角野卓造

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
かどの たくぞう
角野 卓造
生年月日 1948年8月10日(65歳)
出生地 東京都
国籍 日本の旗 日本
民族 日本人
身長 168cm
血液型 O型
職業 俳優声優
ジャンル 演劇テレビドラマ映画
活動期間 1972年 -
配偶者 倉野章子
家族 息子
所属劇団 文学座
事務所 文学座
公式サイト 公式プロフィール
主な作品
テレビドラマ
渡る世間は鬼ばかり』/『カミさんの悪口
万引きGメン・二階堂雪シリーズ
HERO
映画
戦国自衛隊』/『舞姫』/『HERO
受賞
紀伊國屋演劇賞(1984年)
芸術選奨新人賞(1985年)
読売演劇大賞最優秀男優賞(1999年)
文化庁芸術祭演劇部門優秀賞(2000年)
紫綬褒章(2008年)

角野 卓造(かどの たくぞう、1948年8月10日 - )は、日本俳優声優東京都出身。文学座所属。血液型O型。妻は女優倉野章子

来歴・人物[編集]

東京生まれ、大阪育ち。角野家は広島県呉市の出で、父親は元広島県会議員[1][2][3]。戦前は過激な右翼青年で、県議時代は広島抗争の時期でもあり、実家を舞台に美能幸三の手打ち式が行われたこともあるという[3][4]。卓造も幼稚園に上がる前の一年間呉市で育った[1][3][4]。母親は東京千駄ヶ谷の医者の娘[2]。父が二度目の県議選に落ち実家の海運業を潰し、両親とともに大阪に出て中学卒業まで9年間大阪で育った[3][4]。高校から東京に戻る。高校時代はみゆき族であった。千代田区立麹町中学校卒業。

1967年(昭和42年)に学習院高等科から学習院大学経済学部経済学科に進学し、1971年(昭和46年)に卒業。学習院高等科および学習院大学では演劇部に所属していた。演劇部の先輩に篠沢秀夫児玉清細川俊之、後輩には黛りんたろう大森博史宮田慶子田中明生がいる。大学在学中に状況劇場唐十郎と出会い、小劇場でのアングラ演劇に目覚める。一度は、自分で作ったばかりの学習院大学演劇部のアトリエを状況劇場に稽古場として貸したことさえあった。当時の学習院大学演劇部のアトリエは、学習院大学西2号館内のアメリカンフットボール部の着替え場所に割り込んで作った簡単なものであった。その後、ハイセイコーの馬主や真田幸村の子孫などの大森博史の世代が本格的なアトリエに改装した。そのアトリエを大森博史の伝でオンシアター自由劇場に稽古場として貸したこともある。現在は、そのアトリエも壊され、代わりに学習院大学が敷地内の富士見会館の4階に本格的で大規模な劇場施設(演劇部アトリエ)を築造した。今の学習院大学演劇部は学習院大学富士見会館4階の演劇部アトリエを使って活動している。

1970年文学座研究所に入所、1972年に『飢餓海峡』で初舞台。その後は数多くのドラマ・映画・舞台に出演し、活躍。特にTBSホームドラマの常連としての顔は広く、『渡る世間は鬼ばかり』は有名。橋田壽賀子作品の常連出演者でもある。

フォークシンガー山本コウタローとは幼馴染であり、麹町中学校では角野と山本は一緒にバンドを組んでいた。角野卓造が「渡る世間は鬼ばかり」の撮影の合間にギターを弾いていたら、脚本家の橋田寿賀子に「角野さんは楽器がひけるの。初めて知った」と尋ねられた。それで、角野卓造が「実は、私は、山本コウタローと幼馴染で、中学の頃、一緒にバンドを組んでいた」という話をしたら、橋田が「今度は親父バンドの話でいく」と言った。この後、角野卓造の伝で橋田が山本のコンサートを聴き、心打たれて橋田が脚本を担当している『渡る世間は鬼ばかり』に山本が出演することになった、というエピソードもある。また、公明党参議院議員澤雄二も麹町中学校の同級生であった。

小田和正のファンで、2006年12月28日放送の『渡鬼』バラエティ特番では、妻役の泉ピン子と共にドラマの衣装を着て『クリスマスの約束』(同日の深夜に放送)収録前のステージに上がり、前説をしたこともある。

プラモデルが趣味で特に飛行機に造詣が深い。

ハリセンボン近藤春菜と容姿が似ており、近藤はそれを逆手にとった「角野卓造じゃねぇ〜よ!」というセリフを持ちネタとしている。2人は2008年3月のTBS系『オールスター感謝祭』で初対面を果たし、角野は近藤に対して「(同ネタならびに比較用の写真を)いくらでも使ってもいいよ」と発言した。2008年11月13日放送のTBS系『うたばん』に「渡鬼おやじバンド」としてゲスト出演した際にも近藤と共演、角野は「春菜じゃねぇ〜よ!」と近藤のネタを真似て見せ、近藤を喜ばせた。

2008年11月、紫綬褒章を受章。 同11月3日には、白鴎大学大学祭(白鴎祭)で、山本とのトークーショーに参加した。

出演[編集]

演劇[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

吹き替え[編集]

ラジオドラマ[編集]

バラエティ[編集]

CM[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b 広島市/第12回 インタビュー 俳優 角野 卓造さん
  2. ^ a b nikkansports.com > 芸能 > インタビュー > 角野卓造
  3. ^ a b c d 2013年9月1日、2日付のスポーツニッポン連載「我が道・角野卓造」より。
  4. ^ a b c 木村隆『この母ありて』 青蛙房 2010年 95-96頁

外部リンク[編集]