真飛聖

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
まとぶ せい
真飛 聖
生年月日 1976年10月13日(37歳)
出生地 神奈川県川崎市
国籍 日本の旗 日本
民族 日本人
血液型 B型
職業 女優
ジャンル 舞台
活動期間 1995年 -
活動内容 1995年宝塚歌劇団入団、星組配属
2005年花組に異動
2008年:花組トップスター就任
2011年:宝塚歌劇団退団、芸能活動を開始。
2012年:テレビドラマ初出演
主な作品
宝塚歌劇
相棒虞美人

真飛 聖まとぶ せい 1976年10月13日 - )は日本女優。元宝塚歌劇団花組トップスター。所属事務所はワタナベエンターテインメント

神奈川県川崎市出身。愛称は「ゆう」。下級生時代は「うんた」と呼ばれていたこともある。公称身長169cm血液型B型。出身校は中延学園高等学校(現、朋優学院高等学校)。

略歴

  • 幼少の頃からバレエを習っていた。
  • 宝塚歌劇との出会いは中学3年のとき。産経新聞の取材で、「『ベルサイユのばら』を観て宝塚にはまった友だちから強く勧められて『歌劇』を見せられた。宝塚のことは全く知らなかったのに、背が高くなりバレエ続行に不安を感じ始めた時期だったこともあり、宝塚歌劇を志望した。」と答えている。
  • 1993年、2度目の挑戦で宝塚音楽学校に入学。
  • 1995年3月、81期生として宝塚歌劇団入団。入団時の成績は12番。『国境のない地図』で初舞台。
  • 同年、星組に配属。
  • 1996年、『エリザベート』で黒天使役に抜擢される。
  • 1999年、『我が愛は山の彼方に』新人公演で初主演を務める。
  • 2000年、ベルリン公演のメンバーに選抜される。
  • 2002年、『ヴィンターガルテン』で、朝澄けいとのダブル主演で、バウホール公演初主演。
  • 2003年日生劇場公演『雨に唄えば』では、初の女役に挑戦し、女優リナ・ラモント役を演じる。
  • 2003年12月、初の外部出演『シンデレラ』で王子役を演じた。
  • 2004年、バウホール公演『花のいそぎ』で、バウホール単独初主演を務める。
  • 2005年、初ディナーショー『Sky Blue』開催。
  • 同年、8月15日付で花組に組替え。
  • 2006年11月、『MIND TRAVELLER』でシアター・ドラマシティー公演初主演を務める。
  • 同年12月、彩吹真央の組替えに伴い、翌年の大劇場公演『明智小五郎の事件簿 -黒蜥蜴- /TUXEDO JAZZ』で花組2番手男役スターに昇格。
  • 2007年12月25日、春野寿美礼の後任として花組トップスターに就任。他組出身者の花組トップスターは1987年就任の大浦みずき以来20年ぶりだった。相手役は桜乃彩音
  • 2008年2月、中日劇場公演『メランコリック・ジゴロ―あぶない相続人―/ラブ・シンフォニー2』がトップスター就任後の初公演となる。
  • 2008年5月、『愛と死のアラビア/Red Hot Sea』で、宝塚大劇場公演でのお披露目公演となる。
  • 2009年1月14日、初のソロCD『花舞』をリリース。カップリング曲の『One』では作詞にも挑戦。
  • 同年には、『太王四神記』や『相棒』など、テレビドラマ作品の舞台化の主役が続く。
  • 2010年5月、『虞美人 -新たなる伝説-』 の東京公演千秋楽付けで、相手役の桜乃が退団。
  • 2010年7月、『麗しのサブリナ/EXCITER!!』より、蘭乃はなが相手役となる。
  • 2011年、『愛のプレリュード/Le Paradis!!(ル パラディ) -聖なる時間(とき)-』の東京宝塚劇場公演千秋楽をもち、宝塚歌劇団を退団。
  • 同年7月、東京會舘においてトーク&ライブを開催。
  • 同年9月、ワタナベエンターテインメントに所属し芸能活動を開始する。
  • 2012年4月、『37歳で医者になった僕〜研修医純情物語〜』(関西テレビ系)でテレビドラマ初出演。

