本保県

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

本保県(ほんぼけん)は、1868年慶応4年)に越前国内の幕府領旗本領を管轄するために明治政府によって設置された。管轄地域は現在の福井県嶺北および敦賀市に分布している。

概要[編集]

越前国には福井藩とその支藩や幕府領旗本領、国外の大名の領地もあり、多数の領主によって分割統治される状態が明治まで続いた。幕府領・旗本領は頻繁に管轄が変更され、複雑な統治形態であったが、幕末には本保代官所・福井藩預地飛騨郡代に集約された。幕末の本保代官所は飛騨郡代の管轄下にあった。明治3年(1870年)に明治政府は本保陣屋本保県を設置したが、明治4年(1871年)の廃藩置県後の第1次府県統合により廃止された。

沿革[編集]

管轄地域[編集]

詳細は各郡の項目を参照。

歴代知事[編集]

  • 明治3年12月22日(1871年2月11日) - 明治4年1月14日(1871年3月4日) : 不在
  • 明治4年1月14日(1871年3月4日) - 明治4年3月2日(1871年4月21日) : 権知事・小原忠寛(前大垣県大参事、元大垣藩士
  • 明治4年3月2日(1871年4月21日) - 明治4年11月20日(1871年12月31日) : 不在

関連項目[編集]

先代:
福井藩預所、本保代官所
越前国内の幕府領旗本領
行政区の変遷
1870年 - 1871年
次代:
敦賀県福井県(第1次)