湘南ベルマーレ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
湘南ベルマーレ
原語表記 湘南ベルマーレ
愛称 ベルマーレ
クラブカラー     ライトグリーン[1]
    ブルー[1]
    ホワイト[1]
創設年 1968年
所属リーグ 日本プロサッカーリーグ
所属ディビジョン Jリーグ ディビジョン2
クラブライセンス J1
ホームタウン 神奈川県厚木市[1]伊勢原市[1]
小田原市[1]茅ヶ崎市[1]秦野市[1]
平塚市[1]藤沢市[1]大磯町[1]
二宮町[1]寒川町[1]
ホームスタジアム
Hiratsuka20100102 4.JPG
Shonan BMW スタジアム平塚[1]
収容人数 18,500[1]
運営法人 株式会社湘南ベルマーレ[1]
代表者 眞壁潔[1]
監督 韓国の旗 曺貴裁
公式サイト 公式サイト
テンプレート(ノート)サッカークラブPJ

湘南ベルマーレ(しょうなんベルマーレ、Shonan Bellmare)は、日本厚木市伊勢原市小田原市茅ヶ崎市秦野市平塚市藤沢市中郡大磯町二宮町および高座郡寒川町神奈川県の7市3町をホームタウンとする[1]日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟するプロサッカークラブ。

概要[編集]

1994年にJリーグへ加盟[1]。ホームスタジアムはShonan BMW スタジアム平塚[1]、練習場は平塚市の馬入ふれあい公園内にある馬入サッカー場[1]産業能率大学サッカーグランドなどを使用している。チーム名はラテン語のベルス(Bellus、美しい)とマーレ(Mare、海)の2つの単語を合わせた造語[1]

運営会社[編集]

株式会社湘南ベルマーレ
Shonan Bellmare Co., Ltd.
種類 株式会社
本社所在地 254-0026[1]
神奈川県平塚市中堂12-25[1]
設立 1999年12月[1] 8日
業種 サービス業
事業内容 サッカークラブの運営他
代表者 眞壁潔
資本金 6億3,000万円 (2013年1月期)[2]
売上高 8億6,900万円 (2013年1月期)[2]
営業利益 ▲400万円 (2013年1月期)[2]
経常利益 400万円 (2013年1月期)[2]
純利益 400万円 (2013年1月期)[2]
純資産 3,200万円 (2013年1月期)[2]
総資産 3億200万円 (2013年1月期)[2]
決算期 1月期
主要株主 (株)湘南スポーツエンタープライズ、(特非)湘南ベルマーレスポーツクラブ、(学法)産業能率大学他329法人・団体・個人
主要子会社 (特非)湘南ベルマーレスポーツクラブ
関係する人物 河野太郎
外部リンク http://www.bellmare.co.jp
テンプレートを表示

湘南ベルマーレは株式会社法人「湘南ベルマーレ」(社会人=プロとユースのサッカーチームを運営する側)とNPO法人湘南ベルマーレスポーツクラブ」(異競技交流・並びにサッカーのジュニアユース、ジュニアチームを運営する側)に分かれる。

元々、運営法人は株式会社フジタスポーツクラブの商号でフジタが全額出資し、1994年のJリーグ加盟を機にフジタを筆頭スポンサーとして地元企業・団体などに出資を呼びかけ株式会社ベルマーレ平塚、更に1996年からは株式会社湘南ベルマーレ平塚へ名称を変更した。

その後、フジタの経営不振から資金提供が縮小され、資金捻出のためにクラブは中田英寿ら主力クラスを他チームに放出したこともあり、1999年シーズンに最下位となりJリーグ ディビジョン2(J2)へ降格。

その年のシーズン終了後、旧法人だった「湘南ベルマーレ平塚」と新法人である「湘南ベルマーレ」の株式等価交換が行われた。これは一度フジタが全額出資して新法人を設立した上で、その株式を平塚市などホームタウンの自治体や企業・団体・市民などで構成する株主に譲渡し、その代わり旧社の株式をフジタが買い取った上で会社を清算(解散)させるというものだった。旧社は清算後フジタの会社再建の資金に充ててベルマーレの経営から完全に撤退。そして市民参加型の総合スポーツクラブ作りを目指す新生湘南ベルマーレが誕生した。

Jリーグは1999年度からホームタウンをそれまでの原則1市区町村から複数の市区町村にまたぐ「広域ホームタウン制度」が認められ、新法人の設立をきっかけとして平塚市を含む湘南地区10市町村に拡大し、それに伴い登録チーム名称も1993年以来7年ぶりに地域名である「湘南」が復活した。

当初は元ジュビロ磐田小長谷喜久男が社長、会長に衆議院議員河野太郎が就任。サッカーの全てのカテゴリーの運営のみでスタートしたが、2002年からJリーグ百年構想に沿った総合的なスポーツクラブ作り定着を目指して、法人を株式会社とNPO法人の2つにし、そのうちの株式会社法人はJリーグを戦うプロ(社会人)サッカーチーム(トップ&サテライト)と、それに付随する高校生世代を対象としたユースチームの運営に専念するようになった。

現在の主な構成株主は、株式会社湘南スポーツエンタープライズ、公益財団法人平塚市文化スポーツまちづくり振興財団、特定非営利活動法人湘南ベルマーレスポーツクラブ学校法人産業能率大学をはじめとする329の法人・団体、並びに個人である[3]

歴史[編集]

前身[編集]

