細川幽斎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
 
細川藤孝 / 細川幽斎
Yūsai Hosokawa Fujitaka.jpg
『絹本着色細川幽斎像』(天授庵所蔵)
時代 戦国時代 - 江戸時代初期
生誕 天文3年4月22日1534年6月3日
死没 慶長15年8月20日1610年10月6日
改名 万吉(幼名)、細川藤孝、長岡藤孝、 幽斎玄旨(号)
別名 与一郎(通称)
戒名 泰勝院殿前兵部徹宗玄旨幽斎大居士
墓所 熊本県熊本市の立田自然公園(泰勝寺跡
京都府京都市の南禅寺
京都府京都市の大徳寺高桐院
官位 従五位下 兵部大輔、従四位下 侍従
大蔵卿法印、贈正二位
幕府 室町幕府
主君 足利義輝足利義昭織田信長 豊臣秀吉
氏族 三淵氏、細川氏
父母 父:三淵晴員、母:清原宣賢の娘
養父:細川元常
兄弟 宮川尼、三淵藤英佐々木越中守室、 玉甫紹琮 三淵元仲(梅印) 長岡好重 土御門久脩室、 藤孝(幽斎)
正室:沼田麝香(光寿院)
忠興(三斎)興元伊也、 幸隆 千、 孝之 加賀、栗

細川 幽斎(ほそかわ ゆうさい)こと細川 藤孝(ほそかわ ふじたか)は、戦国時代から江戸時代初期にかけての武将大名

初め室町幕府13代将軍足利義輝に仕え、その死後は15代将軍足利義昭の擁立に尽力するが、後に織田信長に従い丹後宮津11万石の大名となる。後に豊臣秀吉徳川家康に仕えて重用され、近世大名肥後細川氏の祖となった。

また、二条流の歌道伝承者三条西実枝から古今伝授を受け、近世歌学を大成させた当代一流の文化人でもあった。

生涯[編集]

幕臣時代[編集]

天文3年(1534年)4月22日、三淵晴員(和泉上守護家細川元有の子で、三淵氏の養子となっていた)の次男として京都東山に生まれる。幼名を萬吉(まんきち)といった。天文15年(1546年)、将軍足利義藤(後の義輝)偏諱を受け、藤孝を名乗る。天文21年(1552年)、従五位下兵部大輔に叙任され、天文23年(1554年)、養父細川元常(晴員の実兄)の死去により家督を相続した。

幕臣として将軍義輝に仕えたが、永禄8年(1565年)の永禄の変で義輝が三好三人衆松永久秀に討たれ、義輝の弟・一乗院覚慶(後に還俗して足利義昭)も興福寺に幽閉されると、兄三淵藤英らと協力してこれを救出し、近江国六角義賢若狭国武田義統越前国朝倉義景らを頼って義昭の将軍任官に奔走した。当時は貧窮して灯籠の油にさえ事欠くほどで、仕方なく社殿から油を頂戴することもあるほどだったという。

その後、明智光秀を通じて尾張国織田信長に助力を求めることとなる。永禄11年(1568年)9月、信長が義昭を奉じて入京し、藤孝もこれに従った。藤孝は山城勝竜寺城(青竜寺城)を三好三人衆の岩成友通から奪還し、以後大和国摂津国を転戦した。

信長家臣時代[編集]

義昭と信長の対立が表面化すると、元亀4年(1573年)3月、軍勢を率いて上洛した信長を出迎えて恭順の姿勢を示した。義昭が追放された後の7月に山城桂川の西、長岡(西岡)一帯(現長岡京市向日市付近)の知行を許され、名字を改めて長岡 藤孝(ながおか ふじたか)と名乗った。

8月には池田勝正と共に岩成友通を山城淀城の戦い(第二次淀古城の戦い)で滅ぼすという功績を挙げ、以後は信長の武将として畿内各地を転戦。石山合戦高屋城の戦い)、紀州征伐のほか、山陰方面軍総大将の明智光秀の与力としても活躍した(黒井城の戦い)。天正5年(1577年)、信長に反旗を翻した松永久秀の籠る大和信貴山城を光秀と共に落とした(信貴山城の戦い)。

