間部詮房

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。
間部 詮房
時代 江戸時代中期
生誕 寛文6年5月16日1666年6月18日
死没 享保5年7月16日1720年8月19日
改名 西田詮房→間鍋詮房→間部詮房
別名 右京、宮内(通称)
戒名 亨浄院殿柔誉軟心煥霊大居士
墓所 新潟県村上市寺町の浄念寺
官位 従五位下越前守従四位下侍従
幕府 江戸幕府側用人雁間詰
主君 徳川家宣家継
甲斐甲府藩士→相模厚木藩主→上野高崎藩主→越後村上藩
氏族 西田氏→間部氏(間鍋氏)
父母 父:西田清貞
母:光寿院(小川次郎右衛門の娘)
兄弟 詮房詮貞詮之詮衡詮言
正室:小花和成武の娘
娘(内藤義稠婚約者)
養子:詮言間部詮貞の娘永井直英正室)

間部 詮房(まなべ あきふさ)は、江戸時代中期の大名相模厚木藩主、上野高崎藩主、越後村上藩間部氏初代藩主。側用人老中格

生涯[編集]

寛文6年5月16日1666年6月18日)、甲府藩主・徳川綱豊(後の6代将軍・徳川家宣)の家臣・西田清貞の子として生まれる。はじめは猿楽師・喜多七太夫の弟子であったが、貞享元年(1684年)に綱豊の用人になり、甲府徳川家の分限帳には新井白石とともに詮房の名が見られる。藤原北家山蔭流間鍋氏であるが、綱豊の命によって間部氏となる。

宝永元年(1704年)、綱豊の江戸城西の丸城入に伴い、甲府徳川家家臣団は幕臣に編入され、詮房は従五位下越前守に叙任し、側衆になり1500石加増された。その後も累次加増され、宝永3年(1706年)には、相模国内で1万石の大名となった。のちに加増を重ね高崎5万石を得た。日本の歴史上において、猿楽師であった者が大名になった例は他にない。詮房は、側衆としての格が上がり、若年寄に次ぐ地位になり、次いで序列上、老中の次席を命じられた。

詮房は、家宣・白石とのトロイカ体制で、門閥の譜代大名や将軍に対して強い影響力を有する大奥などの勢力をさばき、正徳の治を断行した。しかし、詮房・白石の政治は、その政治的権威が将軍家宣にのみ依拠するという不安定な基盤に拠っており、特に家宣死後、幼少の徳川家継が将軍職を継ぐにあたり、門閥層や反甲府派の幕閣の抵抗がいよいよ強まり、政治改革がなかなか進まなかったのが実情である。

そのため、家継が幼少のまま病死し、譜代大名や大奥などの推挙で徳川吉宗が8代将軍に就任すると、両人は一切の政治的基盤を喪失し失脚した。ただし、大名としての地位は剥奪されることはなく、領地を関東枢要の地・高崎から、遠方の村上に左遷されたにとどまり、形式の上では5万石の大名であり続けた。

享保5年7月16日1720年8月19日)、暑気あたりで村上の地にて死去した。享年55(満54歳没)。跡を弟で養嗣子の詮言が継いだ。

間部家は、上野国高崎藩5万石から越後国村上藩5万石を経て、越前国鯖江藩5万石で明治維新を迎え、華族令によって子爵を授けられた。

人物・逸話[編集]

  • 真面目で信義に篤い人物だったとされ、他の幕臣は交代で勤務にあたったが、詮房は家宣に昼夜片時も離れず勤務したため、家宣も詮房のことは特に信頼していたという。
  • 白石は「身の暇がなく」「きわめて生質の美なるところありて、おおかた古の君子の人にも恥じまじき」と詮房を評した。また、白石は家宣の死後に政治に対して消極的になることも多かったが、そのような白石を励まして能力を引き出すことに尽力したという。
  • 家宣死後、大奥へ頻繁に出入りし月光院と密会を重ねていたとか、大奥で月光院と一緒にいるときの詮房のくつろいだ様子から、家継が「詮房はまるで将軍のようだ」と乳母に言ったなどという逸話がある。さらに月光院と詮房は桜田御殿時代から深い仲であったとか、また詮房の旧姓が間鍋であることと家継の幼名鍋松から、家継は詮房の子でないかという説がある。だが、これらはいずれも詮房を失脚させるための俗説に過ぎず、信憑性は低い。

官歴[編集]

※日付は旧暦

登場作品[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

漫画[編集]


先代:
間部氏厚木藩主
1706年 - 1710年
次代:
廃藩