岡本知高

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

岡本 知高(おかもと ともたか、1976年12月3日 - )は、高知県宿毛市生まれのクラシック音楽歌手ソプラニスタ(男性ソプラノ)。ホリプロ所属。

プロフィール[編集]

高知県立宿毛高等学校では吹奏楽部所属。もともとサックス奏者志望であったが、レッスンで聞かせた歌声に師から世界的にも珍しいソプラニスタの素質を見出され、師の勧めで国立音楽大学声楽科に入学し、同大学を1999年卒業

卒業直後にパリ・プーランク音楽院に入学し、2002年首席で修了、帰国する。

2003年11月にCDデビュー。テレビCMなどで楽曲が使用されるようになりブレーク。ソプラニスタである高音とそのギャップのある巨漢のキャラクターも注目を集め、『たけしの誰でもピカソ』『うたばん』等のバラエティ番組にも出演した。音大在学時から全国の学校でのコンサートを続けるなど、歌手の卵を積極的に応援している。

クラシック音楽だけでなくポピュラー音楽も取り上げ、井上陽水らがオリジナル楽曲を提供している。

ドラゴンクエストをモチーフにしたというコスチュームを身に纏っている。

レパートリーは、バロック時代のカストラート作品から宗教曲、オペラ、日本歌曲、クラシカル・クロスオーバー、ミュージカル、ポップスと多岐にわたり、国内主要オーケストラや様々なアーティストとの共演の他、モスクワ・フィルハーモニー交響楽団、イギリス室内管弦楽団、ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団、プラハ室内管弦楽団といった海外オーケストラとも共演している。

これまでに神﨑克彦、瀬川武、宇田川貞夫、A.パパジャクに師事。

特徴[編集]

裏声ではなく地声でソプラノの音域を歌いこなす。

ディスコグラフィー[編集]

シングル[編集]

  1. 涙のアリア(2004年01月21日)
  2. E-I-E-N(2004年10月21日)
  3. 空へ(2005年02月02日)
  4. 道標(2009年08月19日)福山雅治の楽曲をカバー

アルバム[編集]

  1. ソプラニスタ(2003年11月26日)オリコン100位
  2. ソプラニスタ・コンサート(2004年06月23日)
  3. ラ・ヴォーチェ(2004年11月26日)
  4. 旅立ちの日に(2005年11月16日)
  5. ソプラニスタ・ザ・ベスト(2007年01月13日)オリコン274位
  6. ジパング -心に響く、日本のうた-(2010年01月20日)
  7. 君のために歌おう(2011年02月23日)

DVD[編集]

  1. ソプラニスタ・コンサート(2004年06月23日)

書籍[編集]

  • 神崎克彦『ソプラニスタ 奇蹟の歌声—岡本知高とその世界』日本文芸社、2005年 ISBN 978-4537253375

関連項目[編集]

  • 牡丹と薔薇 - 岡本の『涙のアリア』が主題歌に起用されたテレビドラマ

外部リンク[編集]