高畑充希

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
たかはた みつき
高畑 充希
生年月日 1991年12月14日(23歳)
出生地 日本の旗 日本 大阪府東大阪市[1]
身長 158cm
血液型 AB型
職業 女優歌手
活動期間 2005年 -
公式サイト ホリプロオフィシャルサイト -高畑充希-
主な作品
舞台
ピーター・パン
奇跡の人
美男ですね
コーヒープリンス1号店
テレビドラマ
3年B組金八先生
ナツコイ
Q10
ごちそうさん
軍師官兵衛
映画
ドルフィンブルー フジ、もういちど宙へ
女子ーズ
アオハライド
バンクーバーの朝日
みつき
基本情報
出生 1991年12月14日(23歳)
出身地 日本の旗 日本 大阪府東大阪市
血液型 AB型
ジャンル J-POP
職業 歌手
担当楽器
活動期間 2007年 -
レーベル ワーナーミュージック・ジャパン
事務所 ホリプロ
公式サイト みつき オフィシャルサイト

高畑 充希(たかはた みつき、1991年12月14日 - )は、日本女優歌手である。歌手活動は「みつき」または「高畑充希」名義[注 1]

大阪府東大阪市出身[1]ホリプロワーナーミュージック・ジャパン所属。法政大学キャリアデザイン学部在学中。

略歴[編集]

会社経営の父と母、祖父母の五人家族の一人っ子として育ち、舞台鑑賞が好きな両親の影響を受けて小学生の頃より舞台女優を志す[2]。同級生がアイドルやJポップの歌を聴く中、ミュージカルのサントラを聴いて育つ。

2005年、ホリプロが創業45年を記念して主催する『山口百恵トリビュートミュージカル プレイバック part2 〜屋上の天使』の出演者オーディションで9621人の応募者から見事主演の座を獲得したシンデレラガールとして、女優デビューを果たした。中学在学中に、両親のミュージカル好きが影響してこのオーディションに参加。しかしそれは高畑にとって最初のオーディションではなく、小学校から中学校までの間に舞台や芸能事務所のオーディションを十数回も受けて全て落ちていた。数々のオーディションを受ける一方で、受からなかった時には早稲田大学の演劇研究会に入ろうと、小学校低学年から塾に通って猛勉強し、中高一貫の進学校へと進学していた[2]

2007年から東京の高校に進学し、本格的に女優活動を開始。2007年から2012年まで6年間にわたってミュージカル『ピーターパン』で8代目ピーターパン役を務めると、舞台『奇跡の人』『美男ですね』『コーヒープリンス1号店』で次々に主演を務めた。映画では2007年公開の『ドルフィンブルー フジ、もういちど宙へ』で初出演[3]を果たし、その後もTBS3年B組金八先生』(第8シリーズ)をはじめとしてドラマ・映画等の映像作品に多数出演している。

2010年4月に法政大学キャリアデザイン学部へ進学[4]すると、大学4年に在学中の2013年11月よりNHK連続テレビ小説ごちそうさん』にヒロインの義妹・西門希子役で出演。オーディションで高畑の出演が決まると、高畑出演のミュージカルを観た脚本家の森下佳子がその歌声に惚れ込み、当て書きで歌唱シーンを追加。劇中歌「焼氷有りの唄」で披露した歌唱力と確かな演技力が一躍注目を集めた[5][6][7]。放送終了後の2014年4月には、フジテレビ未来ロケット』でバラエティー番組へ初のレギュラー出演[8]、またチョーヤ梅酒『酔わないウメッシュ「独唱篇」』で初のCM出演も果たした[9]

女優としての活動の一方で、2007年にはデモテープを聴いたコブクロ小渕健太郎がその歌声に惚れ込み、プロデュースをすることを名乗り出た[10]。そして2007年6月に小渕プロデュースによるシングル「大切なもの」でワーナーミュージック・ジャパンより歌手デビューを果たす。この頃は歌手活動はアーティスト名「みつき」での活動であった。 「大切なもの」は自ら出演する映画『ドルフィンブルー フジ、もういちど宙へ』の主題歌に、同シングルに収録の「ひとつだけ」は木皿泉脚本のドラマ『セクシーボイスアンドロボ』の主題歌にそれぞれ採用された。その後、翌2008年にかけて「瞳ひらいて」(川嶋あいプロデュース、アニメ映画『ルイスと未来泥棒』イメージ曲)、「夏のモンタージュ」(竹内まりや作詞・作曲、ドラマ『ナツコイ』主題歌」)のシングル2作品を発表。また河口恭吾矢井田瞳らの楽曲提供を受けてファーストアルバム『COLOR』をリリース。同アルバムの7曲目の「キズナ」では自ら作詞も手がけている。 2013年には連続テレビ小説『ごちそうさん』の劇中で披露した歌声が脚光を浴びる。その劇中曲がサウンドトラック盤に収録されると、翌2014年3月には同劇中歌をはじめとして過去にリリースしたシングルや出演したミュージカルやドラマで歌唱した楽曲を収録したアルバム『PLAY LIST』を「高畑充希」名義でリリースした[11]

