダウパニシャッドの研究を行う。古代よりインド哲学の主流であった。「ヴェーダンタ」の語源は veda と anta (終わり)を掛け合わせたもので、ヴェーダの最終的な教説を意味し、ウパニシャッドの別名でもある。

開祖はヴァーダラーヤナで、彼の著作『ブラフマ・スートラ』(別名・『ヴェーダーンタ・スートラ』)のほか、『ウパニシャッド』と『バガヴァッド・ギーター』を三大経典(プラスターナ・トラヤ)としている。

ヴェーダーンタ学派における最も著名な学者は、8世紀インドで活躍したシャンカラであり、彼の説くアドヴァイタ・ヴェーダーンタ哲学(不二一元論)は最も影響力のある学説となっている。ほかに、ラーマーヌジャらが提唱するヴィシシュタ・アドヴァイタ{制限(非限定的)・不二一元論}や、マドヴァの説くドヴァイタ(二元論)などがある。

思想[編集]

ブラフマン(宇宙の本質)とアートマン(自己の本質)の究極的同一性を説く。シャンカラが最も著名。

文献[編集]

  • 中村元 『初期のヴェーダーンタ哲学』 <インド哲学思想 第1巻>岩波書店
    • 『ヴェーダンタ哲学の発展』 <インド哲学思想 第3巻>全5巻、新版1989年
    • 中村元 『初期ヴェーダーンタ哲学史』全4巻 岩波書店、増補版1981年
    •  『決定版中村元選集.第27巻 ヴェーダーンタ思想の展開』 春秋社、1996年

関連項目[編集]