古代哲学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

本稿では「古代哲学」を列挙する。西洋哲学では、ローマ帝国におけるキリスト教の普及がヘレニズム哲学の終わりを告げ、中世哲学の開始を導く。一方東洋哲学では、アラブ帝国を通じてのイスラームの普及が古代ペルシア哲学の終わりを告げ初期イスラーム哲学の開始を導く。本稿において述べられる時代・地域はちょうどカール・ヤスパースが述べる枢軸時代に当たる。当該項目も参照。

古代ギリシア哲学[編集]

アテナイのアクロポリスのフクロウ
ラファエロアテネの学堂、討論に引き込まれた勢ぞろいした古代ギリシア哲学者を描いている

女神アテナ(ローマ神話ミネルウァ)のフクロウが哲学、philia(愛)、sophia(知)の学の誕生を象徴している。古代ギリシア哲学(:φιλοσοφία)は、イデオロギー的な連続体をなしているイスラエルエジプトメソポタミアペルシアといった先行する古代文明と結びついている。

ギリシア哲学の開始が中国インド哲学の開始とほぼ同時期だったことは枢軸時代という術語であらわされている。

小アジア東端のエーゲ海沿岸部にギリシア人が移住したことによって古代ギリシア哲学が始まった。そこではソクラテス以前の哲学の一つイオニア哲学が始まった。彼らはホメロス叙事詩の神話的な世界観に対して自然哲学的な世界の説明を対置した。例えば、ミレトスのタレス紀元前585年日食を予言している。

ペルシア戦争で勝利したというアテナイの自己主張とアテナイのアッティカ同盟内での専制によってアテナイは紀元前5世紀のギリシアの文化と広範な哲学的発展の中心地になった。古代の中心に影響力を及ぼしたローマ・ローマ帝国において宇宙の秩序、人間の本性、そして正しい生き方について考えることが前面に押し出されてきた。ここで新しい形の大きな問題が立ち上がってきた。全てのものはどこからやってきたのか?徳とは何か?何が最初の原因(アルケー)の始まりなのか?真理(アレテイア)とは何か?何が善い物か、何が幸福か、…等々。

アテナイはソフィストたちが集まる場所となり、ソクラテスの住んでいる街でもあった。ソクラテスの影響はプラトンの学派を通じて哲学史の全時代に存続した。プラトンは自身の学派、アカデミア学派を創設し、同様にアリストテレス逍遥学派を形成した。それらに加えてその後すぐにアテナイにエピクロス派ストア派が現れた。これら4つの学派に対して、ストア派の薫陶を受けた哲人王マルクス・アウレリウス・アントニヌス176年にアテナイに滞在した際に4学派の講座を創設することで敬意を表している。

哲学者[編集]

ソクラテス以前の哲学者[編集]

タレス (紀元前624年–紀元前546年)
アナクシマンドロス (紀元前610年-紀元前546年)
ミレトスのアナクシメネス (紀元前585年頃-紀元前525年頃)
ピュタゴラス (紀元前582年-紀元前496年)
フィロラオス (紀元前470年-紀元前380年)
クロトンのアルクマイオン
アルキュタス (紀元前428年-紀元前347年)
クセノパネス (紀元前570年-紀元前470年)
パルメニデス (紀元前510年-紀元前440年)
ゼノン (エレア派) (紀元前490年-紀元前430年)
サモスのメリッソス (紀元前470年頃–没年不明)
エンペドクレス (紀元前490年-紀元前430年)
アナクサゴラス (紀元前500年-紀元前428年)
レウキッポス (紀元前5世紀前半)
デモクリトス (紀元前460年-紀元前370年)
キオスのメトロドロス (紀元前4世紀)
プロタゴラス (紀元前490年-紀元前420年)
ゴルギアス (紀元前487年-紀元前376年)
アンティポン (紀元前480年-紀元前411年)
プロディコス (紀元前465年/紀元前450年-紀元前399年以降)
ヒッピアス (紀元前5世紀半ば)
トラシュマコス (紀元前459年-紀元前400年)
カリクレス
クリティアス
リュコプロン

古典ギリシア哲学者[編集]

ヘレニズム哲学[編集]

ヘレニズム諸学派[編集]

古代ペルシア哲学[編集]