宝塚歌劇団時代の主な舞台

星組時代

  • 1995年3月、『国境のない地図』 *初舞台
  • 1996年5月、『二人だけが悪』新人公演:キチョ(本役:湖月わたる)/『パッション・ブルー』
  • 1996年11月、『エリザベート』黒天使、新人公演:ジュラ(本役:彩輝直
  • 1997年5月、『誠の群像』新人公演:加納惣三郎(本役:彩輝直)/『魅惑Ⅱ』
  • 1997年11月、『ダル・レークの恋』 新人公演:ジャスビル(本役:英真なおき
  • 1998年6月、『皇帝』新人公演:ブッスル(本役:絵麻緒ゆう)/『ヘミングウェイ・レヴュー』
  • 1998年8月、『イコンの誘惑』(バウ・東京特別)セリョージャ
  • 1999年2月、『WEST SIDE STORY』ベイビー・ジョーン、新人公演:リフ(本役:絵麻緒ゆう)
  • 1999年8月、『我が愛は山の彼方に』竜林 /『グレート・センチュリー -メモリーズ&メロディーズ-』 (博多座)
  • 1999年10月、『我が愛は山の彼方に』新人公演:朴秀民(本役:稔幸)/『グレート・センチュリー -メモリーズ&メロディーズ-』 *新人公演初主演
  • 1999年12月、『エピファニー』(バウ)安東新五郎
  • 2000年3月、『Love Insurance』(ドラマシティ・東京特別)ジェフ
  • 2000年6月、『宝塚 雪・月・花』/『サンライズ・タカラヅカ』(ベルリン公演)
  • 2000年8月、『黄金のファラオ』パキ、新人公演:セイタハト(本役:絵麻緒ゆう)/『美麗猫』(東京のみ)
  • 2000年10月、『花吹雪恋吹雪』(バウ・東京特別)石田佐吉
  • 2001年1月、『花の業平』秋宗、新人公演:在原業平(本役:稔幸)/『夢は世界を翔けめぐる』 *新人公演主演
  • 2001年3月、『ベルサイユのばら2001 - オスカルとアンドレ編-』アラン、新人公演:オスカル(本役:稔幸) *新人公演主演
  • 2001年6月、『風と共に去りぬ』(全国ツアー)ルネ・ピカール
  • 2001年10月、『星組エンカレッジ・コンサート』(バウ)
  • 2001年11月、『花の業平』秋宗、新人公演:在原業平(本役:香寿たつき)/『サザンクロス・レビューⅡ』 *新人公演主演
  • 2002年4月、『プラハの春』ヤロミール/『LUCKY STAR』
  • 2002年9月、『ヴィンダーガルデン -春を待ち侘ぶ冬の庭園-』(バウ・東京特別)クラウス・アウゲンターラー *バウホール初主演
  • 2002年11月、『ガラスの風景』レオナルド/『バビロン -浮遊する摩天楼-』
  • 2003年5月、『雨に唄えば』(日生)リナ・ラモント
  • 2003年7月、『王家に捧ぐ歌』カマンテ
  • 2003年12月、『シンデレラ』(外部出演)王子
  • 2004年2月、『1914/愛』モーリス・ユリトロ/『タカラヅカ絢爛』
  • 2004年7月、『花のいそぎ』(バウ・東京特別)小野篁 *バウホール主演
  • 2004年10月、『花舞う長安 -玄宗と楊貴妃-皇甫惟明/『ロマンチカ宝塚 04 -ドルチェヴィータ!-』
  • 2005年2月、『王家に捧ぐ歌』(中日)ウバルド
  • 2005年3月、真飛聖ディナーショー『Sky Blue』 *初ディナーショー
  • 2005年5月、『長崎しぐれ坂』さそり/『ソウル・オブ・シバ!!』