前身は1968年栃木県で発足した藤和不動産サッカー部(フジタSC)で[1]1975年にフジタ工業サッカー部に改称した[1]1972年日本サッカーリーグ(JSL)1部へ昇格[1]1977年JSLに初優勝。以後、リーグ優勝3回、天皇杯優勝2回を果たす。

1993年に湘南ベルマーレとしてJリーグ準会員申請を行い、磐田とともに適用第1号となった。また、この年のジャパンフットボールリーグ(旧JFL)1部で優勝した。

なお、ベルマーレ平塚へチーム名を改称したが、当時はホームタウンを1つの市区町村とすることを原則としていたため、地域名である湘南のチーム名採用が却下され、本拠地の平塚市の名前を採用した経緯がある(地域密着を参照)。また、チームのホームスタジアムである平塚競技場も当時はJリーグホームスタジアムとしての基準(スタンドで1万5000人以上収容、芝生部分はカウントしないなど。当時メインスタンド以外は全て芝生スタンドであった)を満たしておらず、その改修工事がネックとなって一時はJリーグ昇格が凍結される恐れがあったが[4]、急遽平塚市が競技場のJリーグ規格への改修の予算を取り付けて昇格へとこぎつけた。

1994年 - 1999年(Jリーグ)[編集]

1994年、サントリーシリーズは名良橋晃岩本輝雄の両サイドバックが常に攻撃参加していたが、守備が破綻、大量失点に苦しみ、12チーム中11位に終わった。ニコスシリーズでは左サイドバックに公文裕明を起用、エジソン田坂和昭の両ボランチがサイドバックのカバーにまわる守備体系を整備、特に公文の守備面での活躍は目覚しかった。湘南の暴れん坊ベルマーレ旋風と呼ばれ、V川崎と1勝差の2位に躍進。天皇杯で優勝した。田坂が新人王、ベッチーニョおよび名塚善寛ベストイレブンを受賞した。

1995年中田英寿が入団。シモン加入後のニカノールによる中盤の底に3人のMFを置く戦術スリーボランチを採用。この年はアジアカップウィナーズカップで優勝した。

1998 FIFAワールドカップ日本代表としてGK小島伸幸、MF中田、FW呂比須ワグナー、同韓国代表としてDF洪明甫の計4人の代表選手を輩出した。W杯終了後、中田がイタリアACペルージャへ移籍。この年に姉妹クラブで日本女子サッカーリーグ(Lリーグ)のフジタサッカークラブ・マーキュリーが廃部した[5]

1999年、メインスポンサーのフジタが経営再建のためスポンサーから撤退[5]。また、小島、野口幸司、名塚、田坂、公文、岩元など主力が退団(岩本、名良橋、ベッチーニョ、アウミール渡辺卓は1998年1stステージ以前に退団)。J1リーグ戦は1st・2ndステージ共に最下位(年間4勝)に終わり、Jリーグ ディビジョン2(J2)へ降格した。

2000年 - 2009年(J2)[編集]

2000年[編集]

チーム名を「ベルマーレ平塚」から「湘南ベルマーレ」に改称[1]。ホームタウンを平塚市1市から厚木市伊勢原市小田原市茅ヶ崎市秦野市、平塚市、藤沢市中郡大磯町二宮町および高座郡寒川町神奈川県の7市3町へ変更・広域化した[1][5]

加藤久を監督に迎えて、名古屋からベテランGK伊藤裕二清水からDF白井博幸、元V川崎の前園真聖や元清水の松原良香などを獲得したが、8位に終わった。加藤をシーズン中に解任する発表をしたフロントに不信感を持った前園、松原らの主力もチームを去った。

2001年[編集]

コロンビア代表パラシオスをはじめとしたコロンビア組を中心に補強。1998年以来の復帰となった栗原圭介とエースとして期待された若手FW高田保則がそれぞれ17得点するなど活躍したが、シーズン中盤に栗原が離脱すると同時に失速。前年と同じく8位に終わる。

2002年[編集]

パラシオスを中心とした守備陣と、途中加入した熊林親吾吉野智行らを中心にチームが奮起。前年度に在籍していたガビリアがコロンビアで練習中に落雷を受け死亡する悲報もあったが5位へ躍進。

2003年[編集]

サミアを監督に迎え、フラット3を組み込んだ3-5-2システムを採用。開幕戦こそ機能したが、パラシオスのケガによる離脱、期待されていた元プレミアリーグミドルズブラリカルドの不調など序盤で躓き、10位に終わった(サミアは途中退任、リカルドも退団)。

2004年[編集]

FC東京よりアマラオを獲得したが、前年に続き波に乗れず、監督山田松市に対する批判が集中。第4クールから上田栄治を後任監督に迎えて巻き返しを図ったが、前年と同じく10位で終わった。シーズン終了後、2003年より攻撃の中心として据えられていたキム・グンチョル、シーズン途中でへレンタル移籍していたパラシオスが退団した。

2005年[編集]

シーズン序盤は快調だったが、シーズン中盤に苦戦を強いられ、結局リーグ戦7位でシーズンを終えた。シーズン終了後、ユースからの生え抜きのFW高田保則鈴木良和佐野裕哉吉野智行バリシッチなどが退団した(ちなみに、このシーズンに移籍していった主力クラスはその後他クラブの主力として活躍。サッカー誌のベスト11の常連になるなどの活躍した)。このシーズンの最終戦は横浜FCとの対戦となり、横浜FCにレンタル移籍中であった高田が試合後、横浜FCのユニフォームを脱ぎ、ベルマーレのユニフォーム姿で湘南サポーターに向けて疾走した。

