四元奈生美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
四元奈生美 Table tennis pictogram.svg
選手情報
生年月日 1978年9月21日(35歳)
利き腕
テンプレートを表示

四元 奈生美(よつもと なおみ、1978年9月21日 - )は、日本のプロ卓球選手。プロ選手としては中国プロリーグ超級・北京チーム→フリー→東京アート2007年11月〜)所属。

卓球の地味なイメージを変えたいと、カラフルなユニフォームを着用して試合に出場する。デザイナーファッションショープロデューサーも勤め、自らのユニフォームデザインを行うこともある。『ジャンクSPORTS』など数々のテレビ番組に出演している。卓球界のジャンヌ・ダルクと呼ばれる[1]

経歴[編集]

東京都立川市出身。卓球は母と姉の影響を受け、小学校1年で始める。1991年、中高一貫の私立武蔵野中学校・高等学校に進学し、6年在籍。中学1年の時に全日本カデット(13歳以下の部)で優勝。

高校卒業後淑徳短期大学に進学し同短大卒業後淑徳大学に編入。2001年4月、大学卒業と時を同じくしてプロに転向。プロ活動時の名前を本名である「直美」から「奈生美」に変更した。その後2003年7月に個人事務所を設立し「有限会社スポーツスタジオ エントリーナオミ」社長兼所属選手となった。実姉がマネージャーを務めている。

2004年4月から中国超級リーグに参戦。北京チームに所属し、北京チームの超級クラスでは外国人初の所属選手となった。この年チームは総合優勝した。

2007年1月18日、全日本選手権に、「“誕生”をイメージした」という[2]左肩を露出したユニフォームで出場。その際着用していたマーガレットの髪飾りについて1回戦終了後に審判委員長から「髪を結ぶためのものではなく、装飾品」と注意を受けた。2回戦はスタイリストに髪型を変えてもらって(髪飾りを外して)出場、4回戦で敗退した。同年9月24日から始まるNHK-BSのシリーズ番組「街道てくてく旅」(第6シリーズ)において、奥州街道日光街道を歩く旅人に選ばれた。翌2008年3月20日から始まる「街道てくてく旅」(第7、8シリーズ)において、四国八十八か所北京を歩く旅人に選ばれた。

2009年から、エイベックス・エンタテインメントと自身の活動に関し委託契約を締結、同年3月12日、自身のオフィシャルブログをアメブロにて開設している。

2011年4月8日にビーチバレー選手の井上真弥と結婚した[3]。同年11月8日には第一子となる男児を出産し、「大獅(たいし)」と命名した[4]

主な戦績[編集]

  • 1991年 中学1年 全日本カデット優勝
  • 1992年 中学2年 全日本カデット準優勝
  • 1993年 中学3年 全国中学校大会団体2位
  • 1994年 高校1年 全日本ジュニアベスト8、全日本選手権ダブルス16
  • 1995年 高校2年 東京選手権ジュニア優勝、インターハイダブルス準優勝、スウェーデン・フレンチオープン団体3位、ミックスダブルス3位、シングルスベスト4
  • 1996年 高校3年 インターハイシングルスベスト4
  • 1997年 短大1年 USオープン日本代表U-21準優勝
  • 1998年 短大2年 世界大学日本代表 団体3位 アジア大会日本代表
  • 1999年 大学3年 ウェールズオープン日本代表シングルス3位ダブルス3位、USオープン日本代表U-22優勝
  • 2000年 大学4年 世界大学日本代表団体3位、ジャパンオープン日本代表、平壌オープン日本代表、インカレ優勝(母校を初優勝に導く)、全日本選手権ダブルス準優勝
  • 2001年 ユニバーシアード北京大会団体3位、ダブルスベスト8、全日本選手権シングルス9位、混合ダブルス6位
  • 2002年 ジャパン12ベスト8、全日本選手権混合ダブルス7位
  • 2003年 広島オープンダブルス優勝
  • 2004年 中国リーグ超級参戦 北京チーム所属 同リーグ初優勝
  • 2008年 全日本選手権混合ダブルス準優勝

DVD[編集]

書籍[編集]

写真集[編集]

CM[編集]

  • ベスト電器 決算セール(2007年秋以降)
  • 京都 宇治田原製茶場通販CM (放送時間不定期)

テレビ番組[編集]

ほか多数

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]