ネオプラトニズム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ネオプラトニズム (Neoplatonism) は、プラトンイデア論を継承し、万物は一者から流出したもの(流出説)と捉える思想で、紀元3世紀頃にプロティノスによって展開され、ルネサンス期にイタリアで再び盛んになった。「新プラトン主義」と訳されることも多い。

この「ネオプラトニズム」という言葉は、19世紀シュライアーマッハー以降、文献学により、プラトン自身のオリジナルの教説と後世の追随者の思想とが区別して捉えられるようになって初めて生まれたものである。

古代のネオプラトニズム[編集]

ネオプラトニズムの創始者はプロティノスとされる。プロティノスの思想はプラトン哲学(プラトニズム)を出発点としており、プラトンの正しい解釈として考えられたものであるが、実際に構築された哲学体系はプラトンのオリジナルのものとはかけ離れたものとなっている。

このプロティノスネオプラトニズムはオーソドックスなものだとみなされていて、一者への「帰還」に神秘秘術を取り入れたイアンブリコスプロクロスなどの後期ネオプラトニズムとは区別される。

プロティノスの時代には、ギリシア起源の思想に、当時の政治体制が一体化したオリエントからの思想が流入して、グノーシス主義が流行していたが、ネオプラトニズムもそうした当時の思想動向から大きな影響を受けている。また、逆にネオプラトニズム神秘主義思想へ大きな影響を与えた。

ネオプラトニズムの思想の大きな特徴は、一者からの流出の観念である。「一者」の思想は容易に「一神教」と結びつき、ネオプラトニズムの思想は中世ヨーロッパのキリスト教思弁哲学の基盤のひとつとなった。

ルネサンス期のネオプラトニズム[編集]

ルネサンス期においても、プラトンの思想とネオプラトニズムは区別されていなかった。

15世紀フィレンツェメディチ家を中心にプラトン研究が盛んになり、プラトンやプロティノスの著書がラテン語に翻訳された。美に対するプラトン的な愛(プラトニック・ラブ)によって人間は神の領域に近づくことができると考えられた。

ネオプラトニズムの思想はルネサンスの文芸・美術にも大きな影響を与えた。

関連項目[編集]

日本語文献[編集]

  • 『ネオプラトニカ 新プラトン主義の影響史』 水地宗明監修・新プラトン主義協会編、昭和堂、1998年ISBN 978-4812298169
  • 『ネオプラトニカ 2 新プラトン主義の原型と水脈』 水地宗明監修・新プラトン主義協会編、昭和堂、2000年ISBN 978-4812200285

外部リンク[編集]