槙野智章

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
槙野 智章 Football pictogram.svg
名前
愛称 マキ、マッキー、トンジ[1]
カタカナ マキノ トモアキ
ラテン文字 MAKINO Tomoaki
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 1987年5月11日(27歳)
出身地 広島県広島市
身長 182cm
体重 77kg
選手情報
在籍チーム 日本の旗 浦和レッドダイヤモンズ
ポジション DF
背番号 5
利き足
ユース
1994-1999 日本の旗 井口明神FC(草津小
2000-2002 日本の旗 サンフレッチェ広島jr.ユース (庚午中)
2003-2005 日本の旗 サンフレッチェ広島ユース (吉田高)
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2006-2010 日本の旗 サンフレッチェ広島 130 (20)
2011-2012 ドイツの旗 1.FCケルン 8 (0)
2012 日本の旗 浦和レッドダイヤモンズ(loan) 33 (6)
2013- 日本の旗 浦和レッドダイヤモンズ
代表歴2
2010- 日本の旗 日本 14 (1)
1. 国内リーグ戦に限る。2012年12月4日現在。
2. 2013年9月10日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

槙野 智章(まきの ともあき、1987年5月11日 - )は、広島県広島市出身のプロサッカー選手Jリーグ浦和レッドダイヤモンズ所属。ポジションはディフェンダー広島県立吉田高等学校卒業。元日本代表

来歴[編集]

プロ入り前[編集]

サッカーファンであった父と、既にサッカーを始めていた2人の兄[注 1]の影響で小学1年生からサッカーを始めた[2]。地元草津の草津小学校のサッカー少年団は4年生からしか入団できなかったため、隣町井口の井口明神小学校のサッカークラブに入団し[2]、小学6年次にはFWとしてフジパンカップ広島県大会で3位入賞した。

2000年にサンフレッチェ広島ジュニアユースに入団。同期には森重真人左山晋平などがいる。当初はFWのポジションでプレーし、森重や平繁龍一と2トップを組んでいたが、トップ下、サイド、ボランチなど様々なポジションを経て、中学3年次にコーチの月岡利明によりセンターバックにコンバートされた[2]

2003年にユースチームに昇格。ユース時代からの同期には柏木陽介木原正和福本尚純がいる。2年次からセンターバックとしてレギュラーを獲得し、ユースレベルでの3大大会の全てで決勝に進出し2冠達成に貢献した。一学年上の藤井大輔と組んだセンターバックは森山監督から「同世代には絶対に破れない」と賞賛された。3年次には広島ユースおよびおかやま国体における広島県選抜の主将を務めた。各年代別代表にも招集されここでも主将を務め中心選手として活躍した[2][3]

サンフレッチェ広島[編集]

2006年に柏木、橋内優也趙佑鎮と共にサンフレッチェ広島のトップチームに昇格。同年11月に開催されたAFCユース選手権2006および翌2007年7月に開催された2007 FIFA U-20ワールドカップでは福元洋平とセンターバックでコンビを組み、守備の要として、またムードメーカーとしても活躍した。カナダで開催されたU-20ワールドカップ本大会では髪を赤に染めていたが、これは当時広島でチームメイトだった戸田和幸FIFAワールドカップ・日韓大会でのヘアースタイルを真似たものである。現地では「ジャパニーズ・ベッカム」と評され注目を集めた。2009年にA代表に初招集されたときにも同様の髪型にしている[4][5]

2007年8月にダリオ・ダバツおよび盛田剛平が負傷したため先発メンバーに抜擢され、以降レギュラーとして定着した[6]。同年末にJ2降格が決まった際も佐藤寿人と共に真っ先に広島残留を表明している。2008年シーズンは駒野友一の移籍に伴って空いた背番号5をつけ、出場停止1試合を除く全試合に出場し、1年でのJ1昇格に貢献した。

2009年は初めてJ1で一年間レギュラーとして出場し続け、DFではリーグ最多の8得点を挙げた。5月にはキリンカップおよび2010 FIFAワールドカップ・アジア予選に臨むサッカー日本代表合宿に初招集されたものの出場はなかった。

