安蘭けい

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
あらん けい
安蘭 けい
本名 安田瞳子[1]
生年月日 1970年10月9日(43歳)
出生地 日本の旗 日本滋賀県甲賀郡(現・湖南市[2]
民族 韓国の旗 韓国
血液型 AB型
職業 女優歌手
ジャンル 宝塚歌劇、ミュージカル
活動期間 1991年 -
活動内容 1991年宝塚歌劇団入団
1992年雪組に配属
2000年星組に異動
2004年:宝塚90周年の一環として宙組に特別出演
2006年:星組トップスター就任
2009年菊田一夫演劇賞受賞
同年:宝塚歌劇団退団、以降舞台中心に活動。
主な作品
宝塚歌劇

2002年「雨に唄えば
2003年「王家に捧ぐ歌
2008年「スカーレット・ピンパーネル
ミュージカル
2010年「ワンダフルタウン」
2011年「MITSUKO」
2012年「サンセット大通り」
2012年「アリス・イン・ワンダーランド」

備考
宝塚歌劇団卒業生

安蘭 けい(あらん けい、本名・安田瞳子[1]1970年10月9日[3] - )は、日本女優。元宝塚歌劇団星組トップスター。血液型AB型[2]、公称身長167cm。愛称とうこ

滋賀県甲賀郡(現・湖南市)出身[2]。所属事務所はホリプロ、所属レコード会社はポニーキャニオン

略歴[編集]

本籍地および祖父の出身地は韓国慶尚南道[4][5]である。

1989年宝塚音楽学校入学。卒業時の成績は首席。[5]

1991年第77期生として宝塚歌劇団に入団。月組『ベルサイユのばら』で初舞台を踏む。同期生には春野寿美礼朝海ひかる花總まり成瀬こうきなど。1992年、雪組に配属される。

1995年、新人公演「JFK」で初主演。ジョン・F・ケネディ役を演じる。

エリザベート」のルドルフの子供時代や「ICARUS」のイカロスなど、少年役を相次いで演じた。1999年頃からは組替えで雪組に配属、同期の朝海、成瀬とともにトリオで使われることが多かった。後に「雪組三兄弟」(当時流行していただんご三兄弟に由来)とも呼ばれる。

2000年、星組に組替え。

2003年には日生劇場雨に唄えば」でドン役を演じる。さらに「王家に捧ぐ歌」(宝塚版アイーダ)では事実上のヒロイン・アイーダ役を演じる。『ミュージカル』誌では作品がベスト・ミュージカルに選ばれ、安蘭自身も女優部門2位、さらに松尾芸能新人賞も受賞した(現役のタカラジェンヌでは初の受賞)。2004年には「ファントム」日本初演でシャンドン伯爵を演じる。翌2005年、主演公演「龍星」では、複雑な生い立ちをもつ孤独な主人公を務めた。

2006年には「ベルサイユのばら」が再演され、大劇場と東京でそれぞれオスカルとアンドレを演じた。なお、この再演により本公演でオスカル・アンドレ・フェルゼンと男役が演じる三役全てを演じたことになり、これは宝塚史上初である[6]

2006年、湖月わたるの退団を受け、入団16年目にして星組トップスターに就任。日本国籍でないことを公表したタカラジェンヌがトップスターに就任した例は鳳蘭(中国籍、後に日本に帰化)に次ぐ二人目[7][4]。相手役には専科より遠野あすかを迎える。お披露目公演は、ドラマシティ・日本青年館公演「ヘイズコード」。大劇場お披露目公演は「さくら/シークレットハンター」。

2007年、「エル・アルコン-鷹-」(原作・青池保子)では、ダーティー・ヒーローを演じた。

2008年には熱望していた[注 1]赤と黒」を上演。同年6月、日本初演ブロードウェイミュージカル「スカーレット・ピンパーネル」(原作:紅はこべ)を上演。同作の作曲家フランク・ワイルドホーンより、「ビューティフルでソウルフル。ブロードウェーの一流の歌手と苦労して作った曲を情熱的に見事に歌ってくれた」と絶賛される[8]。同作品は第34回菊田一夫演劇賞演劇大賞を受賞。「月刊ミュージカル」誌でもベスト・ミュージカルに選ばれ、安蘭自身も女優部門1位を獲得した。

これらの受賞を機に退団を決意[5]2009年4月26日、「My Dear New Orleans~愛する我が街~/ア ビヤント」の東京公演千秋楽を最後に退団。相手役の遠野と同時退団だった。

2009年、8月から公演されるミュージカル「The Musical AIDA -宝塚歌劇団「王家に捧ぐ歌」より-」アイーダ役で女優としてデビュー。

2010年6月には、ポニーキャニオンよりアルバム『arche』を発売。

2010年10月2日に東京・六本木ヒルズアリーナで開かれた「日韓交流おまつり2010」のオープニングに登場し、ルーツが朝鮮半島であることを明かす[5]。後のインタビューで『焼肉ドラゴン』のような日韓合作ミュージカルや演劇への出演希望を語った。

エピソード[編集]

