新井白石

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
 
新井 白石
Arai Hakuseki.jpg
時代 江戸時代中期
生誕 明暦3年2月10日1657年3月24日
死没 享保10年5月19日1725年6月29日
改名 伝蔵(幼名)→君美
別名 仮名:与五郎
受領名:勘解由
号:白石、紫陽、天爵堂、忽斎、在中、済美
渾名:火の子、鬼
戒名 慈清院殿釈浄覚大居士
墓所 報恩寺東京都台東区
高徳寺(東京都中野区
官位 従五位下 筑後守、贈正四位
幕府 江戸幕府本丸寄合
主君 土屋利直堀田正俊堀田正仲徳川家宣徳川家継
久留里藩士、古河藩士、甲府藩
氏族 新井氏
父母 父:新井正済、母:不明
正室:朝倉万右衛門の娘
明卿宜卿、女子(石谷清夤の妻)

新井 白石(あらい はくせき)は、江戸時代中期の旗本政治家学者。一介の無役の旗本でありながら六代将軍・徳川家宣の侍講として御側御用人間部詮房とともに幕政を実質的に主導し、正徳の治と呼ばれる一時代をもたらす一翼を担った。家宣の死後も幼君の七代将軍・徳川家継を間部とともに守り立てたが、政権の蚊帳の外におかれた譜代大名と次第に軋轢を生じ、家継が夭折して八代将軍に徳川吉宗が就くと失脚、晩年は著述活動に勤しんだ。

学問は朱子学歴史学地理学言語学文学と多岐に亘る。また詩人で多くの漢詩が伝わる。白石はで、君美(きみよし、有職読み きんみ)。

生涯[編集]

生い立ち[編集]

久留里城址資料館前(二の丸)に立つ新井白石像 - 2012年撮影

先祖は、上野国新田郡新井村(群馬県太田市)の土豪だったが、豊臣秀吉小田原征伐によって没落したといわれている[1]。 のちに父・正済は上総久留里藩に仕官し、目付をつとめている。

白石は明暦の大火の翌日の明暦3年(1657年)2月10日、焼け出された避難先で生まれた。幼少の頃より学芸に非凡な才能を示し、わずか3歳にして父の読む儒学の書物をそっくり書き写していたという伝説を持つ。聡明だが気性が激しく、しかも怒ると眉間に「火」の字に似た皺ができることから、藩主・土屋利直は白石のことを「火の子」と呼んで可愛がったという。延宝2年(1674年)、17歳で中江藤樹『翁問答』(1649年刊)を読み儒学を志す[2]

利直の死後、藩主を継いだ土屋直樹には狂気の振る舞いがあり、父の正済は仕えるに足らずと一度も出仕しなかったため、新井父子は2年後の延宝5年(1677年)に土屋家を追われる[3]。 貧困の中で儒学・史学に励み詩文を学んだ。

その後、直樹が狂気を理由に改易されると、自由の身となった白石は、天和3年(1683年)、大老堀田正俊に仕えたが、その正俊が若年寄稲葉正休に殿中で刺し殺されると、堀田家は古河山形福島と次々に国替を命じられて藩財政が悪化、白石は堀田家を自ら退いて浪人し、独学で儒学を学び続けた。

この間、豪商の角倉了仁から「知人の商人の娘を娶って跡を継がないか」と誘われたり、河村通顕河村瑞賢の次男)から「当家の未亡人と結婚してくれれば3,000両と宅地を提供する」という誘いを受けたが、白石は好意に謝しつつも、「幼蛇の時の傷はたとえ数寸であっても、大蛇になるとそれは何尺にもなる」という喩えを引いて断ったという逸話がある。

順庵との出会い[編集]

独学を続けていた白石は、貞享3年(1686年)になって朱子学者・木下順庵に入門することになった。通常入門には束脩(入学金)がかかるものだが、白石にはそれが免ぜられ、順庵も弟子というより客分として遇するほど白石に目にかけていた節がある。順庵の門下生には、白石の他、雨森芳洲室鳩巣祇園南海等、後に高名な学者になる者が多く集まっていたため、順庵に入門できたことは白石にとって大変意義があった。