2010年1月、既に予選突破を決め、若手が起用されたアジアカップ最終予選イエメン戦で代表初出場を果たし、ゲームキャプテンも務めた[7]。5月に発表されたFIFAワールドカップ・南アフリカ大会本大会の日本代表メンバーからは落選したが、予備登録選手に選出された。この年はリーグ全34試合に出場、うち33試合ではフル出場し、初のJリーグベストイレブンに選出。また、全試合に出場しながら警告・退場が1枚もなく、フェアプレー個人賞を受賞した。同年末にはAFCアジアカップ2011に臨む日本代表に選出されたものの、怪我により大会直前に途中離脱した。

1.FCケルン[編集]

2010年12月30日、ドイツ・ブンデスリーガ1.FCケルンへ完全移籍加入することで合意したと発表された[8]。契約期間は2013年6月30日まで。代理人は長谷部誠香川真司らと同じトーマス・クロート。2011年1月29日、FCザンクトパウリ戦でブンデスリーガデビュー。チームは敗れたがフル出場した。しかし、その後は中々出場機会に恵まれず、移籍1年目は出場5試合にとどまった。翌2011-12シーズンも前半戦でわずか3試合の出場のみとなった。

浦和レッズ[編集]

2012年1月11日、出場機会を求め、広島時代の恩師であるミハイロ・ペトロヴィッチが監督に就任した浦和レッズへの1年間の期限付き移籍が決定した[9]。2012年2月24日のキリンチャレンジカップアイスランド戦で代表初得点を挙げた。浦和加入後、ペトロヴィッチ監督の愛弟子としてチームを牽引。6得点を記録し、チームの2008年以来のACL出場に貢献。また、自らが音頭を取り、浦和サポーターが勝利の凱歌として歌う『We are Diamonds』をホーム開催試合に限り、メンバー入り選手全員もサポーターと共に歌うなど、持ち前の明るいキャラクターでチームとサポーターの距離を縮める施策を実行した。

2012年12月4日、2013年シーズンより浦和への完全移籍加入が発表された[10]。また背番号を「5」に変更し、この年はリーグ戦34試合全試合に出場した。

人物[編集]

森山佳郎曰く「一言で言うとファイター」[11]ミハイロ・ペトロヴィッチ曰く「DFらしいDF」。コーチングに優れ、高い身体能力と闘争心を持ち、1対1の局面での強さに定評がある。[1][3][6]

また、得点への意欲が非常に高いのも特徴[注 2]。広島では3バックの一角を務めていたが、試合中もセットプレーのみならず、流れの中で自由に前線へ上がり、強引なドリブル突破からシュートを放つシーンもしばしば見られ、自らのポジションを「DFW(DFながらFWの役割も果たす)」と称する[6]。フリーキック、ペナルティキックなどのプレースキッカーも務めており、特にFKは高い精度を持つ。PKにおいては、後ろ向きの状態から反転してキックを放つという独特の蹴り方を行う。

非常にポジティブで物怖じしない性格。ムードメーカーであり、数々のエピソード[注 3][注 4]を持つ[6]。地元プロ野球広島東洋カープファンで選手とも交流があり、特に天谷宗一郎外野手とは親交が深い[12]

好きな言葉はアーセナルの研修に参加した木村孝洋元サンフレッチェ監督が語った『Big heart』と、広島ユースの監督森山佳郎の『気持ちには引力がある』であるとインタビューで語っている。[13]

2011年3月24日に大手芸能プロダクションのホリプロとマネージメント契約を結んだ[14]

パフォーマンス[編集]

「プレー以外の面でも観客にサッカーを楽しんで欲しい」という考えから、ピッチ内外において様々なパフォーマンスを行なっている。

サンフレッチェ広島在籍時の2007年の途中から、当時チームメイトだった柏木陽介とともに、ホームゲームでの勝利後、マスクやコスプレ衣装などのパーティーグッズを着用してサポーターの前でスピーチや歌を披露し、勝利を喜び合うパフォーマンスを始めた。やがてこのパフォーマンスは「サンフレッチェ劇場」と呼ばれるようになり、他のチームメイトも加えて勝利後の恒例行事になった。

2010年には、「ただのPKでは面白くない」という理由から、J1第1節清水エスパルス戦、AFCチャンピオンズリーグ2010グループリーグ第6節浦項スティーラーズ戦において、佐藤寿人との連携でPKを蹴る「トリックPK」を披露した。

