出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
大隋
北周
陳 (南朝)
後梁 (南朝)
581年 - 618年 唐
明の位置
隋の領域
公用語 中国語
首都 大興城
皇帝
581年 - 604年 文帝
604年 - 618年 煬帝
変遷
北周より禅譲・建国 581年
後梁を併合 587年
を滅ぼし、全国統一
魏晋南北朝時代から隋へ)
589年
に禅譲 618年

呉音:ずい、漢音:すい、拼音:Suí 、581年 - 618年[1])は、中国王朝魏晋南北朝時代の混乱を鎮め、西晋が滅んだ後分裂していた中国をおよそ300年ぶりに再統一した。しかし第2代煬帝の失政により滅亡し、その後はが中国を支配するようになる。都は大興城(長安、現在の中華人民共和国西安市)。国姓は楊。当時の日本である倭国からは遣隋使が送られた。

国号[編集]

隋という国号(王朝名)は建業者である高祖楊堅北周時代の爵号である隨(随)国公に因む。この隨(国)は地名で現中華人民共和国湖北省随州市に名を遺しているが、唐の時代迄は「隨」の略字として辵部(しんにょう、辶)を省いた「隋」と相互に通用され、更にその「隋」から「エ」を省いた「陏」の字が用いられる事もあり[2]、その後恐らくは中唐以降に「隨」と「隋」とは区別されて地名は「隨(随)」、王朝名は 「隋」と固定したようである。その後何時しか、高祖楊堅が「隨」字に含まれる辵部に「走る」という字義があって前代迄の寧所に遑無く東奔西走した歴代を髣髴させる為にこれを去り、自らの王朝を「隋」と名付けたとする説、及び辵部には平穏に歩を進める字義がある一方で「隋」には供物としての肉の余りという字義があり、楊堅は改字に依って却って王朝の命運を縮めたという附会説も行われ、これが宋朝儒学者達の儒教的史観に依る革命解釈に適合するものとして喜ばれた為に、以降はこの楊堅改字説が定説となった[3]

歴史[編集]

出自[編集]

隋の皇室である楊氏は『隋書』に拠れば、後漢代の有名な官僚・楊震の子孫にあたるという。楊震は、かつての教え子が「誰も知らないことですから」と賄賂を渡そうとしたところ、「天知,神知,我知,子知,何謂無知(天地の神々が知っている。私とあなたも知っている。誰も知らぬとどうして言えよう)」と言って拒否したという四知の逸話で有名な人物である。その後、楊氏は北魏初期に武川鎮へと移住し、楊堅の父・楊忠に至るという。武川鎮とは北魏に於いて首都・平城を北の柔然から防衛する役割を果たしていた軍事基地のひとつである(武川鎮軍閥六鎮の乱などを参照)。

中国の歴史
元謀藍田北京原人
神話伝説三皇五帝
黄河長江遼河文明
西周
東周 春秋
戦国
前漢
後漢
三国
西晋
東晋 十六国
南北朝 北魏
西魏 東魏
北周 北斉
 
 
五代十国
北宋 西夏
南宋
北元
後金  
 
満洲 中華民国
 
中華人民共和国 中華民国
台湾
中国の歴史年表
中国朝鮮関係史
Portal:中国

北魏において、皇室の拓跋氏を元氏に変えるといった風に、鮮卑風の名前を漢民族風に改めるという漢化政策が行われたことがあったが、北周ではこれに反発して、姓名を再び鮮卑風に改め、漢人に対しても鮮卑化政策を行った。この時、漢人である楊氏にも普六茹(ふりくじょ)という姓を与えられたとされる。普六茹とは鮮卑語中国語版ヤナギのことである。楊堅も、那羅延という鮮卑風の小字を持っていた。ただし、楊氏については「元々は鮮卑の出身で本来の姓が普六茹であり、北魏の漢化政策の際に付けられた姓が楊である」という説もある[4]

隋の建国まで[編集]