2006年[編集]

レンタル移籍のFW梅田直哉浦和から完全移籍で、山形からMF外池大亮、元浦和のMFアジエル、元山形のMFニヴァウド、FWファビオを獲得した。リーグ戦は、シーズン中盤に8連敗を喫するなどで、上田が監督を辞任。終盤も6連敗するなど11位に終わった。シーズン終了後、佐藤悠介が東京Vへ移籍。また、城定信次小林弘記など7人が退団した。

2007年[編集]

クラブスローガン :「蹴志 Best mind

シーズン前に浅野哲也がトップチームコーチに就任。FC東京からジャーン、山形から原竜太清水から斉藤俊秀、ドイツ3部リーグなどを渡り歩いた鈴木伸貴を獲得。また、鹿島から名良橋晃が11年ぶりに復帰した。また、J1にレンタルしていた選手を呼び戻した(2006年までの湘南のレンタル放出は、資金面などの理由もあり基本的には完全移籍をオプション事項に盛り込んでいた。そのため、レンタル先から復帰させたのは当時としては珍しい事例だった)。アジエルを攻撃の基点としたチーム作りで昇格争いに肉薄、終盤まで昇格の可能性を残したが6位でシーズンを終えた。このシーズンをもって選手会長の外池大亮が引退。

2008年[編集]

クラブスローガン :「志闘 ~HEART&HARD~

左サイドバックのレギュラーを務めていた尾亦弘友希C大阪に移籍。一方で福岡よりリンコン新潟から三田光、FC東京から阿部吉朗、山形から湘南ユース出身の臼井幸平を獲得。リーグ戦は最終節まで昇格争いに絡んだが、最終順位は5位となった。

2009年[編集]

クラブスローガン :「勇志湘南 Heart&Hard

湘南OBの反町康治が監督に就任。また、新潟時代に反町が指導した寺川能人野澤洋輔、元京都のFW田原豊Honda FCからDF村松大輔を獲得した一方、DF斉藤俊秀、FW石原直樹などが退団した。リーグ戦は開幕5連勝でスタートダッシュに成功。シーズンを通して昇格レースに絡み、12月5日の最終節水戸戦で勝利し3位が確定。11年ぶりにJリーグ ディビジョン1 (J1)復帰が決定した(11シーズンぶりのJ1復帰はJリーグ最長記録)。このシーズンをもって、原竜太伊藤友彦が現役を引退した。

このシーズンは終盤の第49節甲府戦(勝ち点91同士で並んでいた)を含むアディショナルタイムでの得点が10得点を数え、最終節水戸戦も2点のビハインドを跳ね返した。

2010年(J1)[編集]

クラブスローガン :「PLAY ON Heart & Hard 2010

反町体制2年目。千葉から新居辰基、新潟から松尾直人札幌から中山元気水戸より小澤雄希神戸より湘南ユース出身の馬場賢治を期限付き移籍で獲得した。

リーグ戦は、開幕前にポジションを問わずケガ人が続出し、引退しユースチームのコーチを務めていた伊藤が現役復帰を余儀なくされ、練習試合が組めなくなるほどに深刻なものとなった。開幕戦(山形戦)は引き分け、第4節の新潟戦で初勝利を収めたが、前年までの堅守が崩壊、大量失点に苦しむ。中でも、前年の昇格の功労者であるアジエルが両脛のケガから立ち直れず選手登録抹消(退団はせず)、効果的な攻め手を欠き、前年までの人数をかけた鋭いカウンターを中心とした攻撃は影を潜めた。

後半戦を前に、選手登録されているGK4人中、3人が負傷離脱中という状況を打開するために、浦和から都築龍太を期限付き移籍で獲得(これと同時に金永基を登録抹消、退団はせず)。さらに中国北京国安に所属していたFWヴァウドと、元FC東京のエメルソンを獲得した。椎間板ヘルニアのため戦列を離れていた野澤洋輔や開幕前に大ケガを負った松尾直人が戦列に復帰したが、7月18日の京都戦以降勝ちが全くないまま、11月14日(第30節)の清水戦に敗れ、4試合を残してJ2降格が決定した。その後も名古屋の優勝を目の前で決められてしまうなど最終節まで連敗を続け、結局リーグ戦21試合連続未勝利となった。これはJ1のワースト記録である(J全体では北九州の35試合連続未勝利がワースト)。また、勝ち点16、シーズン3勝、総失点82、得失点差-51は、2012年にコンサドーレ札幌が更新するまで、J1ワースト記録であった。

2011年 - 2012年(J2)[編集]

2011年[編集]

クラブスローガン :「蹴燃 HEART&HARD

反町体制3年目。清水から西部洋平、FC東京から阿部伸行、C大阪から石神直哉を完全移籍で獲得。また、磐田から大井健太郎、名古屋から巻佑樹平木良樹鹿島から佐々木竜太も期限付き移籍で獲得した。その一方で、エメルソン、寺川能人中山元気らが退団した。開幕戦は岡山に5-0と圧勝したが、昨年同様にケガ人による離脱者が多数出てしまい、シーズンを通しほぼ中位に停滞。またシーズン途中にフィジカルコーチが交代するという異例の事態に陥った。シーズン成績は14位に終わった。

天皇杯は4回戦で川崎を撃破した。シーズン終了後、反町が契約満了により監督を退任した。

2012年[編集]

