アジエル・デ・オリベイラ・アモリム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アジエル Football pictogram.svg
名前
本名 アジエル・デ・オリベイラ・アモリム
カタカナ アジエル
ラテン文字 ADIEL de Oliveira Amorim
基本情報
国籍 ブラジルの旗 ブラジル
生年月日 1980年8月13日(33歳)
出身地 サンパウロ州クバトン市
身長 167cm[1]
体重 67kg[1]
選手情報
在籍チーム 武漢卓爾足球倶楽部
ポジション MF
利き足 左足
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

アジエルADIEL de Oliveira Amorim , 1980年8月13日 - )は、ブラジル出身のサッカー選手。ポジションはミッドフィルダー

来歴[編集]

オランダRKCに移籍したゼリコ・ペトロビッチの後釜として2000年途中、浦和レッドダイヤモンズに入団、この年のJ2最終戦で先制ゴールを挙げるなど、レッズのJ1昇格に貢献した。2001年からはブラジルクウェートの計3チームを渡り歩き、2006年から湘南ベルマーレでプレー。2009年1月25日放送のスカパー!J33で「自分の想いは一つ。キャリアが終わるまで、ずっとベルマーレでプレーし続けることです。」と発言。 実力とともに、そのキャラクターもあって、チームメイト、サポーターから愛され、絶対的存在感を持った。

2010年に両足脛骨の疲労骨折のため5月19日に手術を受けたがその後も状態が思わしくなく、外国人枠の制限もあり7月16日に選手登録抹消となった。翌2011シーズンで選手として再登録。開幕戦に先発出場したが、同年限りで退団。湘南の歴史の中では外国人選手として過去最長となる6年間の在籍となった。

2012年より中国・武漢卓爾足球倶楽部へ移籍[1]

エピソード・アラカルト[編集]

  • 写真を撮られる際はほぼ人差し指中指薬指を曲げ、親指小指を伸ばすポーズをする。
  • 2007年に湘南に移籍加入したDFジャーンとは、ブラジルのサントスFCでも一緒にプレーしており、仲が良い。ゴール後はポルトガル語に堪能な加藤望と3人で喜びあう姿が見られた。
  • 湘南含めJリーグに長く在籍したため、ジャーン同様、日本語が上達した。
  • そのジャーンによるとアジエルは「女性と話をするのが苦手で女性が目の前にいると顔が赤くなる」らしい[2]

所属クラブ[編集]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
ブラジル リーグ戦 ブラジル杯 オープン杯 期間通算
1997 サントス 0 0
1998 19 0
1999 9 0
2000 0 0
日本 リーグ戦 ナビスコ杯 天皇杯 期間通算
2000 浦和 35 J2 10 2 0 0 4 1 14 3
ブラジル リーグ戦 ブラジル杯 オープン杯 期間通算
2001 ボタフォゴ 18 3
2002 サントス 4 0
2003 0 0
2004
クウェート リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
2005 アル・カーディシーヤ クウェートリーグ
日本 リーグ戦 ナビスコ杯 天皇杯 期間通算
2006 湘南 10 J2 42 12 - 2 2 44 14
2007 41 12 - 2 0 43 12
2008 26 9 - 0 0 26 9
2009 42 11 - 0 0 42 11
2010 J1 0 0 0 0 - 0 0
2011 J2 35 4 -
中国 リーグ戦 リーグ杯 FA杯 期間通算
2012 武漢卓爾 甲級リーグ
通算 ブラジル
日本 J1 0 0 0 0 - 0 0
日本 J2 196 50 0 0 8 3 204 53
クウェート クウェートリーグ
中国 甲級リーグ
総通算

記録[編集]

代表歴[編集]

  • U-17ブラジル代表

脚注[編集]