楊堅の父楊忠は北魏が西魏東魏に分裂する際(後にそれぞれ北周・北斉が取って代わる)に宇文泰に従って西魏の成立に貢献し、大将軍を務め、隋国公の地位を得ていた。

568年に楊忠は死去し、楊堅が大将軍・随国公の地位を受け継いだ。北周の武帝は宿敵の北斉を滅ぼし、更に南のを滅ぼす前段階として北の突厥への遠征を企図していたが、576年に崩御した。武帝の跡を継いだ宣帝は奇矯な人物で、5人の皇后を持っていた。このうちの1人が楊堅の長女である麗華であり、麗華は宣帝の側室である朱満月が生んだ太子の宇文闡(後の静帝)を育てた。宣帝の奇行は留まる所を知らず、在位8ヶ月で退位して静帝に位を譲り、自らは天元皇帝を名乗って政務を放棄したので、静帝の後ろに立つ丞相の楊堅への声望が高まっていった。580年に宣帝が崩御すると、楊堅は静帝の摂政として全権を掌握した。これに反発する武川鎮軍閥内の有力者たちは楊堅に対して反乱を起こす。この中で最も大規模なものが尉遅迥によるもので、一時は楊堅の押さえる関中地域以外の全てで反乱が起きるほどになったが、楊堅は巧みにこれを各個撃破して、北周内に於ける覇権を確固たるものとする。

同年末に随国公から随王へと進み北周の兵権を与えられ、更に581年に静帝より禅譲を受けて隋を建国した[5]

※これ以降は楊堅を(おくりな)の「文帝」で呼ぶ。

南北統一[編集]

すでに北周武帝により南北統一への道筋は引かれていたが、慎重な文帝は細かい準備を丹念に進めた。当時、南朝の陳では宣帝が北周末期より江北への進出を試みていたが、文帝は陳の間諜を捕縛しても衣服や馬を給して厚く礼をして送り返し、陳とは友好関係を保つようにしていた[6]582年、文帝は陳に対して討伐軍を送り出したが、この年に宣帝が崩御した事もあり、討伐を中止して使者を派遣して弔意を表して軍は撤退した[6]

北の突厥に対しては長城を修復して防備を固める[6]584年に突厥が北方で暴れると、文帝は長城を越えて突厥を攻撃し、その後文帝は突厥内部に巧みに介入して東西に分裂させた[7]

そして淮河長江を結ぶ邗溝(かんこう)を開削して補給路を確保する。更に、かつて南朝から分裂し、北朝の傀儡政権となっていた後梁を併合して前線基地を作る。また文帝は連年に渡り農繁期になると軍を南下させる気配を見せて陳軍に常に長江沿岸に大軍を配置させる事を繰り返させる事で人心を動揺させて収穫を減らさせ、さらに間諜を使って民家に放火させたりした[8]。こうして陳の国力は急速に衰退し、また皇帝が宣帝の子陳叔宝でこれが暗愚極まりない愚帝だったため、陳は内部からも次第に崩壊の色を深めた[8]

588年、文帝は陳への遠征軍を出発させる。この時の遠征軍の総指揮官が文帝の次男楊広(後の煬帝)であり、51万8000という過大とも思える大軍の前に589年に陳の都建康はあっけなく陥落し、陳の皇帝陳叔宝は井戸に隠れている所を捕らえられた[9]。ここに西晋滅亡以来273年、黄巾の乱以来と考えると実に405年の長きにわたった分裂時代が終結した[10]

開皇の治・文帝の治世[編集]

7世紀初めの隋と周辺国。
隋帝国〔煬帝時の領土〕と周辺国
隋の高句麗遠征
隋の大陸統一により、脅威を感じた高句麗が隋の敵・突厥と結んで隋に対抗しようとする様子を見せたため、隋は100万に及ぶ大軍を起こし、これを3度にわたって攻撃した
隋末の農民反乱地域と群雄の拠点

