三池藩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

三池藩(みいけはん)は、筑後国三池郡を領した。藩庁として三池(現在の福岡県大牟田市)に三池陣屋を構えた。藩主家は立花氏であり、柳河藩の立花氏とは一族であるが、互いに独立した藩であり、同藩は柳河藩の支藩ではない。

略史[編集]

立花宗茂の弟・立花直次慶長19年(1614年)、常陸国筑波郡に5千石を与えられ、旗本となった。その長男・立花種次は元和7年(1621年)、旧領地であった筑後国三池郡に5000石加増の1万石を得て三池に移り、当藩が成立した。

第4代藩主・立花貫長の時代である元文3年(1738年)に石炭の採掘が始まり、平成9年(1997年)まで存続した三池炭鉱の礎となった。

第6代藩主・立花種周は大番頭奏者番寺社奉行を経て若年寄まで栄達した。しかし、反松平定信派に属し政争に敗北し、文化2年(1805年)11月に幕府の機密漏洩の罪により罷免され、12月には強制隠居の上、蟄居となった。そのため、種周の後を継いだ第7代藩主・立花種善は文化3年(1806年)、陸奥国下手渡藩に左遷された。

その後、種善から種温を経て藩主となっていた種恭時代の慶応4年(1868年)9月、再び三池に藩庁を移し、三池藩が再立藩した。

明治2年(1869年)版籍奉還と同時に立花家は華族に列した。同4年(1871年)の廃藩置県で三池県となったのち、三潴県を経て福岡県に編入された。

明治17年(1884年)の華族令で立花家には子爵が叙爵された。

歴代藩主[編集]

  • 立花(たちばな)家

外様 1万石 (1621年~1806年、1868年~1871年)

  1. 種次(たねつぐ)〔従五位下、主膳正〕
  2. 種長(たねなが)〔従五位下、和泉守〕
  3. 種明(たねあきら)〔従五位下、主膳正〕
  4. 貫長(つらなが)〔従五位下、出雲守〕
  5. 長煕(ながひろ)〔従五位下、和泉守〕
  6. 種周(たねちか)〔従五位下、出雲守 若年寄〕
  7. 種善(たねよし)〔従五位下、豊前守〕→陸奥下手渡へ

陸奥下手渡より再立藩。

  1. 種恭(たねゆき)〔従二位、出雲守〕

下手渡藩[編集]

下手渡藩(しもてどはん)は、政争に敗れた三池藩立花家が、文化3年(1806年)、陸奥国伊達郡下手渡(福島県伊達市月舘町下手渡)に左遷されたことにより、1万石にて立藩した。藩庁は下手渡陣屋に置かれた。初代藩主種善は三九ヶ条の御条目により、統治の基礎を定めた

第2代藩主・種温は幕府の会計奉行となり、のち老中格まで累進している。

嘉永3年(1850年)には約半分の知行地を旧領である三池郡内と領地替えを行った。

慶応4年(1868年)、第3代藩主・種恭は外国奉行に推され、慶応4年(1866年)1月10日に老中格の会計総裁となったが、すでに戊辰戦争が始まっており、鳥羽・伏見の戦いにおいて敗北を喫した直後であった。同24日、種恭はその職を辞す。同年3月2日には三池陣屋の藩士の主張を入れて官軍側につくことにし、3月13日に一旦下手渡に戻った後に江戸経由で新政府へと出向いたが、国許では家老屋山外記が下手渡藩を代表して奥羽越列藩同盟に調印するなど正反対の行動をとり、後に官軍側についたことが判明して奥羽越列藩同盟盟主の仙台藩から怒りを買った。同年5月15日、新政府は若年寄・老中格在任中の責任を問題視しながらも、江戸において佐幕派の旗本の説得に当たっていたことなどが評価されて宥免された[1]。同年8月14日、200名の仙台藩兵が領内に進入。同16日には陣屋を焼き討ちされ、領内は仙台兵と下手渡藩兵および来援の柳河藩兵との戦場となった。以上の経緯で藩庁を焼失したため、同年9月に三池に移り、下手渡藩は廃藩となった。一方では下手渡の旧領は分領地として三池藩に残された。現在下手渡の地には旧藩士により建てられた「懐古の碑」が建てられている。

歴代藩主[編集]

  • 立花(たちばな)家

外様 1万石 (1806年~1868年)

  1. 種善(たねよし)〔従五位下、豊前守〕三池藩より
  2. 種温(たねはる)〔従五位下、主膳正 老中格〕
  3. 種恭(たねゆき)→三池藩へ

幕末の領地[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 水谷憲二『戊辰戦争と「朝敵」藩-敗者の維新史-』(八木書店、2011年)P264-266

参考文献[編集]

先代:
筑後国
行政区の変遷
1868年 - 1871年
(三池藩→三池県)
次代:
三潴県