堀内敬子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ほりうち けいこ
堀内 敬子
本名 同じ
生年月日 1971年5月27日(42歳)
出生地 日本の旗 日本東京都府中市
身長 158 cm
血液型 O型
職業 女優
ジャンル 舞台テレビドラマ映画
活動期間 1991年 -
活動内容 1990年劇団四季入団
事務所 キューブ
公式サイト 公式プロフィール
主な作品
テレビドラマ
CHANGE
ショムニ

映画
THE 有頂天ホテル

堀内 敬子(ほりうち けいこ、1971年5月27日 - )は、日本の女優

東京都府中市出身、所属事務所はロックリバーキューブ

来歴[編集]

7歳からクラシックバレエを習う。運動神経が良く、中学時代はバスケットボールでゲームキャプテンとして活躍し、全国大会で8位入賞した[1]。バスケット選手として高校へ推薦入学も可能であったが、小柄だっために断念し[1]関東国際高校演劇科に進学した。1990年に卒業後、劇団四季附属研究所入所。1991年に『ミュージカル李香蘭』で初舞台(アンサンブル)を踏む。

在籍中は『キャッツ』、『美女と野獣』、『ウエストサイド物語』、『夢から醒めた夢』、『エビータ』、など数々のミュージカル作品でヒロインをつとめた。入団間もなく大抜擢された『アスペクツ・オブ・ラブ』のジェニー役が初めてのメインキャストであり、四季在籍中の最後の舞台も同じジェニー役であった。また、1995年5月8日に,ディズニーの責任者も加わり『美女と野獣』公演のためのオーディションが行われ、堀内敬子は10歳年上の四季看板女優野村玲子と共に初代ベルとなった[2]。『美女と野獣』は1995年11月24日よりロングラン公演が開始され、堀内は1997年までベルを演じた。1999年4月15日、ニューヨーク・ブロードウェイで世界各国の『美女と野獣』のヒロインが集まって開催された「美女と野獣 5周年記念特別公演」では、日本から堀内が出演し、"ホーム"とフィナーレの"美女と野獣"のシーンに登場した[3]。1996年の『エビータ』でも堀内は、野村玲子とのWキャストでヒロインを務めた[4]

1999年に劇団四季を退団後も、『レ・ミゼラブル』、『屋根の上のバイオリン弾き』、『12人の優しい日本人』、『コンフィダント・絆』、『ガールフレンズ』など数々の芝居やミュージカルの舞台に出演するほか、『THE 有頂天ホテル』などの映画や、『サラリーマンNEO』、 『CHANGE』などテレビにも出演する。また、松任谷由実苗場ライブにも参加している。

ただ、四季退団後必ずしも常に順風であったわけではなく、特に2003年 - 2004年頃はやや活動が少なく、堀内本人は「引っ込み思案で人見知りするタイプ」のためと言っており、マネージャーからも「押しが足りないから仕事がない」と言われていた[5][6]。しかし、2004年9月に『I LOVE YOU 愛の果ては?』での演技を、たまたま観劇した三谷幸喜に高く評価されて、三谷の舞台『12人の優しい日本人』で最後までキャストが決定していなかった「キーパーソンのおばさん」役に、初対面ながらその場で出演依頼された[6][7]。その後多くの三谷作品に参加しており、それと共に、舞台だけでなくテレビ・映画への出演も増えている。

その演技力の高さは、役の人格が憑依したかのように完全にその役に成りきってしまう「憑依型女優」と三谷に表現されている[8]。演技力を示す逸話として、『THE 有頂天ホテル』ではハナ(松たか子)の後輩の若い客室係を演じたが、一方同時期の舞台『12人の優しい日本人』で上述のように「おばさん」を演じ、それが本当におばさんにしか見えず、年配の女優と勘違いされた[5]。後に仕事で関わる松任谷正隆も『12人の優しい日本人』を観て「おばさんだと思っていた」とコメントしている[5]

2007年度に、第33回菊田一夫演劇賞(『コンフィダント・絆』のルイーズ、『恐れを知らぬ川上音二郎一座』の伊東カメの役の演技に対して)及び、第15回読売演劇大賞優秀女優賞(『コンフィダント・絆』の演技により)を受賞した。堀内は『コンフィダント・絆』で「キュートなコメディエンヌぶりを発揮」し、「才能を開花させた」と評価された[誰によって?][9]

2011年1月には『笑っていいとも-テレフォンショッキング』に初出演し、番組後「堀内敬子」がGoogle急上昇ワードランキング1位となった。また同年5月『サラリーマンNEO 』放送開始に合わせて、『スタジオパークからこんにちは』にゲスト出演し、同様にランキング1位となった。

出演作品[編集]

舞台[編集]

劇団四季[編集]

退団後[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

人形劇[編集]

ラジオ[編集]

  • SUNTORY SATURDAY WAITING BAR AVANTI (2007年1月27日『劇団四季』の話・2007年3月3日『三谷幸喜さんの舞台のエピソード』(PODCAST vol.49)・2008年4月17日『旭山動物園物語』の話・2010年1月16日『ニューヨーク公演』の話、東京FM)

バラエティ[編集]

CM[編集]

著書[編集]

CD・DVD[編集]

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 2011年5月10日NHK「スタジオパークからこんにちわ」のインタビューより
  2. ^ 毎日新聞 1995年8月1日夕刊
  3. ^ 朝日新聞 1999年4月22日夕刊
  4. ^ 劇団四季「ラ・アルプ」 1997年1月号 VOL.141
  5. ^ a b c SUNTORY SATURDAY WAITING BAR AVANTI 2007年3月3日『三谷幸喜さんの舞台のエピソード』のインタビューより
  6. ^ a b 堀内敬子著『こけらおとし』
  7. ^ 三谷幸喜著『三谷幸喜のありふれた生活』
  8. ^ コンフィダント・絆』DVD中の三谷幸喜インタビューより
  9. ^ 第15回読売演劇大賞第1次選考会の批評(2008年1月16日読売新聞)
  10. ^ 第4回沖縄国際映画祭出品作品。
  11. ^ キャラクター&キャスト”. 2014年3月6日閲覧。
  12. ^ 富山県 南砺市・氷見市を巡る。
  13. ^ テレフォンショッキング出演。

外部リンク[編集]