出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字(JIS X 0212JIS X 0213)が含まれています詳細

やまと、ワ、ヰ、ウェイ(中国南方音)、ゥオー(中国北方音))は、

  1. 紀元前から中国各王朝が日本列島を中心とする地域およびその住人を指す際に用いた呼称。紀元前後頃から7世紀末頃に国号を「日本」に変更するまで、日本列島の政治勢力も倭もしくは倭国(わこく)と自称した。倭の住人を倭人(わじん)という。とも記す。
    ※倭の政治組織・国家については「倭国」、倭の住人・種族については「倭人」をそれぞれ参照のこと。
  2. 奈良盆地(のちの大和国)の古名。倭人ないしヤマト王権自身による呼称。「大倭」とも記す。
    ※「大和」を参照のこと。

概要[編集]

「日本」の前身としての「倭」[編集]

倭および倭人の指し示す範囲は時代と研究によって変遷する。史書に現れる中国南東部にいたと思われる倭人や百越の人々を含んだ[1]時代もあったという意見もある。倭国は「大倭国」「大和国」とも呼称され、7世紀後半には国号を日本に改めた。 中国人歴史学者の王勇によれば中国の史書に現れる倭人の住居地は初めから日本列島を指すとしている[2]

「大和」の前身としての「倭」[編集]

古事記』や『日本書紀』では倭(ヤマト)日本(ヤマト)として表記されている。 魏志倭人伝では日本は邪馬台国と音文字で表記されている。 また『日本書紀』では夜摩苔つまりʎia mwɑ də もしくはjia mo tʰaiと表記されていた。 日本の日の発音も昔の中国ではȵi̯ĕt jiətなどであり、今の中国の発音のriよりも今の日本の日の発音に近いことがわかる。 つまり山のふもとなどではなく記紀が示しているように元から日もと(日本)であった可能性の方が高い。

奈良時代まで日本語の「イ」「エ」「オ」の母音には甲類 (i, e, o) と乙類 (ï, ë, ö) の音韻があったといわれる(上代特殊仮名遣い)。「邪馬台国」における「邪馬台」は"yamatö"(山のふもと)であり、古代の「大和」と一致する。筑紫の「山門」(山の入り口)は"yamato"であり、音韻のうえでは合致しないので、その点では邪馬台国九州説はやや不利ということになる[3]

8世紀に「大倭郷」に編成された奈良盆地南東部の三輪山麓一帯が最狭義の「ヤマト」である[4]。なお、『日本書紀』には新益京(藤原京)に先だつ7世紀代の飛鳥地方の宮都を「倭京」と記す例がある。

737年天平9年)、令制国の「ヤマト」は橘諸兄政権下で「大倭国」から「大養徳国」へ改称されたが、諸兄の勢力の弱まった747年(天平19年)には再び「大倭国」の表記に戻された。そして、752年天平勝宝4年)もしくは757年天平宝字元年)橘奈良麻呂の乱直後に「大倭国」から「大和国」への変更が行われたと考えられている。「大和」の初出は『続日本紀』である。

語義[編集]

倭の文字の変遷。下に行くにつれて古い。

解字[編集]

「倭」は「委(ゆだねる)」に人が加わった字形。解字は「ゆだねしたがう」「柔順なさま」「つつしむさま」、また「うねって遠いさま」[5]。音符の委は、「女」と音を表す「禾」で「なよなかな女性」の意[6]

用例[編集]

中国の古代史書で、日本列島に居住する人びとである倭人を指した[7]

説文解字では、日本の意であることに加え、「従順なさま。詩経に曰く“周道倭遟(周への道は曲がりくねり遠い)"。」と解説されている[8]康熙字典によれば、さらに人名にも使用され、例えば魯の第21代王宣公の名は「倭」であると書かれている[9]

隋書』ではとも記し、『隋書』本紀では「倭」、志・伝で「」とある。「」は「倭」の別字である可能性もあるが詳細は不明である[10]

のちと表記される。奈良時代中期頃(天平勝宝年間)から同音好字の「和」が併用されるようになり、次第に「和」が主流となっていった。例えば鎌倉時代の徒然草には「和国は、単律の国にて、呂の音なし」(199)とあり[11]、また親鸞も和国と記している。

現代の日本では、倭の字はいくつかの場面で使われている。人名用漢字の一つとして選ばれている他、東京には「倭」という手作り弁当のチェーン店がある。公立学校として三重県津市長野県中野市に倭小学校が存在する。奈良県には北倭保育園(私立)が存在する。日経ビジネスオンラインでは、海外で働く日本人に対し、華僑という言葉を参考にして「倭僑」という言葉を提案した[12]。中国には貴州省清鎮市に犁倭という地名が存在する。

解釈[編集]