人物[編集]

  • 趣味は読書[12]、映画鑑賞、舞台観劇、料理。
  • 大竹しのぶキムラ緑子とは3人で食事に行くほど仲が良く、タメ口でしゃべる間柄である[18]。また『あさイチ』に出演の際に「カッコイイと思う女性は?」という質問に対し、「自立している人」と答え、大竹しのぶとキムラ緑子の名を挙げている[19]
  • 業界内でもその演技力に注目し評価する声は多く、映画監督福田雄一は『これから絶対に来る女優』として『女子ーズ』に当時まだ無名だった高畑を抜擢しており[20]、映画監督の三木孝浩は高畑が主演を務めた舞台『奇跡の人』を観劇した際、自身のツイッターで「充希ちゃんが生み出す、観客の目を惹きつける”間”の絶妙さに唸りました!ナチュラルボーン女優です、ほんと。」、とのコメントを残している[21]。また高畑と直接面識のないお笑いタレント東野幸治もその演技力を買っており、プライベートで一般客として高畑の舞台を観に来るほどである。東野と共に観劇した落語家の桂三度(元 世界のナベアツ)は高畑の演技を「必死さの中に余裕がある」、「底が知れない」、「まだまだ奥行きがある」、「すごいですよ、天才っぷりが」とラジオ番組で絶賛している[22]

出演[編集]

舞台[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

音楽番組[編集]

バラエティー番組[編集]

テレビアニメ[編集]

ラジオドラマ[編集]

  • LOVE=Platinum 恋愛パズル piece.11 「彼女の場合」(2010年9月10日、TOKYO FM) - 珠樹 役
  • FMシアター ヒッチハイク(2011年4月9日、NHK-FM) - 主演・美奈子 役

ウェブドラマ・ムービー[編集]

CM[編集]

広告[編集]

PV[編集]

音楽[編集]

シングル(みつき名義)[編集]

  1. 大切なもの(2007年6月20日)デビューシングル 小渕健太郎コブクロ)プロデュース
  2. 瞳ひらいて(2007年11月28日) 川嶋あいプロデュース
  3. 夏のモンタージュ(2008年7月30日) 竹内まりや作詞・作曲

アルバム(みつき名義)[編集]

  1. COLOR(2008年9月3日)

アルバム(高畑充希名義)[編集]

  1. PLAY LIST(2014年3月26日)

参加作品[編集]

書籍・各種作品等[編集]

雑誌連載[編集]

  • MAQUIA『高畑充希のCinemaScrap』(2014年11月号 - 、集英社

写真集[編集]

  • 高畑充希写真集「神楽坂」(2012年1月1日、ホリプロ)

デジタル写真+ムービー作品集[編集]

  • 高畑充希「神楽坂四丁目」(2011年11月15日、irri撮影、ファンプラス・GザテレビジョンPLUS配信)

カレンダー[編集]

  • 高畑充希2015カレンダー(2014年10月29日、ハゴロモ)

脚注[編集]