花組時代

  • 2005年11月、『落陽のパレルモ』ロドリーゴ・サルヴァトーレ・フォンティーニ伯爵/『Asian Winds!』
  • 2006年3月、『Appartement Cinema』(ドラマシティー・東京特別・名古屋特別)オーランド
  • 2006年8月、『ファントム』フィリップ・ドゥ・シャンドン伯爵
  • 2006年11月、『MIND TRAVELLER』(ドラマシティ・東京特別)マックス・プラマー *ドラマシティ公演初主演
  • 2007年2月、『明智小五郎の事件簿 -黒蜥蜴-』雨宮潤一/『TUXEDO JAZZ』
  • 2007年7月、『源氏物語 あさきゆめみしⅡ』(梅田芸術劇場)刻の霊
  • 2007年9月、『アデュー・マルセイユ』シモン・ベラール/『ラブ・シンフォニー』

花組トップ時代

  • 2008年2月、『メランコリック・ジゴロ』ダニエル/『ラブ・シンフォニーⅡ』(中日劇場)
  • 2008年5月、『愛と死のアラビア/Red Hot Sea』トマス・キース
  • 2008年12月、『外伝ベルサイユのばら-アラン編-』アラン・ド・ソワソン/『エンター・ザ・レビュー』(全国ツアー)
  • 2009年1月、『太王四神記 -チュシンの星のもとに-』タムドク
  • 2009年5月、『哀しみのコルドバ』エリオ・サルバドール/『Red Hot SeaⅡ』(全国ツアー)
  • 2009年7月、『ME AND MY GIRL』(梅田芸術劇場)ウィリアム・スナイブスン(ビル)
  • 2009年9月、『外伝ベルサイユのばら-アンドレ編-』アンドレ・グランディエ/『EXCITER!!』
  • 2009年12月、『相棒』(シアタードラマシティ・東京特別公演)杉下右京
  • 2010年3月、『虞美人 -新たなる伝説-』 項羽
  • 2010年7月、『麗しのサブリナ』ライナス・ララビー/『EXCITER!!』 
  • 2010年11月、『メランコリック・ジゴロ』ダニエル/『ラブ・シンフォニー』(全国ツアー)
  • 2011年2月、『愛のプレリュード』フレディ・クラーク/『Le Paradis!!(ル パラディ)-聖なる時間(とき)-』 *退団公演
  • 2011年3月、真飛聖ディナーショー『For YOU』

ディスコグラフィー

CD

  • 『花舞 〜HanaMai〜』(2009年1月14日発売、宝塚クリエイティブアーツ)
  1. 花舞 〜HanaMai〜(作詞:市川喜康飯田高広、作曲・編曲:飯田高広)
  2. One (作詞:真飛聖・市川喜康、作曲:市川喜康、編曲:中村タイチ
  3. 三日月 (作詞:絢香、作曲:西尾芳彦・絢香、編曲:中村タイチ)
  4. 花舞 〜HanaMai〜 〔Instrumental〕
  5. One 〔Instrumental〕
  6. 三日月 〔Instrumental〕

宝塚歌劇団退団後の主な活動

テレビドラマ

映画

テレビ

ラジオ

  • 真飛聖 Heartful Days(INTER FM、2012年10月 - 2013年3月、毎週土曜日 10:35-11:00 ) - パーソナリティー

CM

舞台

受賞歴

  • 2003年 宝塚歌劇団年度賞「努力賞」
  • 2003年 阪急すみれ会・パンジー賞「新人賞」
  • 2009年 阪急すみれ会・パンジー賞「男役賞」
  • 2010年 宝塚歌劇団年度賞(2009年度)「優秀賞」

脚注

外部リンク