クラブスローガン :「蹴激

新監督に曺貴裁が就任。

6年間在籍していたアジエルルーカス小澤雄希が退団、西部洋平が川崎に、田原豊横浜FCに、臼井幸平栃木SCに、松尾直人関西サッカーリーグFC大阪に、野澤洋輔松本に、昨シーズン甲府にレンタル移籍していた阿部吉朗が磐田に、JFLツエーゲン金沢にレンタル移籍していた菅野哲也関東サッカーリーグ1部S.C.相模原に完全移籍、石神直哉大分に、松浦勇武がJFL・FC琉球にレンタル移籍、大井健太郎(磐田に復帰⇒新潟へ完全移籍)、巻佑樹(名古屋へ復帰)、佐々木竜太(鹿島へ復帰)がレンタル移籍期間満了につき退団したが、神戸から馬場賢治山形から下村東美古橋達弥パウリスタFCからマセナを完全移籍で、大宮から宮崎泰右、新潟から昨シーズン愛媛FCにレンタル移籍していた大野和成をレンタル移籍で獲得、 松本拓也古林将太島村毅がレンタル移籍先から復帰、植村慶三平和司のレンタル移籍期間が延長、大槻周平三原向平が新加入した。 また7月には札幌のキリノを完全移籍で獲得した。

リーグ戦は、開幕戦で前年度天皇杯準優勝の京都に勝利。開幕から9試合を4連勝2回を含む8勝1分負けなしで、第3節終了時から首位をキープ。第10節(水戸戦)から第17節(北九州戦)まで8戦勝ち無しで第13節に2位、第17節終了時には6位まで順位を下げたが、第18節から9試合連続負けなし(5勝4分)で、第31節(栃木戦)に勝利して2位に浮上。第39節の千葉戦に引き分けて3位となったが、最終節に町田戦に勝利して、京都に代わって自動昇格圏内の2位に入り、3年ぶりのJリーグ ディビジョン1 (J1)復帰が決定した。シーズン終了後に12年間在籍していた坂本紘司が引退した。

2月には1億円を超える債務超過に転落し、最悪の場合はクラブ自体の解散の可能性もあるとの一部報道があった(実際の債務超過額は8268万9819円)が、9月から10月にかけて行われた湘南ベルマーレ持株会への一口5万円の拠出金の募集に4,120万円、普通株に2,980万円の申込みがあり、合計7,100万円の増資を行った[6]。また、第2回湘南ベルマーレ持株会への一口5万円の拠出金の募集により1,000万円、普通株の3,000万円の申込みがあり、Jリーグの承認後に2013年1月の臨時株主総会の承認を受け増資を行う予定[7]。 最終的に上記2回の増資により債務超過は解消した。また5期ぶりの黒字計上となった[8]

2013年(J1)[編集]

クラブスローガン :「蹴躍

曺体制2年目。 金永基大分)、松本拓也北九州)、福田健人が(新潟S)、前年大分へ期限付き移籍していた三平和司京都)が完全移籍、松浦勇武JFL琉球植村慶磐田)が期限付き移籍先へ完全移籍。三原向平愛媛)、山口貴弘長崎)、今シーズン大阪桐蔭高校から加入した白井康介(JFL・福島U)が期限付き移籍、宮崎泰右大宮)、イ・ミンス清水)が所属元へ復帰した。

補強は、栃木から宇佐美宏和荒堀謙次東京Vから梶川諒太山形から鈴木雄太が完全移籍で、川崎から安藤駿介から中川寛斗武富孝介クォン・ハンジンが期限付き移籍で獲得、新外国人としてムアントン・ユナイテッドからエジバウドを獲得、河野諒(前年2種登録選手)、村岡拓哉吉濱遼平(前年特別指定選手)、田村翔太が新加入した。

シーズン中には、エジバウドが退団、クォン・ハンジンが群馬へ期限付き移籍先が変更、キリノアル・シャアブへ、岩上祐三松本山雅FCへ期限付き移籍したが、水原三星ブルーウィングスからステボペロタスからウェリントンが完全移籍で、コメルシアルからアレックス・サンターナFC東京から大竹洋平が期限付き移籍で加入、特別指定選手として三竿雄斗宮市剛菊地俊介福岡将太(ともに2014年に正式加入することが内定)、2種登録選手として南翔太が加入した。

リーグ戦は開幕から6戦勝ち無し(3分3負)となったが、第7節大分戦に2-1で勝利し初勝利を挙げた。 しかしながら折り返しの17節まで3勝4分10負の勝ち点13で16位と苦しい戦いが続き、第32節のFC東京戦に1-2で敗れ16位以下が確定、J2降格が決まった[9]

2014年(J2)[編集]

J2降格こそしたものの、2013年12月11日の時点で、曺体制を継続、3年目の指揮を執ることを発表[10]

下村東美古橋達弥石神直哉らベテラン選手の契約満了を発表[11]高山薫韓国栄に完全移籍、田村翔太河野諒祐村岡拓哉猪狩佑貴の4名が福島に、鎌田翔雅岡山に、馬場賢治水戸にレンタル移籍。レンタル移籍中だった三原向平愛媛)、山口貴弘長崎)の移籍期間が延長、大野和成新潟)、安藤駿介川崎)、アレックス・サンターナコメルシアル)がそれぞれ所属元へ復帰した。