師匠の順庵は白石の才能を見込んで、加賀藩への仕官を見つけてきてくれた。白石も後年、「加州は天下の書府」と賞賛しているように、加賀藩は前田綱紀のもとで学問が盛んであった。ところが同門の岡島忠四郎から「加賀には年老いた母がいる。どうか、貴殿の代わりに私を推薦してくれるよう先生(順庵)に取り次いでいただけないでしょうか」と頼まれ、岡島にこのポストを譲った。

その後、順庵は元禄6年(1693年)、甲府藩への仕官を推挙した。白石が37歳の時である。藩主・徳川綱豊は当初、林家に弟子の推薦を依頼したが、当時の綱豊は将軍・徳川綱吉から疎んじられており、林家からは綱豊に将来性なしと見限られ断られてしまった。そこで順庵の方に推挙を依頼してきたのである。

甲府藩の提示した内容は、当初三十人扶持の俸禄だったが、順庵が「白石よりも学問が劣る弟子でさえ三十人扶持などという薄禄はいない。これでは推挙できかねる」と掛け合った結果、甲府藩からは改めて四十人扶持が提示された。これでもなお順庵は推挙を渋ったが、白石は「かの藩邸のこと、他藩に準ずべからず(将軍家の御連枝である甲府藩は他の大名家とは訳が異なる)」と、むしろ綱豊の将来性を見込んで順庵に正式に推薦を依頼したのである。

正徳の治[編集]

徳川綱吉は多額の支出をして寺社を建立して祈祷し、生類憐れみの令を出したが、結局子宝に恵まれず、綱豊を将軍世子として西丸に入れた。

宝永6年(1710年)綱豊は名を家宣と改め、将軍となった。家宣は将軍に就任すると、側用人の松平輝貞松平忠周を解任し、大学頭・林信篤を抑えて、白石にその職責の大半を代行させた。ここ家宣は甲府家から白石や間部詮房を自身の側近として、後に正徳の治と呼ばれるようになる政治改革を行った。白石の身分は500石取り(のち正徳元年1,000石に加増)の本丸寄合、すなわち無役の旗本なので、御用部屋に入るわけにはいかない。そこで家宣からの諮問を側用人間部が白石に回送し、それに答えるという形を取った。幕閣でも側用人でもない一介の旗本が、将軍侍講として幕政の運営にこれほどまでに関与したのは、この白石をおいて他に例を見ない。

白石の政策は旧来の悪弊を正す理にかなったものではあったが、「東照神君以来の祖法変ずべからず」とする幕閣とは齟齬をきたし、やがて両者の間には深刻な軋轢が生じるようになる。自らが主張することに信念を抱き、誰が何を言って反対しても臆することなく、最後には「上様の御意」でその意見が通るので、白石は旧守派の幕臣からは「」と呼ばれて恐れられるようになった。

家宣が没すると、その子の7代将軍・徳川家継の下でも引き続き間部と共に政権を担当することになったが、幼君を守り立てての政局運営は困難を極めた。幕閣や譜代大名の抵抗も徐々に激しくなり、家継が夭逝して8代将軍に徳川吉宗が就くと白石は失脚、公的な政治活動から退いた。

なお城廻鎌倉市)に家禄を得ると、白石は付近にある龍宝寺に200石を献上した。龍寶寺には、風化して判読不能だが、享保10年(1725年)に室鳩巣が撰した「朝散大夫新井源公碑銘」がある。

引退後[編集]

致仕後、白石が幼少の家継の将軍権威を向上すべく改訂した朝鮮通信使の応接や武家諸法度は、吉宗によってことごとく覆された。また、白石が家宣の諮問に応じて提出した膨大な政策資料が廃棄処分にされたり、幕府に献上した著書なども破棄されたりしたという。

江戸城中の御用控の部屋、神田小川町(千代田区)の屋敷も没収され、一旦、深川一色町(江東区福住1-9)の屋敷に移るが、享保2年(1717年)に幕府より与えられた千駄ヶ谷の土地に隠棲した。渋谷区千駄ヶ谷6-1-1に渋谷区が設置した記念案内板がある。当時は現在のような都会ではなく、一面に麦畑が広がるような土地だったと伝わる。

晩年は不遇の中でも著作活動に勤しんだ。『采覧異言』の終訂(自己添削)が完了した5、6日後の享保10年(1725年)5月19日死去。享年69(満68歳没)。墓所は中野区高徳寺にある。

