志賀島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本 > 九州地方 > 福岡県 > 福岡市 > 東区 > 志賀島
志賀島
Shikano-shima island from Hakata bay.JPG
島南西側からの全景。博多湾上のフェリーから撮影。
座標 北緯33度40分30秒
東経130度18分0秒
面積 5.78 km²
海岸線長 11 km
最高標高 168.9 m
所在海域 博多湾玄界灘
所属国・地域 日本の旗 日本福岡県福岡市
テンプレートを表示
志賀島の位置(赤色が東区)
海ノ中道上空からの志賀島(右)。他に能古島(左)と玄界島(右奥)も見える。

志賀島(しかのしま)は、福岡県福岡市東区に所属するである。博多湾の北部に位置し、海の中道と陸続きである。

古代日本(九州)の大陸・半島への海上交易の出発点として、歴史的に重要な位置を占めていた。また島内にある志賀海神社綿津見三神を祀り、全国の綿津見神社の総本宮であり、4月と11月の例祭において「君が代」の神楽が奉納される全国的にも珍しい神社である。

地理[編集]

砂州により本土と陸続きになった陸繋島。全国的にも非常に珍しい。規模は小さいが半島の定義を満たしている。

島の南部と西部は博多湾に接し、北部と東部は玄界灘に接する。北部から東部にかけての沿岸は岩場がある。北西部の60mほど沖合いには沖津島という小島があり陸繋島となっている。

島には3つの集落がある。海の中道から志賀島に入る道のある南東部にあるのが志賀(しか)、西部にあるのが(ひろ)、北部にあるのが勝馬(かつま)である。また、志賀と弘にはそれぞれ志賀島漁港(第2種)弘漁港(第1種)という漁港がある。勝馬に漁港はないが、田畑が広く、農業が営まれている。住所表記は南部と東部が志賀島、北部と中央部が勝馬。西部が弘。

歴史[編集]

  • 日本書紀古事記に綿津見神の祭主・阿曇氏についての記述が見られる。
  • 筑前国風土記逸文に神功皇后三韓征伐の際に立ち寄ったとの記述が見られる[1]。これには古代の半島・大陸との海上交通における志賀島の泊地としての役割が反映されていると考えられる。地名説話として、志賀島が「打昇浜」(うちあげのはま、海ノ中道)と連なりほとんど同じ所といってよいということから、「近島」とよんだものがなまって「資珂島」となったのだと伝えている。
  • 万葉集において、柿本人麻呂の「大君の遠の朝廷とあり通ふ 島門を見れば神代し思ほゆ」と詠まれる。“島門”とは博多湾への入口に位置する志賀島と能古島を門に見立てた謂い。万葉集で志賀島を歌ったものは、全部で16首になる。[2]
  • 1274年文永11年)、文永の役にて撤退する際に座礁した蒙古兵が志賀島で捕虜となり、うち220人ほどが首切塚(蒙古塚)で斬首されたとされる。
  • 1281年弘安4年)、弘安の役では 志賀島の戦いの舞台となる。博多湾に現れた元軍は、石築地(元寇防塁)からの上陸を避け、陸繋島である志賀島を占領し軍の停泊地とした。これに対して、日本軍は海上と海の中道の陸路から元軍に総攻撃を行った。この志賀島の戦いで日本軍は大勝し、元軍は志賀島を放棄して壱岐島へと後退した。島内に残る火炎塚のある場所では高野山の僧侶によって敵軍退散の祈祷がおこなわれた。
  • 1784年天明4年)、甚兵衛という志賀島の農民が田んぼを耕している最中に金印漢委奴国王印)を偶然発見。
  • 1889年明治22年)、町村制施行にともない、島内全域と対岸の海の中道の西端部を行政区域とする糟屋郡志賀村が発足。
  • 1953年昭和28年)4月、志賀村が糟屋郡志賀町として町制施行。
  • 1971年(昭和46年)4月、志賀町が福岡市に編入され、島内全域が福岡市に属する。
  • 1972年(昭和47年)、電話市外局番を09296から092(600番台)に変更。同年4月、福岡市の政令指定都市化により東区の一部となる。 
  • 2005年平成17年)3月20日午前10時53分頃、福岡市北西約40キロ沖を震源とするマグニチュード7の福岡県西方沖地震が発生。震源に近い志賀島では住宅や神社仏閣などの損壊が発生し、また島を周回する県道志賀島循環線が崖崩れや道路の亀裂により通行止めとなった。
  • 2006年(平成18年)10月18日、西方沖地震以来不通となっていた、福岡県道542号志賀島循環線勝馬・志賀間(北岸)が復旧。島の周回道路は全線通行可能になった。

観光[編集]

  • 志賀海神社
  • 潮見展望台
  • 二見岩
  • 金印公園
  • 蒙古塚
  • 火焔塚
  • 休暇村志賀島
  • 勝馬海水浴場
  • 白瀬(ダイビングスポット)
  • 黒瀬(ダイビングスポット)
  • 赤瀬(ダイビングスポット)

交通[編集]

志賀島旅客待合所

和白方面から福岡県道59号志賀島和白線が続いている。島を一周する福岡県道542号志賀島循環線は、福岡県西方沖地震の際、崖崩れが起こり、道路が寸断された。しばらくの間、勝馬・志賀間の通行ができなかったが、2006年10月18日に復旧した。また2002年10月に海の中道の雁ノ巣地区とその南に位置するアイランドシティとが海の中道大橋でつながり、福岡市中心部との道路距離が大幅に縮まった。

福岡市中心部(天神)から西鉄バスの路線バスが運行しており、また西戸崎駅からバスに乗り換える手段もある。天神からの路線バスは志賀地区まで運行される。西戸崎駅からは志賀地区を通り弘・勝馬地区まで運行されている。

博多埠頭より志賀地区まで福岡市営渡船が運航される。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 釈日本紀 巻六
  2. ^ 井上精三 博多郷土史事典 葦書房P92

関連項目[編集]

外部リンク[編集]