福井藩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
松平忠昌上屋敷(龍ノ口屋敷)模型
福井城(現在は福井県庁)

福井藩(ふくいはん)は、越前国にあって現在の福井県嶺北中心部を治めた。藩庁は福井城福井市)。藩主は越前松平家(福井藩主家)。家格は親藩御家門で、32万石。 越前藩(えちぜんはん)とも呼ばれる。また、北の庄(北ノ荘)という地名が「福井(福居)」と改称される以前の、つまり第3代忠昌以前の結城(松平)秀康忠直時代を故に北ノ荘藩(きたのしょうはん)と称することがある。

藩歴[編集]

越前国戦国大名朝倉氏滅亡の後、柴田勝家丹羽長秀の領有を経て豊臣秀吉配下の小大名によって分割支配させられていた。関ヶ原の戦いの際、青木一矩は西軍方に付いたために戦後越前北ノ庄8万石を没収されている。

藩祖・結城秀康

慶長6年(1601年)に関ヶ原の戦いの功により、徳川家康の次男の秀康が越前一国67万石を与えられ、柴田勝家の築いた北ノ庄城を約6年かけて大改修し居城とする。秀康は結城姓松平に復し[1]越前松平家を興す。

秀康の嫡男松平忠直は、大坂の陣で戦功を立てながらも将軍に認められなかったことなどから、次第に幕府に反抗的態度を取るようになった。そのため、元和9年(1623年)忠直は乱行を理由に廃されて豊後国大分に配流された。

福井の語源となったとされる福井城内の「福の井」
藩主の別邸であった「お泉水」(現・養浩館庭園)

翌年の寛永元年(1624年)4月、越後高田藩で別家25万9千石を与えられていた忠直の弟(秀康の次男)の松平忠昌が50万石で福井藩の主な家臣(幕府に選ばれた百余名を主とする[2])、藩領を継承する[3][4]。7月の忠昌入部ののち、居城周辺の街・北ノ荘は福居(後に福井)と名を改められる。またこのとき、越前国は複数の藩に分割されることになる。

  • 福井藩:越前福井50万石が秀康次男忠昌に与えられる。
  • 丸岡藩:越前丸岡4万6千石が附家老の本多成重に与えられ独立する。
  • 大野藩:越前大野5万石が秀康三男直政に与えられる。
  • 勝山藩:越前勝山3万石が秀康五男直基に与えられる。
  • 木本藩:越前大野郡内の木本2万5千石が秀康六男直良に与えられる。
  • 越前敦賀郡はいったん幕府領となり、その後、小浜藩京極氏に与えられる。

その後、福井藩は支藩の分封と相続の混乱から所領を大幅に減らし、貞享3年(1686年)に第6代藩主綱昌は発狂を理由に強制隠居処分され、前藩主昌親が領地半減の上で再襲(吉品)した。吉品が就封の際、領地宛行状が城地名の福井侍従となり[5]、忠昌が大坂の陣で使った片鎌槍の大名行列の際の使用を禁じられた。また、この時に藩邸の格式も下がり、江戸城の詰間が将軍家の親族が詰める大廊下から、外様国持大名と同じ大広間へ異動した。ただし、この間もこれ以降も歴代藩主は当代将軍の偏諱を拝領する「特別な家」であり続けた。享保6年(1721年)には支藩松岡藩(福井県吉田郡永平寺町)の再併合により30万石に復し、文政2年(1819年)にさらに2万石を加増されるなど、徐々に家格は回復した。内政では領地の激減や複数回の天災に見舞われたことなどにより、藩財政を大いに逼迫させ、度重なる一揆に見舞われて困難を極めた。

京都市 福井藩邸跡
松平慶永(春嶽)
由利公正

田安徳川家から養子に入った幕末の藩主慶永(春嶽)は、橋本左内らを登用し、また熊本藩から横井小楠を招聘して藩政改革をおこなった。安政の大獄により隠居を余儀なくされたが、謹慎解除後は公武合体派の重鎮として幕政に参与している。

福井藩領は明治4年(1871年)、廃藩置県により福井県、ついで足羽県となり、さらに敦賀県を経て石川県に併合されるが、のち旧越前および若狭が福井県として分立した際にその中心部となった。

歴代藩主[編集]

