武漢卓爾足球倶楽部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
武漢卓爾足球倶楽部
原語表記 武汉卓尔职业足球俱乐部
愛称 漢軍、九頭鳥
クラブカラー 赤・黄
創設年 2009年
所属リーグ 中国甲級
所属ディビジョン 2部
ホームタウン 湖北省武漢市
ホームスタジアム 新華路体育中心
収容人数 32,137
監督 クロアチアの旗 ドラジェン・ベゼク
ホームカラー
アウェイカラー
テンプレート(ノート)サッカークラブPJ
武漢卓爾足球倶楽部
各種表記
繁体字 武漢卓爾職業足球俱樂部
簡体字 武汉卓尔职业足球俱乐部
拼音 Wǔhàn Zhuó ěr Zhíyè Zúqiú Jùlèbù
発音: ウーハン ヅゥーアー ヂーイェ ズーチュウ ジュラブ
英文 Wuhan Zall Football Club
テンプレートを表示

武漢卓爾職業足球倶楽部(ぶかんたくじ-しょくぎょうそっきゅうくらぶ)は、中華人民共和国湖北省武漢市を本拠地とするプロサッカークラブである。中国サッカー・甲級リーグ(中国甲級リ聯賽、国内リーグ2部に相当)に所属する。

歴史[編集]

  • 2008年10月 - 湖北省には元々武漢光谷がリーグに参加していたが、中国サッカー協会から中国サッカー・スーパーリーグ脱退に対して処罰が下り、チームが消失した。これを受け、武漢光谷に所属していた選手の大部分は他のクラブに移籍した。湖北省体育局は湖北省のサッカーの火を絶やさないために、武漢市のU-19代表チームをベースにして新たなプロサッカークラブを作ることを決意。
  • 2009年 - 2月に新たなサッカークラブの名称が湖北緑菌足球倶楽部に決まり、乙級リーグより活動をはじめる[1]。リーグでは南区で優勝、昇格プレーオフでも2位に入り甲級リーグへの昇格を決める。
  • 20102011年 - 武漢中博置業集団と湖北東方国際旅行社が共同で2300万元を出資[2]し、クラブ名が2010年は湖北東方国旅足球倶楽部、2011年は湖北武漢中博足球倶楽部となる。
  • 2011年12月 - 亨達睿投資管理有限公司が新たなスポンサーとして名乗りを上げるが、契約の際に先行して支払う必要がある600万元の支払いが出来ず、スポンサー契約を断念する[3]。その1日後、武漢卓爾発展控股有限公司がスポンサーに名乗りを上げ、無事契約を締結する[4]。これにより、クラブ名が武漢卓爾職業足球俱樂部となる。
  • 2012年 - 10月6日、リーグ2位以内を確定させ、2013のスーパーリーグ昇格を決めた[5]

クラブ名の由来[編集]

スポンサーを務めている卓爾発展控股有限公司がクラブ名の由来となっている。

獲得タイトル[編集]

国内タイトル[編集]

過去の成績[編集]

  • 2009年 - 乙級リーグ 優勝(南区) 昇格プレーオフ2位
  • 2010年 - 甲級リーグ 5位
  • 2011年 - 甲級リーグ 7位
  • 2012年 - 甲級リーグ 2位
  • 2013年 - 超級リーグ 16位

歴代所属選手[編集]

脚注[編集]

  1. ^ "湖北绿茵足球俱乐部"注册成功 参加中乙成定局 sports.sofu.com 2009年2月28日掲載、2012年2月17日閲覧。
  2. ^ 湖北绿茵股权转让更名中博 新赛季投入2300万打中甲 sports.sina.com 2011年1月10日掲載、2012年2月17日閲覧。
  3. ^ 亨达睿中博互相解除“合同”(中国語) 2012年2月17日閲覧。
  4. ^ 湖北首富出手鄂足起死回生 卓尔接盘湖北中博(中国語) 2012年2月17日閲覧。
  5. ^ 武汉卓尔提前3轮完成冲超 鄂足球来年再战中超 武漢卓爾足球倶楽部公式サイト、2012年10月7日掲載、2012年10月19日閲覧。

外部リンク[編集]