篠山藩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
再建された篠山城

篠山藩(ささやまはん)は、丹波国(現在の兵庫県篠山市北新町城内)に存在した。藩庁は篠山城

藩史[編集]

松井松平家時代[編集]

篠山城大書院

慶長14年(1609年)、山陰道の要衝である篠山盆地にを築くことによって、大坂の豊臣氏をはじめとする西国諸大名のおさえとする理由から、近畿や中四国における15カ国20大名の賦役により篠山城が築城され、同年末に松井松平康重丹波国八上藩5万石より5万石で入封し篠山藩が立藩した。康重は、藩政の基礎を固めたが、元和5年(1619年)7月19日に和泉国岸和田藩5万石へ移封された。

藤井松平家時代[編集]

代わって上野国高崎藩5万石より藤井松平信吉徳川家康の異父妹の子)が5万石で入ったが、信吉は翌年の元和6年(1620年)8月1日に死去した。その後を継いだ第2代藩主・松平忠国は、越後国村上藩主・村上忠勝など改易された大名の預かりや丹波国福知山藩の城番などを務めた。また、藩政においても検地の実施や城下町の整備、社寺の建設、文化振興などを行った。

その後、忠国は慶安2年(1649年)7月4日に播磨国明石藩7万石へ移封された。

形原松平家時代[編集]

篠山藩の歴史資料を展示する篠山市立青山歴史村

代わって摂津国高槻藩3万6千石より形原松平康信が5万石で入る。康信は、4年にわたる検地を実施して郷村制度を確立し、さらに在地勢力である土豪を一掃した。康信の後は松平典信松平信利と続いたが、前者は在職3年、後者は在職4年という短命な藩主であった。

第4代藩主・松平信庸(康信の孫)は聡明といわれる藩主で、2代・3代と若死にしていたために混乱していた藩政を再建した。また、松崎蘭谷万尾時春らを招聘して文化の興隆に努め、篠山藩の全盛期を確立した。幕政においても京都所司代老中などを歴任した。

しかし、その後を継いだ第5代藩主・松平信岑は暗愚といわれ、折りしも享保の大飢饉と重なって米価が昂騰し、強訴が発生したにも関わらず、苛酷な重税を強いたため、藩内では百姓一揆が相次いだ。遂には延享4年(1747年)に百姓から中傷されたことが発端となり、翌年の寛延元年(1748年)8月3日、丹波亀山藩へ移封となった。

青山氏時代[編集]

入れ替わりで青山忠朝が5万石で入った。その後、藩主家は青山氏として明治時代まで続いた。

第2代藩主・青山忠高は儒学者を登用して藩校・振徳堂を建設し、藩士の教育と文化発展に努めた。第4代藩主・青山忠裕は藩校を増築した。なお、忠裕は奏者番寺社奉行京都所司代大坂城代老中を歴任した功績から、文政10年(1827年)5月7日に遠江に1万石を加増された。第5代藩主・青山忠良幕末期の中で寺社奉行や老中を務めたが、阿部正弘追放の企てに失敗し失脚した。

この当時の藩政では、藩内の産業は稲作以外に見るべきものがなく、そのために藩財政も領民も困窮し、領民は出稼ぎに出る者も少なくなかった。青山氏はこれによる人口流出を恐れて出稼ぎを制限し、さらに財政再建のために徴税の強化や新税の制定を頻繁に行ったことなどから、明和8年(1771年)、万延元年(1860年)、明治2年(1869年)には大規模な一揆が起こっている。この他にも小規模な一揆、打ちこわしを合わせると、青山氏時代の一揆は20件を越えると言われている。なお、一揆に対しては藩が一揆側の要求を呑むことも少なくなかったと言われている。

最後の第6代藩主・青山忠敏の時代である慶応4年(1868年)、戊辰戦争が勃発すると、歴代藩主は幕閣であったが藩内は佐幕派、新政府派に分かれて対立した。しかし、西園寺公望率いる新政府軍が篠山に侵攻すると、新政府に恭順した。忠敏は明治2年(1869年)の版籍奉還により知藩事となった。なお、ごの年に遠江国にあった藩領は徳川家達の領土として組み込まれたため、新たに丹波・但馬国内で1万石を与えられている。篠山藩の藩財政が苦しかったことを示すものとして、明治3年(1870年)12月末までにおける藩の借財は、28万1329両であったと言われている。

