長府藩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
藩庁である櫛崎城跡(現・関見台公園)

長府藩(ちょうふはん)は、江戸時代のひとつである。長州藩支藩で、長門府中藩(ながとふちゅうはん)ともいう。須原屋武鑑の居城・在所表記では当初は長門長府で、宝暦年中より長門府中に改称されている。藩庁は櫛崎城(長府城、長府陣屋)に置かれた。

概要[編集]

藩主は毛利氏。藩祖は毛利元就四男の穂井田元清の子で、毛利輝元の養子となった毛利秀元

秀元は、天正20年4月11日1592年5月22日)には朝鮮出兵に向かうために毛利氏の本拠であった広島城に入った秀吉によって直接、輝元の養嗣子となることを承認された。ただし、後日の紛糾を避けるために「輝元に男子が生まれた場合には分家すること」という条件の下でであった。その後、輝元に嫡男秀就が誕生する。これを受けて慶長3年8月1日1598年9月1日)、豊臣政権は秀就を毛利氏の後継者として承認し、事実上廃嫡される秀元には輝元から所領を分知されて大名となることが決定された。翌年6月、この方針に則って秀元に長門国一国と安芸国佐伯郡及び周防国吉敷郡の計17万石をもって、叔父である小早川隆景の例に倣って毛利家臣でありながら大名としての身分が認められることとなった。この時が長府藩の立藩である。

関ヶ原の戦いの後に毛利輝元が中国地方120万石から減封され防長2カ国36万石となった際に、輝元が東の守りとして岩国吉川広家を置き、西の守りとして改めて長門国豊浦郡(現在の山口県下関市)に秀元が領地を与えられた。なお、綱元の時に叔父の毛利元知に1万石を分知し、支藩の清末藩を立藩させている。

初め 6万石→承応2年 5万石→享保3年 3万8千石→享保5年 4万7千石→天明3年 5万石

歴代藩主の中では3代・綱元の子である毛利吉元と、8代藩主の匡敬(重就)が宗藩の長州藩主を継いでいる。

幕末には宗藩である長州藩が、下関を直轄領としようとしたために対立したが、後に和解し他の長州支藩とともに戊辰戦争を戦う。しかし、維新後に叙爵された際には、維新の功績に伴わず子爵どまりであった。このことに関しては、明治天皇の叔父にあたる中山忠光が長府藩に亡命していたときに暗殺されたことで、明治天皇が長府毛利家の伯爵への叙爵を渋ったと言われている。

豊浦藩豊浦県を経て山口県へ。

歴代藩主[編集]

毛利家

外様 6万石→5万石→3万8千石→4万7千石→5万石

  1. 元清、毛利元就四男
  2. 、穂井田元清の子
  3. 、初代藩主秀元二男
  4. 、2代藩主光広長男(※綱元の長男は宗藩を継いで5代藩主毛利となる)
  5. 元朝、宗藩5代藩主毛利吉元の長男(※のちに宗藩の嗣子となって毛利元に改名するが、こちらは継ぐことなく死去)
  6. 元矩、3代藩主綱元四男
  7. 匡広、長門清末藩2代藩主毛利元平が継いで改名
  8. 師就、6代藩主匡広五男
  9. 匡敬、6代藩主匡広十男(※のちに宗家を継いで7代藩主毛利就となる)
  10. 匡満、宗家7代藩主毛利重就長男
  11. 匡芳、宗家7代藩主毛利重就五男
  12. 元義、10代藩主匡芳長男
  13. 元運、11代藩主元義三男
  14. 元周、11代藩主元義長男元寛の三男
  15. 元敏、12代藩主元運六男

※歴代藩主の中で、秀元は豊臣秀吉から、光広・綱元父子は徳川将軍家からの偏諱の授与を受けている。また、出身者から本家に入った吉元、宗元、重就ものちに将軍家から偏諱を賜っている。該当文字は太字で示してある。

主な藩士[編集]

文政年間の毛利元義治世中の主要家臣は以下のとおり

家老など】

細川織部、毛利玄蕃、三吉内蔵、桂縫殿、伊秩右膳、田代左京、三沢外記、西図書、毛利辰三郎、迫田伊勢之助、細川中務、毛利勘解由、三沢六郎太夫

用人

上田権右衛門、松田甚左衛門、長谷川貢、江見平馬、弘仲与兵衛、坂原九郎左衛門、林仲助、国弘清次郎、浅野教、

【城使】

田上新右衛門、井上丹下

この他、乃木希典の伝記に登場する中下級藩士は以下のとおり

藩邸及び菩提寺[編集]

江戸藩邸では麻生日ヶ窪に上屋敷、白金早道場に下屋敷があり、京都藩邸は三条通下立売油小路に、大阪藩邸は中ノ島にあった。江戸における菩提寺は芝の泉岳寺で清末藩も同寺を江戸での菩提寺としていた。江戸上屋敷の跡は現在六本木ヒルズとなっている。

幕末の領地[編集]

関連項目[編集]

  • 毛利邸(長府毛利邸) - 最後の藩主・毛利元敏が、明治時代に建てた長府毛利家の邸宅。
  • 理方一流(長府藩では今枝流と呼ばれていた)
  • 田宮流


先代:
長門国
行政区の変遷
1600年 - 1971年
(府中藩→豊浦藩→豊浦県)
次代:
山口県