シェルブールの雨傘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シェルブールの雨傘
Les Parapluies de Cherbourg
監督 ジャック・ドゥミ
脚本 ジャック・ドゥミ
製作 マグ・ボダール
出演者 カトリーヌ・ドヌーヴ
ニーノ・カステルヌオーヴォ
音楽 ミシェル・ルグラン
撮影 ジャン・ラビエ
編集 アン=マリー・コトレ
モニーク・テッセール
製作会社 Parc Film
Madeleine Films
Beta Film
配給 フランスの旗 Ciné Tamaris
日本の旗 東和
公開 フランスの旗 1964年2月19日
日本の旗 1964年10月4日
上映時間 91分
製作国 フランスの旗 フランス
西ドイツの旗 西ドイツ
言語 フランス語
テンプレートを表示

シェルブールの雨傘』(シェルブールのあまがさ、Les Parapluies de Cherbourg)は1964年フランス映画ジャック・ドゥミ監督。第17回カンヌ国際映画祭グランプリを受賞した。

概要[編集]

すべての台詞にメロディがつけられ(レチタティーヴォ的な部分も含め)、語りが一切無い完全なミュージカルである。

過去に何度かリマスターが行われている。2009年には製作45周年を記念し、日本において今作品初のデジタルリマスター版が世界に先駆けて公開された。2013年にはデジタル修復完全版が作られ、第66回カンヌ国際映画祭カンヌ・クラシックスで上映された。

ストーリー[編集]

  • 第一部 旅立ち 1957年11月-
    シェルブールでおばのエリーズと暮らす20歳の自動車整備工ギィと、「シェルブール雨傘店」の17歳の娘ジュヌヴィエーヴは恋人同士。「子供は女の子でフランソワーズにしたいわ」「雨傘店は売りましょう」「ガソリンスタンドを買おう」と将来を語る。エムリ夫人は娘が若すぎると結婚に反対している。ギィに召集令状が届き(当時は徴兵制)、2年間の兵役をつとめることになった。アルジェリア戦争の最中であった。その日2人は結ばれた。入営の日ギィは、アパルトマンで病に伏すおばと世話をしているマドレーヌと、シェルブール駅でジュヌヴィエーヴと別れを告げた。
  • 第二部 不在 1958年1月-
    傘店の納税のためエムリ親子は宝石を売りに宝石店に行った。居合わせた宝石商ローラン・カサールがその場で購入したが、彼はジュヌヴィエーヴを見初めていたのだ。2月、ジュヌヴィエーヴの妊娠が判明する。ギィは手紙で「男の子でフランソワもいい考えだ」。ジュヌヴィエーヴはギイを待ち続けていたが、手紙は途絶えがちになる。ジュヌヴィエーヴは4月、「お腹の子は私達で育てましょう」というカサールと結婚しパリに移住する。
  • 第三部 帰還 1959年1月-
    除隊したギィは、負傷した足を引きずり帰郷した。店は所有者が変わっていた。ジュヌヴィエーヴが他の男と結婚したと聞かされる。復職した修理工場でミスをすると「恩給で暮らす」と辞め、売春婦と寝るようになる。おばエリーズが死去し、マドレーヌと整理をして葬儀を挙げる。出ていこうとするマドレーヌを引き留め、ギィはおばの遺産でガソリンスタンドを購入、マドレーヌと結婚する。
    時は流れて1963年の雪の夜、妻マドレーヌと息子フランソワがクリスマスの買い物に出ていった後、ギィのガソリンスタンドにベンツが入ってきた。運転席にはジュヌヴィエーヴが、助手席には娘のフランソワーズがいた。給油に出てきたギィは運転席の人物に気づき、事務室に招き入れる。短く言葉を交わして互いの無事を確かめ、給油の終わったベンツはスタンドを出ていった。

登場人物[編集]

  • ジュヌヴィエーヴ・エムリ (Geneviève Emery)
    演技:カトリーヌ・ドヌーヴ
    歌:ダニエル・リカーリ
  • ギィ・フーシェ (Guy Foucher)
    演技:ニーノ・カステルヌオーヴォ
    歌:ジョゼ・バルテル (José Bartel)
  • エムリ夫人 (Madame Emery)
    演技:アンヌ・ヴェルノン (Anne Vernon)
    歌:クリスチアーヌ・ルグラン (Christiane Legrand)
  • エリーズおば (Tante Élise)
    演技:ミレーユ・ペレー (Mireille Perrey)
    歌:クレール・レクレール (Claire Leclerc)
  • ローラン・カサール (Roland Cassard)
    演技:マルク・ミシェル (Marc Michel)
    歌:ジョルジュ・ブランヌ (Georges Blanes)
  • マドレーヌ (Madeleine)
    演技:エレン・ファルナー (Ellen Farner)
    歌:クローディヌ・ムニエル (Claudine Meunier)

日本での作品化[編集]

最近の舞台[編集]

1997年
松岡英明(ギイ)、小川範子(ジュヌヴィエーブ)
2000年
坂本昌行(ギイ)、藤谷美紀(ジュヌヴィエーブ)
2009年
井上芳雄(ギイ)、白羽ゆり(ジュヌヴィエーブ)

主題曲[編集]

スタンダード・ナンバーとして多くの歌手により歌われている。映画中ではダニエル・リカーリが歌い、同1964年にナナ・ムスクーリもフランス語と日本語で歌っている。日本での主な作品化を記す。

フランス語の原詞
別れを嘆き悲しみ、引き留めようとする内容。小野リサなど
英語の訳詞
I Will Wait for Youと題がつき、恋人の帰りをいつまでも待つ内容になっている。白鳥英美子など
日本語の訳詞
さまざまな訳があるが、英語の詞に沿った内容のものが多い。ナナ・ムスクーリ木之内みどり麻丘めぐみ岩崎宏美河合奈保子美川憲一など

外部リンク[編集]