補強面では、愛媛より秋元陽太を、FC東京よりレンタル移籍中の大竹洋平ヴィトーリア ダ コンキスタよりエデルを完全移籍で獲得。福島にレンタル移籍中の吉濱遼平白井康介が復帰。前年からよりレンタル移籍中の武富孝介中川寛斗の移籍期間が延長。FC東京から丸山祐市が、鳥栖から岡田翔平がレンタル移籍で加入した。

成績[編集]

通算得点ランキング[編集]

順位 選手名 得点数
1 坂本紘司 57
2 ベッチーニョ 56
3 野口幸司 53
4 アジエル 48
5 高田保則 43
6 石原直樹 41
7 呂比須ワグナー 36
8 加藤望 30
9 栗原圭介 29
10 柿本倫明 28
11 阿部吉朗 25
12 中村祐也 22
13 アウミール 17
13 原竜太 17
15 中田英寿 16
16 岩本輝雄 15
16 高山薫 15

※2012年シーズン終了時 太字は2012シーズンに在籍した選手

(Jリーグ・J1およびJ2のみ。ヤマザキナビスコカップ天皇杯全日本サッカー選手権大会FUJI XEROX SUPER CUPアジアカップウィナーズカップ等は含まない)

タイトル[編集]

国内タイトル[編集]

国際タイトル[編集]

個人別[編集]

Jリーグ ディビジョン1(Jリーグ)

ベルマーレクイーン[編集]

2010年シーズン開幕前に、ラ・パルレの協賛で4名のベルマーレクイーン、1名のベルマーレマーメイドが選出された。5名はホームゲーム・ホームタウン内のイベントに登場しチームのマスコットとして精力的に活動。個人的にアウェーに出向くメンバーも存在する。ラ・パルレが倒産したが、引き続き2011年もメンバーを入れ替えて活動を続けており、週刊サッカーマガジン2011年6月発売の足立梨花女優・Jリーグ広報女子マネジャー)によるインタビュー企画にも登場した。2012年にもインターネット投票などを通じて4人のベルマーレクイーンが決定され、うち2人は2年ぶりの就任となった。2013年にもインターネット投票などを通じて4人のベルマーレクイーンが決定された。

ベルマーレクイーン(2010年)[編集]

ベルマーレマーメイド(2010年)[編集]

ベルマーレクイーン2011[編集]


ベルマーレクイーン2012[編集]

ベルマーレクイーン2013[編集]

下部組織・育成[編集]

2002年特定非営利活動法人(NPO法人)湘南ベルマーレスポーツクラブ(以下、湘南SC)を設立。湘南SCへジュニア、及びジュニアユース部門を移管した(ユースチームは第1種チーム(トップ&サテライト)とともにベルマーレが運営)。また、湘南SCではビーチバレーボール、トライアスロンチーム、ソフトボールチームを保有している(詳細後述)。

さらに、地元の大学である産業能率大学に共同講座を設けたり、リーガ・エスパニョーラオサスナと提携。2007年4月、神奈川県のフットサルクラブの「P.S.T.C LONDRINA」のトップチームを傘下に収めて、湘南ベルマーレフットサルクラブを結成。2010年、自転車ロードレースチームの「コムレイド」と提携し、「湘南ベルマーレロードレーシングチーム」を結成。

2010年から2010年までは横浜ベイスターズ(現在の横浜DeNAベイスターズ)のファーム(2軍)チームの「湘南シーレックス」と連携。また、2013年3月より福島ユナイテッドFCと「営業・事業」「強化」「アカデミー」に関する提携を締結した(後述[12][13]

クラブハウス[編集]

2006年9月までは、かつての親会社であったフジタが所有する大神グラウンドを練習場とし、クラブハウスも置いていたが、大神グラウンドを2004年に買収した松蔭大学松蔭大学湘南キャンパスのグラウンドとした。2006年9月までは契約でベルマーレの練習場として使用していたが、2006年10月より馬入サッカー場に練習場を移すと共に、事務所やクラブハウスも馬入サッカー場の隣接地に移転した。

日系ベルマーレ[編集]

2006年、日系ベルマーレ(CLUB NIKKEI BELLMARE)を設立。強化プログラムの一環として、外国籍枠のないパラグアイリーグで若手選手の派遣・育成・強化を図る計画であり、同リーグの地域2部(実質4部に相当)に所属。チーム顧問として、南米サッカー連盟会長のニコラス・レオスも名を連ねる。将来的にはこのクラブで育った選手が湘南ベルマーレへ、そして世界のリーグ・クラブへ選手たちが飛躍していくことを願い、サポートしていきたいと関係者が語っている[14]

クラブの運営主体は現地法人のサクラグループ社と日本のSEA Global社が出資して設立した「社団法人 日系ベルマーレ」である為、湘南ベルマーレは出資はしていない。両クラブの関係は提携・協力という形となる。 海外で選手を育成しようという意図としては同じものではあるが、アルビレックス新潟が母体となり設立されたアルビレックス新潟・シンガポール[15] また、プロ野球広島東洋カープが直接運営するカープアカデミー[16] などとは異なった組織となっている

Jリーグ他クラブとの提携[編集]

2013年、当時日本フットボールリーグに在籍していた福島ユナイテッドFC2014年からJ3リーグ昇格)との業務提携を行った。両クラブは、クラブやホームタウンの枠を飛び越えて、互いのスケールメリットを拡大すると共に、さらなるクラブの価値向上と発展を目指すことを念頭に、営業・事業、選手やコーチなどの育成、下部組織の提携などを進めていく[12]