日本列島に住む人々が倭・倭人と呼称されるに至った由来にはいくつかの説があるが、いずれも定説の域には達していない。

  • の官人、如淳は「人面に入れ墨する(委する)」習俗をもって倭の由来と論じたが、臣顔師古らから、「倭」と「委」の音が異なることなどを理由に否定されている[13]
  • 平安時代初期の『弘仁私記』序にはある人の説として、倭人が自らを「わ」(われ)と称したことから「倭」となった、とする説を記している。
  • 一条兼良は、『説文解字』に倭の語義が従順とあることから、「倭人の人心が従順だったからだ」と唱え(『日本書紀纂疏』)、後世の儒者はこれに従う者が多かった。
  • 江戸時代木下順庵らは、小柄な人びと(矮人)だから倭と呼ばれたとする説を述べている。
  • 新井白石は『古史通或問』にて「オホクニ」の音訳が倭国であるとした。
  • 代の中国では、「韻書」と呼ばれる字書がいくつも編まれ、それらには、倭の音は「ワ」「ヰ」両音が示されており、ワ音の倭は東海の国名として、ヰ音の倭は従順を表す語として、説明されている。すなわち、隋唐の時代から国名としての倭の語義は不明とされていた。
  • また、平安時代の『日本書紀私記』丁本においても、倭の由来は不明であるとする。
  • さらに、本居宣長も『国号考』で倭の由来が不詳であることを述べている。
  • 神野志隆光は、倭の意味は未だ不明とするのが妥当としている[14]
  • 井沢元彦は「当時の日本には国家や王朝と謂った概念が無く(在っても現在の「集落」程度か)、王朝という自分たちの概念に最も近いものを尋ねた処、『環(わ)』と答えた為にそれを民族名とした。」と著書「逆説の日本史」で唱えている。

悪字・蔑称説[編集]

江戸時代木下順庵らは、小柄な人びと(矮人)だから倭と呼ばれたとする説を述べ、他にも「倭」を蔑称とする説もあるが、「倭」の字が悪字であるかどうかについても見解が分かれる。『魏志倭人伝』や『詩経』(小雅四牡)などにおける用例から見て、倭は必ずしも侮蔑の意味を含まないとする見解がある。それに対して「卑弥呼」や「邪馬台国」と同様に非佳字をあてることにより、中華世界から見た夷狄であることを表現しているとみなす見解もある。

なお、古代中国において日本列島を指す雅称としては瀛州(えいしゅう)・東瀛(とうえい)という呼称がある[15]。瀛州とは、蓬莱方丈ともに東方三神山のひとつである。

倭のクニグニ[編集]

16世紀の中国で書かれた世界地図。倭は日本の下になっている。

冒頭で掲げたように、「倭」には日本列島および奈良盆地という2つの意味があるが、ここでは広義の「倭」つまり日本列島における小国分立時代のクニグニについて若干ふれる(古墳時代を通じて徐々に小国連合が成立して「倭国」というひとつのまとまりが生まれてからについては「倭国」を参照のこと)。

魏志』倭人伝にみられる「奴国」は、福岡市春日市およびその周辺を含む福岡平野が比定地とされている。この地では、江戸時代に『後漢書』東夷伝に記された金印漢委奴国王印」が博多湾北部に所在する志賀島の南端より発見されている。奴国の中枢と考えられているのが須玖岡本遺跡(春日市)である。そこからは紀元前1世紀にさかのぼる前漢鏡が出土している。

伊都国」の中心と考えられるのが糸島平野にある三雲南小路遺跡糸島市)であり、やはり紀元前1世紀の王墓が検出されている[16]

紀元前1世紀代にこのようなクニグニが成立していたのは、玄界灘沿岸の限られた地域だけではなかった。唐古・鍵遺跡の環濠集落の大型化などによっても、紀元前1世紀には奈良盆地全域あるいはこれを二分、三分した範囲を領域とするクニが成立していたものと考えられる[16]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 諏訪春雄編『倭族と古代日本』(雄山閣出版、1993)・諏訪春雄通信100
  2. ^ 『中国史のなかの日本像』王勇参照。
  3. ^ 松本馨編 (2001)「邪馬台国論争」p.14
  4. ^ 白石 (2002) p80、原出典は直木孝次郎 (1970)
  5. ^ 『漢語林』大修館書店
  6. ^ 漢和辞典(旺文社)、改訂新版、1986
  7. ^ 『中国史のなかの日本像』王勇参照。
  8. ^ 説文解字, 順皃。従人委声。詩曰:“周道倭遟。”
  9. ^ 康熙字典,[1],倭, 又人名。魯宣公名倭。
  10. ^ 井上訳注『東アジア民族史I』(1974) pp320-1.また加藤『漢字の起源』九 (1970)
  11. ^ 「デジタル大辞泉」。
  12. ^ 「倭僑」の製造が日本の未来を変える 日経ビジネスオンライン 2010年8月31日
  13. ^ 西嶋 (1999)『倭国の出現』
  14. ^ 神野志 (2005)『「日本」とは何か』
  15. ^ 宮崎正勝「海からの世界史」角川選書、68頁。
  16. ^ a b 白石 (2002) p.40-43

関連項目[編集]

出典[編集]

参考文献[編集]