政策[編集]

経済政策[編集]

通貨吹替え
第5代将軍・徳川綱吉の時代に荻原重秀の通貨政策により大量に鋳造された元禄金および宝永金を回収し、徳川家康の「貨幣は尊敬すべき材料により吹きたてるよう」の言葉に忠実に慶長金の品位に復帰する、良質の正徳金を鋳造して、主観的にはインフレの沈静に努めた。だが、実際には経済成長に伴う自然な通貨需要増に対応した前政権の政策を無にする「白石デフレ」を引き起こすことなったとも言われる(大石慎三郎などの研究による)。
長崎貿易の縮小
開幕以来の長崎貿易で大量の金銀が海外に流出したため、これを縮小する政策(海舶互市新例)を取った。

外交政策[編集]

朝鮮通信使の待遇の簡素化
朝鮮通信使接待は幕府の財政を圧迫するとし、朝鮮通信使の待遇を簡略化させた(この一件は順庵の同門だった対馬藩儒・雨森芳洲と対立を招いた)。また、対朝鮮文書の将軍家の称号を「日本国大君」から「日本国王」とした。
シドッチ密航事件
ローマ教皇からの命でキリスト教の布教復活のため日本へ密航して捕らえられ、長崎を経て江戸茗荷谷キリシタン屋敷に拘禁されていたシドッチを取り調べ、本国送還が上策と建言した。また、白石はこの事件により得た知識をもとに『西洋紀聞』『采覧異言』を記している。

著書[編集]

諸大名の家系図を整理した『藩翰譜』、『読史余論』、古代史について書いた『古史通』、また白石自身「奇会」と断言したシドッチへの尋問後に記した西洋事情の書『西洋紀聞』『采覧異言』、さらに琉球の使節(程順則・名護親方寵文や向受祐・玉城親方朝薫など)らとの会談で得た情報等をまとめた『南島志』や、回想録『折たく柴の記』などを残した。著書『古史通或問』の中では、古代史上最大の謎といえる邪馬台国の位置を大和国と主張し、この邪馬台国近畿説が後に本居宣長が主張した邪馬台国九州説とともに双璧を成す説となっている。

補注[編集]

  1. ^ 『姓氏家系大辞典』(太田亮、1934年)などでは白石の遠祖は新田義房の子荒井覚義の子孫とする。加えて『系図纂要』では白石の祖父の代に新井姓に改めたと伝える。
  2. ^ 岡田俊裕著 『 日本地理学人物事典 [ 近世編 ] 』 原書房 2011年 54
  3. ^ 21歳の時(1678年:延宝6年)、父親が土屋家の内紛に関係して追放禁固刑に処され(約2年間)たとの説がある(岡田俊裕著 『日本地理学人物事典 [近世編] 』 原書房 2011年 54ページ)

参考文献[編集]

  • 宮崎道生『新井白石 人物叢書』 吉川弘文館 新装版1989年 ISBN 4-642-05190-2
    • 編著『新井白石の現代的考察』吉川弘文館、1985年
    • 『新井白石と思想家文人』吉川弘文館、1985年
    • 『新井白石の研究』吉川弘文館、1969年、1984年
    • 『新井白石の史学と地理学』吉川弘文館 1988年
    • 『新井白石の人物と政治』吉川弘文館、1977年
    • 『新井白石序論』吉川弘文館、1976年
    • 『新井白石の時代と世界』吉川弘文館、1975年
    • 『新井白石の洋学と海外知識』吉川弘文館、1973年
  • ケイト・W・ナカイ 『新井白石の政治戦略 儒学と史論』
     平石直昭、小島康敬黒住真訳、東京大学出版会、2001年
  • 荒川久寿男『新井白石の学問思想の研究 特に晩年を中心として』皇學館大学出版部、1987年
  • 入江隆則『新井白石 闘いの肖像』新潮社、1980年
  • 吉川幸次郎『鳳鳥不至 論語雑記 新井白石逸事』新潮社、1971年
  • 桑原武夫編『日本の思想.13 新井白石』筑摩書房、初版1970年、現代語訳
  • 桑原武夫・上田正昭編『日本の名著.15 新井白石』中央公論社、初版1969年、現代語訳

新井白石をテーマとした作品[編集]

関連項目[編集]