3世紀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
千年紀: 1千年紀
世紀: 2世紀 - 3世紀 - 4世紀
十年紀: 200年代 210年代 220年代 230年代 240年代
250年代 260年代 270年代 280年代 290年代
平伏するローマ皇帝ウァレリアヌスと騎乗のサーサーン朝皇帝シャープール1世ナクシュ・イ・ルスタムの磨崖像より。

3世紀(さんせいき)とは、西暦201年から西暦300年までの100年間を指す。

できごと[編集]

三国時代 今日でも人気の高い小説『三国志演義』の舞台として有名である。
箸墓古墳。日本最古級の古墳で倭迹迹日百襲姫命の墓との伝承がある。また邪馬台国畿内説では卑弥呼の墓に比定する考えもある。
ヴェネツィアにあるテトラルキア(四分割統治)の像。ディオクレティアヌスによりローマ帝国は正帝2人と副帝2人の計4人で統治されることになった。

  • 203年 - セプティミウス・セウェルス帝がガラマンテス族を破り属州アフリカの「リメス・トリポリタヌス」を拡大する。
  • 204年 - 遼東公孫康楽浪郡の南に帯方郡を設置。
  • 208年 - 中国赤壁の戦い劉備孫権連合軍が曹操を破る。中国は三分の形勢となる。
  • 212年 - カラカラ帝がローマ帝国の全自由民にローマ市民権を与える(アントニヌス勅令)。
  • 217年 - パルティア遠征中のカラカラ帝が暗殺され、マクリヌスが皇帝になる。
  • 220年 - 曹丕後漢献帝を廃して王朝を立てる(- 265年)。九品官人法が導入される。
  • 220年頃 - ゴート族が東西に分裂。
  • 221年 - 劉備が(蜀漢)を建てる(- 263年)。
  • 222年 - 孫権が夷陵の戦いで蜀に勝利し、自立してを建てる(- 280年)。三国時代が始まる。
  • 222年 - ローマ皇帝ヘリオガバルスが暗殺され、従兄弟のアレクサンデル・セウェルスが皇帝となる。
  • 226年 - サーサーン朝ペルシアがパルティアを滅ぼす。
  • 230年 - ゾロアスター教がサーサーン朝の国教となる。
  • 234年 - 五丈原の戦いで蜀の諸葛亮と魏の司馬懿が交戦。途上で諸葛亮が陣没し司馬懿は軍を退却させる。
  • 235年 - アレクサンデル・セウェルスが暗殺されマクシミヌス・トラクスがローマ皇帝となる。軍人皇帝時代始まる(- 284年)
  • 238年 - 遼隧の戦いで遼東の公孫淵司馬懿に滅ぼされる。
  • 239年 - の女王卑弥呼が帯方郡に使者を送り、魏の明帝への奉献を願う。帯方郡の太守である劉夏は使者を魏の洛陽へ送る。明帝は詔して、卑弥呼を「親魏倭王」とし、金印紫綬・銅鏡100枚を授ける(魏の景初三年『三国志』魏書・東夷伝)。
  • 243年 - 倭王が魏に使者を送り、生ロ・倭錦などを献じる(魏の正始4年、『三国志』魏書・小帝紀、同東夷伝)。
  • 244年 - マッシナの戦いで、サーサーン朝のシャープール1世がローマ皇帝ゴルディアヌス3世を敗死させる。
  • 245年 - 魏の少帝、倭の大夫に黄幢を授け、帯方郡を通じて伝授させることとする(魏の正始六年、『三国志』魏書・東夷伝)。
  • 247年 - 倭の女王卑弥呼、倭の使者を帯方郡に遣わし、狗奴国との交戦を告げる。魏は、使者を倭に派遣し、詔書・黄幢を倭の大夫に与え、檄をつくって告喩する(魏の正始八年、『三国志』魏書・東夷伝)。
  • 248年 - ローマ皇帝ピリップス・アラブスによるローマ建国一千年祭が行われる。
  • 248年頃 - この頃、女王卑弥呼死す。その後、卑弥呼の宗女壱与(または台与)が女王となる。