天正6年(1578年)、信長の薦めによって嫡男忠興と光秀の娘(ガラシャ)の婚儀がなる。光秀の与力として天正8年(1580年)には長岡家単独で丹後国に進攻するが、同国守護一色氏に反撃され失敗。後に光秀の加勢によってようやく丹後南部を平定し、信長から丹後南半国(加佐郡・与謝郡)の領有を認められて宮津城を居城とした(北半国である中郡・竹野郡・熊野郡は旧丹後守護家である一色満信の領有が信長から認められた)。朝倉征伐・甲斐武田征伐には一色満信とともに出陣。

本能寺の変以後[編集]

天正10年(1582年)に本能寺の変が起こると、藤孝は上役であり、親戚でもあり、なによりも親友だった光秀の再三の要請を断り、剃髪して雅号幽斎玄旨(ゆうさいげんし)とし、田辺城に隠居、忠興に家督を譲った。同じく光秀と関係の深い筒井順慶も参戦を断り、窮地に陥った光秀は山崎の戦いで敗死した。

その後も光秀を討った羽柴秀吉(豊臣秀吉)に重用され、天正14年(1586年)に在京料として山城西ヶ岡に3000石を与えられた。天正13年(1585年)の紀州征伐、天正15年(1587年)の九州征伐にも武将として参加した。また、梅北一揆の際には上使として薩摩国に赴き、島津家蔵入地の改革を行っている(薩摩御仕置)。この功により、文禄4年(1595年)には大隅国に3000石を加増された(後に越前府中に移封)。

幽斎は千利休らと共に秀吉側近の文化人として寵遇された。忠興(三斎)も茶道に造詣が深く、利休の高弟の一人となる。一方、徳川家康とも親交があり、慶長3年(1598年)に秀吉が死去すると家康に接近した。

幽斎が籠った丹後田辺城(舞鶴城)

慶長5年(1600年)6月、忠興が家康の会津上杉景勝)征伐に丹後から細川家の軍勢を引きつれて参加したため、幽斎は500に満たない手勢で丹後田辺城を守る。しかし藤孝の三男である細川幸隆が藤孝の下に残ったため心強かった。7月、石田三成らが家康討伐の兵を挙げ、大坂にあった忠興の夫人ガラシャは包囲された屋敷に火を放って自害した。田辺城は小野木重勝前田茂勝らが率いる1万5000人の大軍に包囲されたが、幽斎が指揮する籠城勢の抵抗は激しく、攻囲軍の中には幽斎の歌道の弟子も多く戦闘意欲に乏しかったこともあり、長期戦となった(田辺城の戦い)。

幽斎の弟子の一人だった八条宮智仁親王は7月と8月の2度にわたって講和を働きかけたが、幽斎はこれを謝絶して籠城戦を継続。使者を通じて『古今集証明状』を八条宮に贈り、『源氏抄』と『二十一代和歌集』を朝廷に献上した。ついに八条宮が兄後陽成天皇に奏請したことにより三条西実条中院通勝烏丸光広勅使として田辺城に下され、関ヶ原の戦いの2日前の9月13日、勅命による講和が結ばれた。幽斎は2ヶ月に及ぶ籠城戦を終えて9月18日に城を明け渡し、敵将である前田茂勝の丹波亀山城に入った。

忠興は関ヶ原の戦いにおいて前線で石田三成の軍と戦い、戦後豊前小倉藩39万9000石の大封を得た。この後、長岡氏は細川氏に復し、以後長岡姓は細川別姓として一門・重臣に授けられた。その後の幽斎は京都吉田で悠々自適な晩年を送ったといわれている。慶長15年(1610年)8月20日、京都三条車屋町の自邸で死去。享年77。 

死後[編集]

幽斎の所領6000石やそのほかの資産は死後に整理され、次男の興元下野茂木藩1万石立藩の足しとして、あるいは慶長9年(1604年)に忠興から廃嫡された幽斎の孫の長岡休無(細川忠隆)への細川家からの京都隠居料(3000石)として、受け継がれた。

墓所[編集]

京都市左京区南禅寺福地町の瑞竜山太平興国南禅寺の塔頭寺院である天授庵に墓がある。その他に、孫で忠興の子忠利以降、子孫が肥後熊本藩54万石の藩主となったことから、熊本の立田山の麓に建立された細川家菩提寺の泰勝寺(現・立田自然公園)にも廟所が造営された。

また、幽斎の菩提所として忠興により大徳寺山内に建立された塔頭が高桐院である。

人物[編集]