前後して、文帝は即位した直後から内政面についても次々と改革を打ち出した。

周礼』と鮮卑回帰政策を進めた北周の路線を改めて、北斉の制度も参照しつつ改革を行った。581年には新たな律令である開皇律令を制定した。この律令は晒し首・車折などの残酷な刑罰を廃し、律を簡素化してわかり易く改めたものであり、後の唐律令はほぼこの開皇律令を踏襲したものである。官制にも大改革を加え、最高機関として尚書省門下省内史省(唐の中書省)の3つを置き、尚書省の下に文書行政機関である六部、すなわち人事担当の吏部・財政担当の度支部・儀礼担当の礼部・軍政担当の兵部・法務担当の都官部・土木担当の工部の6つを設けた。その下に実務機関である九寺、またこれとは別に監察機関である御史台を置いた。地方についてもそれまでの州>郡>県という区分をやめて、州>県の2段階に再編を行った。そして文帝の治績の最大のものとして称えられるのが、科挙(正式には貢挙)の実行である。南北朝時代では九品官人法により、官吏の任命権が貴族勢力の手に握られていた。科挙は地方豪族の世襲的任官でなく実力試験の結果によって官吏の任用を決定するという極めて開明的な手段であり、これをもって官吏任命権を皇帝の元へ取り返すことを狙ったのである。このように文帝によって整備された諸制度はほとんどが後に唐に受け継がれ、唐朝274年のいしずえとなった。これらの文帝の治世をその元号を取って開皇の治と呼ぶ。

文帝の皇后の独孤伽羅は非常に強い女性で、文帝に対して「自分以外の女性と子供を作らない」と誓約させていた。これは当時の皇帝としては極めて異例なことであり、しかも独孤皇后は文帝の周囲を厳しく監視し、文帝が他の女性に近づくことを警戒していた。文帝と独孤皇后の間には6人の子がおり、その長男楊勇が初め皇太子に立てられていたが、楊勇は派手好みで女好きであり、質素を好む文帝・貞操を重視する皇后の両者から嫌われ、それに代わって両親の気に入るように振舞っていた次男楊広が皇太子に立てられる。

604年、文帝は病に倒れた[11]。この病床の間に楊広の本性を知った文帝は激怒して廃太子にした長男楊勇を再び太子にしようとした[12]。しかしそれがかなう直前に文帝は崩御した[13]。病死ともいわれているが、楊広に先手を打たれて右庶子の張衝に殺害されたともいわれる[13]

煬帝の治世[編集]

楊広は文帝の崩御により、煬帝として即位した[13]。煬帝は即位後すぐに廃太子の楊勇を探し出して殺害し[13]、さらに弟の漢王楊諒の反乱も抑えた[11]。こうして兄弟たちを策謀によって殺害して競合相手を消した煬帝は質素を好んだ文帝とは対照的に派手好みで、父がやりかけていた大土木事業を大々的に推し進め、完成へと至らせた。主なものが首都大興城の建設と、大運河を大幅に延長して河北から江南へと繋がるものとしたことである。これらの大土木工事で河南諸郡の100万余の男女が徴発されて労苦にあえいだ[14]。さらに大運河工事に関しても煬帝自身の行幸や首都に対する輸出入、軍隊の輸送などに使われて民間への便益は極めて薄かった[14]。煬帝の派手好みは臣下にも広まり[15]、風紀の弛緩を招いた。さらに煬帝は当時は従属していた突厥に備えるため、100万余の男女を徴発して長城の修築を行ない、この過酷な労役で多くの男女が命を落とした[16]。煬帝が行幸を東西に繰り返した事も、国庫や民衆に多大な負担をさせるには十分だった。610年1月には洛陽で諸国の朝貢使節を招いて豪勢な接待をした事も、民衆に多大な災難を招いた[17]

