THE 有頂天ホテル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
THE 有頂天ホテル
The Wow-Choten Hotel
監督 三谷幸喜
脚本 三谷幸喜
製作 亀山千広
島谷能成
出演者 役所広司
松たか子
香取慎吾
佐藤浩市
篠原涼子
戸田恵子
生瀬勝久
原田美枝子
唐沢寿明
津川雅彦
伊東四朗
西田敏行
音楽 本間勇輔
撮影 山本英夫
編集 上野聡一
配給 東宝
公開 日本の旗 2006年1月14日
中華民国の旗 2009年1月16日
上映時間 136分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 60億8千万円
テンプレートを表示

THE 有頂天ホテル』(ザ うちょうてんホテル、The Wow-Choten Hotel)は、2006年1月14日に公開された日本映画三谷幸喜監督作品の第3作。主演の役所広司がホテルの支配人を演じた。興行収入60.8億円を記録し2006年の邦画第3位の好成績を収めたヒット作品。[1]観客動員470万人。

概要[編集]

  • タイトルは、グレタ・ガルボの『グランド・ホテル』と、フレッド・アステア&ジンジャー・ロジャースの『有頂天時代』に由来。
  • 大晦日の夜10時から年明けまでの2時間に、ホテル・アバンティで起こる人間模様を描いた、グランド・ホテル形式のコメディである。
  • 公開から8日で100万人を動員。
  • 「THE」は、その後に続く「有頂天」の語頭が「ウ」という日本語表記では母音/u/なので、監督も英文法の通則通り、当初は「ジ」と発音していたが、作品名の英文表記が「The Wow-Choten Hotel」であるため、「ザ」と発音する。
  • キャッチコピーは、「最悪の大晦日に起きた最高の奇跡 最悪の大晦日は、最高の奇跡の始まりだった。」
  • オリジナルサウンドトラック(本間勇輔作曲 CD (及び iTunes Store))では、YOUがクライマックスで歌った「Sweet Charity」(ミュージカル・映画)のナンバー「If My Friends Could See Me Now!」と、映画では演奏しか流れなかった讃美歌風の「Farewell to the old year」に、三谷幸喜が作詞して客室係役の堀内敬子が歌った「大晦日に想う」を含む27曲が収録されている。ミュージカル女優として活躍していた堀内が透明感溢れる美しいソプラノを披露しており、三谷は堀内を「とてつもなく歌がうまい」と絶賛している。

ストーリー[編集]

キャスト[編集]

ホテル従業員[編集]

[編集]

芸能人[編集]

その他[編集]

スタッフ[編集]

協力[編集]

ソフト化[編集]

発売元はフジテレビジョン、発売・販売元は東宝。

  • THE 有頂天ホテル スタンダード・エディション(DVD1枚組、2006年8月11日発売)
    • 映像特典
      • 特報・劇場予告編・TVスポット集
    • 音声特典
      • オーディオコメンタリー(監督:三谷幸喜vs高島彩)
  • THE 有頂天ホテル スペシャル・エディション(DVD2枚組、2006年8月11日発売)
    • ディスク1:本編DVD(スタンダード・エディションと同様)
    • ディスク2:特典DVD
      • 23人の主役たち
      • 長回しへの飽くなき挑戦
      • 新撮! ホテルアバンティの世界ができるまで
      • 未公開シーン集(オーディオコメンタリー・隠しコマンド付き)
      • イベント映像集
      • インタビュー集
      • 新撮! 84歳の三谷幸喜が語る・製作四十周年記念特別インタビュー
      • 新撮! 老け講座
      • ホテルアバンティヒストリー
      • ロケ地紹介
      • ペーパークラフト
      • フォトギャラリー
      • 映画評集
      • キャスト・スタッフ最新プロフィール
    • 封入特典
      • リーフレット
    • 特製アウターケース付きデジパック仕様

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]