プノンペン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
プノンペン特別市
ក្រុងភ្នំពេញ
City of Phnom Penh
市庁舎
座標: 北緯11度33分 東経104度55分 / 北緯11.550度 東経104.917度 / 11.550; 104.917
カンボジアの旗 カンボジア
特別市 プノンペン
面積
 - 計 678.46km2 (262mi2)
標高 11.89m (39ft)
人口 (2011年)
 - 計 2,234,566人
 - 人口密度 3,293.6人/km² (8,530.3人/mi²)
等時帯 カンボジア標準時 (UTC+7)
市外局番 +855 (023)
ウェブサイト プノンペン特別市公式サイト
カンボジア王宮

プノンペンクメール語: ភ្នំពេញ英語: Phnom Penh)は、カンボジア首都で、特別市である。

概要[編集]

カンボジアの行政、文化、経済の中心地で、「東洋のパリ」と謳われたフランス植民地時代の美しい街並みが残っている。また、王宮があり、カンボジア国王一家が住んでいる。

プノンペンという名はクメール語で「ペン(夫人)の丘」という意味である。ペン夫人は信心深い女性で、川を流れてきた仏像を見つけ、近くの丘に祠を作り仏像を手厚く祀ったことから「プノンペン」と名付けられ、それが町の名前になった。その丘はワット・プノン(Wat Phnom)と名づけられ、ペン夫人の像や仏塔が立っている。

歴史[編集]

13世紀 ジャヤヴァルマン7世の時代、ワット・ウナロムの地に寺院が建立されている。 1431年シャムの度重なる侵攻により時の王ポニェ・ヤートアンコール・トムからコンポンチャム州のスレイ・サントーに遷都したが、あまりに河川の氾濫たびたび起こるのでプノンペンに再遷都したという。 15-16世紀はプノンペン、ロンヴァェクと首都も転々とした。

16世紀、四つの大河の出会う場所、すなわちチャット・ムック(「四つの川=四つの顔」を意味する。「四つの腕」という解釈も知られるが間違い)の名で知られたプノンペンは交易がさかんな町ではあったが湿地帯だった。スペイン人やオランダ人、あるいは華僑や日本人が貿易で多数往来していた。彼らはカンボジア王室の内紛に介入したりもしていたという。

1866年王宮建設、ウドンからプノンペンに遷都を行った。

1920年代、"アジアの真珠" として知られる。プノンペン国際空港建設。

1953年のカンボジア独立以来1960年代までは隣国の内戦をよそに表面的な平和を保ち、プノンペンは東洋のパリとしてその美しさと治安のよさを称えられていた。

1970年のロン・ノルによる軍事クーデターにより、アメリカがカンボジアに軍事介入し、共産勢力を攻撃するために農村部に爆撃を開始した。そのため農業ができなくなった農民たちが、アメリカからの空輸食料を求めて首都に集結せざるを得なくなり、1975年ロン・ノル政権末期にはプノンペンの人口は200万人を超えていたといわれている。

1975年4月17日クメール・ルージュによりプノンペンは陥落した。最初は市民に歓迎ムードで迎えられたクメール・ルージュであるが、アメリカが爆撃に来るなどと市民を偽り、あるいは暴力をもって強制的に市民を各方面へと放逐した。この過程で抵抗して射殺されたり、自殺したり病人、老人や子供、妊婦など数万人が犠牲となったといわれている[要出典]。 : またこの時点でカンボジア人と結婚したりしてプノンペンに在留して、放逐された邦人が6名いたといわれているが生還したのは2名のみであり他はいまだに行方不明である。

以後1979年1月7日の、ヴェトナム軍と、ヘン・サムリン率いるカンプチア民族救国戦線とによるプノンペン陥落までの間、都市人口はわずかに5000人ほどであったといわれている。プノンペンにはS21という、元々はキエンスワイという土地で高等学校だった場所に強制収容所が設けられ、ロンノル時代の公務員、軍人、知識人はもとより、クメール・ルージュの忠実な幹部までがさまざまなスパイ容疑のもとに収容、拷問された挙句、市外近郊のチュンエク英語版にある、いわゆるキリング・フィールドにて惨殺された。2万人以上収容されて、生存者はわずかに6名といわれている。ちなみに映画でも有名になったキリング・フィールドという言葉は固有名詞では決してなく、カンボジア各地に存在する。

またこの時代、シハヌーク元国王一族はシハモニ現国王ともどもプノンペンの王宮に幽閉されていた。しかし彼らはプノンペン陥落前にクメール・ルージュによって中国に脱出させられた。

地理[編集]

カンボジア南部にあり、メコン川の上下流・トンレサップ川バサック川の「四つの川」の合流点に位置する(厳密に言えば「トンレサップ」は湖と川の両方を含めた語彙であり、「トンレサップの河川部分」という表現が正しい)。

気候[編集]

