橘諸兄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
橘諸兄・『前賢故実』より

橘 諸兄(たちばな の もろえ、天武天皇13年(684年)- 天平勝宝9年1月6日757年1月30日))は、奈良時代皇族公卿。初名は葛城王葛木王[1]で、臣籍降下して橘宿禰のち橘朝臣姓となる。敏達天皇の後裔で、大宰帥美努王の子。官位正一位左大臣井手左大臣または西院大臣と号する。初代橘氏長者

経歴[編集]

和銅3年(710年)無位から従五位下に叙せられ、翌和銅4年(711年馬寮監に任ぜられる。

元正朝では、霊亀3年(717年)従五位上、養老5年(721年正五位下、養老7年(723年)正五位上と順調に昇進する。

神亀元年(724年聖武天皇即位後間もなく従四位下に叙せられる。神亀6年(729年正四位下左大弁に叙任され、天平3年(731年参議に任ぜられ公卿に列す。天平4年(732年従三位天平8年(736年)弟の佐為王と共に母・橘三千代の氏姓である橘宿禰姓を継ぐことを願い許可され、以後は橘諸兄と名乗る。

天平9年(737年)4月から8月にかけて疫病の流行によって、太政官の首班にあった右大臣藤原武智麻呂ら政権を握っていた藤原四兄弟をはじめ、中納言多治比県守議政官が次々に死去してしまい、9月には出仕できる主たる公卿は、参議鈴鹿王と橘諸兄のみとなった。そこで朝廷では急遽、鈴鹿王を知太政官事に、諸兄を次期大臣の資格を有する大納言に任命して応急的な体制を整えた。翌天平10年(738年)には諸兄は正三位・右大臣に任ぜられ、一躍朝廷の中心的存在となるこれ以降、国政は橘諸兄が担当し、聖武天皇を補佐することになった。天平15年(743年従一位左大臣に叙任され、天平感宝元年(749年)にはついに正一位に陞階。生前に正一位に叙された人物は日本史上でも6人と数少ない。

しかし、同年孝謙天皇が即位すると、国母光明皇后の威光を背景に、大納言紫微令藤原仲麻呂の発言力が増すようになる。天平勝宝7年(755年)聖武上皇の病気に際して酒の席で不敬の言があったと讒言され、翌天平勝宝8年(756年)辞職を申し出て引退する。

天平勝宝9年(757年)1月6日薨去享年74。最終官位は前左大臣正一位。

諸兄の没後間もない同年5月に、息子の奈良麻呂は謀反(橘奈良麻呂の乱)を起こし獄死している。

人物[編集]

大伴家持と親交があり、『万葉集』の撰者の1人とする説もある。『栄花物語』月の宴の巻に、「むかし高野の女帝の御代、天平勝宝5年には左大臣橘卿諸兄諸卿大夫等集りて万葉集をえらび給」との記述があり、元暦校本の裏書に、またある種の古写本の奥書にも入っており、一定の信憑性をもつものとされる。後に仙覚は橘諸兄・大伴家持の2人共撰説を唱えている。『万葉集』では7首の歌を残している。

系譜[編集]

敏達天皇の5世(もしくは4世)孫に当たる。

官歴[編集]

続日本紀』による。

脚注[編集]

  1. ^ 読みは「かつらぎのおおきみ」

参考文献[編集]

  • 宇治谷孟『続日本紀 (上)』講談社学術文庫、1995年
  • 井上豊「橘諸兄論Ⅰ・Ⅱ」、『上代文学』5・7、1955・56年。
  • 横田建一「橘諸兄と奈良麻呂」、『歴史教育』15-4、1967年。
  • 市村 宏「橘諸兄」、『東洋学研究』9、1975年。
  • 直木孝次郎「諸兄と元正太上天皇」、『国文学 解釈と教材の研究』23-5、1978年。
  • 木本好信「橘諸兄と奈良麻呂の変」、筑波大学日本史学論叢14、1992年。
  • 中西 進「橘諸兄の周辺」、学士会会報795、1992年。
  • 木本好信「紀飯麻呂と橘諸兄政権」、『奈良時代の藤原氏と諸氏族』、おうふう、2004年。ほか

外部リンク[編集]