在日韓国人3世で、芸名は「アリラン伝説」の主人公アラン、本名から安、花の蘭、慶尚南道の慶に由来する。

元月組トップスターの涼風真世に憧れて宝塚音楽学校を受験し、4度目の受験で宝塚音楽学校に合格した[注 2]

花組男役スター芹香斗亜の愛称「キキ」の名付け親である[注 3]

宝塚歌劇団時代の主な舞台[編集]

雪組時代[編集]

星組時代[編集]

  • 2000年10月 - 11月、バウホール・日本青年館公演「花吹雪 恋吹雪石川五右衛門 *主演
  • 2001年1月 - 2月、宝塚大劇場公演「花の業平/夢は世界を翔けめぐる」藤原常行
  • 2001年3月 - 10月、「ベルサイユのばら2001」フェルゼン
  • 2001年6月 - 7月、全国ツアー「風と共に去りぬ」アシュレ・ウィルクス
  • 2001年11月 - 12月、東京宝塚劇場公演「花の業平/サザンクロス・レビューII」藤原常行
  • 2002年2月、中日劇場公演「花の業平/サザンクロス・レビューII」同
  • 2002年4月 - 8月、「プラハの春/LUCKY STAR!」ヤン・パラフ
  • 2002年9月 - 10月、中国公演「蝶・恋/サザンクロス・レビュー・イン・チャイナ」村人S
  • 2002年11月 - 2003年3月、「ガラスの風景/バビロン」フランコ・ミラー
  • 2003年5月、「雨に唄えば」ドン・ロックウッド *主演
  • 2003年7月 - 11月、「王家に捧ぐ歌」アイーダ *ヒロイン *本公演エトワール
  • 2003年12月、バウホール・日本青年館公演「厳流」佐々木小次郎 *主演
  • 2004年1月 - 2月、東京宝塚劇場公演「白昼の稲妻/テンプテーション!」ランブルーズ
宝塚歌劇90周年記念の一環として、東京公演のみ宙組に特別出演。
  • 2004年5月 - 8月、「ファントム」フィリップ・ドゥ・シャンドン伯爵
同上
  • 2004年10月 - 12月、「花舞う長安/ロマンチカ宝塚'04」安禄山
  • 2005年2月、中日劇場公演「王家に捧ぐ歌」アイーダ
  • 2005年5月 - 8月、「長崎しぐれ坂/ソウル・オブ・シバ!」らしゃ
  • 2005年10月、ドラマシティ他公演「龍星」龍星 *主演
  • 2006年1月 - 2月、宝塚大劇場公演「ベルサイユのばら」アンドレ
  • 2006年2月 - 4月、東京宝塚劇場公演「ベルサイユのばら」オスカル
  • 2006年6月、梅田芸術劇場公演「コパカバーナ」リコ・カステッリ
  • 2006年8月 - 11月、「愛するには短過ぎる/ネオ・ダンディズム!」アンソニー・ランドルフ

星組トップ時代[編集]

  • 2006年12月 - 2007年1月、ドラマシティ・日本青年館公演「ヘイズコード」レイモンド・ウッドロウ *トップコンビ披露公演
  • 2007年3月 - 7月、「さくら/シークレットハンター」ダゴベール *大劇場お披露目公演
  • 2007年8月、博多座公演「シークレットハンター/ネオ・ダンディズム!Ⅱ」ダゴベール
  • 2007年11月 - 2008年2月、「エル・アルコン-鷹-/レビュー・オルキス」ティリアン・パーシモン
  • 2008年3月 - 4月、ドラマシティ他公演「赤と黒」ジュリアン・ソレル
  • 2008年6月 - 10月、「スカーレット・ピンパーネル」パーシー・ブレイクニー
  • 2008年11月 - 12月、「外伝 ベルサイユのばら -ベルナール編-/ネオ・ダンディズム!III」ベルナール
  • 2009年2月 - 4月、「My Dear New Orleans-愛する我が街-/ア ビヤント」ジョイ・ビー *退団公演

ディナーショー[編集]

宝塚歌劇団退団後の主な活動[編集]

舞台[編集]

コンサート[編集]

  • 2009年12月 「安蘭けいファーストコンサート UNO」(東京国際フォーラム梅田芸術劇場
  • 2010年3月 「Frank & Friends/MITSUKO」(オーチャードホール、梅田芸術劇場)
  • 2010年6月 「安蘭けい 箱舟 2010」(天王洲銀河劇場、兵庫県立芸術文化センター)
  • 2010年8月 安蘭けいmeets薬師寺三尊像「弦宴(いとのうたげ)」~薬師寺コンサート~(奈良 薬師寺大講堂特設舞台)
  • 2012年1月 - 2月 「CHESS in Concert」(青山劇場、梅田芸術劇場) 
  • 2013年3月 「安蘭けいと京フィルプレミアムコンサート」(京都コンサートホール・大ホール)
  • 2013年3月 「I Love Musical~ミュージカルへようこそ~」(東京グローブ座
  • 2013年5月 「Musical Songs Concert SUPER DUETS」(東急シアターオーブ、名鉄ホール、NHK大阪ホール)
  • 2013年6月 「ワイルドホーン・メロディーズ~フランク・ワイルドホーン コンサート~」(オーチャードホール)
  • 2012年12月「CHESS in Concert」(東京国際フォーラム、梅田芸術劇場)
  • 2013年12月「華麗なるミュージカルコンサート」(新国立劇場中劇場)
  • 2012年1月11日 「ミュージカル ミーツ シンフォニー」出演
  • 2014年5月21日 「ミュージカル・ミーツ・シンフォニー2014」出演