このことで、湘南に所属する選手でなかなか出場機会を得られない選手を福島に紹介し、期限付き移籍(若手選手育成型含む)などにより実践機会の提供強化を図ること、さらに福島が湘南の練習場(馬入サッカー場)を会場としたシーズン開幕前の練習開催や、2014年1月に平塚で行われた合同ファン感謝イベントで、互いのサポーターが提携関係のクラブのグッズの購入するなどの相乗効果やメリットを生み出すことができる[17]としている。

中田英寿との関係[編集]

中田英寿はベルマーレに1995年から1998年7月まで在籍した。

  • プロ経験をスタートさせたクラブであり、約3年半所属した元所属チームへの支援を惜しまない。2000年-2001年の2年間は自らのHP nakata.netをユニフォーム背中部分のスポンサーとして支援し、2002年-2013年現在まではオフィシャルクラブパートナーとして支援している。
  • 2006年、中田がデザインしたユニフォームを、ジュニアユースチームが全国大会などで着用した。詳細は後述の#特殊ユニフォーム参照。
  • 2008年、中田が主催するTAKE ACTION! 2008 『+1 FOOTBALL MATCH』に向けての身体作りの為、湘南の練習に参加[18]
  • 2010年2月、『湘南ベルマーレJ1昇格記念試合』として、湘南OBチームの「We're back F.C.」と「TAKE ACTION F.C.」とが対戦。中田にとっては海外移籍以来となる平塚競技場での試合となり、前半は「TAKE ACTION F.C.」、後半は「We're back F.C.」のメンバーとして出場した。
  • 2013年1月、ベルマーレ創立20周年記念試合「Re-member」にベルマーレOBとして出場。

ユニフォーム[編集]

ユニフォームの色
カラー シャツ パンツ ストッキング
FP(1st) 黄緑[1] 黄緑 黄緑
FP(2nd) [1]
GK(1st) ピンク ピンク ピンク
GK(2nd) 水色 水色 水色
FP 1st
FP 2nd
GK 1st
GK 2nd

チームカラー[編集]

  •     ライトグリーン[1]    ブルー[1]    ホワイト[1]

ユニフォームデザイン[編集]

  • 1997年にJリーグクラブで初めて、背番号の下に背ネームを採用。1997年-1999年及び2002年-2004年に採用された。
  • 2000年までライトグリーンを基調。2001年よりブルー基調に変更したが、2010年よりライトグリーンを基調とするデザインに再度変更している。
  • ライトグリーンは親会社であったフジタのイメージカラーであるが、1994年のJリーグ加盟時にJリーグ側から青からの変更依頼があったためライトグリーンを全面に押し出した。詳しくは後述のユニフォームカラーの問題参照。
  • 2013年から付いた左胸のエンブレム上の星2つ(★)は第74回天皇杯全日本サッカー選手権大会(1994年)およびアジアカップウィナーズカップ1995-96の優勝を表している[19]

ユニフォームスポンサー[編集]

掲出箇所 スポンサー名 表記 掲出年 備考
トライテラス TRI TERASU 2013年- 掲出はナビスコ杯大宮戦から[20]
背中 産業能率大学 産業能率大学 2010年- 2004年途中-2009年までは胸
ウイルプラスホールディングス チェッカーモータース 2012年-
パンツ 横浜ゴム YOKOHAMA 2014年-

ユニフォームサプライの遍歴[編集]

  • 1992年 - 1993年 (Jリーグ準会員) アシックス 93年天皇杯のみベーシック (フェニックス)
  • 1994年 - 1996年 リーグ戦はミズノ、カップ戦はベーシック (フェニックス)
  • 1997年 - 1998年 リーグ戦はミズノ、カップ戦はカッパ・スポーツ (フェニックス)
  • 1999年 - 2002年 カッパ・スポーツ (フェニックス)
  • 2003年 - 2004年 プーマ
  • 2005年 PIKO (製作:エレア・ジャポネスポーツ)
  • 2006年 PIKO (製作:エーライン・ジャポネスポーツ)
  • 2007年 - 2011年 A-LINE (エーライン・ジャポネスポーツ/カレッジリーグ)
  • 2012年 - PENALTY

歴代スポンサー年表[編集]

年度 背中 パンツ サプライヤー
1994 DDI Tohato HOYA Mizuno/Basic
1995
1996 FUjiTA
1997 Mizuno/Kappa
1998
1999 -/DDI POCKET -/cdmaOne Kappa
2000 DDI/KDDI -/Bloomberg nakata.net
2001 Bloomberg Rhythmedia
2002 Rhythmedia Tribe avex group -
2003 -/Regain PUMA
2004 Rhythmedia Tribe/
産業能率大学
avex group
/APT HOME
Regain/
SANKYO
SANKYO
2005 産業能率大学 APT HOME SANKYO PIKO
2006 -/グッドウィル Daiichi
Sankyo
2007 SANNO グッドウィル A-LINE
2008 APT HOME/- -
2009 - -/クリック証券
2010 La PARLER/I Net Rely ジーコムNOVA 産業能率大学 シノケン
2011 - - -
2012 -/日本端子 チェッカーモータース -/TRUST TECH PENALTY
2013 -/TRI TERASU -/START
2014 TRI TERASU YOKOHAMA


特殊ユニフォーム[編集]