611年、煬帝は文帝がやりかけていた高句麗遠征を以後3度にわたって行なった[18]612年から本格的に開始された高句麗遠征は113万人の兵士が徴兵される大規模なものであり、来護児宇文述らが指揮官として高句麗を攻めた[18]。しかし1回目の遠征は大敗し、さらに兵糧不足もあって撤退する[19]613年には煬帝自身が軍を率いて高句麗を攻めるが結果は得られず、614年に行なわれた3度目の遠征では高句麗側も疲弊していた事もあって煬帝に恭順の意を示したが、煬帝が条件とした高句麗王の入朝は無視され、煬帝は4回目の遠征を計画する[19]

相次ぐ反乱と群雄割拠、隋の滅亡[編集]

煬帝の施政による度重なる負担に民衆は耐えかね、遂に第2次高句麗遠征からの撤兵の途中にかつての煬帝の側近楊素の息子楊玄感黎陽で反乱を起こして洛陽を攻撃した[20]。これは煬帝が派遣した隋軍により鎮圧されて楊玄感は敗死したが、この反乱を契機にして中国全土で反乱が起こり出した[20]

これまで従属していた突厥は隋の衰退を見て再び北方で暴れだしたので、煬帝は自ら軍を率いて北方に向かうも突厥軍に敗れて洛陽に撤退[20]。この敗戦が更なる引き金となり、616年には反乱が各地でピーク状態に達した[21]。やがて反乱軍の頭領は各地で群雄として割拠し、楊玄感の参謀を務めていた李密(北周八柱国・李弼の孫にあたり、関隴貴族集団の中でも上位の1人。楊玄感の敗死後に、洛口倉という隋の大食料集積基地を手に入れることに成功し多数の民衆を集めた)、この李密と激しく争っていた西域出身で隋の将軍を務めていた王世充、高句麗遠征軍から脱走し、同じ脱走兵たちを引き連れて河北に勢力を張った竇建徳、そして隋の太原留守(たいげんりゅうしゅ)であった李淵(後のの高祖)などが独立勢力となった(隋末唐初の群雄の一覧)。

この反乱に対して煬帝は最初は鎮圧に努めたが、その処理が反徒の殺戮政策という過酷なものだったため、かえって逆効果を招いた[21]。激しくなる反乱の中、もはや隋軍では対処しきれなくなり、煬帝は江都に行幸してここに留まり、反乱鎮圧の指揮を執った。しかし煬帝が南方に行幸した事は実質北方を放棄して逃走したも同じであり、北方の反乱はますます激しくなり、遂に李淵により首都大興城までもが落とされ、李淵は表面上は煬帝を尊んで太上皇とし、煬帝の孫楊侑を即位させた[22]

このような事態にも関わらず、煬帝は次第に酒と宴会に溺れて国政を省みなくなり、遂には諫言や提言する臣下に対して殺戮で臨むようになってまったく民心を失った[22]。だが、煬帝に従って江都に赴いていた隋軍は多くが北方の出身者であり[22]、彼らはそんな煬帝を見限り遂に重臣の宇文化及を擁立して618年に謀反を起こした[23]。この期に及んで酒色に溺れていた煬帝だが、直属の群臣にまで叛かれた事で遂に観念し、縊り殺された[23]

江都にいた隋軍は宇文化及の主導の下に秦王楊浩を擁立し、北へと帰還することを望んだが、途中で竇建徳の軍に大敗して消滅した。煬帝の死を聞いた李淵は、楊侑から禅譲を受けてを建てる。洛陽にいた越王楊侗は、煬帝の死を受けて諸臣に推戴され皇帝となったが(恭帝侗)、619年に王世充に簒奪され、隋は完全に滅びた。なお、煬帝の「」の文字は、「天に逆らい、民を虐げる」という意味を持ち、李淵によって贈られたである。

なお、煬帝の孫のひとりである楊政道(斉王楊暕の遺腹の子)のみ、唯一生き延びた。彼は突厥の処羅可汗の庇護を受けたが、630年、突厥が滅亡すると、楊政道は唐に帰順して、官職を賜った。