ラファエロのアテネの学堂で古代の画家コスのアペレス(Ἀπελλῆς)として描かれたラファエロのそばに書かれたザラスシュトラ。

See also: 二元論, 実体二元論, 性質二元論, 記述二元論

古代にはインドヴェーダイランアヴェスターとは関係があるが、社会の中での人間の位置に関する密接な関係と宇宙における人間の役割に対する考え方の点でインド―ペルシア哲学の二つの主な派閥は根本的に異なる。キュロスの円筒印章英語版として理解されるキュロス大王による人権の最初の憲章はザラスシュトラが述べ、ペルシア史におけるアケメネス朝の時代のゾロアスター教によって発展させられた問題を反映したものとしばしばみなされる[1][2]

学派[編集]

哲学と帝国[編集]

文学[編集]

ペルシア哲学の継続[編集]

西洋文学・文化[編集]

ゾロアスター教やマニ教の考えや挑戦と結びつけて考えられるといった古代・中世のヨーロッパ文学に対する顕著な影響に加えて、近年の西洋文学においてペルシア哲学が現れ、様々な方法で扱われている。二つの著名な例:

初期ローマ・キリスト教哲学[編集]

ユダヤ哲学キリスト教哲学も参照

ローマ帝国時代の哲学者[編集]

プロティノス

古代インド哲学[編集]

古代インド哲学は二つの古代の学派、つまり沙門ヴェーダの融合である。

ヴェーダ哲学[編集]

インド哲学は「ヴェーダ」とともに始まる。ヴェーダででは問題は自然法則、宇宙の起源、そして問いを発する人間のいる場所と関連付けられる。有名なリグ・ヴェーダの「創造の讃歌」で詩人は以下のように詠う:

「あらゆる創造が起源をもつ場所で、 ひー、それを作り上げるのか作り上げないのか、 ひー、いと高き天より誰がそれを見渡すのか、 彼は知っている、あるいは彼でさえ知らないのか」

ヴェーダの考えでは、創造は太古の存在(「プルシャ」)の自覚として描かれる。これによって経験的現象の多様性と万物の起源に通底する「一つの存在」への問いが起こる。宇宙秩序は「ルタ」と呼ばれ物事を引き起こす法則は「カルマ」と呼ばれる。自然(「プラークリティ」)は三つの形(「サットヴァ」、「ラジャス」、「タマス」)をとる。

沙門哲学[編集]

ジャイナ教仏教は沙門哲学と連続的な存在である。沙門は苦しみに満ちたサンサーラという世界観を作り上げ、克己と苦行を奨励した。彼らはアヒンサーカルマジナーナ(知識)、サンサーラヴィモークシャといった哲学的概念を力説した。

古典インド哲学[編集]

古典時代には、こういった問いは六つの学派によって体系化された。そのうちのいくつかの問いは:

  • 意識の存在論的本性はどんなものか?
  • 認識自体はどのように経験されているのか?
  • 心(「チット」)は志向的なものか否か?
  • 認識はそれ自体構造を持つものか?

六派哲学:

インド哲学の他の学派:

仏教[編集]

ブッダ

仏教宗派の伝来に関するタイムライン (紀元前450年 – 1300年)

  紀元前450年 紀元前250年 100年 500年 700年 800年 1200年

 

インド

原始
仏教

 

 

 

部派仏教 大乗仏教 密教

 

 

 

 

 

スリランカ ·
東南アジア

  上座部仏教

 

 
 

 

 

 

中央アジア英語版

 

グレコ仏教英語版

 

チベット仏教

 

シルクロード仏教英語版

 

東アジア英語版

  チャン英語版天台宗浄土教日蓮

真言宗

 

 

  紀元前450年 紀元前250年 100年 500年 700年 800年 1200年
  説明:   = 上座部仏教   = 大乗仏教   = 密教


チャールヴァーカ[編集]

チャールヴァーカ (: चार्वाक)またはローカーヤタは漢語では順世派と言い、ヒンドゥー哲学の一学派である。様々な形の哲学的懐疑主義と宗教的無関心を当然視する。ローカーヤタの著者であるこの派の創設者の名をとってチャールヴァーカと呼ばれるようになった。 ヒンドゥー哲学の概要で、チャールヴァーカは「信義のない」(ナースティカな)思想であると分類される。仏教及びジャイナ教もナースティカだとされる。チャールヴァーカは唯物論的・無神論的学派であると特徴づけられる。インド哲学においてこの学派は正統派である六派哲学に数えられていないが、ヒンドゥー教において唯物論的運動があった証拠として注目に値する。 チャールヴァーカ派は様々な無神論的・唯物論的・自然主義的信念を持っていた。 チャールヴァーカでは死後の世界死後の生などないと信じられていた

