謝珠栄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
しゃ たまえ
謝 珠栄
本名 同じ
生年月日 6月24日
出生地 大阪府吹田市
国籍 日本の旗 日本
職業 演出家振付家
活動期間 1971年 -
著名な家族 たいせい(弟)

謝珠栄(しゃ たまえ、6月24日生)は、元宝塚歌劇団男役で演出・振付家。大阪府吹田市出身。弟にシャ乱Qたいせい(たいせー)がいる。

略歴[編集]

演出・振付作品[編集]

宝塚歌劇[編集]

TSオリジナルミュージカル[編集]

  • 「YESTERDAY IS … HERE」 (1994年) 脚本:正塚晴彦
  • 「YESTERDAY IS … HERE」再演 (1995年)
  • 「忘れモノ 探しモノ」 (1997年) 脚本:佐藤万里、出演:大森博、平澤智、福麻むつ美、他
  • 「忘れモノ 探しモノ」再演 (1999年) 出演:大森博、平澤智、田中利花、他
  • 「天翔ける風に」 (2001年) 原作:野田秀樹、出演:香寿たつき立川三貴福井貴一畠中洋、平澤智、他
  • 「Dawn ~ドーン・夜明け~」 (2001年) 出演:姿月あさと、平澤智、石原慎一、他
  • 「フォーチュン クッキー」 (2002年) 出演:鈴木綜馬日向薫畠中洋湖月わたる、他
  • 「天翔ける風に」再演 (2003年) 出演:香寿たつき、山崎銀之丞戸井勝海今拓哉、他
  • 「砂の戦士たち」 (2003年) 原案:謝珠栄、出演:石川禅駒田一坂元健児、平澤智、吉野圭吾伊央里直加、他
  • 「タン・ビエットの唄」 (2004年) 脚本:大谷美智浩、出演:愛華みれ土居裕子、畠中洋、他
  • 「タック」 (2005年) 出演:坂元健児、堀内敬子立樹遥、駒田一、他
  • 風を結んで」 (2005年) 脚本:大谷美智浩、出演:鈴木綜馬、畠中洋、今拓哉、坂元健児、風花舞絵麻緒ゆう、他
  • 「Miss Saikon ミス再婚」 (2006年) 脚本:永元絵里子、出演:香寿たつき、安崎求、平澤智、パク・トンハ成瀬こうき新納慎也
  • 「AKURO 悪路」 (2006年) 脚本:大谷美智浩、 出演:坂元健児、吉野圭吾、駒田一、今拓哉、平澤智、彩輝なお、他
  • 「タン・ビエットの唄」再演 (2008年) 出演:安寿ミラ、土居裕子、畠中洋、吉野圭吾、他
  • 「Calli~炎の女カルメン」 (2008年) 脚本:小手伸也、出演:朝海ひかる、雨宮良、今拓哉、戸井勝海、他
  • 「AKURO 悪路」再演 (2008年) 出演:坂元健児、吉野圭吾、神田沙也加、駒田一、今拓哉、平澤智、他
  • 「天翔ける風に」再々演 (2009年) 出演:香寿たつき、山崎銀之丞、戸井勝海、今拓哉、他
  • 「GARANTIDO 生きた証」 (2009年) 脚本:大谷美智浩、 出演:坂元健児、吉野圭吾、岸祐二、畠中洋、伊礼彼方良知真次、他
  • 「タン・ビエットの唄」再々演 (2010年) 出演:安寿ミラ、土居裕子、畠中洋、吉野圭吾、他
  • 「Diana 月の女神ディアナ」 (2010年) 脚本:篠原久美子、出演:姿月あさと、湖月わたる、今拓哉、平澤智、水谷あつし、他
  • 「眠れぬ雪獅子」 (2011年) 脚本:大谷美智浩、出演:東山義久、伊礼彼方、小西遼生今井清隆保坂知寿、他
  • 風を結んで」再演 (2011年) 出演:中川晃教藤岡正明、小西遼生、大澄賢也菊地美香、山崎銀之丞、他、
  • 「客家-千古光芒の民」 (2012年) 脚本:斎藤栄作、出演:水夏希、吉野圭吾、坂元健児、伊礼彼方、他
  • 「天翔ける風に」 (2013年) 出演:朝海ひかる、石井一孝浜畑賢吉彩乃かなみ、伊東弘美、岸祐二、吉野圭吾、他
  • 「ちぬの誓い」 (2014年) 脚本:木内宏昌、出演:東山義久、相葉裕樹、良知真次、藤岡正明、他
  • 「familia ~4月25日誕生の日~」 (2014年) 脚本:斎藤栄作、出演:大空祐飛、岸祐二、柳下大、坂元健児、福井貴一、他
  • 「GARANTIDO ~ブラジルの風は僕らに絆を取り戻してくれた~」 (2015年) 脚本:大谷美智浩

振付作品[編集]

宝塚歌劇[編集]

劇団四季[編集]

こまつ座[編集]

ジャパンアクションクラブ[編集]

受賞歴[編集]

  • 1988年:月刊ミュージカル・アーチスト部門 第5位(『キス・ミー・ケイト』、『夢から醒めた夢』の振付に対して)
  • 1993年:第43回芸術選奨新人賞大衆芸能部門受賞(「あにき」演出・振付)
  • 1995年:第30回菊田一夫演劇賞受賞 (「YESTERDAY IS … HERE」演出・振付)
  • 1999年:第54回文化庁芸術祭優秀賞受賞(宝塚歌劇団「激情」にて)
  • 2000年:第55回文化庁芸術祭優秀賞受賞(宝塚歌劇団「凱旋門」にて)
  • 2008年:第10回東京芸術劇場ミュージカル月間 優秀賞(演出・振付)受賞
  • 2008年:第43回紀伊國屋演劇賞個人賞受賞(「タン・ビエットの唄」「Calli」「AKURO」演出・振付)
  • 2008年:第16回読売演劇大賞最優秀スタッフ賞受賞(「AKURO」の振付にて)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 監修:小林公一『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡り続けて(人物編)』 阪急コミュニケーションズ 2014年4月1日 82-83頁。ISBN 9784484146010
  2. ^ [1]
  3. ^ [2]

外部リンク[編集]