2006年のJリーグ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Jリーグ > 2006年のJリーグ
2006年のJリーグ
J1
期間 2006年3月4日-2006年12月2日
優勝 浦和レッドダイヤモンズ
降格 アビスパ福岡
セレッソ大阪
京都パープルサンガ
J2
期間 2006年3月4日-2006年12月2日
昇格 横浜FC
柏レイソル
ヴィッセル神戸
ヤマザキナビスコカップ
2005
2007


2006年Jリーグは、J1リーグ、J2リーグ共に3月4日に開幕。12月2日に閉幕した、J1リーグでの優勝は浦和レッドダイヤモンズ、J2リーグでの優勝は横浜FCであった。

J1[編集]

2006年シーズンのJ1は、J2から昇格した京都パープルサンガ、アビスパ福岡、ヴァンフォーレ甲府を加えた18クラブにより行われた。

J1順位表[編集]

順位 クラブ名 勝点 得点 失点 備考
1 浦和レッドダイヤモンズ 72 22 6 6 67 28 +39
2 川崎フロンターレ 67 20 7 7 84 55 +29 ACL2007出場権[1]
3 ガンバ大阪 66 20 6 8 80 48 +32
4 清水エスパルス 60 18 6 10 60 41 +19
5 ジュビロ磐田 58 17 7 10 68 51 +17
6 鹿島アントラーズ 58 18 4 12 62 53 +9
7 名古屋グランパスエイト 48 13 9 12 51 49 +2
8 大分トリニータ 47 13 8 13 47 45 +2
9 横浜F・マリノス 45 13 6 15 49 43 +6
10 サンフレッチェ広島 45 13 6 15 50 56 -6
11 ジェフユナイテッド市原・千葉 44 13 5 16 57 58 -1
12 大宮アルディージャ 44 13 5 16 43 55 -12
13 FC東京 43 13 4 17 56 65 -9
14 アルビレックス新潟 42 12 6 16 46 65 -19
15 ヴァンフォーレ甲府 42 12 6 16 42 64 -22
16 アビスパ福岡 27 5 12 17 32 56 -24 J1・J2入れ替え戦
17 セレッソ大阪 27 6 9 19 44 70 -26 J2自動降格
18 京都パープルサンガ 22 4 10 20 38 74 -36 J2自動降格
  1. ^ 優勝した浦和が第85回天皇杯で既にACLへの出場権を手にしているため2位が出場枠獲得

J2[編集]

2006年シーズンのJ2リーグのクラブは、J1から降格した柏レイソル、東京ヴェルディ1969、ヴィッセル神戸の3クラブと、日本フットボールリーグから昇格した愛媛FCを加えた13クラブにより行われた。

J2順位表[編集]

順位 クラブ名 勝点 得点 失点 備考
1 横浜FC 93 26 15 7 61 32 +29 J1自動昇格
2 柏レイソル 88 27 7 14 84 60 +24 J1自動昇格
3 ヴィッセル神戸 86 25 11 12 78 53 +25 J1・J2入れ替え戦
4 サガン鳥栖 79 22 13 13 64 49 +15
5 ベガルタ仙台 77 21 14 13 75 43 +32
6 コンサドーレ札幌 72 20 12 16 77 67 +10
7 東京ヴェルディ1969 71 21 8 19 69 75 -6
8 モンテディオ山形 65 17 14 17 68 57 +11
9 愛媛FC 53 14 11 23 51 63 -12
10 水戸ホーリーホック 51 14 9 25 48 69 -21
11 湘南ベルマーレ 49 13 10 25 61 87 -26
12 ザスパ草津 42 9 15 24 54 86 -32
13 徳島ヴォルティス 35 8 11 29 43 92 -49

入れ替え[編集]

J1→J2[編集]

J1リーグ17位のセレッソ大阪、18位の京都パープルサンガがJ2へ自動降格した。

J2→J1[編集]

J2リーグ優勝の横浜FC、2位の柏レイソルがJ1へ自動昇格した。

入れ替え戦[編集]

J1リーグ16位のアビスパ福岡とJ2リーグ3位のヴィッセル神戸J1・J2入れ替え戦に臨んだ。このシーズンから入れ替え戦にアウェーゴール・ルールが導入された。

合計スコアが1-1となったがアウェーゴール・ルールにより、ヴィッセル神戸のJ1昇格、アビスパ福岡のJ2降格が決定した。

表彰[編集]

受賞者
最優秀選手賞 日本の旗 田中マルクス闘莉王浦和レッドダイヤモンズ
得点王 ブラジルの旗 ワシントン浦和レッドダイヤモンズ
ブラジルの旗 マグノ・アウベスガンバ大阪
新人王 日本の旗 藤本淳吾清水エスパルス
フェアプレー個人賞 日本の旗 山岸智ジェフユナイテッド市原・千葉
日本の旗 根本裕一大分トリニータ
最優秀監督賞 ドイツの旗 ギド・ブッフバルト浦和レッドダイヤモンズ
優秀審判賞 日本の旗 上川徹
優秀副審賞 日本の旗 廣嶋禎数
Jリーグベストピッチ賞 平塚競技場
功労選手賞 日本の旗 小島伸幸
日本の旗 相馬直樹
日本の旗 澤登正朗

ベストイレブン[編集]

ポジション 選手名 受賞回数 所属クラブ
GK 日本の旗 川口能活 ジュビロ磐田
DF 日本の旗 田中マルクス闘莉王 3 浦和レッドダイヤモンズ
DF 日本の旗 山口智 ガンバ大阪
DF 日本の旗 加地亮 ガンバ大阪
MF 日本の旗 鈴木啓太 浦和レッドダイヤモンズ
MF 日本の旗 阿部勇樹 2 ジェフユナイテッド市原・千葉
MF 日本の旗 中村憲剛 川崎フロンターレ
MF 日本の旗 谷口博之 川崎フロンターレ
MF 日本の旗 遠藤保仁 4 ガンバ大阪
FW ブラジルの旗 ワシントン 浦和レッドダイヤモンズ
FW ブラジルの旗 マグノ・アウベス ガンバ大阪

記録[編集]

  • J1リーグ通算11,000ゴール
アンドレ(京都パープルサンガ 2006年7月23日 - 第14節vs清水エスパルス・西京極陸上競技場
  • J2リーグ通算5,000ゴール
アジエル(湘南ベルマーレ 2006年7月29日 - 第31節vsコンサドーレ札幌・札幌厚別公園競技場
  • J1リーグ年間ホームゲーム無敗
浦和レッドダイヤモンズ(15勝2分・史上初)

Jリーグ準加盟[編集]

この年よりJFL以下に所属し、将来のJリーグ昇格を目指すクラブを対象とした準加盟制度が導入(実質は準会員制度が廃止された1998年以来の再開)された。
日本フットボールリーグ2006・5位によりJ2昇格はならず

関連項目[編集]

外部リンク[編集]