       「要素それ自体から前方に飛び出す
       しっかりした知識が破壊される
       知識が破壊されると—
       死後にいかなる知性も残らない。」

自然主義 チャールヴァーカではある種の自然主義が信じられていて、あらゆる物事はひとりでに起こり、(神や超越的存在によってではなく)ひとりでに生まれてくるとされた。

       「火は暑く、水は冷たい、
       清々しくひんやりとした朝の涼風
       何によってこうした個性が生じるのか?
       彼らはそれ自体の本性に従ってそうなのだ。」

官能的な耽溺[編集]

同時代の多くのインド哲学と違い、チャールヴァーカでは官能的な耽溺は決して悪い物ではないと考えられ、むしろそれは追い求められるべき唯一の楽しみであるとされた。

       「人に起こってくる快楽
       感覚されるものに触れることによって
       それがうち捨てられるのは痛み―
       愚か者の考えのような―と一緒に来る場合だけ。
       米粒、最高級の白い粒が豊かで
       自分の真の関心を追い求める人、
       それらを投げ捨てて
       なぜなら空やほこりを覆うため?
       命が続く一方で人を幸せに生きさせよう
       彼にバターを食べさせるが彼は借金をする
       ひとたび肉体が塵となれば
       どうして再びよみがえることができようか?

宗教は人が発見した[編集]

チャールヴァーカでは宗教は人が発見して仕立て上げたものだと考え、神の権威を持たなかった。

       「ヴェーダの三人の著者は道化師、悪党、悪魔である。
       賢者、ジャルファリ、トゥルファリ、その他のよく知られている式全て、
       アーシュヴァメーダで命令される女王のための猥褻な儀式全て
       これらは道化師が発明したもので、神官に対してなされるさまざまなこと全て、
       生物が食事を行うことは同様に夜をうろつく悪魔が命令した。」

古代インド哲学者[編集]

古代中国哲学[編集]

中国哲学は日本朝鮮、そしてヴェトナムを含む漢字文化圏で支配的な哲学的思想である。

学派[編集]

諸子百家[編集]

諸子百家は春秋戦国時代に栄えた哲学者学派である。同時代に中国では大きな文化的・知的発展が起こった。同時代の後半は混乱と血みどろの戦闘を含むにもかかわらず、中国哲学の黄金時代としても知られる、というのはこの時期に広い範囲の思想・思考が自由に討論され、発展したからである。この時代に討論され洗練された思想・思考は東アジアの国々で今日に至るまで生活様式・社会意識に大きな影響を与えてきた。この時代の知識人の社会は旅をする学者の存在によって特徴づけられる。彼らはしばしば様々な国の為政者に参謀として召し抱えられ内政・戦争・外交に関して助言を授けた。この時代は秦王朝による中国統一とそれに続いて起こった焚書坑儒によって終わりを告げた。漢書には10の主な学派が列挙されている:

  • 儒学、人間は特に自己修養・自己創造を含む個人的・社会的努力を通じて学び発展して完全になることができると教える。儒学の主な思想はの修養と道徳的な完成度の発展である。儒学は、基本的な道徳的価値である「」と「」を維持するために受動的であるにしろ能動的であるにしろ必要ならば人は自らの命を捨てるべきであると考える[3]
  • 法家、人の本性は利己的であって矯正できないと説く。それゆえ、社会秩序を維持する唯一の方法は人々の上に規律を課し、法律の厳格な施行を計ることである。このことを法家は何よりも上に置き、大衆の富の上での繁栄と軍事力増強を図った
  • 道家、三宝、つまり、「慈」(同情心、憐み)、「儉」(節度、節制)、「不敢為天下先」(謙遜)を重要視する哲学。ただし道教徒は概して自然、人と宇宙の関係、健康と長寿、無為(活動しないことを通じた活動)に重点を置いていると考えられてきた。宇宙、つまりそれ自身から起こってくるもの()との調和は多くの道教徒の規則と実践の意図された結果である。
  • 墨家、普遍的な愛という考えを唱道する。墨子は「天の前では皆平等である」、また、全ての人を分け隔てなく愛することで疑似的な天国を作ろうとするべきだと考えた。その認識論は原始的な唯物論経験主義とみなされる。彼は人間の認識力は人間の抽象化にその要素を基づく想像力や直観的な論理の代わりにその知覚能力―視覚や聴覚のような感覚的経験―に基づくと考えた。墨子は倹約を推奨し、墨子が贅沢だと非難した音楽や儀式を重要視している点で儒家を非難した。
  • 陰陽家陰陽説五行説を統合する。騶衍はこの学派の始祖だと考えられている[4]
  • 農家、農民のユートピア共産主義を唱道する[5]。中国社会は古代の賢王神農の時代のそれに倣って作られるべきだと農家は考えた。神農は民俗的な英雄で中国文学の中で「皆とともに実地で働き、決定が届く限りの皆のことを考慮している[5]」と描写される。
  • 名家定義論理を重視する。古代ギリシアソフィスト弁証家と相似であるとされる。最も著名な名家は公孫竜である。
  • 縦横家、倫理的な原理の代わりに実践的な事柄に重点を置き、そのため政治・外交的戦略、議論ロビーイングの腕前を強調した。この学派の学者は有能な演説家・議論家・戦略家であった。
  • 雑家、別の学派の教えを統合する。例えば、呂不韋は様々な学派の学者を見出して共同して『呂氏春秋』と呼ばれる著書をものした。様々な学派の美点をまとめ、各学派にみられる欠点に関してはこれを避けた。
  • 小説家、思想において独特な点のない学派だが市井の人々が議論した、市井の人々に由来する全ての思想よりなる哲学である.
  • もう一つの学派は兵家であり、戦術戦争哲学を研究した。孫子孫臏が影響力の高い指導者である。しかしながら、この学派は漢書に定義された「十家」の一つではない。

