アルビレックス新潟シンガポール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アルビレックス新潟シンガポール
原語表記 アルビレックス新潟シンガポール
愛称 White Swans
クラブカラー     オレンジ、    ブルー
創設年 2004年
所属リーグ Sリーグ
ホームタウン シンガポール
ホームスタジアム Jurong East Stadium.JPG
ジュロン・イースト・スタジアム
収容人数 2,700
代表者 是永大輔
監督 奥山達之
公式サイト 公式サイト
ホームカラー
アウェイカラー
テンプレート(ノート)サッカークラブPJ

アルビレックス新潟シンガポール(アルビレックスにいがたシンガポール、英語: Albirex Niigata Singapore)は、シンガポールを本拠地とするSリーグに所属するサッカーチーム。日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟するアルビレックス新潟の下部組織でもあり、主に若手選手が所属する。

概要[編集]

2004年からSリーグに参加。チームの目的として、同国でのサッカーのレベルアップへの貢献と、選手の国際経験の充実化を図ることを目指している。スローガンはThe reason.(ここにある意味)。

選手は日本でスカウト・採用された選手と、アルビレックス新潟のスポンサーの1社であるNSGグループが運営する「JAPANサッカーカレッジ」(JSC)の在学者や卒業生から選抜されたメンバーが主体。なお、Sリーグの規定で外国チームという扱いになるため、全員が日本人でなければならない。アルビレックス新潟や、それ以外のJリーグチームから若手の育成先として選手の派遣を受け入れつつ、Jリーグクラブを契約満了となった若手選手、前述のJSCの履歴を持つ選手などで構成される。また、選手だけでなく若手の指導者をチーム首脳に登用したり、Jリーグのベテラン選手をコーチ兼任で派遣または現地採用するなど、選手育成だけでなく指導者の育成も行っている。近年はアルビレックス新潟シンガポールから移籍後に東南アジアを中心で活躍する選手たちを次々と輩出しており、2010年11月のポルトガル2部リーグのCFベレネンセスとのパートナーシップ契約締結や、アジア諸国の代理人とのコンタクトを密にすることで、戦略的に海外で活躍する日本人選手を生み続けようとしている。

キヤノン・シンガポールPTEがメインスポンサーとなっている。当初はアルビレックス新潟からの財政援助を受けてきたが、現在は単体で黒字を確保している。

Sリーグのチケットは各スタジアムで当日販売されており、料金は大人が5~10シンガポールドル、子どもが2ドルになる。

2010年、代表の是永大輔は『ジャイアントキリングを起こす19の方法』で漫画『GIANT KILLING』に登場する架空のクラブチームETUとアルビレックス新潟シンガポールを対比させ、クラブ経営の難しさや地域の大切さを指摘した[1]

2011年にジャラン・ベサール・スタジアムで行われたリーグカップ (Singapore League Cup) 決勝戦でホーガン・ユナイテッドにPK戦のすえ勝利し優勝した。クラブにとって初のタイトル獲得となった。[2]

2013年2月5日、2013-14シーズンよりスペインアルビレックス新潟バルセロナを設立し、カタルーニャ州4部リーグに参戦することが発表された。プロジェクトは日本スペイン交流400周年事業の一環として外務省の認可を受ける[3]。同年10月16日にはカンボジアアルビレックス新潟プノンペンを設立、2014年1月からカンボジア・リーグへ参戦することが発表された[4]

歴史[編集]

タイトル[編集]

国内タイトル

  • 2011年:リーグカップ 優勝

国際タイトル なし

過去の成績[編集]

年度 Sリーグ カップ戦 その他
順位 勝点 試合 得点 失点 シンガポールリーグカップ シンガポールカップ
2004 5位/10チーム 44 27 12 8 7 50 42 -
2005 5位/10チーム 44 27 12 8 7 50 33 -
2006 6位/11チーム 45 30 12 9 9 52 44 -
2007 8位/12チーム 35 33 9 8 16 45 49 1回戦敗退 -
2008 7位/12チーム 41 33 10 11 12 44 55 準々決勝敗退 予選敗退 -
2009 7位/12チーム 38 30 11 5 14 38 47 予選敗退 4位 -
2010 7位/12チーム 37 33 9 10 14 31 42 1回戦敗退 準々決勝敗退 -
2011 4位/12チーム 65 33 20 5 8 80 34 優勝 準優勝 -
2012 3位/13チーム 43 24 12 7 5 37 26 準々決勝敗退 準々決勝敗退 -
2013 3位/12チーム 46 27 13 7 7 36 28 準決勝敗退 4位 -

在籍しているスタッフ・選手 (2014年)[編集]

  • 2014年8月31日現在[5]

スタッフ[編集]

役職 名前 前所属 役職 名前 前所属
監督 日本の旗 奥山達之 アルビレックス新潟シンガポールコーチ クラブマネージャー シンガポールの旗 ヨー
コーチ 日本の旗 佐々木友昭 コーチ 日本の旗 伊藤瑞希
トレーナー 日本の旗 田中康平

選手[編集]

Pos No. 氏名 前所属 備考
GK 1 日本の旗 荻野賢次郎 セレッソ大阪
22 日本の旗 岸上和樹 立命館大学
DF 2 日本の旗 西田大洋 大阪産業大学
3 日本の旗 藤原賢土 関西大学
4 日本の旗 川上典洋 タンピネス・ローバースFC
6 日本の旗 山田樹 立命館大学
15 日本の旗 田中宗一郎 JAPANサッカーカレッジ
19 日本の旗 武藤翔大 JAPANサッカーカレッジ
20 日本の旗 宮川健太郎 JAPANサッカーカレッジ
23 日本の旗 堀田秀平 コンサドーレ札幌
MF 5 日本の旗 赤坂幸紀 JAPANサッカーカレッジ
7 日本の旗 太田圭祐 カマタマーレ讃岐
8 日本の旗 松田康佑 京都産業大学
9 日本の旗 岡崎和也 ファジアーノ岡山ネクスト
10 日本の旗 長崎健人 静岡産業大学
13 日本の旗 吉田康也 JAPANサッカーカレッジ
14 日本の旗 福崎冬也 JAPANサッカーカレッジ
16 日本の旗 森崎広樹 JAPANサッカーカレッジ
24 日本の旗 西尾芳 JAPANサッカーカレッジ
25 日本の旗 山口誠司 JAPANサッカーカレッジ
FW 11 日本の旗 坂本一輝 立命館大学
17 日本の旗 大阪郁馬 JAPANサッカーカレッジ
18 日本の旗 笹平虹 JAPANサッカーカレッジ
21 日本の旗 有馬嘉祥 JAPANサッカーカレッジ

歴代監督・選手[編集]

監督[編集]

選手[編集]

GK[編集]

DF[編集]

MF[編集]

FW[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 是永大輔「クラブ経営はつらいよ。ETUとアルビSの経営論」『ジャイアントキリングを起こす19の方法』東邦出版、2010年、ISBN 978-4809409097
  2. ^ シンガポール経済新聞 (2011年8月1日). “アルビレックス新潟S、リーグカップ優勝-クラブ設立8年目で初タイトル”. 2011年8月17日閲覧。
  3. ^ アルビレックス新潟バルセロナ 外務省公認事業プロジェクトに認定 アルビレックス新潟バルセロナ 2013年2月5日
  4. ^ アルビレックス新潟FCプノンペン、創立! アルビレックス新潟 2013年10月16日
  5. ^ アルビレックス新潟シンガポール公式サイト2014年8月31日閲覧

関連項目[編集]

他の日本チームによる海外サテライト[編集]

外部リンク[編集]