  • 剣術等の武芸百般、和歌茶道連歌蹴鞠等の文芸を修め、さらには囲碁料理猿楽などにも造詣が深く[1]、当代随一の教養人でもあった。剣術は塚原卜伝に学び、波々伯部貞弘吉田雪荷から弓術印可を、弓馬故実武田流)を武田信豊から相伝されるなど武芸にも高い素質を示した。膂力も強く、京都の路上で突進してきた牛の角をつかみ投げ倒したという逸話もある。また、息子・忠興と共に遊泳術にも優れたという。
  • 三条西実枝古今伝授を受け、その子三条西公国とさらにその子三条西実条に返し伝授するまでの間、二条派正統を一時期継承した。当時唯一の古今伝授の伝承者であり、関ヶ原の戦いの際、後陽成天皇が勅命により幽斎を助けたのも古今伝授が途絶える事を恐れたためだといわれる。
  • 門人には後陽成天皇の弟宮八条宮智仁親王、公家の中院通勝烏丸光広などがおり、また松永貞徳木下長嘯子らも幽斎の指導を受けた。島津義久は幽斎から直接古今伝授を受けようとした一人であり、幽斎が義昭に仕えていた頃から交流があった。
  • 八条宮が幽斎から古今伝授を受けた「古今伝授の間」は、幽斎の孫で熊本藩主となった細川忠利が造営した水前寺成趣園(熊本市)に大正時代に移築され、平成22年(2010年)には熊本で幽斎没後四百年祭が開催された。また翌平成23年(2011年)には水前寺成趣園内に銅像が建てられている[2]
  • 足利義昭が後に幕府を追われ、死去した後葬儀を執り行う者もいなかったため、見かねた幽斎が葬儀を主催した。

系譜[編集]

細川幽斎像/天授庵所蔵

父の三淵晴員は、和泉半国守護細川元常の弟で、足利将軍家連枝三淵氏の養子である。母は儒学・国学者の清原宣賢の娘智慶院。幽斎を12代将軍足利義晴落胤とする説があり、事実ならば義輝・義昭両将軍の庶兄にあたることになる。

天文9年(1540年)、7歳で伯父元常の養子となった[3]。 ただし、元常には天文19年(1550年)まで動向が見られる嫡男細川晴貞があり、こちらを養父とする説もある[4]

また、将軍義晴の近臣で三淵晴員の同僚であった細川晴広(刑部少輔)あるいはその父細川高久(伊豆守)が養父だった可能性も指摘されている[5]。高久の父細川政誠は、近江源氏佐々木氏一族の大原氏の出身で8代将軍義政の近臣に加えられ、その命により淡路守護細川氏の養子となって細川の名字を得たもので、和泉守護家とは別系統である。江戸幕府の『寛永諸家系図伝』編纂の際に細川忠興が提出した文書には「幽斎ハ、細川伊豆トヤラン、細川刑部少輔トヤランニヤシナハレ、御供衆ニ罷成候」とある。

父母
兄弟・姉妹
子女

主な著作[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『戴恩記』ほか。
  2. ^ 細川藤孝公銅像除幕式(熊本・水前寺公園) - 銅像製作者・田畑功のブログ、2011.3.7
  3. ^ 寛永諸家系図伝
  4. ^ 小山靖憲 編『戦国期畿内の政治社会構造』(和泉書院、2006年)所収「細川澄元(晴元)派の和泉守護細川元常父子について」岡田謙一
  5. ^ 『日本歴史』2009年3月号「細川幽斎の養父について」山田康弘
  6. ^ 寛政重修諸家譜には武田宮内少輔信重室とあるが、『福井県史』では若狭武田氏武田元光の子で、武田信豊の弟の武田信高(宮川殿、宮内少輔)室としている。『福井県史』-武田氏の文芸 小浜文芸の一支柱
  7. ^ 詳細は不明だが、越中守は高島氏代々の当主の名乗りである。高島氏は高島七頭(湖西地方の佐々木氏系領主七氏)の惣領家。ただし高島(嶋)は奉公衆などを勤めた庶流家が称し、室町幕府外様衆の嫡流家は佐々木越中守を代々名乗っていることから、この嫡流を佐々木越中氏・越中氏ともいう(西島太郎『戦国期室町幕府と在地領主』八木書店、2006年)。近江国清水山城主。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

先代:
細川氏(丹後細川家)
1573年 - 1582年
次代:
細川忠興