小出秀政

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
 
小出 秀政
時代 安土桃山時代 - 江戸時代初期
生誕 天文9年(1540年
死没 慶長9年3月22日1604年4月21日
別名 甚左衛門(通称)、重政
官位 従五位下、播磨守
幕府 江戸幕府
主君 豊臣秀吉秀頼徳川家康
和泉岸和田藩
氏族 小出氏
父母 父:小出政重
正室:栄松院大政所の妹)
吉政秀家、日充、三尹重堅秀清(六男)、娘(友松甚四郎室)

小出 秀政(こいで ひでまさ)は、安土桃山時代から江戸時代初期の武将大名和泉岸和田藩主。出石藩小出家初代。

織田氏の家臣小出政重(正重)の長男。正室は豊臣秀吉の母・大政所の妹で、秀政は秀吉の叔父(叔母婿)に当たる。

生涯[編集]

秀吉に仕え、後に和泉岸和田に3万石の所領を領した。 慶長元年(1596年)、豊臣姓を下賜された。

秀吉の死の直前に、遺児秀頼の補佐を秀吉から依頼された。その経緯から、慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いでは長男の吉政と共に西軍に与して、東軍に与した細川幽斎の守る丹後国田辺城を攻撃した(なお、秀政は大坂城で秀頼と共にいた)。そのため、本来ならば戦後に処罰されるはずであったが、次男の秀家が東軍に属して関ヶ原本戦で活躍したため、所領を安堵された。秀家は父に先立って病没している。


小出秀政出生地(愛知県名古屋市中村区中村