  • 249年 - 魏の司馬懿がクーデターを起こし、曹爽らを誅殺(正始の政変)。
  • 250年頃 - サーサーン朝のシャープール1世がインドクシャーナ朝を破る。
  • 251年 - アブリットゥスの戦いで、ローマ皇帝デキウスがゴート軍に殺害される。
  • 257年 - サーサーン朝がユーフラテス川南岸のローマ帝国の要塞都市ドゥラ・エウロポスを征服。
  • 260年 - シャープール1世がエデッサの戦いでローマ帝国のウァレリアヌス帝を虜囚とする。
  • 261年 - ウァレリアヌス帝の共同皇帝だった息子のガッリエヌスが単独皇帝となり、キリスト教寛容令を発布。
  • 260年 - 魏の皇帝曹髦がクーデタに失敗して殺害され、司馬昭が擁立した曹奐が皇帝(元帝)となる。
  • 261年 - 鮮卑索頭部の拓跋力微が魏に入貢する。
  • 263年 - 魏が蜀を滅ぼす。魏の司馬昭が晋公となる。
  • 264年 - 魏の司馬昭が晋王となる。
  • 265年 - 魏の元帝の禅譲を受け、司馬炎西晋の初代皇帝(武帝)となる( - 316年)。
  • 266年 - 倭の女王が晋に使節を派遣する(『日本書紀』の神功紀66条に引く晋起居注。『晋書』武帝紀、西晋の泰始二年)。
  • 267年 - パルミラ王国の実権をゼノビアが掌握する。
  • 268年 - 晋が泰始律令を公布する。これは体系的な統一法典としての最初の律令
  • 269年 - ウァレンティアヌス(聖ヴァレンタイン)がクラウディウス・ゴティクスの迫害を受けて刑死。
  • 271年 - サーサーン朝のシャープール1世がジュンディーシャープールに医学教育のための学院を設置。
  • 271年 - ローマ皇帝アウレリアヌスが「アウレリアヌスの城壁」を建設( - 275年)。
  • 273年頃 - マニが刑死。
  • 274年 - アウレリアヌス帝が凱旋式で元老院から「帝国の再建者」の称号を授与される。
    • この年までにアウレリアヌス帝はパルミラ王国(273年)、ガリア帝国(274年)を平定しローマ帝国の再統一を達成。
    • 同年アウレリアヌス帝はローマに「不敗太陽神(ソル・インヴィクトゥス)」の神殿を建立する。
  • 275年 - サーサーン朝遠征途上のアウレリアヌス帝が暗殺される。
  • 280年 - 晋が呉を滅ぼし中国を統一する。晋の武帝が「戸調之式」を発布し占田・課田制を開始する。
  • 284年 - ディオクレティアヌスがローマ皇帝に即位( - 305年)。専制君主制(ドミナートゥス)を導入する。
  • 284年 - ローマ帝国の属州ガリアでバガウダエの反乱が起こる。
  • 293年 - ディオクレティアヌスがローマ帝国の四分統治(テトラルキア)を始める。
  • 300年 - 晋で八王の乱が起こる(- 306年)。
  • この頃、日本では銅鐸・武器系祭器による祭祀が終わる。北部九州の甕棺墓も衰退する。西日本各地に、特殊な壺形土器、器台形土器を供献した墳丘墓(首長墓)が現れる。
  • 238年 - 呉の「赤烏元年(238)」の紀年銘を持つ画面帯神獣鏡出土する(山梨県西八木郡鳥居原きつね塚古墳)。
  • 239年 - 「景初三年」の紀年銘を持つ神獣鏡が、大阪府和泉市の和泉黄金塚古墳島根県大原郡の神原古墳から出土している。
  • 240年 - 「□始元年」の紀年銘を持つ三角縁神獣鏡が、出土する(群馬県高崎市の芝崎古墳と兵庫県豊岡市森尾古墳)。
  • 244年 - 「□烏七年」の紀年銘を持つ画文帯神獣鏡が、兵庫県宝塚市の安倉古墳から出土している(呉の赤烏七年)。

