立花氏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
立花氏
家紋
柳川守・立花守
本姓 大友氏流
家祖 立花貞載
種別 武家
凡例 / Category:日本の氏族

立花氏(たちばなし)は、大友氏の流れを汲む武家。同訓の橘氏とは系統上の関係はない。


出自[編集]

南北朝時代に、大友貞宗の子の大友貞載筑前国糟屋郡立花城に拠り立花を称したことより始まる。以来大友氏の重臣として重きをなしたが、立花鑑載のとき大友義鎮(宗麟)に背いたため、同じく大友氏支流の戸次鑑連(立花道雪)により攻め滅ぼされ、鑑載の子立花親善の代で断絶した。

立花氏(道雪以前)[編集]

戸次鑑連(立花道雪)と誾千代[編集]

大友義鎮は大友氏の一族、戸次鑑連を立花鑑載・親善にかわって立花城に入れ、立花氏の名跡を継がせた(鑑連はのちに入道して道雪と号す)。鑑連自身は主家である大友家から立花姓の使用を禁じられたため、立花姓を名乗ってはいないが、立花道雪の名で知られる。道雪は男子がなかったため、初め娘の誾千代(ぎんちよ。「ぎん」は門がまえに言)に立花城を譲り、晩年に道雪と同じく大友氏の庶流であった高橋紹運の息子、統虎を誾千代の婿に迎えて養子とした。統虎改め立花宗茂は斜陽の大友氏を支え島津氏との戦いに活躍し、豊臣秀吉九州征伐の後、筑後国柳川に13万2000石を与えられた。

立花宗茂及び柳川藩主家立花氏[編集]

しかし、宗茂は関ヶ原の戦いで西軍に参加したため所領を没収され流浪したが1604年徳川氏により取り立てられ、1606年陸奥国棚倉で1万石を与えられて大名に返り咲いた。その後、大坂の役でも戦功をあげ、1620年、関ヶ原の戦い以降、筑後柳川32万石を支配していた田中氏が絶家したのをきっかけに柳川藩10万9千石を与えられ、旧領柳川に戻った。関ヶ原で改易された武将が再び「大名」として復活できた例は少なく、その中でも旧領に戻ることができたのは立花宗茂ただ一人である。

江戸時代の立花氏は柳川藩主として明治維新まで続き、維新後は華族に列して伯爵を授けられた。現在の立花家は、柳川市の自邸立花氏庭園(松濤園)を改装した料亭・旅館・宴会場「御花」を経営している。

なお、3代目柳川藩主立花鑑虎の同母弟、立花貞晟(弾正)が旗本寄合席となって、旗本立花弾正家を分立するが、2代目で養嗣子の清直(後の貞俶)が藩主家を相続したので絶家、本藩吸収となる

高橋統増及び三池藩主家立花氏[編集]

また、立花宗茂の実弟であり実家の高橋家を継いだ高橋統増(直次)は豊臣政権下で1万8000石を領していたが関ヶ原の戦いで兄とともに西軍につき失領し、のちに徳川氏から5000石を与えられた。直次は兄の姓にちなみ立花氏を称するようになる。

立花直次の子種次のとき三池藩1万石を与えられて大名に返り咲いた。三池藩立花氏は立花種周のとき外様大名ながら若年寄にのぼったが、その失脚後陸奥国内5000石に転封され、旗本に降格した。のちに5000石を加増されて大名に復帰し、1868年に居所を再び三池に戻した。この家は維新後子爵を授けられた。なお、末裔のひとりに日本農政の祖と呼ばれた加納久宜がおり、その子孫が麻生太郎総理大臣やSF作家野田昌宏である。

なお直次の次男の種吉及び種長次男の種澄は江戸幕府旗本となった。

賜姓立花氏[編集]

立花家家臣のうち、元来は別姓ながら立花氏当主より立花姓を免許されて立花姓を賜姓された家も少なくない。米多比氏嫡家の米多比立花氏や安東家忠を祖とする安東立花氏、由布惟信を祖とする立花壱岐家、原尻鎮清を祖とする立花氏、薦野増時を祖とする福岡藩重臣の立花氏などがこれにあたる。

また臼杵氏分流や山本氏のように立花姓を賜姓されて後年、元来の姓に復したり改姓した場合もある。

系譜[編集]

関連[編集]

外部リンク[編集]