明治4年(1871年)7月14日の廃藩置県により篠山藩は廃藩となった。その後、篠山藩は篠山県を経て同年11月2日に豊岡県に編入され、更に明治9年(1876年)8月21日には兵庫県に編入された。

なお、現存建物として、藩庁・篠山城の城門が市内金照寺山門として移築されている。

歴代藩主[編集]

松平〔松井〕家[編集]

  • Mikawa-Tsuta.jpg 譜代 - 5万石 (1608年 - 1619年)
氏名 官位・官職 就封 在任期間 前藩主との続柄・備考
1 松平康重
まつだいら やすしげ
従四位下周防守 丹波八上藩
5万石より入封
慶長14年(1608年9月
- 元和5年(1619年7月19日
松井松平康親の長男
和泉岸和田藩5万石へ移封

松平〔藤井〕家[編集]

氏名 官位・官職 就封 在任期間 前藩主との続柄・備考
1 松平信吉
まつだいら のぶよし
従五位下安房守
伊豆守
上野高崎藩
5万石より入封
元和5年(1619年10月
- 元和6年(1620年8月1日
桜井松平忠吉の長男
藤井松平信一の婿養子
2 松平忠国
まつだいら ただくに
従五位下山城守 遺領相続
(父の死去により)
元和6年(1620年8月1日
- 慶安4年(1649年7月4日
先代の長男
播磨明石藩7万石へ加増移封

松平〔形原〕家[編集]

氏名 官位・官職 就封 在任期間 前藩主との続柄・備考
1 松平康信
まつだいら やすのぶ
従四位下若狭守 摂津高槻藩
3万6千石より入封
慶安2年(1649年7月4日
- 寛文9年(1669年9月28日
形原松平家信の次男
2 松平典信
まつだいら すけのぶ
従五位下駿河守 家督相続
(父の隠居により)
寛文9年(1669年9月28日
- 寛文12年(1672年11月20日
先代の長男
3 松平信利
まつだいら のぶとし
従五位下若狭守
主膳正
遺領相続
(父の死去により)
寛文12年(1672年11月20日
- 延宝4年(1676年11月28日
先代の次男
4 松平信庸
まつだいら のぶつね
従四位下紀伊守
侍従
遺領相続
(兄の死去により)
延宝5年(1677年2月6日
- 享保4年(1717年5月10日
先代の弟
先々代(2代藩主・典信)の三男
5 松平信岑
まつだいら のぶみね
従四位下佐渡守
紀伊守
遺領相続
(父の死去により)
享保4年(1717年6月27日
- 寛延元年(1748年8月3日
先代の長男
丹波亀山藩5万石へ移封

青山家[編集]

氏名 官位・官職 就封 在任期間 前藩主との続柄・備考
1 青山忠朝
あおやま ただとも
従四位下伯耆守
因幡守
丹波亀山藩
5万石より入封
寛延元年(1748年8月3日
- 宝暦10年(1760年7月15日
分家の摂津尼崎藩主・青山幸督の次男
2 青山忠高
あおやま ただたか
従五位下下野守 遺領相続
(叔父の死去により)
宝暦10年(1760年9月8日
- 天明元年(1781年6月24日
先代の甥
分家の丹後宮津藩主・青山幸秀の七男
3 青山忠講
あおやま ただつぐ
従五位下伯耆守 家督相続
(父の隠居により)
天明元年(1781年6月24日
- 天明5年(1785年7月18日
先代の次男
4 青山忠裕
あおやま たたひろ
従四位下因幡守
下野守
遺領相続
(兄の死去により)
天明5年(1785年9月10日
- 天保6年(1835年7月16日
先代の弟
先々代(2代藩主・忠高)の三男
1万石加増により6万石
5 青山忠良
あおやま ただなが
従四位下因幡守
下野守
家督相続
(父の隠居により)
天保6年(1835年7月16日
- 文久2年(1862年2月29日
先代の四男
6 青山忠敏
あおやま ただゆき
従四位下因幡守
左京大夫
家督相続
(父の隠居により)
文久2年(1862年2月29日
- 明治4年(1871年7月14日
先代の次男

幕末の領地[編集]

関連項目[編集]

先代:
丹波国
行政区の変遷
1609年 - 1875年
(篠山藩→篠山県)
次代:
豊岡県