文化[編集]

人物[編集]

地中海世界[編集]

ペルシア[編集]

インド[編集]

東アジア[編集]

後漢[編集]

[編集]

  • 曹丕187年 - 226年) - 三国時代の魏の初代皇帝(文帝)(在位220年 - 226年)・文芸評論『典論』の著者
  • 鍾繇151年 - 230年) - 後漢末から魏の政治家(太傅)・政権の重鎮となる・書家として鍾繇体を用い「急就章」などを残す
  • 陳羣(? - 236年) - 三国時代の魏の政治家・郷挙里選に替わる官吏登用法として九品中正法を建議
  • 曹爽(? - 249年) - 三国時代の魏の曹一族の一人・大将軍・政敵であった司馬懿の正始の政変で殺害される
  • 何晏(? - 249年) - 後漢末から三国時代の魏の政治家・学者・王弼とともに清談の先駆者(正始の音
  • 公孫淵(? - 238年) - 三国時代の遼東太守・遼東の地で自立し燕王と称したが魏の司馬懿によって追討され滅ぶ
  • 司馬懿179年 - 251年) - 後漢末から三国時代の魏の武将・政治家・司馬一族を統率し西晋の礎を築く
  • 曹植192年 - 232年) - 後漢末から三国時代の魏の文人・曹操の子で曹丕の弟・文才に恵まれ「洛神賦」などが有名
  • 山濤205年 - 283年) - 三国時代の魏から西晋の官僚・竹林の七賢の一人
  • 司馬師208年 - 255年) - 三国時代の魏の武将・政治家・司馬懿の長子で司馬昭らの兄・正始の政変で曹芳を退位させる
  • 阮籍210年 - 263年) - 三国時代の魏から西晋の官僚・竹林の七賢の一人
  • 司馬昭211年 - 265年) - 三国時代の魏の武将・政治家・司馬師の弟・皇帝曹髦を殺害し元帝を擁立・西晋の武帝の父
  • 嵆康224年 - 262年/263年) - 三国時代の魏から西晋の官僚・竹林の七賢の一人
  • 鍾会225年 - 264年) - 三国時代の魏の武将・政治家・蜀を滅ぼした功労者・後に反乱を起こし戦死する
  • 王弼226年 - 249年) - 三国時代の魏の学者・政治家・何晏とともに清談の先駆者(正始の音)
  • 王戎234年 - 305年) - 三国時代の魏から西晋の官僚・竹林の七賢の一人

[編集]

  • 劉備161年 - 223年) - 三国時代の蜀の初代皇帝(昭烈帝)(在位221年 - 223年
  • 関羽(? - 219年) - 後漢末の劉備に仕えた武将・死後「関帝」と称され神とされる
  • 張飛(? - 221年) - 後漢末から三国時代の武将・劉備と蜀に仕える
  • 諸葛亮181年 - 234年) - 三国時代の蜀の政治家・劉備に仕え軍師として「天下三分の計」を起こす
  • 姜維202年 - 264年) - 三国時代の蜀の武将・諸葛亮亡き後の蜀を支え北伐を繰り返す・しかし蜀の滅亡は防げず
  • 陳寿233年 - 297年) - 三国時代の蜀から西晋の官僚・『三国志』の著者

[編集]

  • 孫権182年 - 252年) - 三国時代の呉の初代皇帝(大帝)(在位229年 - 252年
  • 周瑜175年 - 210年) - 後漢末の武将・孫権に仕える・劉備と結び赤壁の戦いで曹操軍に勝利する
  • 陸機261年 - 303年) - 三国時代の呉から西晋の政治家・武将・文学者として「文賦」がある

西晋[編集]

  • 賈充217年 - 282年) - 魏から西晋の政治家・武将・曹髦の政変を鎮圧し西晋の建国の功臣となる・賈南風は娘
  • 杜預222年 - 284年) - 魏から西晋の政治家・武将・呉を亡ぼし三国統一した時の功労者・「破竹の勢い」の故事でも有名
  • 司馬炎236年 - 297年) - 西晋の初代皇帝(武帝)(在位265年 - 290年)・司馬懿は祖父で司馬昭は父
  • 左思252年 - 307年頃) - 西晋の文学者・代表作「三都賦」は「洛陽の紙価を高からしむ」と高い評価を受けた
  • 恵帝259年 - 306年) - 西晋の第2代皇帝(在位290年 - 306年)・賈后らの容喙により八王の乱が起きる
  • 賈南風257年 - 300年) - 西晋の恵帝の皇后(賈后)・汝南王司馬亮らと楊駿を殺害し八王の乱の始まりをなす

日本[編集]

  • 卑弥呼170年頃 - 248年頃) - 邪馬台国女王(在位188年頃 - 248年頃)・魏と通交し「親魏倭王」の称を得る
  • 壱与235年頃 - ?) - 邪馬台国の女王。卑弥呼の親族でその跡を継ぐ。西晋に遣使したと推定される。

10年紀と各年[編集]

200年代 200 201 202 203 204 205 206 207 208 209
210年代 210 211 212 213 214 215 216 217 218 219
220年代 220 221 222 223 224 225 226 227 228 229
230年代 230 231 232 233 234 235 236 237 238 239
240年代 240 241 242 243 244 245 246 247 248 249
250年代 250 251 252 253 254 255 256 257 258 259
260年代 260 261 262 263 264 265 266 267 268 269
270年代 270 271 272 273 274 275 276 277 278 279
280年代 280 281 282 283 284 285 286 287 288 289
290年代 290 291 292 293 294 295 296 297 298 299
300年代 300 301 302 303 304 305 306 307 308 309