中でも槙野の代名詞となっているのが、チームの得点後に行なう奇抜なゴールパフォーマンスである。2007年のFIFA U-20ワールドカップでは、得点のたびにチームメイトとともに「弓矢を射るポーズ」「ビリーズブートキャンプのエクササイズ」「漫画『ドラゴンボール』の元気玉」といった様々なパフォーマンスを披露。日本のみならず現地カナダでも話題を呼んだ。特に、当時広島でチームメイトだったウェズレイから譲り受けた「弓矢パフォーマンス」は、以降槙野の定番パフォーマンスとなり、2010年途中までは、ゴールを決めると側転してから弓矢を射るパフォーマンスを好んで行なっていた。なお、弓矢を射るパフォーマンスは槙野不在の試合でも行われたり、李忠成がゴール後に行うなど、サンフレッチェにおいては定番のパフォーマンスになりつつある。

2010年のJ1第16節京都サンガF.C.戦では、槙野が釣り人、森脇良太が釣られた魚を演じる、パントマイムのような「魚釣り」パフォーマンスを披露。ここから、「だるまさんが転んだ」「オーケストラ」「カーリング」など、槙野単独ではなく選手全員で行なう大掛かりな寸劇ゴールパフォーマンスを次々と行ない、全国メディアでも大きく取り上げられるようになった。また、同年9月には日本代表の試合(対グアテマラ戦)でも、森本貴幸のゴールで「忍者」のパフォーマンスを披露した。

一方で、清水戦でのトリックPKが後に反則行為と判断されたり[15]、2010年J1第28節横浜F・マリノス戦で、遅延行為だとして主審にゴールパフォーマンスを制止されたり[16] と、その派手なパフォーマンスは時に物議を醸している。槙野はパフォーメンスを巡る意見について、「サッカーファン以外の人、これからサッカーを好きになっていく子供たちにも、もっとサッカーを好きになってほしいという一心でやっている」とコメントしている[17]

2010年12月29日に放送された「徳光&所の世界記録工場」で、パサール・オ・シルクロと呼ばれるフリーキックの世界最長記録30mを記録(前回の記録は小林大悟2008年に達成した29m)。

2011年3月11日、ブンデスリーガ第26節ハノーファー96戦終了後、ユニフォームを脱ぎ、「被災者のみんなへ、ガンバレ!! 一人でも多くの命が救われますように!!」と書かれたアンダーシャツを披露し、同日に日本で起きた東北地方太平洋沖地震の被災者に向けメッセージを送った[18]

2012年12月2日のJ1第34節では、後半にフリーキックにて直接ゴールを決めた直後「J.LEAGUEを 日本を みんなで盛り上げよう」と書かれたTシャツをユニフォームを脱いで披露した。このパフォーマンスに対しイエローカードが出された。

2013年は、ガムテープを文字形に貼り付けた黒いTシャツをベンチ入りメンバー全員で着用し、人文字を作るパフォーマンスを考案し、ホーム開催の勝利試合後に行っている。

2014年6月1日ナビスコカップ7節で、移籍の決まっていた原口元気の蹴った直接フリーキックのこぼれ玉を押し込みゴール後ユニフォームを脱ぎ背番号9番と「浦和→ドイツ=ロシアW杯 バイバイ泣き虫ゲンキ!!元気!!」とプリントされたアンダーシャツを披露しイエローカードを出された。

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 ナビスコ杯 天皇杯 期間通算
2006 広島 28 J1 1 0 1 0 0 0 2 0
2007 18 1 4 0 5 0 27 1
2008 5 J2 44 7 - 4 1 48 8
2009 J1 33 8 2 0 2 0 37 8
2010 34 4 4 1 1 1 39 6
ドイツ リーグ戦 リーグ杯 DFBポカール 期間通算
2010-11 ケルン 43 ブンデス1部 5 0 - - 5 0
2011-12 18 3 0 - 0 0 3 0
日本 リーグ戦 ナビスコ杯 天皇杯 期間通算
2012 浦和 20 J1 33 6 4 0 3 0 40 6
2013 5 34 6 4 0 1 0 39 6
2014
通算 日本 J1 153 25 19 1 12 1 184 27
日本 J2 44 7 - 4 1 48 8
ドイツ ブンデス1部 8 0 - 0 0 8 0
総通算 205 32 19 1 16 2 240 35
その他の公式戦
国際大会個人成績
年度 クラブ 背番号 出場 得点
AFC ACL
2010 広島 5 4 1
2013 浦和 6 0
通算 AFC 10 1

出場歴・タイトル[編集]

クラブ[編集]

アンダーカテゴリー
トップチーム

代表歴[編集]

