羽柴氏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
羽柴氏
家紋
五七の桐
本姓 豊臣朝臣
家祖 羽柴秀吉
種別 公家
武家
出身地 尾張国愛知郡中村
主な根拠地 近江国長浜城
山城国伏見城
摂津国大坂城
著名な人物 羽柴秀吉
羽柴秀長
羽柴秀次
凡例 / Category:日本の氏族

羽柴氏(はしばし/はじばうじ)は、日本戦国大名天下人の家系及びその名字である。創始者は羽柴秀吉

概要[編集]

本姓ははじめ平氏、秀吉の関白就任時には藤原氏に改め、その後新しい氏を創始して豊臣氏となった。これは秀吉とその近親者たちの名字でもあるとともに、称号として秀吉に臣従する大名の一部に賜与された。

秀吉はもともと織田信長の家臣で、はじめ名字は「木下」であった。もっともこれも氏素性も確かではない秀吉の本来の名字ではなく、妻ねねの兄杉原家定が母方の名字「木下」に改称したのを借りたものであるともいわれる。秀吉が歴史に姿を現すのは、信長が美濃の土豪坪内利定に与えた知行安堵状の添状(永禄8年(1565年)11月2日付)に「木下藤吉郎秀吉」と署名しているのが最初である(「坪内文書[1])。

その後戦功を重ね、信長の有力部将として台頭する。木下から羽柴に改めたことを示す最初の例は、元亀4年(1573年)7月20日付で大山崎惣中に縄の供出を求めた書状(「離宮八幡宮文書[1])であり「羽柴藤吉郎秀吉」と署名している。『信長公記[2]では、元亀3年7月24日条に近江一向一揆掃討の指揮官として「木下藤吉郎」の名を記し、同年8月条では虎御前山に建設された砦の「定番(じょうばん)」として「羽柴藤吉郎」の名を記す。

「羽柴」は、織田家の重臣である丹羽長秀柴田勝家にあやかり、丹羽の「羽」と柴田の「柴」を1字ずつもらってつけたという話は有名であるが、史料的な根拠は何もない。

信長が本能寺の変で横死し、秀吉が代わって天下人の座に就くと、秀吉の発給する文書はその地位の向上にともなって必然的に尊大化・薄礼化し、あるいは奉書にとって代わられ、直状も単に「秀吉」とのみ署名したもの、花押のみ署したもの、印判のみ押したものなどで占められ、羽柴の名字の使用例は見られなくなる。天正13年(1585年)10月13日付の遠藤基信宛書状に「羽柴筑前守」と署名したのが「羽柴」の名字の最後の使用例である(山鹿素行武家事紀巻第31』[1])。ただし羽柴の名字は単に使用されなくなっただけで、秀吉がさらに別の名字に改めたということではない。羽柴の名字を使用しなくても、秀吉の印判や「上様」「殿下」とあるだけでそれが秀吉のことだとわかるのであるから、わざわざ名字を使用する必要はない。秀吉や息子の秀頼、弟の秀長や養子の秀次など、秀吉とその家族たちの名字は、潜在的には一貫して「羽柴」であった。

一方で、秀吉は近親者以外への羽柴の名字の授与を開始する。その最初の例は、天正10年(1582年)10月の堀秀政(「神照寺文書[3][4])である。その後、旧主信長の遺族、織田家において秀吉の同僚であった大名、あるいは天下統一の過程で臣従させた国主クラスの大身大名などを中心に、羽柴名字の授与が大規模に行われている。血縁・地縁に頼った秩序編成が難しい秀吉が、自らの名字を大名たちに授与し、擬制的な一家を構成することで政権メンバーを秩序づけることを図ったものである。

羽柴の名字は一定程度既成事実として定着し、秀吉の死後も島津家久細川忠興池田輝政福島正則など一部の大名がその使用を続けている。しかし、慶長20年(1616年)5月、大坂の役で秀吉の後継者秀頼が死亡し、羽柴宗家が消滅[5]したことにより、羽柴の名字を用いる家系は姿を消した。

主な構成員[編集]

羽柴宗家
秀吉の近親者
羽柴秀長家
  • 当主:羽柴秀長(秀吉の弟)
    • 養子:羽柴秀保(秀長の死後家督を継承。三好吉房とともの息子。早世)
羽柴秀勝家
羽柴秀次家