中国の帝国時代初期[編集]

統一秦王朝の創設者は法家思想を公式哲学として実施し、焚書坑儒を行った。漢王朝が道家を採用し、さらに後には儒家を公式に教義として採択するまでは法家が影響力を保った。道家や儒家は仏教の到来までは中国史層の中でも決定的な力となった。

儒家は漢王朝の頃に特に強力であった。その最大の思想家は董仲舒で、儒家思想を董仲舒の学派の思想や五行説と統合した。また、彼は今文経学を普及させた。それは孔子を神で、中国の精神的な支配者であり、予知能力を持っていて普遍的平和へ向けて世界の革命を開始すると考えた。対照的に古文経学が存在し、彼らはずっと信頼性の高い古代の言葉で書かれた孔子の著作の使用を唱道した。とりわけ、彼らは孔子を神同然の人物とみなす憶説を論駁し、孔子を偉大な賢者ではあるが死すべき人間にすぎないと考えた。

3世紀から4世紀には「ネオタオイズム」とも呼ばれる「玄学」(神秘的なものの研究)が起こってくる。この運動の最も重要な哲学者は王弼向秀、そして郭象である。この学派の主な問題は存在は非存在から生じるか否か(中国語で存在が「名」、非存在が「無名」)というものである。こういった、竹林の七賢のような道家哲学者に特有な性質は、「風流」、つまり自然や本能的な行動に身をゆだねようというある種のロマンチックな精神である。

仏教は紀元後1世紀ごろに中国に到来したが、南北朝時代の時代になって初めて大きな影響と中国社会からの認知を持つに至った。初めのうちは、仏教は道教の一教派と考えられ、道教の開祖老子についてインドに行って自身の哲学を仏陀に教えたのだという伝説も存在した。中国では大乗仏教はライヴァルの上座部仏教よりもずっと成功した。仏教の両派とともに中国土着の教派も5世紀に興隆した。二人の主に重要な僧哲学者として僧肇道生がいる。しかしおそらくもっとも重要で独自の教派は禅宗で、日本に対しても大きな影響を与えた

哲学者[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Philip G. Kreyenbroek: "Morals and Society in Zoroastrian Philosophy" in "Persian Philosophy". Companion Encyclopedia of Asian Philosophy: Brian Carr and Indira Mahalingam. Routledge, 2009.
  2. ^ Mary Boyce: "The Origins of Zoroastrian Philosophy" in "Persian Philosophy". Companion Encyclopedia of Asian Philosophy: Brian Carr and Indira Mahalingam. Routledge, 2009.
  3. ^ Lo, Ping-cheung (1999), Confucian Ethic of Death with Dignity and Its Contemporary Relevance, Society of Christian Ethics, http://arts.hkbu.edu.hk/~pclo/e5.pdf 
  4. ^ Zou Yan”. Encyclopædia Britannica. 2011年3月1日閲覧。
  5. ^ a b Deutsch, Eliot; Ronald Bontekoei (1999). A companion to world philosophies. Wiley Blackwell. p. 183. 

外部リンク[編集]