松平(越前)〔結城〕家

親藩 52万5000石→45万石→25万石→30万石→32万石 (1601年 - 1871年)[6]

  1. 秀康(ひでやす) 結城より改姓[7]
  2. 忠直(ただなお)[8]
    • 光長(みつなが) - 幕府の公式見解では光長を歴代に数えない[9][10]
  3. 忠昌(ただまさ) 北ノ庄(北ノ荘)を福居と改名。[11]
  4. 光通(みつみち) 分知により45万石となる 自殺により一旦収公され、即日昌親の相続が認められる
  5. 昌親(まさちか)
  6. 綱昌(つなまさ) 発狂により除封
  7. 吉品(よしのり) 昌親の再襲 25万石
  8. 吉邦(よしくに)
  9. 宗昌(むねまさ) 分家の松岡藩主より就任。合わせて30万石となる
  10. 宗矩(むねのり)
  11. 重昌(しげまさ)
  12. 重富(しげとみ)
  13. 治好(はるよし) 32万石となる
  14. 斉承(なりつぐ)
  15. 斉善(なりさわ)
  16. 慶永(よしなが)
  17. 茂昭(もちあき)

分家[編集]

光通の子・権蔵は光通正室の国姫所生ではなく嗣子とはならなかった。延宝元年(1673年)に江戸へ出奔し、延宝3年(1675年)将軍・徳川家綱に謁見し従五位下、備中守に叙任、賄料1万俵江戸定府の諸侯に列した。

  1. 松平直堅
  2. 松平直知
  3. 松平直之

家老[編集]

本多富正重次の甥)-昌長-長員長教-副紹-副充=副久-副昌富恭副元常陸府中藩主・松平頼説の子、頼功の次男)

家老を輩出する藩内最高の家格の高知席は17家。

  • 本多飛騨家(本多成重の五男重方が初代)
  • 本多修理家(本多富正の次男正房が初代。本多敬義等。)
  • 本多源四郎家(修理家分家)
  • 酒井外記家(酒井重成が初代)
  • 酒井孫四郎家
  • 狛山城家(狛孝澄が初代。北狛。墓所は福井市木田の通安寺)
  • 狛帯刀家(山城家狛貞澄の長男狛政貞が1600石で分家。南狛。墓所同上)
  • 芦田信濃家(初代は加藤康寛(依田康勝))
  • 松平主馬家(長沢松平家の一族松平正世が初代。越後高田藩主松平忠輝の改易後に松代藩主であった忠昌に仕えた。)
  • 山形三郎兵衛家(笹治大膳家。笹治正時(笹治大膳)が初代。十代のちに山県に改姓、山県昌景の子孫を称す。最大時で1万石。)
  • 稲葉采女家(稲葉正成の四男正房が初代)
  • 有賀内記家(有賀正成が初代)
  • 明石将監家(元は支藩の松岡藩の家老。松岡藩の本家への再合併後、本家の家老家となった)
  • 萩野小四郎家(荻野永道が初代)
  • 杉田壱岐家(松平忠昌譜代家臣の杉田三正が初代)
  • 大谷丹下家(大谷吉継の孫大谷重政が初代)
  • 岡部豊後家(岡部豊後長起-淡路=安直(淡路の弟)-貞則=起平(渥美平内の子)-主貞-貞起(南嶽)=興起(狛孝章次男))-長(ながし)

府中領主の筆頭家老本多内蔵助家は、17家の高知席のさらに上の地位にあった。

幕末の領地[編集]

上記のほか、南条郡12村、今立郡18村、丹生郡14村、大野郡13村、坂井郡69村の幕府領を預かったが、「旧高旧領取調帳」では第1次府県統合後の状況になっているため、下記以外の変遷の詳細は不明である。

明治維新後、南条郡3村(旧西尾藩領1村、旗本領1村、福井藩預所管轄の旧幕府領1村)、大野郡11村(福井藩預所管轄の旧幕府領)が加わった。

脚注[編集]

注釈[編集]

引用元[編集]