系図[編集]

実線は実子 点線は養子 家名の変化(木下家→羽柴家)
木下弥右衛門
 
 
 
 
 
 
 
 
 
大政所
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
竹阿弥
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
杉原定利
 
 
七曲
 
浅野長勝
 
浅野長詮女
(浅野長勝姉)
 
安井重継
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
三好吉房
(一路)
 
日秀
 
秀吉
 
 
 
 
 
高台院
 
家定
 
やや
 
浅野長政
 
秀長
 
朝日姫
 
徳川家康
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
秀次
 
 
 
 
 
 
 
 
 
秀勝
(日秀次男)
 
秀保(秀俊)
(妻秀長女)
 
木下勝俊
 
木下利房
 
 
木下延俊
 
木下俊定
 
小早川秀秋
 
大善院
(毛利秀元室)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
仙千代丸
 
百丸
 
於十丸
 
 
完子
九条幸家正室
 
 
 
 
 
木下氏
足守藩
 
木下利次
 
木下氏
日出藩
 
 
 
 
 
小早川氏
岡山藩
 
毛利氏
長府藩
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
お菊
(兵内紀朝安室)
 
隆精院
(真田信繁側室)
 
一ノ姫
 
土丸
 
九条家
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
仙台真田家
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
浅井長政
 
 
 
 
 
 
 
 
 
お市
 
織田信長
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
南殿
 
 
 
 
 
秀吉
 
 
 
 
 
淀殿
 
崇源院
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
羽柴秀勝
(秀吉実子)
 
鶴松
 
秀頼
 
 
 
羽柴秀勝
(織田信長四男)
 
完子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
国松
 
天秀尼

羽柴の名字を使用した確証のある人々[編集]

天正15年(1587年)4月9日現在(九州出陣の際の陣立書(『松下文書』)[6]

天正20年(1592年)2月21日現在(第1次朝鮮出兵の際の陣立書(『毛利家文書』)[7]

文禄4年(1595年)7月20日現在(秀次誅殺後に秀頼への忠誠を誓わせた起請文(『毛利家文書』)[6]

上記のほか、脚注の二木論文[6]は下記の人々を挙げる。

脚注の黒田論文[4]はさらに下記の人々を挙げる。

村川浩平によるリスト[編集]

村川浩平がまとめた「羽柴氏一覧表」より羽柴名字下賜を年代順に並べた[3]。村川のリストからは秀吉・秀頼の父子と信憑性の低い木下吉隆池田長吉が除外されている。一方で、脚注の黒田論文[6]は、秀吉・秀頼の父子も、終生「羽柴」を名字としていたと主張する。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 三鬼清一郎 『豊臣秀吉文書目録』 名古屋大学文学部国史学研究室、1989年
  2. ^ 奥野高広岩沢愿彦校注 『信長公記』 角川書店〈角川文庫〉、1969年
  3. ^ a b 村川浩平「羽柴氏下賜と豊臣姓下賜」 『駒沢史学』49号 駒沢史学会、1996年(のちに『日本近世武家政権論』日本図書刊行会、2000年に所収)。
  4. ^ a b 黒田基樹 「慶長期大名の氏姓と官位」 『日本史研究』414号 日本史研究会、1997年
  5. ^ 秀頼の遺児は国松天秀尼とされるが、異説として求厭を秀頼の次男とする説もある。正保2年(1645年)に天秀尼が死去して、秀吉の直系の血統は絶えたが、求厭が秀頼の次男であるというのが事実なら、秀吉の血筋が途絶え羽柴宗家が消滅したのは天秀尼の死去した1645年ではなく、求厭の死去した元禄元年(1688年)ということになる。求厭”. コトバンク. 講談社. 2014年11月5日閲覧。
  6. ^ a b c d 二木謙一 「秀吉政権の儀礼形成」 桑田忠親編『豊臣秀吉のすべて』 新人物往来社、1981年。
  7. ^ 小和田哲男 「陣立書にみる家臣団の形成」 杉山博渡辺武・二木謙一・小和田哲男編『豊臣秀吉事典 コンパクト版』 新人物往来社2007年