出場大会[編集]

アンダーカテゴリー
A代表

試合数[編集]

  • 国際Aマッチ 14試合 1得点 (2010年 - )


日本代表 国際Aマッチ
出場 得点
2010 4 0
2011 4 0
2012 3 1
2013 3 0
通算 14 1

ゴール[編集]

# 開催年月日 開催地 対戦国 勝敗 試合概要
1. 2012年2月24日 日本大阪 アイスランドの旗 アイスランド ○3-1 キリンチャレンジカップ2012

関連情報[編集]

CM
  • AS進学セミナー(2010、広島限定)
  • 「守ろうよ広島」広島県消費生活相談窓口(2010-2011、広島限定)

脚注[編集]

注釈[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 兄の一人は2011年現在富士ゼロックス広島SCに所属するGK・DF登録の選手。2003年・2004年の全広島サッカー選手権大会決勝でチームとして対戦が実現、兄は2試合ともGKとして試合に出場したが弟は出場していない。
  2. ^ 「得点王を狙います」(入団会見のコメント)、「シーズン10得点が目標」(2008年の個人目標を聞かれた際のコメント)といったコメントをしばしば発し、目標の選手には田中マルクス闘莉王を挙げるなど。
  3. ^ 2004年、ユースの中国遠征での移動中、森山佳郎監督の隣に座った槙野は一人ひたすら喋っていたため、森山に「千円やるから10分だまれ」と言われた。その後10分黙り千円を貰ったあと、再び喋り続けた。
  4. ^ 2005年ユース時代にドイツへ遠征に行った際、飛行機の中で13時間一睡もせずに喋り続けた。まずはチームメイトと喋り、チームメイトが誰も相手にしなくなると隣にいた一般人のおじさんと喋り、おじさんが寝ると乗務員の控え室前に陣取ってスチュワーデスと喋り続けた。

出典[編集]

  1. ^ a b WEBサッカーマガジン. “選手データベース”. 2010年1月23日閲覧。子どものころ、豚汁好きから彼の兄が付けたとのこと。
  2. ^ a b c d 紫熊倶楽部2006年2月号
  3. ^ a b 中国新聞 (2006年2月9日). “2006新戦力 DF槙野智章 U-19随一の守備力”. 2010年1月23日閲覧。
  4. ^ J'sGOALフォトニュース、2007年6月29日付
  5. ^ J'sGOALフォトニュース、2009年5月26日付
  6. ^ a b c d サンフレッチェ広島公式 (2008年12月25日). “言葉の力 DF 5 槙野智章”. 2010年1月23日閲覧。
  7. ^ J'sGOALフォトニュース、2010年1月7日
  8. ^ 槙野智章選手、1.FCケルンへの完全移籍合意のお知らせ サンフレッチェ広島公式サイト サンフレNews2010/12/30
  9. ^ 槙野智章選手、加入内定のお知らせ 浦和レッドダイヤモンズ公式サイト 2012年1月11日付、同日閲覧
  10. ^ 槙野智章 完全移籍加入のお知らせ 浦和レッドダイヤモンズ公式サイト 2012年12月4日付、同日閲覧
  11. ^ サンフレッチェ・ラジオ・サポーターズクラブ “GOA〜L” (2006年1月31日). “ゲストギャラリー1月31日放送 サンフレッチェ広島ユース 森山佳郎監督”. 2010年1月23日閲覧。
  12. ^ 広島アスリートマガジン2009年2月号
  13. ^ 『週刊サッカーダイジェストNo.1181(2012/7/31号) 槙野智章「DFWの原点」塚越始』p.43
  14. ^ 槙野ホリプロ契約「親しみやすいスター」- 2011年3月25日閲覧
  15. ^ 広島寿人のトリックPK反則だった! 日刊スポーツ 2010年3月10日付、2010年12月15日閲覧
  16. ^ 槙野パフォーマンス制され欲求不満 日刊スポーツ 2010年11月1日付、2010年12月15日閲覧
  17. ^ 【2010Jリーグアウォーズ】フェアプレー個人賞/槙野智章選手(広島)コメント J's GOAL 2010年12月6日付、2010年12月15日閲覧
  18. ^ 途中出場の槙野が日本の被災地にメッセージ「被災者のみんなへ、ガンバレ!!」 サッカーキング 2011年3月12日、同日閲覧

関連項目[編集]

外部リンク[編集]