プノンペンの気候
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
平均最高気温 °C (°F) 31.5
(88.7)
32.8
(91)
34.9
(94.8)
34.9
(94.8)
34.3
(93.7)
33.5
(92.3)
32.5
(90.5)
32.5
(90.5)
32.3
(90.1)
31.1
(88)
29.9
(85.8)
30.1
(86.2)
32.5
(90.5)
平均最低気温 °C (°F) 21.9
(71.4)
23.0
(73.4)
24.1
(75.4)
25.0
(77)
25.3
(77.5)
25.0
(77)
24.7
(76.5)
24.6
(76.3)
24.3
(75.7)
23.8
(74.8)
22.7
(72.9)
21.7
(71.1)
23.8
(74.8)
降水量 mm (inch) 25.5
(1.004)
11.5
(0.453)
58.0
(2.283)
101.0
(3.976)
111.6
(4.394)
177.1
(6.972)
195.9
(7.713)
172.0
(6.772)
248.8
(9.795)
318.9
(12.555)
135.0
(5.315)
80.3
(3.161)
1,635.6
(64.394)
平均降雨日数 2.8 2.4 5.2 8.6 16.4 16.6 19.6 21.4 19.8 24.0 11.8 4.8 153.4
出典: Hong Kong Observatory October 2011

行政区分[編集]

  1. en:Chamkarmon Districtクメール語: ខណ្ឌចំការមន英語: Chamkarmon District
  2. en:Dangkao Districtクメール語: ខណ្ឌដង្កោ英語: Dangkao District
  3. en:Daun Penh Districtクメール語: ខណ្ឌដូនពេញ英語: Daun Penh District
  4. トゥール・コーククメール語: ខណ្ឌទួលគោក英語: Tuol Kork District
  5. en:Prampi Makara Districtクメール語: ខណ្ឌប្រាំពីរមករា英語: Prampi Makara District
  6. km:ខណ្ឌពោធិ៍សែនជ័យクメール語: 、英語: Porsenchey District
  7. en:Meanchey Districtクメール語: ខណ្ឌមានជ័យ英語: Meanchey District
  8. en:Russei Keo Districtクメール語: ខណ្ឌឫស្សីកែវ英語: Russei Keo District
  9. en:Sen Sok Districtクメール語: ខណ្ឌសែនសុខ英語: Sen Sok District

交通[編集]

Royal.Place.Phnom.Penh.Palais.Royal.Cambodge.001.jpg
プノンペン国際空港
プノンペン駅
プノンペン郊外

空港[編集]

カンボジア最大の空港、プノンペン国際空港がある。日本への直行便は運行されていない。 2014年1月31日時点で年内の直行便運行が予定されている。

鉄道[編集]

仏領インドシナ時代に鉄道が整備され、タイへの国際列車が運行もされていたが、カンボジア内戦により設備は荒廃した。戦後カンボジア国鉄によりプノンペン-バッタンバン間に1週間に1往復運行された時期もあったが、2010年現在全線運休状態である。

バス[編集]

2014年2月2日から、試験的に1路線を走らせ始めた。 モニボン通りを南北に往復するだけだが、10~15分間隔での運行となっている。

国際バス[編集]

また隣国ベトナムホーチミン市への直行または連絡バスがあり、最もメジャーなゲストハウスの老舗キャピタル・ゲストハウスが運行するホーチミン行きのバスは、バベットモクバイ国境までは、キャピタル・ゲストハウスのバスを、ベトナム側はシンカフェのバスを利用する。デタム通りにあるシンカフェ本店の前に到着する。 またタイバンコクへの連絡バスも運行されている。乗り継ぎはシェムリアップの場合が多い。

国内バス[編集]

国内の各都市へは路線バスが運行されている。キャピタルゲストハウスの場合、ゲストハウスの前から、シェムリアップ行き、シアヌークビル行きなどが運行されている。

タクシー[編集]

プノンペン市内から地方への乗り合いの路線タクシーが運行されている。決まった時刻表はなくタクシーが定員になると出発する。

市内を走るメータータクシーが、2008年4月ごろから登場。同年10月現在、依然として台数は少ない。しかし電話予約、無線配車のサービスも受けられるようになっている。

トックトック[編集]

観光客の足として、バイクの後ろにカーゴを連結させ、そこに客が乗車できる仕様。料金は交渉制で、下記のモト・ドップの1.5~2倍ほどの料金。

モト・ドッブ(バイクタクシー)[編集]

庶民の足として、バイクの後ろに客を乗せるモト・ドッブ(バイクタクシー)が市内を流して走っている。料金は交渉制。

水路[編集]

シソワット・キーの船着場から隣国ベトナムヴィンスーン国境を経てチャウドックまでメコン川を通行する国際ボートをいくつかの旅行会社が運営している。

放送[編集]

周波数 局名
918KHz カンボジア国営放送
88.0MHz スウィートFM(クメール語/中国語)
89.5MHz ボイス・オブ・ニューライフ
90.0MHz FM90
90.5MHz Ta Phrom Radio
92.0MHz フランス国際放送(フランス語)
93.5MHz FM93.5
95.0MHz Eagle 95
97.0MHz Planet 97FM
97.5MHz Love FM(英語)
98.0MHz FM98
99.0MHz FM99
99.5MHz FEBC MANILA
100.0MHz BBC(英語)
101.5MHz ラジオ・オーストラリア(英語)
102.0MHz WMC Radio
103.0MHz Municipality Radio(クメール語)
105.5MHz Radio Beehive
107.0MHz Khmer FM
  • 局横の括弧がない局は、現地語で放送

観光[編集]

ワット・プノム

国立博物館があり、アンコール遺跡の複製品がある、本物のライ王の像などがある。

姉妹都市[編集]

プノンペン出身の人物[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]

公式
旅行