  1. ^ 秀康は生涯結城姓であったとする説もある。
  2. ^ 『国事叢記』によると忠昌の北ノ荘入部に際し、松平光長旧臣に対して越前への同行、北ノ荘への出仕、他家への退転は自由に選択させ、約500名の家臣のうちの105名が忠昌に出仕し、大部分の家臣は光長に随って越後高田藩臣となった。また、老臣5人のうち、本多飛騨守は大名になり、小栗美作守・岡島壱岐守・本多七左衛門は光長に同行し、大名とする幕命を断った本多伊豆守のみ忠昌に出仕した。
  3. ^ 忠直の嫡男松平光長には越後高田26万石が与えられ、高田藩を立藩した。
  4. ^ 松平光長を福井藩3代と数える説もあり、光長が一旦継承したと読むことも可能な史料もあるが、継承の件自体が後世、幕府により否定されているので公式とはならず、逆に「忠直 - 忠昌 - 以降」が幕府の公式見解となる。
  5. ^ このとき、福井藩の領主の家格が越前国主より福井城主へ降格した。
  6. ^ 忠昌以降をそれ以前とは別藩とする分類(学説)もある。
  7. ^ 秀康時代の主な家臣
    1. 今村盛次→久世騒動で改易。子孫は忠昌に越後高田で召出される
    2. 江口石見→忠直の時蟄居。子孫は忠昌に召出される。
    3. 落合美作→久世騒動の際、忠直の勘気を蒙って和泉国堺に蟄居。後に徳川頼宣に仕える。
    4. 久世但馬→久世騒動で成敗される。
    5. 清水孝正(敦賀城代)→久世騒動で改易。伊達家預け。
    6. 林定正(勝山城代)→久世騒動で改易。最上家預け。
    7. 多賀谷泰経→断絶。子孫は松平直基に召出される。
    8. 土屋昌春→秀康に殉死。
    9. 永見吉望(貞武)→秀康に殉死。
    10. 山川朝貞→断絶。
    11. 吉田修理→断絶。
    12. 本多富正府中城代)→附家老。幕命により、以降数代にわたり藩政を指揮する。
  8. ^ 忠直時代の主な家臣
    1. 荻田長繁→越後出身。光長の越後入国に従い、糸魚川城代となる。
    2. 小栗正高大野城代。光長の越後入国に従い、高田城代となる。
    3. 本多富正 →附家老。忠直配流後も幕命により忠昌に仕え、以降も福井藩を指揮する。
    4. 本多成重丸岡城代)→附家老。寛永元年(1624年)諸侯に成る。
  9. ^ これを歴代に数えるかは学説・見解が分かれているが、現在のところは幕府の公式見解に則り「含めない」が一般的である。「貞享年中之書上ニハ継中納言之遺跡与申儀無之、賜越前国与計認有之候間此度も継遺跡と申儀ハ相除可被指出候事」(『越系余筆』井上翼章・文化3年(1806年) 松平文庫蔵)とあって、寛政12年(1800年)に福井松平家に対して幕府は同系図の修正を命じ、福井松平家では越前家の代数より光長を排除する作為を系図に加えている。つまり公式には「歴代に含めない」のではあるが、『福井県史 通史編3・近世一』では「光長は明らかに父の遺跡を継いだといわねばならない」、「細川忠利は『越前御国替に罷り成り』(寛永元年五月晦日付披露状『細川家史料』)といい、久保田藩の重臣梅津政景も『越前ノ若子様ハ越後へ廿五万石ニ而御国替の由』(『梅津政景日記』寛永元年六月五日条)といっており、当時の大名などもそのように認識していたのである」としている。
  10. ^ 津山松平氏家譜 元和9年(1623年)2月10日条に、光長が「家督を承け祖父以来のノ遺跡一円領知スヘキノ旨を命セラル」(「越前支流美作津山松平」『徳川諸家系譜』第四)とあり、同年7月幕府国目付が北荘へ来着し、台命を伝達した奉書中に忠直仕置等万事不相届故を以て越前国仙千代丸ニ被仰付」(同家譜 元和9年7月29日条徳川家光黒印状)とある。
  11. ^ 忠昌時代の主な家臣
    1. 笹治大膳→忠昌の時に加増される。
    2. 永見吉次→高田より随従。
    3. 本多富正→附家老。幕命により藩政を指導する。
    4. 片山良庵→松代時代に召し抱えられた軍学者。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

先代:
越前国
行政区の変遷
1624年 - 1871年
(福井藩→第1次福井県)
次代:
福井県(第1次)