田原本藩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

田原本藩(たわらもとはん)は、大和国十市郡田原本(現在の奈良県磯城郡田原本町田原本)に存在した

概要[編集]

田原本藩の藩主家は平野氏である。ただし、藩としての成立は慶応4年(1868年)7月14日、新政府の計らいによって1万石の大名となってからであり、いわば「維新立藩」によるものであった。平野氏の祖である長泰豊臣秀吉に仕え、天正11年(1583年)の賤ヶ岳の戦いで戦功を挙げて「賤ヶ岳の七本槍」の一人となり、大和国内に5000石の知行を与えられた。その後、長泰の表立った活躍はあまり見られないが、領内においては支配体制を固め、善政を敷き、特に領内における寺内町は「大和の大坂」と呼ばれ、大いなる賑わいを見せたという。

長泰の死後、跡を継いだ長勝は、陣屋の構築などに尽力している。しかし小領主のため次第に財政が悪化して、江戸時代中期以降は領民に御用金を課すことも少なくなかった。平野氏は9代にわたったが、実際に正式な藩主だった期間は長裕のわずか3年間であった。

歴代領主[編集]

平野家

交代寄合表御礼衆 5000石→1万石

  1. 平野長泰(ながやす)
  2. 平野長勝(ながかつ)
  3. 平野長政(ながまさ)
  4. 平野長英(ながふさ)
  5. 平野長暁(ながあき)
  6. 平野長里(ながさと)
  7. 平野長純(ながずみ)
  8. 平野長興(ながおき)
  9. 平野長発(ながゆき)
  10. 平野長裕(ながひろ)

幕末の領地[編集]


先代:
大和国
行政区の変遷
1868年 - 1871年
(田原本藩→田原本県)
次代:
奈良県(第1次)