  • アジアカップ戦用ユニフォーム
アジアでのカップ戦では、胸がHOYAの物、リーグ戦と同様にDDIの物などいくつか種類がある。基本はベーシック製のカップ戦ユニフォームと同じデザイン(ただし袖にスポンサーはなく、背も個人名が入っている)。また1995年の中国遠征時及びプレシーズンマッチとして行われた湘南ローズカップ用として、胸スポンサーがFujitaになっている物も存在する。アジアスーパーカップでは、胸にDDI、袖に日の丸がついたユニフォームを着用した。
  • レジェンド・オブ・ベルマーレ
2003年、ベルマーレの誕生10周年を境に、100試合以上(9,000分以上)出場し、クラブの発展に貢献した選手を「レジェンド・オブ・ベルマーレ」と称し表彰。受賞者には在籍当時に付けていた背番号と名前をゴールドでプリントした、表彰したシーズンのホームモデルユニフォームが贈られる。
しかし、正式な受賞者は2003年のベッチーニョのみ。同じく2003年に呂比須ワグナーが規定出場時間には届かないが、1998 FIFAワールドカップの出場に貢献したなどの特例を受けて受賞した。
  • ジュニアユース全国大会用ユニフォーム
2006年よりジュニアユースチームが公式戦の決勝トーナメントなど、特別な試合でのみ着用するユニフォームが存在する。ベルマーレOBの中田英寿が2004年にベルマーレから依頼された物で、デザインを中田が監修、ウェア自体も彼がチームにプレゼントしている。
これは、ジュニアユースの子供達に物を大切にして欲しい、そうした気持ちも育てていかなければならないと感じたジュニアユースコーチ達が、大学ラグビーの正選手のみに渡されるユニフォームにヒントを得て、「憧れの選手のデザインした物ならば、愛着が生まれ、大切に使うのでは」と思い立ち、中田にオファーした物。
  • 七夕記念ユニフォーム
2007年:湘南ひらつか七夕まつりの盛り上げとホームタウンの結びつきを強める狙いで[21]7月7日の試合においてのみ使用された。1試合のみ着用されるユニフォームはジュビロ磐田の10周年記念ユニフォームに続き2例目で、登録上は両方ともサードシャツ扱いとなっている。
2009年:エーラインが七夕マンスリーと題して企画[22]。一般販売用は追加販売や、その後に受注生産もかかるなど好調な売上を記録した[23]
2011年:東日本大震災の復興を祈願した「復興祈願七夕 2011オーセンティックユニフォーム」として企画。
年度 月日 時期 対戦相手 スコア ユニフォームの特徴
2007年 7月7日 J2第26節 アビスパ福岡 0-2● ベルマーレのチームカラーと笹の色であるライトグリーンと、夜空の黒を配色。
デザインは2007年ホームモデルと同様だが、ホームモデルとはライトグリーン配色が反転
2008年 7月5日 J2第24節 水戸ホーリーホック 0-1● 夜空の黒を配色、ホームモデルとライトグリーンが反転。
笹のライトグリーンを前面に押し出すモデル。
2009年 7月9日 J2第26節 ヴァンフォーレ甲府 2-1○ フィールドプレーヤー用は夜空をイメージした黒をメインにステッチに星を表す金色を配色。
ゴールキーパー用は七夕の笹を表したライトグリーンをメインにステッチに星を表す金色を配色。
7月19日 J2第28節 アビスパ福岡 2-3●
2010年 8月1日 J1第16節 清水エスパルス 3-6● 1994年のJリーグ昇格当時のデザインを復刻。フィールドプレーヤー用のメインカラーは黒。ライトグリーンが首と袖周りに配色。
ゴールキーパー用はライトグリーンを使用。フィールドプレーヤー用と配色が対となる。
8月18日 J1第19節 京都サンガF.C. 2-2△
8月21日 J1第20節 浦和レッドダイヤモンズ 1-4●
2011年 7月2日 J2第19節 東京ヴェルディ 1-3● フィールドプレーヤー用は夜空と力強さをイメージした黒。
ゴールキーパー用は天の川をイメージしたサックスブルー。
両ユニフォーム共に前後両面にゴールドの十字ラインを配している。
7月17日 J2第21節 ジェフユナイテッド市原・千葉 2-0○
7月31日 J2第23節 ロアッソ熊本 1-0○
2012年 7月1日 J2第22節 松本山雅FC 1-1△ ユニフォーム全面に星がグラデーションで入り、さらに肩口、パンツサイドのPENALTYマークにも星マークがドット。
フィールドプレーヤー用は夜空をイメージした黒。ゴールキーパー用は七夕の笹を表したライトグリーン。
7月22日 J2第25節 モンテディオ山形 0-0△
7月29日 J2第26節 ギラヴァンツ北九州 1-0○
2013年 7月6日 J1第14節 ベガルタ仙台 0-0△ デザインコンセプトは、ユニフォーム全面に表現された「天の川」。今までにない大胆なデザインで、クラブ20周年記念の七夕記念ユニフォーム。
フィールドプレーヤー用は青がベース。ゴールキーパー用はピンクがベース。
両ユニフォーム共に左袖部分がグリーンとなっている。
7月10日 J2第15節 柏レイソル 1-2●
7月17日 J2第17節 アルビレックス新潟 0-2●
  • SHONAN10thユニフォーム
「湘南ベルマーレ」へ名称変更して10周年の2009年に作成。
10年間の感謝と、これから先も共に歩んでいただきたいという願いを込めて天皇杯で着用された。
  • スペシャルエキシビションマッチ用ユニフォーム
2012年9月14日、J2第33節の草津戦の開始前に行われた「ベルマーレレジェンド(OB選手)vs 芸能人サッカーチーム SWERVES(スワーブス)」のスペシャルエキシビションマッチにてベルマーレレジェンド(OB選手)が着用したユニフォーム。デザインはこの年の通常モデルと同じものであるが、フィールドプレーヤー用が青、ゴールキーパー用はピンクを基調としている。また胸にはこの年のユニフォーム袖スポンサーであるチェッカーモータースのロゴを付けたものとなっている[24]
  • ベルマーレ創立20周年記念試合「Re-member」用ユニフォーム
2013年1月27日のベルマーレ創立20周年記念試合「Re-member」においてベルマーレチームが着用する1試合限定のメモリアルユニフォーム。ベルマーレの歴史に色濃く残るデザインのひとつのストライプ柄を現代風にアレンジしアクセントとしてアシメントリーを採用し、躍動感を演出。右袖にはベルマーレ平塚時代のホームタウン表記である「HIRATSUKA」とJリーグ20周年マーク。左袖にはベルマーレ20周年マークが入る[25]

チーム名変遷[編集]

  • 1968年 藤和不動産サッカー部[1]
  • 1975年 フジタ工業クラブサッカー部[1]
  • 1990年 フジタサッカークラブ
  • 1993年 フジタサッカークラブ(愛称:湘南ベルマーレ)
  • 1994年 ベルマーレ平塚[1]
  • 2000年 湘南ベルマーレ[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak al am クラブガイド:湘南ベルマーレ Jリーグ公式サイト
  2. ^ a b c d e f g 2012年度Jクラブ情報開示 資料 (PDF) Jリーグ公式サイト
  3. ^ 湘南ベルマーレクラブ概要
  4. ^ No.81 平塚にはいつも新しい発見があった”. サッカーの話をしよう 大住良之オフィシャルアーカイブサイト (1994年11月29日). 2012年9月12日閲覧。
  5. ^ a b c 11年ぶりのJ1昇格を果たした湘南ベルマーレ”. 湘南経済新聞 (2010年3月5日). 2013年3月13日閲覧。
  6. ^ 【御礼】湘南ベルマーレ持株会へご参加いただいた皆様へ”. 湘南ベルマーレ公式サイト・トピックス. 2012年10月27日閲覧。
  7. ^ 【御礼】湘南ベルマーレ持株会へご参加いただいた皆様へ”. 湘南ベルマーレ公式サイト・トピックス. 2012年12月27日閲覧。
  8. ^ 2013年2月4日”. 河野太郎twitter. 2013年2月18日閲覧。
  9. ^ 湘南が1年でJ2へ…2節を残して降格3チームが決定”. サッカーキング. 2013年11月23日閲覧。
  10. ^ “曺貴裁監督 2014シーズン続投のお知らせ”. 湘南ベルマーレ公式サイト. (2013年12月11日). http://www.bellmare.co.jp/95213 2013年12月12日閲覧。 
  11. ^ “契約満了選手のお知らせ”. 湘南ベルマーレ公式サイト. (2013年12月12日). http://www.bellmare.co.jp/95239 2013年12月12日閲覧。 
  12. ^ a b 湘南ベルマーレ・福島ユナイテッドFC 提携のお知らせ”. 湘南ベルマーレ公式サイト. 2013年3月13日閲覧。
  13. ^ 【湘南ベルマーレ・福島ユナイテッド提携会見】会見でのコメント”. J's Goal (2013年1月17日). 2013年3月13日閲覧。
  14. ^ 日系ベルマーレとは”. NIKKEI BELLMARE 日系ベルマーレサッカー留学プログラム. 2013年1月16日閲覧。
  15. ^ クラブ基本情報”. Albilex Niigata Singapore公式サイト・クラブガイド. 2013年1月16日閲覧。
  16. ^ 【ドミニカ共和国アカデミー”. 広島東洋カープ公式サイト・施設案内・ドミニカ. 2013年1月16日閲覧。
  17. ^ テレビ東京FOOT×BRAIN」(同系2014年3月8日放送分)
  18. ^ 中田英寿氏 湘南ベルマーレで練習参加① .”. youtube. 2013年1月20日閲覧。
  19. ^ 2013シーズン ユニフォームデザイン決定のお知らせ”. 湘南ベルマーレ公式サイト. 2013年3月13日閲覧。
  20. ^ ユニフォーム胸スポンサー株式会社トライテラス 決定のお知らせ”. 湘南ベルマーレ公式サイト. 2013年3月22日閲覧。
  21. ^ 湘南から”. 湘南から・サッカー・今年の七夕. 2013年1月16日閲覧。
  22. ^ 「七夕マンスリー」第2戦の福岡戦はA-LINEスペシャルデー”. 湘南ベルマーレ公式サイト・トピックス. 2013年1月16日閲覧。
  23. ^ 七夕記念公式オーセンティックユニフォーム完売と受注生産による販売のお知らせ”. 湘南ベルマーレ公式サイト・トピックス. 2013年1月16日閲覧。
  24. ^ 9月14日(金)スペシャルエキシビションマッチ ベルマーレレジェンドユニフォームスポンサーに株式会社ウイルプラスホールディングス決定のお知らせ”. 湘南ベルマーレ公式サイト・トピックス. 2012年9月8日閲覧。
  25. ^ ベルマーレ創立20周年記念試合「Re-member」着用ユニフォーム発表・限定オーセンティクユニフォーム予約販売開始のお知らせ”. 湘南ベルマーレ公式サイト・トピックス. 2012年12月28日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]