その他[編集]

  • 2010年3月  「それぞれのコンサート 鹿賀丈史 市村正親」ゲスト出演
  • 2010年4月1日 「読売日響グランドコンサート featuring スペシャルゲスト スーザン・ボイル」ゲスト出演
  • 2010年5月15日 「安蘭けい「箱舟」ライヴイベント with 武田真治
  • 2010年9月1日 阪神甲子園球場、阪神 - 横浜戦 始球式
  • 2010年11月7日 「平城遷都1300年祭 平城京カーニバル 」フィナーレ出演
  • 2010年11月15日 「沒後30th 越路吹雪トリビュートコンサート」出演
  • 2011年4月1日 「東北地方太平洋沖地震 現地へ届け、希望と勇気!!YELL! from TOKYO」出演
  • 2011年5月30日 「小林公平没後1周年・チャリティスペシャル『愛の旋律~夢の記憶』」出演
  • 2011年7月3日 「シャソンの祭典 第49回 パリ祭」ゲスト出演
  • 2011年7月18日 「ニッポン放送 歌姫コンサート~歌で笑顔を、歌で勇気を~」出演

テレビドラマ[編集]

テレビ[編集]

  • 2009年5月5日「キミハ・ブレイク」(TBS系)
  • 2009年9月21日「女優・安蘭けい誕生!The Musical『AIDA』のすべて」(ABCテレビ
  • 2010年4月 - 2011年3月 「宝塚プルミエール」(WOWOW)ナレーション
  • 2010年10月9日「ブロードウェイ・ミュージカル『ワンダフルタウン』開幕直前スペシャル!」(テレビ朝日系)
  • 2010年12月4日「エディト・ピアフ~愛の生涯」(日本テレビ
  • 2011年4月18日 「夢のチカラ」(日本テレビ系)
  • 2011年5月14日「鬼才と女優の80日間・ウィーン〜大阪感涙の旅〜ミュージカル『MITSUKO』の出来るまで〜」(ABCテレビ)
  • 2011年6月5日「伝説の日本女性 青山光子の生涯 〜感動の ミュージカル「MITSUKO」〜」(テレビ朝日系)
  • 2013年7月 - 8月「Japan's Next Beauty」(FOX TV)

ほか多数

CM[編集]

  • 2014年 ホンダ N-BOX 「みんなのN 出産篇」「みんなのN 夫婦篇」「みんなのN 自分篇」- 唄「この愛よ永遠に(TAKARAZUKA FOREVER)」

映画[編集]

ディスコグラフィー[編集]

CD[編集]

  • すみれの花咲く頃/さよなら皆様(2007年6月、宝塚クリエイティブアーツ)
  • 蝶~Butterfly~(2008年12月、宝塚クリエイティブアーツ)
  • arche(2010年6月、ポニーキャニオン) 

DVD[編集]

  • The Musical 「AIDA アイーダ」~宝塚歌劇「王家に捧ぐ歌」より(2009年12月、宝塚クリエイティブアーツ)
  • 安蘭けい 箱舟2010(2010年10月、ポニーキャニオン)

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 劇団公式プロフィール『宝塚おとめ』に長年記載していた
  2. ^ 宝塚音楽学校には中卒から高卒まで4回受験する機会があり、安蘭は最後のチャンスをものにした。
  3. ^ 芹香の母・白川亜樹は安蘭入団時の雪組トップだった杜けあきと同期である

出典[編集]

  1. ^ a b 安蘭けい「第2章頑張る」…宝塚サヨナラ公演スポーツ報知、2009年4月27日6時00分 アーカイブコピー - ウェイバックマシン
  2. ^ a b c 安蘭けい公式ファンクラブAran Profile - 2012年12月16日閲覧
  3. ^ 宇野貴文、「宝塚男役スターから飛躍の舞台へ、新作では等身大の女性役 - ぴいぷるZAKZAK、2010年10月8日
  4. ^ a b "韓国人の誇り胸に 宝塚・星組トップ安蘭けいさん", 民団新聞, 2007-05-16.
  5. ^ a b c d "<Korea Watch>2011年・飛躍を誓う在日コリアン", 東洋経済日報, 2010/12/28.
  6. ^ 薮下哲司 「宝塚支局-安蘭、初のオスカルで3役制覇 フェルゼン、アンドレ…大劇場では初」 スポニチアネックス、2006年2月25日
  7. ^ 教育文化ジャーナル コリアンワールド出自隠さない安蘭けいさんに人気
  8. ^ 安蘭けい熱唱に作曲家が太鼓判「スカーレット-」」、スポニチ Suponichi Annex、2008年5月10日付

外部リンク[編集]