  1. ^ a b “高畑充希、「希子ちゃん」コールに『ごちそうさん』の反響実感”. ORICON STYLE (オリコン). (2014年1月10日). http://www.oricon.co.jp/news/2032840/full/ 2014年4月10日閲覧。 
  2. ^ a b “<家族のこと話そう> 女優・高畑充希さん”. 中日新聞. (2014年3月23日). http://www.chunichi.co.jp/article/living/life/CK2014032302000001.html 2014年3月27日閲覧。 
  3. ^ a b Cinema Cafe.net (2007年3月23日). “憧れの女優はイルカのフジ!松山ケンイチ、高畑充希、西山茉希『ドルフィンブルー フジ、もういちど宙へ』完成披露試写会”. 2013年10月1日閲覧。
  4. ^ 祝 御入学”. 高畑充希オフィシャルブログ「たかはたみつきのこれやみつき!!」 (2010年4月7日). 2014年2月19日閲覧。
  5. ^ “「ごちそうさん」で話題の女優・高畑充希、朝ドラの反響と葛藤を語る「心のどこかで戸惑っていた」”. モデルプレス. (2014年3月25日). http://mdpr.jp/news/detail/1342663 2014年3月27日閲覧。 
  6. ^ “【ごちそうさんの舞台裏(6)】おどおど末妹「希子=高畑充希」はホントは21歳、大学4年生…演技衣装のままPCで「卒論」送って大奮闘”. MSN産経west. (2013年12月7日). http://sankei.jp.msn.com/west/west_life/news/131207/wlf13120707010002-n1.htm 2014年2月19日閲覧。 
  7. ^ “高梨臨、高畑充希…2014年、ブレイク必至な本格派女優に注目!【女優編】”. ニュースウォーカー (KADOKAWA). (2013年12月31日). http://news.walkerplus.com/article/43446/ 2014年1月30日閲覧。 
  8. ^ a b “高畑充希、バラエティー初レギュラー オードリー若林&NEWS増田と共演”. ORICON STYLE (オリコン). (2014年4月14日). http://www.oricon.co.jp/news/2036340/full/ 2014年4月22日閲覧。 
  9. ^ 2代目「酔わないウメッシュ」 新キャラクターに、高畑充希さんを起用 〜平成26年4月20日(日)よりTVCM放映開始〜”. お知らせ. チョーヤ梅酒 (2014年4月20日). 2014年4月22日閲覧。
  10. ^ “コブクロ・小渕、15歳の新人歌手を初プロデュース!”. ORICON STYLE (オリコン). (2007年3月19日). http://www.oricon.co.jp/news/43068/ 2014年2月1日閲覧。 
  11. ^ “高畑充希の劇中歌発売へ”. 日刊スポーツ. (2014年1月30日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20140130-1250712.html 2014年1月30日閲覧。 
  12. ^ 読書は父に、舞台は母に(2011年5月10日 読売新聞)、2014年12月3日閲覧。
  13. ^ 本人ブログにおける2008年4月27日の書き込み ★ピーターパン始球式デビュー★の巻
  14. ^ http://instagram.com/p/txdR8zmV0g/?modal=true いつも 一緒にのんでくれるひと
  15. ^ 前田敦子「好きすぎて馬鹿みたい」親友“ブス会”との仲良しプライベート(2014年11月12日 モデルプレス)、2014年12月3日閲覧。
  16. ^ 高畑充希 前田敦子と柄本時生の「ブス会」3ショット(2014年11月16日 アメーバニュース)、2014年12月3日閲覧。
  17. ^ 【エンタがビタミン♪】高畑充希と有村架純が“双子みたい”なツーショット。実は添い寝する仲だった?(2014年09月21日 Techinsight)、2014年12月3日閲覧。
  18. ^ 「週末応援ナビ☆あほやねん!すきやねん!」 2013年11月30日放送
  19. ^ 「あさイチ プレミアムトーク ゲスト高畑充希」 2014年10月3日放送
  20. ^ 第2の有村架純の予感? 高畑充希は「才能のある女優」と映画プロデューサーも絶賛(2014年6月21日 クランクイン!)、2014年12月4日閲覧
  21. ^ @TAKAHIROMIKI(2014年10月14日)。
  22. ^ MBSラジオ「上泉雄一のええなぁ!」 2014年11月21日放送
  23. ^ オリコンスタイル (2007年7月19日). “8代目ピーターパン高畑充希に“フッキ”船長が太鼓判!”. 2013年9月29日閲覧。
  24. ^ 日刊スポーツ (2009年10月8日). “鈴木杏と高畑充希で舞台「奇跡の人」”. 2013年9月29日閲覧。
  25. ^ “朝ドラで話題の高畑充希、ヘレン・ケラー役再びで飛躍誓う 先輩・木南晴夏と初共演”. ORICON STYLE (オリコン). (2014年3月17日). http://www.oricon.co.jp/news/2035180/full/ 2014年3月17日閲覧。 