隋の皇帝一覧[編集]

  1. 文帝(楊堅、在位581年 - 604年
  2. 煬帝(楊広、在位604年 - 618年) 文帝の子
  3. 恭帝侑(楊侑、在位617年 - 618年) 煬帝の孫
  4. 恭帝侗(楊侗、在位618年 - 619年) 煬帝の孫、楊侑の兄

皇帝略歴[編集]

文帝
男子5人
女子1人(北周宣帝(宇文贇)の妃・楊麗華
煬帝
恭帝


系図[編集]

楊禎
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
廃太子房陵王勇
 
 
 
 
 
 
燕王倓
 
 
 
 
 
 
 
 
 
武元皇帝忠
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
元徳太子昭
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
蓋氏
 
 
 
 
 
 
1高祖文帝堅
 
 
蕭皇后
 
 
 
 
 
 
 
(3)恭帝侗
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
武元皇后呂氏
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
斉王暕
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
蔡王整
 
 
2世祖煬帝広
 
 
 
 
 
 
3恭帝侑
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
趙王杲
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
滕王瓚
 
 
蕭嬪
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
道王嵩
 
 
秦王俊
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
衛王爽
 
 
楊秀
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
楊諒
 
 
 
 
 
 
 
 
 

年号[編集]

  1. 開皇581年 - 600年
  2. 仁寿601年 - 604年
  3. 大業605年 - 618年
  4. 義寧617年 - 618年)
  5. 皇泰(618年 - 619年

脚注[編集]

注釈[編集]

引用元[編集]

  1. ^ 宮崎市定は「隋代史雑考」(中公文庫版『隋の煬帝』所収)において、隋は恭帝侗が帝位を奪われる619年まで存続していると説いた。しかし、唐の編纂した正史である『隋書』等では、618年に恭帝侑が唐に禅譲した時点をもって隋が滅んだものとしており、また『隋唐帝国』(布目潮渢、栗原益男著)では煬帝が暗殺されたことをもって隋が滅んだものとしている。本項ではより一般的と考えられる618年を滅亡年としている。
  2. ^ 陏の例としては開皇13年(593)の曹子建墓碑曹子建の墓碑)がある。
  3. ^ 宮崎前掲論考。文献上で確認できる楊堅作字説の嚆矢は南唐徐鍇説文繋伝』という。
  4. ^ アーサー・F・ライト『隋代史』(法律文化社)P64は、普六茹をモンゴル語の一種(楊)を意味する「ブルスカン」の転じたものとみる。姚薇元『北朝胡姓考(修訂本)』(中華書局2007年)P72-73は、楊氏(普六茹氏)は雁門茹氏、つまりは茹茹(蠕蠕、柔然)の後裔とみる。
  5. ^ 駒田『新十八史略4』、P248
  6. ^ a b c 駒田『新十八史略4』、P249
  7. ^ 駒田『新十八史略4』、P264
  8. ^ a b 駒田『新十八史略4』、P250
  9. ^ 駒田『新十八史略4』、P252
  10. ^ 川本『中国の歴史、中華の崩壊と拡大、魏晋南北朝』、P181
  11. ^ a b 駒田『新十八史略4』、P258
  12. ^ 駒田『新十八史略4』、P259
  13. ^ a b c d 駒田『新十八史略4』、P260
  14. ^ a b 駒田『新十八史略4』、P261
  15. ^ 駒田『新十八史略4』、P262
  16. ^ 駒田『新十八史略4』、P265
  17. ^ 駒田『新十八史略4』、P267
  18. ^ a b 駒田『新十八史略4』、P269
  19. ^ a b 駒田『新十八史略4』、P270
  20. ^ a b c 駒田『新十八史略4』、P271
  21. ^ a b 駒田『新十八史略4』、P280
  22. ^ a b c 駒田『新十八史略4』、P273
  23. ^ a b 駒田『新十八史略4』、P274

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

先代:
南北朝時代
中国の歴史
次代: