高橋氏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

高橋氏(たかはしし)は、日本の氏族苗字、大

高橋の名の由来については諸説ある。

  1. 筑後国北部の御原郡国人一族が高橋氏を名乗る。初め大蔵党の一派。のちに豊後大友氏の一族出身の高橋鑑種高橋鎮種(紹運)が家督を継いだ。筑後十五城の一つ。前段で詳述。
  2. 安芸国石見国に勢力を張った国人一族が高橋氏を名乗る。高橋興光の代で毛利元就に滅ぼされる。後段で詳述。
  3. 磐鹿六雁命(後世、日本料理の神として尊崇を集めた)を祖とする古代氏族の一で、膳部(かしわで)氏とも称した。代々内膳司を勤めており、同僚の安曇(あずみ)氏との衝突の果てに家記『高橋氏文』(789年奏上。逸文のみ残る)を奏上したことで知られる。

同音異姓に孝橋・鷹橋・高槁・高端・鷹啄・喬橋・鷹羽司がある。 

筑後高橋氏[編集]

歴史[編集]

大蔵党系[編集]

大蔵春実の子孫の光種が筑後国御原郡高橋[1]に住し高橋光種と名のったのがはじまりとされる。筑前国原田氏、同朝倉郡秋月氏筑後国山門郡田尻氏とは大蔵党の同族である。光種は足利尊氏から九州検断職に任じられている。 大友氏十代の大友親世の頃にその支配下に属し、さらに光種の七代後の高橋長種に子がなかった。高橋氏旧臣たちの懇請により大友一族の一万田親泰(親敦)の子の鑑種が高橋氏の名跡を継ぎ、高橋氏は大蔵党氏族から大友一族の一万田系に変わり、以降、大友氏配下の家系となる。宝満城岩屋城を治める。

大友一族系[編集]

高橋鑑種は武勇にすぐれ、弘治3年(1557年)に秋月文種大友氏に叛いた時、筑後の蒲池鑑盛田尻鑑種草野鎮永らが出陣したが、鑑種は大友軍の指揮官となって活躍した。この時の功により鑑種は筑前国御笠郡に2千町を与えられ、それまでの筑後国御原郡下高橋から移り、宝満山城を本拠地とし、大友氏の筑前守護代(城督)となる。

高橋鑑種[編集]

永禄9年(1566年)、鑑種は、以前から筑前豊前に侵出していた毛利元就に内通し、大友氏当主の大友義鎮(後の大友宗麟)に叛いた(この時、立花山城立花鑑載も共に元就に内通し、義鎮に叛いている)。鑑種は、秋月種実をはじめ原田氏筑紫氏宗像氏などと共に毛利氏の九州派兵を要請した。戸次鑑連を指揮官とする大友氏の主力として最後まで奮戦したのは豊後朽網氏一万田氏筑後蒲池氏田尻氏溝口氏三池氏問註所氏であった。

永禄12年(1569年)に尼子勝久の家臣山中幸盛が山陰に攻め込んだために、元就は九州から撤退し、そのため後ろ盾を失った鑑種は進退窮まり義鎮に降る。高橋氏は所領を没収され、再度断絶の危機を迎える。

高橋鎮種(紹運) と元種[編集]

そのとき高橋氏の名跡の後継者として白羽の矢を立てられたのが、縁戚吉弘鑑理の子である。高橋氏の名跡を継ぎ、名を高橋鎮種と改め、剃髪後は高橋紹運と称した。

一方、鑑種を滅ぼした大友氏を快く思わない旧臣は、鎮種を後継者と認めず、同盟相手であった秋月氏より養子を迎えて正当な後継者と主張した。これが高橋元種である。ここに九州の名族高橋氏は2流に分裂することとなる。

高橋氏の消滅[編集]

紹運の長男・統虎(立花宗茂)は立花道雪の要請により養子となったため、高橋氏は次男・統増が後を嗣いだ。しかし、後に統増は兄にならって立花姓に改姓し、この系統の高橋氏は消滅した。

一方、元種は九州征伐では島津氏につき敗北、延岡に転封される。関ヶ原の戦いでは西軍に付いたもののその後の寝返りが奏功して所領は安堵された。しかし、慶長18年(1613年)に突如改易となり、大名としての高橋氏は滅亡してしまった。原因として複数の説があるが、大久保長安事件に巻き込まれた物と思われる。その後、元種の長男は父の預かり元となった宗茂が治める棚倉藩へ同行し、宗茂の柳河藩移封後にその藩主となった丹羽氏に仕官して二本松藩士となった。次男は旧縁のある島津氏を頼り鹿児島藩に仕えた。

関連人物[編集]

系図[編集]

       高橋統種
         ┣━━━┓
  北条氏綱  高種  長種
    |┏━━━┫   |
   北条綱高  氏高  鑑種
             ├────────┐
            紹運       元種
             ┣━━━━┓   ┣━━┓
           立花宗茂 立花直次 左京 長吉

石見高橋氏[編集]

紀氏の流れを汲む武士で、駿河国高橋を領した縁で高橋姓を称す。 高橋光国の代に備中に移封され、さらに高橋師光の代には高氏とつながりがあった関係で、観応の擾乱のあおりを受け石見へ転封を余儀なくされる。

戦国期、高橋久光高橋元光が当主の時代に最盛期を迎えたものの、その後は相次ぐ当主の戦死や一族の内紛などでその勢力は衰退し、高橋興光の代に安芸の国人毛利元就に滅ぼされた。

なお、高橋氏の流れを汲む石見の国人としては本城常光がいるが、彼もまた元就によって滅ぼされている。

系図[編集]

太線は実子。細線は養子。※系図に諸説あり。
貞光朝貞
 ┣━━━━━━━━━━━┓
久光          清光
 ┣━━━┓       ┃
元光  弘厚(重光)   盛光
 ┃   ┣━━━┓
勝久  興光  忠光

出羽高橋氏[編集]

近江佐々木源氏を祖とし、大江広元の長子大江親広承久3年(1221年承久の乱で敗れると、共に出羽国寒河江荘に下向したという。高橋氏は寒河江氏譜代の臣として活動し、応安元年/正平23年(1368年)9代信綱のとき斯波兼頼との漆川の戦いにおいて息子運信と共に討死、また大永元年(1521年)18代正行の時伊達氏との対陣に出動している。天正12年(1584年)寒河江氏は最上氏の侵攻により滅ぶが、高橋氏は最上氏に下り存続した。

系図[編集]

高橋満明
 
明吉
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
明信
 
信勝
 
明光
 
高明
 
信綱
 
運信
 
盛信
 
盛綱
 
信正
 
信盛
 
信照
 
信氏
 
正行
 
正春
 
元正
 
正則
 
正次
 
正久
 
以下略
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

外部リンク[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 寒河江市史編さん委員会 『寒河江市史 上巻』 1994
  • 寒河江市史編さん委員会 『寒河江市史 大江氏ならびに関係史料』 2001

脚注[編集]

  1. ^ 福岡県三井郡大刀洗村上高橋、下高橋