  26. ^ オリコンスタイル (2011年9月2日). “『美男ですね』舞台化! キスマイ北山&宮田、内博貴に囲まれるヒロインは高畑充希”. 2013年9月29日閲覧。
  27. ^ スマートボーイズ (2012年4月1日). “韓流ドラマ『コーヒープリンス1号店』がミュージカル化。主演は山崎育三郎と高畑充希”. 2013年9月29日閲覧。
  28. ^ お笑いナタリー (2013年1月18日). “アルピーもレッツモテ!舞台モテリーマン講座開講”. 2013年9月29日閲覧。
  29. ^ 【速報!】2015年、歌謡ファンク喜劇「いやおうなしに」1月KAAT神奈川劇場を皮切りに、2月パルコ劇場までNONSTOPで上演決定!”. 新着情報. PARCO STAGE. 2014年4月22日閲覧。
  30. ^ 映画.com (2014年4月15日). “実写「アオハライド」主人公の恋のライバルに高畑充希&千葉雄大”. 2014年4月22日閲覧。
  31. ^ テレビドカッチ (2014年5月1日). “高畑充希、宮崎あおい、貫地谷しほりら映画『バンクーバーの朝日』追加キャストを発表!”. 2014年5月1日閲覧。
  32. ^ メモリーズ・オブ・「バンクーバーの朝日」放送スケジュール(日本映画専門チャンネル公式サイト)
  33. ^ 石井裕也監督オリジナルショートムービー“メモリーズ・オブ・「バンクーバーの朝日」”独占放送!(2014年11月1日 共同通信PRワイヤー)、2014年12月8日閲覧
  34. ^ スポーツ報知 (2014年5月17日). “高畑充希「官兵衛」で初時代劇、黒田長政の妻・糸”. 2014年5月29日閲覧。
  35. ^ 吉田鋼太郎がバツ3男を演じる!「東京センチメンタル」放送決定”. webザテレビジョン (2014年10月28日). 2014年12月3日閲覧。
  36. ^ “吉田鋼太郎の恋の相手は高岡早紀! 「罪な男なんでしょうね」”. webザテレビジョン. (2014年11月12日). http://thetv.jp/news_detail/52294/ 2014年11月13日閲覧。 
  37. ^ “真木よう子、坂元裕二脚本ドラマに主演 東出、二階堂、高畑、杉本らが共演”. オリコンスタイル. (2014年11月21日). http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141121-00000313-oric-ent 2014年11月21日閲覧。 
  38. ^ 映画.com (2010年10月8日). “高畑充希が声優初主演 新アニメ「カルルのふしぎな塔」”. 2013年10月1日閲覧。
  39. ^ オリコンスタイル (2014年8月23日). “高畑充希、復興支援ソング「花は咲く」歌う”. 2014年9月15日閲覧。
  40. ^ 映画.com (2014年9月11日). “大森南朋、現代にタイムスリップした堀部安兵衛に!まげにスーツも「すぐなじんだ」!”. 2014年9月15日閲覧。
  41. ^ マイナビニュース (2014年9月12日). “高畑充希、共演した大森南朋は「笑顔が家の飼い犬に似てる!”. 2014年9月15日閲覧。
  42. ^ deview (2014年4月21日). “高畑充希、『酔わないウメッシュ』新キャラクターに決定。”. 2014年4月22日閲覧。
  43. ^ NTTファシリティーズ (2014年6月24日). “CMギャラリー”. 2014年6月24日閲覧。
  44. ^ 「あさがくナビ(朝日学情ナビ)」イメージキャラクター選定のお知らせ(2014年12月8日付け告知、株式会社 学情)、2014年12月9日閲覧
  45. ^ 朝日学情ナビ2016公式サイトより (イメージキャラクター就任の高畑充希へのインタビュー等)、2014年12月9日閲覧
  46. ^ 高畑充希 かわいすぎるスッピン披露(2014年5月6日 デイリースポーツ)、2014年12月8日閲覧
  47. ^ 高畑充希、向井理ドラマ主題歌 中島みゆき名曲カバーに「大役、光栄」(2014年12月1日、オリコン)、2014年12月1日閲覧。
  48. ^ 高畑充希 中島みゆき名曲カバー!透明感&表現力買われ起用(2014年12月1日、スポニチアネックス)、2014年12月1日閲覧。

注釈[編集]

  1. ^ 2007年6月の歌手デビューから「みつき」名義で歌手活動を行っていたが、2014年3月発売のアルバム『PLAY LIST』以降は歌手活動も「高畑充希」名義で行っている。
  2. ^ 8代目ピーターパン。
  3. ^ 鈴木杏とのダブル主演。
  4. ^ 一人二役。
  5. ^ 舞台デビュー後、初のストレートプレイ
  6. ^ 山崎育三郎とのダブル主演。
  7. ^ a b ブロードウェイ・ミュージカル。
  8. ^ a b ストレートプレイ。
  9. ^ 星めぐりの歌」歌唱。
  10. ^ いい日旅立ち」歌唱。
  11. ^ 木蘭の涙」歌唱。
  12. ^ 上を向いて歩こう」歌唱。
  13. ^ 三井不動産レジデンシャル製作企業PRWEB映画。

外部リンク[編集]