棚倉藩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

棚倉藩(たなぐらはん)は、陸奥国磐城国白河郡菊多郡磐前郡磐城郡などを支配した。藩庁は白河郡棚倉城に置かれた(現在の福島県東白川郡棚倉町)。

藩史[編集]

戊辰戦争では、正静が藩兵を率い奥羽越列藩同盟に参加、白河口において新政府軍と対峙。

  • 1868年(慶応4年)6月24日 棚倉城落城、正静は降伏した。維新後は4万石減封。
  • 1871年明治4年)阿部正功の代のときの廃藩置県により廃藩となる。城趾には現在、公園と町の公民館がある。水堀のまわりには桜の木が立ち並び、毎年春には町民の花見場所となっている。

棚倉藩はしばしば、中級、下級の譜代大名の懲罰的な目的での転封の対象地になり、また藩主家の長期の定着がなく、藩の支配体制は不完全なまま経てきた。石高は、表高より内高(実際に藩の収入になる石高)が少ない藩であった。

特徴[編集]

  • 山城の赤館を拠点とした周辺は、鎌倉時代は陸奥国(伊達氏)の影響下にあり、室町時代は常陸国の影響下にあった。陸奥と常陸の対峙する地理的条件から、たびたび戦場となった。
  • 戦国時代後期は、陸奥国の伊達政宗が赤館を支配し、常陸国の佐竹家に対して防衛をはっていた(現在の棚倉一帯をとりあげた歴史資料や著作では、この時代のものが他の時代より比較的多く発行されている)。
  • 棚倉藩の城下町の祖型は、丹羽長重の棚倉城築城にはじまり、明治4年(1871年)まで246年間続いた。
  • 慶長の立花宗茂から明治の阿部正功まで数えて、藩主は9家18人が入れ替わった。

歴代藩主[編集]

立花家[編集]

外様 1万石→2万5500石→3万5000石

  1. 立花宗茂(むねしげ) 従四位下 左近将監、侍従

丹羽家[編集]

外様 5万石

  1. 丹羽長重(ながしげ) 従三位 加賀守、侍従

内藤家[編集]

譜代 5万石

  1. 内藤信照(のぶてる) 従五位下 豊前
  2. 内藤信良(のぶよし) 従五位下 豊前守
  3. 内藤弌信(かずのぶ) 従四位下 豊前守

太田家[編集]

譜代 5万石

  1. 太田資晴(すけはる) 従四位下 備中

松平(越智)家[編集]

親藩 6万5000石

  1. 松平武元(たけちか) 従四位下 侍従、右近将監

小笠原家[編集]

譜代 6万5000石

  1. 小笠原長恭(ながゆき) 従五位下 佐渡
  2. 小笠原長堯(ながたか) 従五位下 佐渡守
  3. 小笠原長昌(ながまさ) 従五位下 佐渡守

井上家[編集]

譜代 6万石

  1. 井上正甫(まさもと) 従五位下 河内
  2. 井上正春(まさはる) 従四位下 河内守、侍従

松平(松井)家[編集]

譜代 6万石

  1. 松平康爵(やすたか) 従五位下 右近将監
  2. 松平康圭(やすかど) 従五位下 周防
  3. 松平康泰(やすひろ) 従五位下 周防守
  4. 松平康英(やすてる) 従五位下 周防守

阿部家[編集]

譜代 10万石

  1. 阿部正静(まさきよ) 従五位下 美作
  2. 阿部正功(まさこと) 従五位下 従五位、正四位、従三位、正三位、従二位

幕末の領地[編集]

明治維新後に白川郡37村(旧幕府領36村、旧小見川藩領1村)、菊多郡14村(旧磐城平藩領9村、旧泉藩領5村)が加わった。

関連項目[編集]

先代:
磐城国
行政区の変遷
1603年 - 1871年
(棚倉藩→棚倉県)
次代:
磐前県